サポートページ aero-right セグメント機能

Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。    Benchmarkアカウントにログイン ダッシュボードからコンタクトリストに移動 右上の新規リストの作成をクリック 通常リストを選択して次へをクリック サービスからインポートするを選択し次へをクリック 各種サービス連携よりGoogleドライブのインテグレーションアイコンをクリック 連携ボタンをクリックしてGoogleに接続 アップロードを行うGoogleアカウントを選択 アクセス許可をクリック ページがBenchmarkへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleドライブスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先として既存のBenchmarkコンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。 保存&次へをクリック。 フィールドを選択&一致させて保存&次へをクリックします。   注意点: シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) またメールアドレス項目については項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 顧客リスト 3月 19, 2019

リストアップロードにおけるトラブルシューティング

リストの一括アップロードで問題がある場合には下記を参考にトラブルシューティングを行ってください。 リストをアップロードしたが、情報が文字化けしている。 新規リストを作成したが、いつまでもコンタクト数がゼロと表示されデータが反映されない。または既存のリストに追加したが登録コンタクト数が増えない。 反映されたコンタクト数が、アップロードしたコンタクト数より少ない(一部が反映されない)。 リストが否認となった。 リストに一定割合以上の利用不可・無効なメールアドレスが含まれている アップロードの際に登録枠が不足していると警告メッセージが出る ファイル形式違い ファイル種類とファイル名が異なる エラー文字の使用  ファイル容量が大きすぎる ファイルの作成に問題がある     ■リストをアップロードしたが、情報が文字化けしている。 日本語の情報を含む場合は、エクセルファイル形式でアップロードを行ってください。CSVファイル形式の場合、日本語情報を含んでいると文字化けが発生します。   ■新規リストを作成したが、いつまでもコンタクト数がゼロと表示されデータが反映されない。または既存のリストに追加したが登録コンタクト数が増えない。 ファイルのアップロード中に発生したネットワークエラーによりアップロードが中止となった可能性が高いです。ほとんどの場合一時的なエラーとなりますので、15分程度お待ち頂いてから再度アップロードをお試しください。   ■反映されたコンタクト数が、アップロードしたコンタクト数より少ない(一部が反映されない)。 一括アップロードのできないアドレスがリストに含まれているためです。詳細は以下のFAQをご参照ください。 FAQ:一部のメールアドレスがアップロードされないのは、なぜですか? ■リストが否認となった。 一括アップロード出来ないアドレスが一定割合以上含まれている場合、否認となります。否認となった場合、弊社より以下の件名にてお知らせのメールをお送りしています。 ”【重要】アップロード中のリストについてご連絡をお願いします” 対処方法に関する詳細はメールをご確認頂きますようお願い致します ■リストに一定割合以上の利用不可・無効なメールアドレスが含まれている 購入や譲渡、レンタルなどで得たリスト、ロールアドレス、許可なく収集したアドレスが一定割合以上含まれている場合、メール到達率を下げるリスクが高まるため自動的にアップロードが中止されます。このようなアドレスを削除して頂き再度アップロードを行ってください。 *外部サービスとの連携により、Benchmarkでは有料オプションとしましてリスト照合のサービスをご提供しています。ご希望の方はサポートまでご連絡ください。 チャット:10:00〜12:00、13:00〜17:00 (土日、祝日を除く) リスト照合に関してはこちらのFAQをご覧ください。 FAQ:リスト照合とはなんですか? ■アップロードの際に登録枠が不足していると警告メッセージが出る 登録枠は新規アドレスのアップロードに使用されます。新規アドレスの登録枠が足りない場合はプランのアップグレードを行うか、既存の登録アドレスの削除が必要です。 もしすでにアカウント上に登録済みの重複アドレスをアップロードする場合にはそのまま「次へ」ボタンをクリックしてお進みください。メールアドレスを軸としてその他のフィールド項目データ情報が上書きされます。この場合プランのアップグレードは必要ありません。 ■ファイル形式違い Benchmark Emailでは.xls や .xlsx (Microsoft Excelファイル)、.txt (テキストファイル)のみ対応可能です。その他のファイルはアップロード出来ません。 ■ファイル種類とファイル名が異なる 形式を合わせて保存したとしても、ファイル名(例:顧客リスト.csvなど末尾にファイルのタイプ名)が正しくない場合があります。これは、CSVファイルをExcelファイルで開き保存した場合に発生することがあります。Excelではファイルを保存する際に『形式を合わせて保存』が可能です。形式を合わせて保存を行えば、エラーの発生を防ぐことが出来ます。 ■エラー文字の使用 実際にファイルを見ても判断出来ない事がありますが、エラー文字が含まれていることがあります。Benchmark Emailのシステムにてアップロード時にエラー文字を判明した場合、エラー文字までのデータはアップロードされ、それ以降は反映されません。顧客リストが途中までしかアップロードされていない場合は、途切れた場所のデータを修正して再度アップロードを行って下さい。 ■ファイル容量が大きすぎる HTTPを使用している為、 3.5MB以上のデータはアップロード出来ません。 3.5MB以上の場合、アップロードは完了せずタイムアウトされます。もし大きなファイルをお持ちの場合、分割してアップロードをお願いします。 ■ファイルの作成に問題がある ファイルの作成に問題がある場合、アップロード出来ません。以下に問題あるファイルとして多い症例がございます。 1. Excelファイルにシートが複数ある 2. ファイルにパスワードが付いている アップロードのための正しいファイルの作成は、シートが一枚のみであり、パスワードが付いていない等です。アップロードの際は、ファイルをよく確認してください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 顧客リスト 3月 19, 2019

