サポートページ aero-right テンプレート&メール編集

小さく表示させたい画像が、スマホでは大きく表示されてしまいます。対処法はありますか?

Benchmark Emailは、スマートフォンでの表示を自動的に最適化(レスポンシブ対応)する仕様となっております。 そのためフォントサイズや改行が最適化され、受信環境に左右されず読みやすいメールを配信することができます。 しかしながら、「小さく表示させたい画像(ロゴマーク)が、スマートフォンでは大きく表示されてしまう」といったお悩みを時々耳にします。 例えば、ロゴ画像の大きさを下記のようにしたとします。(PC画面での表示の場合)   これをスマートフォンで見た場合、以下のようになりました。 このロゴ画像を、スマートフォンで見た時だけ下記のように少し小さくしたい、という場合の対処方法をご紹介します。   スマートフォン版の表示サイズだけを小さくする方法   使用する画像を、左右の余白を含めた画像へ置き換えることを試してみてください。 今回の例で使用したのは、W50×H73のロゴ画像です。 W50×H73 この画像の左右に空白を足し、追加で2種類の画像を用意します。 W400×H73   W500×H73   ※この画像作成はBenchmark Email上では行えません。画像編集ソフトで作成してください。 実験として、これらの画像を並べてメールデザインを作成します。   まずはPC版での見え方を見てみましょう。 3つの画像の見え方に変化はありません。 では次に、スマートフォンでの表示を確認します。 PC版では同じ大きさに見えていた画像ですが、モバイル版では見え方に差が出ています。 画像の横幅を変えて、お好みの表示サイズへと調整してください。 注意点 ・スマートフォンと一口に言っても、機種やOS、メーラーによって見え方は変化します。 ・今回は表示確認をBenchmark Email上のプレビュー機能で行いました。プレビュー機能での表示はイメージであり、厳密にスマートフォンと同じとは限りません。サイズを拘って調整される場合は、メールを自分のアドレスへ配信するなどして確認してください。 ・W600以上の画像はPC版での表示も変わってしまいます。(幅がPC版枠を超えるため、全体が縮小された結果、小さく表示されます。) ・サイドの空白枠は0で実験を行っています。

テンプレート&メール編集 画像ギャラリー 12月 15, 2018

外部システムとの連携では何が出来ますか?自社サイトやシステムとの連携は?

Benchmark Emailでは様々な外部システムとの連携機能を提供しています。ここでは人気のシステムとの連携と、連携をすることで可能になる機能をご紹介します。 ■Facebook連携 Benchmark Emailで最も連携されているのがFacebookではないでしょうか。連携により以下が可能となります。 -メール配信をすると自動的にFacebookフィードに投稿(設定をOFFにもできます) -Facebookボタンのデフォルトリンクが自社ファンページに設定 ■Twitterタイムライン連携 -配信メールをタイムライン上で共有 -Twitterボタンのデフォルトリンクが自社アカウントページに設定 ■Twitterツイート連携 -最新ツイートを専用連携テンプレートにて最大5件まで共有 (※2016年5月からの新機能です。) ■SurveyMonkey連携 -SurveyMonkeyで開催中のアンケートリンクをメールで配信 その他Pinterestなど様々なソーシャルサイト、ZendeskやeBay、Etsyなど外部サービスとの連携が可能となっています。マーケティングポータル同士を繋げればマーケティング効果の倍増が期待できるためぜひご活用ください。 ■自社サイトやシステムと連携する場合にはAPIを利用します。 API連携・構築におきましてはサポート対象外となりますため、あらかじめご了承下さいませ。 APIの詳細はこちら

