何かお困りですか?よくある質問とその回答をまとめました。

サポートページ aero-right グリーティング挿入機能について

グリーティング挿入機能について

テンプレート&メールエディタ 更新日 5月 8, 2020

「グリーディング挿入」機能を使うことで、個人に宛てたグリーティング/挨拶を添えることができます。

登録されているコンタクトの姓、名、もしくはフルネームをメール内に表示できます。 またコンタクト情報が登録されていない場合に、代替挨拶文を表示させることも可能です。

グリーティングを挿入する方法

  1.  メッセージを入力したいブロックをクリックします。
  2.  ブロック内にてメッセージを加えたい場所をクリックします。
  3.  右上の メニュー挿入機能グリーティング挿入をクリックします。注)「メニュー」内の項目はブラウザのウィンドウサイズによって変わります。ウィンドウが小さくなる分、表示しきれないメニューがこの中に収納されます。
  4.  メイングリーティングで挨拶を入力し、表示したいコンタクト項目を選択します。
  5. リストに情報が登録されていない場合は、サブグリーディング(代替挨拶文)が表示されます。
  6. 挿入」ボタンをクリックします。
  7.  「保存」ボタンをクリックして、変更内容をメールに保存します。

グリーティングの表示方法をプレビューで確認することもできるようになりました。

カスタムHTMLでグリーティングを使用する場合、タグは次の通りとなります。

[Greeting:pretext=”Dear” field=”F” alttext=”Hello”] “pretext”がメッセージとして表示される箇所となります。 “field”は表示するコンタクト情報を指定する箇所です。 “F” = 名 “L” = 姓 “FL” = 名 + 姓 Alttextはコンタクト情報が登録されていない方への代替文となります。

その他の項目を使用してメールをパーソナライズしたい場合は、以下のFAQを参照下さい。

FAQ:購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法

 

ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

 

>>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

FAQの情報は役に立ちましたか?
0 1

Benchmarkから業界トレンド&最新情報をお届けします

ご登録頂きありがとうございます!

登録を完了させるには、認証メールのご確認をお願いします。

質問の回答が見つかりませんか?

サポートへお問い合わせ