Benchmark Emailにアップロードできる顧客リストの作成ルール

Benchmark Emailへアップロードできる顧客リストのファイル形式は以下の通りです。 エクセル(.excelまたは.xlsで保存) テキスト(.txtで保存 / 日本語文字情報は登録不可) CSV(日本語文字情報は登録不可) テキスト形式とCSV形式は読み込み可能ですが、日本語文字情報を含む場合は文字化けを起こします。 以下にファイルの作成方法を説明します。   Excelを利用 1) 1行目に各項目名を記入する。 Excelシート一番上の行はヘッダー行とし、顧客情報を記入しないでください。 「アドレス」「姓」「名」など登録したい項目名を各列に記入していきます。最大27項目まで登録可能です。 2) 1行目に記入した項目に合わせて、2行目以降に顧客リストデータを入力。 1顧客に対して1行で入力します。 「sample@benchmarkemail.com」「山田」「太郎」など登録したい情報を各列に記入していきます。 3) 末尾に”.excel”を付けてファイルを保存(.xlsも可) Macユーザーの方: 正しくリストがアップロードされないことがありますので、必ずファイルタイプexcelで保存して下さい。 ※エクセルファイルのファイル名は全角40字以内に抑えて下さい。それ以上になりますとインポートの妨げとなります。 作成したデータをアップロードする方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:顧客リストファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は?   テキストファイルの作り方 1) ヘッダー行を顧客リストのフィールド項目名に合わせます。 2) フィールド項目を入力したヘッダー行に合わせて、顧客情報を入力して行きます。1顧客に対して1行です。必ず空白項目にはコンマを入力して列が分かれるようにして下さい。 [姓],[名],[email] 山田, 太郎 , taro.yamada@benchmarkemail.com 3) 末尾に”.txt”を付けてファイルを保存 例) 顧客リスト.txt このインストラクションは、メモ帳だけでなく他のテキストファイルでも適応します。 備考:ヘッダー行は必須ではありません。ヘッダー行を入れなかった場合、アップロードの際、フィールド名を選択する行程があります。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 3月 19, 2019

登録フォームからセグメントする方法。セグメント機能の活用方法について

  セグメントリストは特定の目的に合わせてターゲット化したリストのため、メールマーケティングを行う上でも効果的です。例えば、「東京都」などのセグメントを作成し、地域限定のキャンペーンを開催するなどの使い方も可能ですし、誕生月でセグメントしバースデークーポンを配信する、といった利用方法もあります。 登録フォームの回答に合わせて、登録時に自動的に顧客をセグメント分けすることによってその後の運用がやりやすくなります。 都道府県や年齢など、セグメントの基準となる項目を登録フォームに追加することで、 登録時からセグメントされたリストに保存されるように設定できます。 詳細は以下の設定ステップをご確認ください。 1)登録フォームと連携させるリストを作成。この時点でリストにコンタクトを追加する必要はありません。またすでに作成済みのリストを利用することも可能です。 2)リストをセグメント。セグメントの基準となる項目を設定します。 セグメントの作成方法について詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:セグメント機能の使い方は? 3)登録フォームを作成。自由に項目を設定できるクラシックフォームで作成しましょう。 登録フォーム作成方法について詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? 上記の設定で、登録フォームから獲得したコンタクトを自動的にセグメントすることが可能になります。 また応用としてステップメール機能を併用し、特定の新規購読者(セグメントしたコンタクト)に特化したコンテンツの配信を自動化することもできます。 事例)登録フォームで登録したコンタクトのうち、関東地方在住の購読者のみにメールを自動配信するよう設定したい。 まず、登録フォーム用のリストを作成します。リスト名を保存した時点でリストが作成されるため、アップロードまで進む必要はありません。 次にこのリストを「関東地方」でセグメントします。コンタクトが登録されていなくても必ず「保存&抽出」をクリックしてください。 次に「登録フォーム用」リストで登録フォームを作成します。項目設定ではセグメント項目と同じ項目を作成します。ここでは「都道府県」項目で「関東地方」を選択肢の一つとして作成しています。 これで関東地区を選択したコンタクト情報が「登録フォーム用 - 関東在住」セグメントリストへ登録されます。 最後に、ステップメールを作成します。ステップメールの作成方法については以下のFAQをご確認ください。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? この時配信先リストとして「 登録フォーム用 - 関東在住」を選択します。 これで登録フォームから得た新規購読者のうち、関東地方に住んでいると回答したユーザーのみにメールを自動配信することが出来るようになりました。 リスト全体にメールを配信するよりも、あらかじめターゲット化されたリストにメールを配信する方がより効果的です。 また、リスト全体に配信した場合、自分と全く関係の無い内容のメールが届いた場合は、配信停止依頼をされてしまう恐れもありますのでご注意ください。 コンタクトリストにある項目なら全てセグメントを作成することは可能です。ぜひ有効活用してください。  

インポート / 出力 セグメント機能 3月 15, 2019

受信先で文字化けしているようです。修正方法はありますか?