テンプレート&メール編集 よくある質問 11月 29, 2018

BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧

  タグを使えばメールのパーソナライズ、カスタマイズの選択肢がより広がります。 以下カテゴリーに沿って、メールのパーソナライズ化に役立つタグをご紹介します。 目次 一般的なタグ パーソナライズに関するタグ RSSに関するタグ ソーシャルメディアとの連携タグ   一般的なタグ [address_block] メールに住所情報が挿入されます。 [company_name] 会社名・所属先名が表示されます。 [company_phone] 会社・所属の電話番号が表示されます。 [uppercase:text] アルファベットをすべて大文字に変えて表示します。 例:もし会社名が"bEnchmArkEmAIlと登録されていた場合でも[uppercase:[contact_attribute:companyname]] を挿入することで"BENCHMARKEMAIL"と表示されます。 [lowercase:text] アルファベットをすべて小文字に変えて表示します。 例: 会社名が"bEnchmArkEmAIlと登録されていた場合でも[uppercase:[contact_attribute:companyname]] を挿入すると"benchmarkemail"と表示されます。 [propercase:text] アルファベットの最初の文字を大文字に変えて表示します。 例: 会社名が"bEnchmarkemail"と登録されていた場合でも [propercase:[contact_attribute:companyname]] を挿入すると"Benchmarkemail"と表示されます [forwardurl] 挿入すると、メール転送用のURLが表示されます。 例:<a href=”[forwardurl]”> このメールを転送します </a> [unsubscribeurl] 挿入すると、購読停止用のURLが表示されます。 例:<a href="[unsubscribeurl]">購読の停止を希望の方はクリック</a> [opt-in:text for the link] 挿入すると、購読認証(オプトイン)用のリンクが設置されます 例: [opt-in:続けてメールの購読を希望される方はこちらをクリック] もしくはHTML編集画面に以下のようにコードを入力してください <a href=”[opt-in]”>続きてメールの購読を希望される方はこちらをクリック</a> [subscribe:text for the link] 挿入するとオプトイン認証用のリンクが設置されます。 例: [subscribe:続けて購読を希望される方はこちらをクリック] もしくはHTML編集画面に以下のようにコードを入力してください。 <a href="[subscribe]">続けて購読を希望される方はこちらをクリック</a> [unsubscribe:text for the link] 購読停止へのリンクをメールに設置します。 例:[unsubscribe:購読停止を希望される方はこちらをクリック] もしくはHTML編集画面に以下のようにコードを入力ください <a href=”___”> 購読停止を希望される方はこちらをクリック </a> [forward:text for the link] メール転送用のリンクをメールに設置します 例: [forward:このメールを転送する] もしくはHTML編集画面に以下のようにコードを入力ください <a href="[forward]">このメールを転送する</a> [Date:メール配信日を基準にした日数の表示] メール内に、配信日を基準にした日付を表示します。 例 [Date:0] メールを配信した日が表示されます [Date:1] メールを配信した翌日が表示されます [Date:5] 配信から5日後の日付が表示されます [Date:-10] メール配信の10日前の日付が表示されます なお、日付タグにおいては管理サーバが米国にある都合上、送信時間によって日付の差異が起こりうる事をご了承下さい。     パーソナライズに関するタグ 以下に紹介するタグを利用することで、コンタクトに設定された詳細情報を表記できます。 よりパーソナライズされたメールの配信が行えます [Greeting: pretext=”テキスト” field=”フィールド” alttext=”代替テキスト”] 挨拶の文言をコンタクトフィールドと関連付けて表示が出来ます。フィールドと一致しなかった場合は代替テキストが表示されます。 以下のようにフィールド項目を設定することも可能です。 F =(first name)名 L=(last name)姓 FL = (first name+last name)名前・姓 以下使用例をご参照ください: [Greeting:pretext:="こんにちわ!"field="F"alttext="はじめまして"] コンタクトの名前が「太郎」の場合、次のように表示されます。 「こんにちわ!太郎」 もし名前が設定されていない場合は次のようになります。 「はじめまして」 [contact_attribute:フィールド項目名] コンタクトのフィールド項目に設定された情報が表示されます。 フィールド詳細から項目名をコピー&ペーストし[contact_attribute:~]以降に貼り付けてることでも機能します。 使用例: 「[contact_attribute:firstname]"様へ」 もし鈴木イチローさんがこのメールを受け取った場合、 「イチロー様へ」と表示されます。   RSSに関するタグ もしウェブサイトのRSSをすでにお持ちなら、メールで配信することができます。それも更新するたびに作成する必要なく。 RSSメールはシンプルにサイトのRSSフィードを引っ張り、メールを配信します。 以下でご紹介するタグを使えば、RSSを使ったメールを作成できます。 [RSS:Title] RSSフィードのタイトルが表示されます。 [RSS:Description] RSSディスクリプション(記述)が表示されます。 [RSS:Date] RSSが発行された日付が表示されます [RSS:Link] RSSフィードへのリンクが表示されます。 [RSSItem:Block] RSSフィードの設定をそのまま表示します。 表示項目を自分で設定するには: [RSSItem:Start] RSSの内容が始まります。 [RSSItem:End] RSSの表示が終了します [RSSItem:Title] 記事のタイトルが表示されます [RSSItem:Author] 記事の著者名が表示されます。 [RSSItem:Date] 記事の発行された日付が表示されます。 [RSSItem:Description] 記事の見出しが表示されます [RSSItem:Link] 記事へのリンクが表示されます。 [RSSItem:Category] カテゴリー分けされたRSSを表示します。 [RSSItem:Image] 画像を表示します。 [RSSItems:表示する記事の数] 入力した数の分だけ記事を表示します。 使用例: [RSSItems:3][RSSItem:Block] これによって3件の記事が表示されます または [RSSItems:5][RSSItem:Start][RSSItem:Title][RSSItem:End]   SNSとの連携タグ TwitterとFacebookをBenchmarkemailのアカウントと関連付けている場合、以下のタグを使ってリンクを貼ることができます。 [twitter_profile] ツイッターと連動を設定している場合、このタグを利用することでTwitterのプロフィールを表示することができます。 ツイッター上での名前、プロフィール写真、フォロー、フォロワー数、今までのポスト数などが表示されます。 [fb_like] Facebookアカウントとリンクしている場合、「いいね!」ボタンがメール上に表示されます。 [share_email] Facebook,myspace,twitter,delicious,digg, stumbleuponなどのSNSにメールをシェアするリンクを表示します。  

