サポートページ aero-right よくある質問

リストクリーニングとはどういった機能ですか?またリストのクリーニング方法は?

リストクリーニングは、スパムトラップへ配信を行ってしまった場合にご利用いただく機能です。 スパムットラップとは? スパムトラップとは、ISPがすでに誰にも使われていないメールアドレスを 迷惑メール配信者を特定するために利用しているダミーのメールアドレスのことです。スパムトラップへの配信を続けられた場合、配信元として使用されているドメインの評価が下がり、 配信するメール到達率が低下してしまう恐れがあります。 クリーニングで抽出可能なメール未開封コンタクト リストクリーニングでは、下記のメール未開封コンタクトの抽出が可能です。 直近5 メール 直近10 メール 直近20 メール 直近30 メール リストクリーニング方法は以下のステップをご参照ください: ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトをクリック クリーニングしたいリスト名をクリック 画面上部のリストクリーニングをクリック クリーニングページへと移動したら、抽出したいタイプのメールアドレスを選択 「新規リスト」を選択しをクリックし保存 新しいリストとして保存がされます。 このリストを配信設定時、「配信対象外」として頂ければ、 削除せずに配信の対象から除外されます。 これでリストクリーニングは完了です。更新が反映されるまで数分のお時間を頂戴しますのでご了承ください。 ご不明点がございましたらお気軽にサポートまでご連絡ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

よくある質問 顧客リスト 3月 25, 2019

サンプルリスト・配信停止リストとはなんですか?

サンプルリストとは サンプルリストは、アカウント作成時に自動で作成されるリストで、登録時のメールアドレスが入力されています。 リスト名の変更 / リスト内のメールアドレスの追加・削除 / リストのダウンロードを行うことは可能ですが、リスト自体の削除はできません。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 配信停止リストとは 下記の場合に、アドレスが配信停止リストへ登録されます。 ・メールの配信停止ボタンから、配信停止希望のあった場合 一度配信停止リストに登録されたアドレスへはメールを送ることができず、他の配信リストへも登録することはできません。 配信停止リスト自体の削除はできず、また一度登録されたメールアドレスの編集もできません。 リストのダウンロードは、通常のリストと同じ方法で可能です。 FAQ:コンタクトリストのダウンロード方法は?   配信停止を解除したい場合 メール読者自身が配信再開を希望した場合などに限り、弊社サポートにて配信停止リストからの除外を行います。 申し込み方法は下記FAQをご覧ください。 FAQ:配信停止中のアドレスを再度配信対象にすることはできますか?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

よくある質問 顧客リスト 3月 19, 2019

Benchmarkで作成した配信メールのウェブページ版にアクセスするには?

メール内にウェブページ版へのリンクを設置することで、メールがうまく表示されない場合にも正しいレイアウトで閲覧してもらうことが可能になります。受信環境によってはファイアウォールなどでメールが正しく表示されないトラブルが発生しますが、ウェブページ版を開いてもらえばメールコンテンツの閲覧も問題にはなりません。またウェブページ版へのリンクを使ってソーシャルメディアページへ遷移させることも可能です。 配信メールのウェブページ版にアクセスするには: Benchmarkアカウントへログイン ダッシュボードより「メール」>「メール」をクリック ウェブ版にアクセスしたいメールのオプションアイコンをクリック 「プレビュー」を選択 ポップアップ画面に表示されたメールから「こちらWebページ版をクリック」をクリック これで別ウィンドウにてウェブバージョンが開きます。 注意:ウェブページ版リンクをメールに設置するにはメール作成ステップ1の詳細設定ページにて設定ください。ボタンをスライドさせることでこのオプションをONにできます。 ご不明点がありましたらサポートまでお気軽にご連絡ください。

