サポートページ aero-right よくある質問

「レポート」のまとめページ

Benchmark Emailでは、配信後のメールのリアルタイムレポートを見る事が可能です。開封率・エラー数・リンククリックなどが確認できます。   「レポート」のFAQ一覧   レポート機能でできること ・レポート機能の概要 ・レポート機能の開封結果から、誰が・いつ・どのリンクをクリックしたかを確認できますか? ・購読者別の過去3ヶ月におけるメール開封とクリック履歴を確認する方法は? ・レポートのダウンロード方法を教えてください。 ・メールを開封した顧客を確認し、リストとして出力することはできますか? ・メールを未開封の顧客を確認し、リストとして出力することはできますか? ・未開封のアドレス宛にメールを再送信するには? ・配信停止の理由を知る事はできますか? ・「苦情」とは?迷惑メールの苦情を減らすためのポイント   エラーアドレスについて ・エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は? ・有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか? ・エラーアドレスの運用方法は?   計測方法 ・受信側の設定が開封レポートに影響を与えることはありますか? ・メールを開封してもレポートに反映されないコンタクトがいるのはなぜ?   レポートを用いた運用 ・メールやアンケートの開封率を上げるには?   外部連携を用いた分析 ・転送されたニュースレターもトラッキングできますか? ・メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?   チュートリアル「メールレポート:配信後の効果測定」   スライド資料(PDF) メール配信後の効果測定 動画   >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 11月 26, 2020

「アンケート/投票/コミュニティ/アーカイブ」のまとめページ

アンケートのFAQ一覧   質問一覧と回答記入ページをBenchmark Emailのサーバー上に作成することができます。取得したURLをホームページやメール・SNSで共有することができます。回答結果はBenchmark Email上で確認できます。 ・アンケートの作り方は? ・アンケートを共有する方法は? ・すでに稼働中のアンケートを修正できますか? ・新規回答者の参加を止めるのに稼働中のアンケートを停止する方法は? ・アンケートの結果確認や保存・印刷はどうすればできますか? ・アンケート回答者をリストとして登録できますか? ・一般的なアンケートの回答率について   投票のFAQ一覧   投票機能は、アンケート機能の簡易版です。1問のみで既存の選択肢から回答しますので、気軽な調査に適しています。 ・投票フォームの作り方は?   コミュニティのFAQ一覧   配信したメールをBenchmark Email ユーザーコミュニティー内で公開することが可能です。他のユーザーのメールも確認できますので、今後のメールマーケティングの参考にしてください。 ・私のBenchmark EmailコミュニティーのURLは? ・Benchmark Emailコミュニティーからアーカイブを削除する方法は?   アーカイブのFAQ一覧   Benchmark Emailでは、これまでに配信したメールをバックナンバーとして保存するためのウェブページをご用意しており、これをアーカイブページと呼びます。お持ちのホームページやSNSからリンクを貼ることも可能です。 ・アーカイブページの作り方は? ・アーカイブページで表示しているメール名と、それぞれのURLは変更できますか? ・アーカイブページからメールを削除しても、アカウント上のメール管理データは残りますか? ・送信済みのメールがアーカイブページに表示されません。なぜですか?   チュートリアル「アーカイブ作成」 スライド資料(PDF) アーカイブ作成     >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 11月 30, 2020

「オートメーション」のまとめページ

オートメーション機能は、メール配信プロセスの一部を自動化できるツールです。以下の2種類がございます。 ステップメール : あらかじめ設定した任意のスケジュールに沿ってメールを配信する。 アクションメール: メールを開封したりクリックをした購読者に対し、次のメールを自動配信する。   「オートメーション」のFAQ一覧   オートメーション作成前に関するFAQ ・オートメーション(ステップメール / アクションメール)とは何ですか? ・オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? ・オートメーション(ステップメール)の配信対象・配信タイミングについての詳しい解説 オートメーション作成後に関するFAQ ・オートメーション(ステップメール/アクションメール)のレポートはどこで確認できますか? ・オートメーション(ステップメール/アクションメール)の停止、スケジュール削除の方法は? ・ステップメールを稼動する方法と、稼働したのにメールが届かない場合の原因について ・ステップメールの配信先を稼動後に変更することはできますか? ・ステップメールのWebページ版リンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法 ・ステップメールのレイアウトを再利用する方法は?   チュートリアル「オートメーション(ステップメール/アクションメール)」   スライド資料(PDF) オートメーション(ステップメール/アクションメール)     動画      >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 11月 30, 2020

アカウントを複数人で管理するにはどのような方法がありますか?