Benchmark Emailではマルチパート配信を採用しておりますので、HTML受信環境のない受信先ではテキスト版のメールが配信されるようになっています。 しかし、受信端末によっては(特にガラケー)HTML受信環境がないにも関わらず無理やりHTMLで受信してしまうものもあります。 このような場合に、文字化けなどの表示トラブルが発生してしまいます。 文字化けしたメールを送り続けてしまうと迷惑メール報告などに繋がってしまいます。そのため表示トラブルの発生した配信先は積極的にテキスト版の配信に変更して頂くことが推奨されます。 テキストメール受信の設定方法は以下をご参照ください。 個別で設定を変更する場合 リスト一覧ページより、編集をするリスト名をクリックします。 設定変更をするメールアドレスをクリックします。 「メール受信方法」の部分にて、プルダウンから「テキストメール」を選択し「保存」をクリックします。 ファイルのアップロードで一括に変更する場合 ※こちらの方法は新規でリストを作成される場合に可能となります。 また既存のファイルでも以下の手順を行い、再度アカウントにアップロードする際に新規リストとしてアップロードして頂ければ変更が反映されます。 リスト一覧ページより、編集するリスト名をクリックします。 画面右側の「リストの追加」欄の「ダウンロード」をクリックします。 出力するフィールド一覧の「メール受信方法」項目にチェックがされていることを確認し、Excelファイルに保存をクリックします。 ダウンロードしたExcelファイルを開き、「メール受信方法」のカラムを「both」から「text」へ変更します。 ファイルを保存し、アップロードを行います。項目設定のステップで、「メール受信方法」の設定を行ってください。 Benchmark Emailのデフォルト設定ではHTMLメールが配信され、受信者側のメーラーやメールクライアントの設定でHTMLメールの受信を拒否している場合については、代替えのテキストメールが自動的に配信される仕組みとなっております。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 顧客リスト 3月 13, 2019

セグメント機能の使い方は?

セグメント機能とは セグメントの作成方法 セグメントの編集方法 セグメントの削除方法 セグメント機能とは 顧客リストの中で、特定の条件(地域や性別など)でグループ分けしたリストをセグメントと呼びます。 セグメントの基準条件を「メールアドレスにyahoo.co.jpを含む」とすると、yahoo.co.jpのメールアドレスのみのリストが作成できる。 「2011年1月1日よりも後に登録」したコンタクト先など、登録日を基準にセグメントを行うこともできる。 例えば、リスト内から特定の日付以前に登録した人のみに特別なサンキューメールを配信したいとします。このような場合にセグメントを利用することで簡単に目的ターゲットへの配信が可能になります。 セグメント機能を利用してもアクティブコンタクト数に影響はありません。セグメントの作成は既存のコンタクトリストを元にフィルターを作成する機能になりますので、登録コンタクト数が増える(その結果アップグレードが必要になる)ということはありませんのでご安心ください。 セグメントの作成方法  アカウントにログインします。  ダッシュボードよりコンタクトリストを選択します。  セグメントをクリックします。  画面右上のセグメントの新規作成をクリックします。  セグメントを作成したいリストを選択します。  セグメント名と簡単な説明を追加します。  保存&次へをクリックします。  セグメントのグループ分け条件を設定します。 •   リストのフィールド項目のうちどの項目のデータに基づいて条件設定をするのかを選択します。 •   任意のフィールド項目を組み合わせて条件の設定が可能です。  保存&抽出をクリックして完了です。 コンタクトの情報が多ければ多いほど、より効果的なセグメントを作成できます。 商品コードやトラッキングコードを特定のコンタクトに付与しておけば、後のセグメント作成に役立つかもしれません。 コンタクト情報があまりない場合には、アンケートや投票機能を利用して情報を集めるのも一つの手法です。   セグメントの編集方法 1. 「コンタクトリスト」をクリックします。 2. 「セグメント」をクリックします。 3. 編集したいセグメントをクリックします。 4.「編集」を選択します。 セグメントの元となるコンタクトリストを変更することはできません。異なるコンタクトリストでセグメントを作る場合は新たにセグメントを作成してください。   セグメントの削除方法 1. 「リスト」タブをクリックします。 2. 「セグメント」サブタブをクリックします。 3. 削除したいセグメントタイトルの「・・・」をクリックし「削除」を選択します。 注意:セグメントを削除しても元のコンタクトリストは消去されずに残ります。一つのセグメントに対して10項目までセグメント基準を設定することが可能です。

セグメント機能 顧客リスト 3月 12, 2019

1 2