よくある質問 3月 18, 2019

「コンタクトリスト」のまとめページ

以下について説明しています。 「コンタクトリスト作成」 インポート機能を使って作成 / コピー&ペーストで作成 / 1件ずつ登録 / サービスからインポートする / コンタクト情報の編集 「リスト管理」 リスト管理ページの基本操作 / 配信停止リスト / ターゲットを絞ったリストの作成方法 「コンタクトリストの運用・規則」 リスト承認・否認・照合 / オプトイン(購読への同意) / 重複アドレスのカウントと配信 / その他 「チュートリアル」 スライド・動画   「コンタクトリスト作成」のFAQ一覧 インポート機能を使って作成 ・顧客リストのファイルをアップロードする方法は? ・Benchmark Emailにアップロードできる顧客リストの作成ルール ・リストアップロードにおけるトラブルシューティング   コピー&ペーストで作成 ・コピー&ペーストで顧客情報を追加する方法は?   1件ずつ登録 ・顧客情報を1件ずつ登録する方法は?   サービスからインポートする ・Gmailコンタクトを顧客リストへインポートする方法は? ・Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?   コンタクト情報の編集 ・コンタクトリストの情報を更新・編集する方法は? ・コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?   「リスト管理」のFAQ一覧 リスト管理ページの基本操作 ・サンプルリスト・配信停止リストとはなんですか? ・コンタクトリストのダウンロード・出力方法は? ・リストを削除する方法は? ・一部のコンタクトを異なるリストへコピーするには? ・配信から7日以内はリストの削除が不可なのはなぜですか? ・Benchmarkアカウント上で作成可能なリスト件数に制限はありますか? ・コンタクトリストをBenchmark Email上で統合する方法は?   配信停止リスト ・購読者が「配信停止」リンクをクリックするとどうなりますか? ・配信停止の後もメールを受信しているコンタクトがいるのはなぜですか? ・配信停止中のアドレスを再度配信対象にすることはできますか?   ターゲットを絞ったリストの作成方法 購読者の開封成績や登録情報に応じたリストを作成するための機能です。 ・セグメント機能の使い方は? ・セグメントにコンタクト情報がありません。なぜですか? ・エンゲージメントスコアとは? ・ホットリードメールとはどのような機能ですか ・ホットリード機能の「開封・クリックリスト」について ・ホットリード機能の「リンク別クリック」について   「コンタクトリストの運用・規則」のFAQ一覧 リスト承認・否認・照合 Benchmark Emailでは不具合を招くメールアドレスへの送信を防ぐ為に、 問題のあるメールアドレスはアップロードされないようフィルタリングが設定されております。 ・一部のメールアドレスがアップロードされないのは、なぜですか? ・リスト追加時にBenchmark Emailでブロックする特定のメールアドレスは何ですか。 ・リストが否認になった場合はどうすればいいですか? ・リスト照合サービスって何ですか?   オプトイン(購読への同意) ・オプトイン完了 / オプトイン未完了とは何のことですか? ・オプトイン未完了アドレスへ再度認証メールを送信するには? ・何がオプトインの証明になりますか?またなぜそれらを証明しなければならないのですか ・購入したメールアドレス / 名刺から集めたメールアドレスなどを使用する事はできますか?   重複アドレスのカウントと配信 ・「合計アクティブコンタクト数」とは何ですか? ・リスト内のメールアドレスと重複したアドレスをアップロードした場合はどうなりますか? ・購読者がBenchmarkで配信した同じメールを複数回受信してしまうことはありますか?   その他 ・エラー率が高くなる原因は何ですか? ・リスト運用の注意点 ・コンタクトリストの「エラー確定済み」とは何ですか? ・リストクリーニングとはどういった機能ですか?またリストのクリーニング方法は? ・EU一般データ保護規則(GDPR)とは何ですか?Benchmarkではどのような対策を取っていますか? ・CAN-SPAM Actとは何ですか? ・Benchmark Emailにインポートしたデータは安全でしょうか? ・メールアドレスを登録する際に利用規約の確認を求められました。これは何ですか?   チュートリアル「顧客リストインポート」 スライド   チュートリアル「顧客リストの作成」 動画

よくある質問 3月 19, 2019

DMARCって何ですか?またどのような影響があるのですか?

DMARCはDomain-based Message Authentication, Reporting & Conformanceの略で、GmailやYahoo、AOLなどのメールプロバイダが共通して利用するメール認証システムです。 メール送受信におけるなりすましなどの被害を防ぐためのもので、2014年にYahooとAOLではDMARC規約に大きな変更を加えており、2016年6月にGmailも設定を変更しています。 メール配信スタンドなど第三者の送信サーバーから、Gmailアドレス(@gmail.com)、Yahooメールアドレス(@yahoo.com. @yahoo.co.jp)、AOLメールアドレス( @aol.com)を使って送信される場合、ドメインと送信サーバー情報が一致していないことから、認証がなされずメールを配信しても届きません。 そのためBenchmark Emailでは、Gmail、Yahoo、AOLを送信元としたメール配信の際には、自動的に以下のように変更されるようDMARC対策を行っております。 (~gmail.com@send.benchmarkemail.com) 上記の対策によりフリーメールを使用したメール配信でも、メールが届かないといった問題を防いでいます。 ただフリードメインでも配信が可能とは言え、ビジネス利用のメール配信の際にはSPF、CNAME設定が可能であるオリジナルドメインを取得し、それを活用することを推奨しております。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