  アカウント(同一のメール・レポート・リスト等)を複数人で管理する アカウントには1つのIDと1つのパスワードのみ発行されます。ログインIDとパスワードを管理者全員で共有してください。 メール作成・配信を外部委託するので、情報制限を行いたい (A)顧客情報を制限:PIN設定で、顧客リストのエクスポート制限を行う PIN設定を行ったアカウントでは、顧客リストダウンロード時にコード認証が要求されます。この場合PINコードを知らない管理者は顧客リストをダウンロードすることはできません。   (B)支払い情報を制限:顧客管理と配信にサブアカウントを利用する 契約者が取得したアカウント(マスターアカウント)内に、サブアカウントを作成することができます。サブアカウントでは請求関連情報のページにアクセスすることはできませんが、その他メール配信に必要な機能は全て使用可能となっています。 ただしサブアカウントを利用するには、ひとつ上のプラン契約が必要となります。詳細は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:サブアカウントとは何ですか?         >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 12月 3, 2019

Benchmark Emailアカウントをキャンセル(解約)する方法・キャンセル後のアカウントについて

Benchmark Emailのご契約は前払い・自動更新となっております。ご解約の際は、以下の手順に沿ってお手続きくださいませ。解約手続きを頂くと、次回以降の自動更新が止まります。契約更新後の払い戻しは対応いたしかねますので、更新日より前にお手続きくださいますようお願い申し上げます。   アカウントを解約するには 1.  上部右、アカウントメニューにカーソルを合わせ「アカウント設定」をクリック 2.  「プラン情報」をクリック 3.  スクロールダウンし、画面下部のアカウントの解約、追加オプションの削除は「こちらから」をクリック 4.  次の画面でお名前とメールアドレスを入力し「送信」をクリック 5.  サポートから提供される解約用リンクをクリックし、画面に従って解約手続きを完了 *サポート担当者が不在の場合は、氏名、アドレス、メッセージの記入が必要となります。 キャンセル後のアカウントについて 解約後はアカウントに次回更新日までアクセスが可能となっております。 そのため次回更新日前に必要なデータの出力を行うようお願いいたします。 リストの出力方法に関する詳細はこちらのFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクトリストのダウンロード・出力方法は?   弊社返金ポリシーや解約における注意点は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:Benchmarkの返金ポリシーとは?     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

ご請求関連 よくある質問 9月 7, 2020

購読者ごとに受信形式(HTML/テキスト)を指定することはできますか?

はい、可能です。一部の購読者だけが、意図していない内容のメールを受け取ってしまう。そのようなトラブルが起きた場合は、HTML版の希望者にテキスト版のメールが配信されている可能性が高いです。 コンタクトリストの受信設定を誤って「テキストメール」に設定している可能性がありますので、メール受信方法を「HTMLメール」に変更する必要がございます。 HTMLとテキストの受信設定の変更方法は2通りございます。以下の手順に従ってください。 一人ずつ設定を変更する場合 (1) ダッシュボードの「コンタクトリスト」より対象のリストページへ移動し、設定を変更したいメールアドレスをクリック (2) 「メール受信方法」を「テキストメール」から「HTMLメール」へ変更し、「保存」ボタンをクリック まとめてエクセルで変更する場合 まずは以下のFAQをご覧いただき、エクセルを使用してリスト編集する方法をご確認ください。 FAQ:コンタクトリストの情報を更新・編集する方法は? (1)該当のリストをエクセル形式でダウンロードします。 (2)リスト項目「メール受信方法」を変更します。  HTMLメール希望 → both  テキストメール希望 → text (3)エクセルファイルのアップロードを行います。フィールド項目名の一致を忘れずに行ってください。 以上で受信形式の指定は完了です。   また、テキスト版の購読者のみ件名と異なる内容を受け取っている場合もございます。その際は、テキスト版メールの編集を行っているかご確認ください。 HTML版とテキスト版の同期をオフにしている過去のメールをコピーして新規作成する場合は、テキスト版の編集を必ず行ってください。ただし、コピー元のメールが同期オンになっている場合は、コピーしたメールも初期設定で同期オンの状態となり、編集は不要です。 詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:一部の読者に古い内容のメールが送信されてしまうのですが? FAQ:テキスト版のメールの編集方法は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