よくある質問 到達率 3月 15, 2019

「アカウント設定」のまとめページ

Benchmark Emailにおいてのアカウントに関するFAQまとめページです。 アカウントに関するFAQ一覧 サブアカウントに関するFAQ一覧 料金関係のFAQ一覧 アカウントに関するFAQ一覧 ・無料トライアルとは何ですか? ・ログイン名またはパスワードを忘れた場合どうすれば良いですか? ・Benchmark Emailアカウントをキャンセル(解約)する方法・キャンセル後のアカウントについて ・Benchmark Emailにログインできません。どうすれば良いでしょうか? ・毎月配信する予定はありませんが、Benchmark Emailを契約できますか? ・言語設定が適用される部分はどこになりますか?   サブアカウントに関するFAQ一覧 ・サブアカウントの作成方法は? ・メインアカウントとサブアカウントでメールは共有できますか? ・メインアカウントとサブアカウントで顧客リストの共有はできますか? ・メインアカウントとサブアカウントで画像・動画の共有はできますか? ・ひとつのアカウントで複数のログインIDを作成し管理することはできますか?   料金関係のFAQ一覧 ・無料からアップグレードする方法/契約途中でアップグレードする方法 ・契約期間途中でプランを変更すると、支払い・請求はどうなりますか。 ・銀行振込で支払えますか? ・Benchmarkへの支払い方法は? ・消費税について ・クレジットカードの請求額について ・Benchmark Emailで使えるクレジットカードの種類は? ・領収書は発行できますか? ・NPO等の団体向けに割引制度などはありますか? ・Benchmarkの返金ポリシーとは?

よくある質問 3月 13, 2019

タグを利用して、QRコードやバーコードをメール内に挿入する方法

メール内にQRコード、バーコードをパーソナライズタグと一緒に利用することが可能です。 QRコードをメールに挿入する方法: [QRCode: url="URL" size="size"] QRコードを表示します。 "URL"にはQRコードに埋め込むURLを入力してください。 "size"=で画像のサイズを設定してください。 例 [QRCode: url="http://www.google.com" size="2"] URL部分をパーソナライズすることも可能です。 [QRCode:url="http://www.google.com?s=[contact_attribute:firstname]" size="3"] Size=画像のサイズ、1~20までの数字が有効な範囲です。デフォルトでは10に設定されています。. バーコードをメールに挿入する方法: [BarCode: url="URL" height="60" width="1"] URL=以下をご参照の上、バーコード内に埋め込むURLペーストしてください。 [BarCode: url="http://www.google.com" height="60" width="1"] パーソナライズ機能をご利用になる際は以下のコードをご利用ください。 [BarCode: url="[contact_attribute:Extra 3]" height="60" width="1"] Height = バーコードの高さを設定します。有効な範囲は20~60となります。デフォルトでは30に設定されています。 Width = バーコードの幅を設定します。有効な範囲は1~2となります。デフォルトでは①に設定されています その他Benchmark Emailでご利用可能なタグについては以下をご参照くださいませ。 FAQ:Benchmark Emailで利用可能なタグ一覧は?     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

オートメーション よくある質問 よくある質問 3月 12, 2019

ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法

ソーシャルメディアサイトを利用する人はどんどん増えてきています。TwitterやFacebook、LinkedInページへのリンクを挿入することで消費者の注意を引くことができ、コンタクト数の増加にもつながってきます。 ボタンを挿入するには、以下のステップに従ってください: デフォルトのレイアウトで作成を始めた場合は、始めから最下部にSNSボタンブロックが入っています。 SNSボタンブロックを新たに配置する場合は、ブロック一覧から「ソーシャルメディア」を右側へドラッグしてください。 設置したいSNSサービスのボタンを追加します。SNSボタンブロックをクリックします(画像内:1)。 左側メニューは「コンテンツ」を選び(画像内:2)「その他のサービスを追加する」から選択してください(画像内:3)。 不要なボタンの消去・並べ替えを行う場合は、各アイコンにカーソルを乗せてください。 「ゴミ箱ボタン」で消去、「十字ボタン」で移動が可能です。 遷移先アドレスの設定を行います。アイコンをクリックし(画像内:1)左側メニューから編集を行ってください(画像内:2)。 アイコンの色なども編集できます。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

オートメーション よくある質問 3月 13, 2019

1 2 3 4 6