よくある質問 9月 21, 2020

マスターアカウントからサブアカウントへ顧客リストを共有する方法

Benchmark Emailではマスターアカウントから簡単にサブアカウントと顧客リストを共有することができます。 共有方法 1.  Benchmark Emailアカウントにログインし「コンタクトリスト」をクリック 2.  共有したいリスト名をクリック 3.  画面右上のオプションメニューをクリックし「サブアカウントに共有」を選択 4.  共有先のサブアカウントにチェックを入れ「シェア」ボタンをクリックして完了     注意点 ・共有後に更新した内容はサブアカウント内の顧客リストへは自動反映されません。 ・共有したリスト(同一の連絡先)でも、マスターアカウントと各サブアカウントでは別のユニークコンタクトとして加算されます。 例:150人のリストを2個のサブアカウントと共有した場合 マスターアカウント150+サブアカウントA 150+ サブアカウントB 150 = 450コンタクトとして計算 メールレイアウト、画像/動画の共有方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 9月 1, 2020

Benchmark Emailで禁止されている業種・コンテンツ

Benchmark Emailから配信されるメールは全てコンテンツ審査の対象となります。審査によりコンテンツが迷惑メールと判断された場合、Benchmark Emailには該当メールの配信を停止する権利があります。 リスキーな業種のエラー率、配信停止率、および迷惑メールの報告率は他の業種と比べて高いため、配信を許可するとBenchmark Emailの配信サーバー評価が下がってしまいます。評価が良くなければメールが届かず、せっかくの配信メールも無駄になってしまいます。そのため、Benchmark Emailでは以下の業種・コンテンツを禁止しております。続いて、利用許可が必要な業種・サービスも記載しておりますので、併せてご確認ください。 Benchmark Emailで禁止されている業種・コンテンツ 住宅ローンサービス その他全てのローンサービス 非合法商品・サービス エスコート・性風俗関連サービス 在宅ワーク・「短期間で金持ちになる方法」のスキーム ギャンブル・賭博関連のサービス・商品・情報発信 ポルノ・ヌードコンテンツ 成人向け商品・コンテンツ オプトインを得ていない商用目的でのメール一斉配信 クレジットカードサービス 販売活動用の名簿業者・貸出サービス Benchmark Emailからの利用許可が必要な業種・サービス 医薬製品 アフィリエイトマーケティング クレジット・借金返済サービス 不動産物件 栄養補助食品、ハーブ・ビタミンなどのサプリメント ダイエット方法 デート・お見合いサービス マルチ商法 オンライントレード・デイトレード方法および株式市場関連コンテンツ 金融機関・銀行 ブロックチェーン及び仮想通貨 - インドではご利用不可 上記のリストはあくまでも例であり、Benchmark Emailは独自の判断によりサービス提供を拒否・停止する権利を有しています。自身の配信メールが誤って否認と判断されたと思われる方はサポートまでご連絡ください。詳細の案内、あるいは再度の確認を行います。以下の関連FAQも併せてご確認ください。   関連FAQ:メールが「審査中」や「配信停止」となってしまう原因と対応策は?     >>「到達率」のまとめページに戻る

よくある質問 8月 31, 2020

迷惑メール報告を最小限に抑える方法

以下の項目は迷惑メールとなることを最大限避ける為のコツとなります。 メール受信側からの明確な同意を得ていること。 メルマガ登録フォームにて、同意される内容が明確に記載されていること。 内容には、どのような情報のメルマガであるかと同時に配信頻度(週1回、月2回など)を記載するようにしましょう。 登録後の確認メール(オプトインメール)を活用し、購読をお知らせする。内容には、どのような情報のメルマガであるかと同時に配信頻度(週1回、月2回など)を記載するようにしましょう。 配信するメールの送信元アドレスと件名は社名や製品名などのキーワードを含めて差出人がわかるものにしましょう。 受信側は差出人が不明ということで迷惑メールとして判断します。 購読者にメルマガ登録の認証作業を行っていただく。 認証作業とは、登録フォームよりメルマガ登録を行った全ての購読者の方に確認メールを送るということです。購読者の方にメルマガ登録についての確認をするだけでなく、配信の同意を得た証拠ともなります。 Web上のメルマガ登録フォーム以外で得たメルマガ購読者へも忘れずに確認メールを送信しましょう。 展示会やコンベンションなどWeb以外で得たメールアドレスにも確認メールを送信しましょう。使用されていないメールアドレスを避けると同時に今後のメール配信希望の意思を確認することができます。 関連ブログ:自社メルマガが迷惑メールに?!解決策はこれ!  

よくある質問 到達率 10月 10, 2019

1 3 4 5 6 7