テンプレート&メール編集 よくある質問 11月 7, 2018

Benchmarkから配信された同じメールを受信しているのに、使用するメールクライアントやブラウザによってメールの表示が異なるのはなぜ?

メールクライアントやブラウザは、配信メールのHTMLコードをそれぞれ異なった形で解読・表示します。HTMLを言語に例えるなら、英語では面白いジョークでも日本語に直訳すると面白くない・・・というケースに似ています。 メールがどのように表示されるかは受信側のメールのクライアントまたはブラウザによって異なり、コードに異常がある場合、受信環境によっては正しく解読できない場合もあります。 例えばGmailでは簡単に修正できる問題があっても、Outlookでは修正ができずレイアウトが崩れる、という具合です。このような場合、メールの表示トラブルはその特定の受信環境に限れらることになります。 また、もし一部のテキストがOutlook上では全て左寄りで表示されていたとしても、他のメールクライアントで中央寄りになっていることもあります。 受信テスターを使用して、さまざまなメールクライアントやブラウザでの表示を確認してから本配信を行うことをお勧めします。詳細は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:受信テスターとは?  

テンプレート&メール編集 11月 6, 2018

BenchmarkをEtsyと連携させる方法は?

Benchmarkアカウントを使って、Etsyストアの商品情報をシェアできるようになりました。アカウントの連携方法は下記手順に従ってください。  Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューから「メール」を選択します。 「メール作成」ボタンをクリックします。 「通常メール配信」を選択し、「次へ」をクリックします。 「ドラッグ&ドロップ形式」を選択し、「次へ」をクリックします。 ステップ1の詳細ページを入力します。 ステップ2で配信先リストを選択します。 テンプレートを選択します。 フィルターから連携>Etsyを選択します。 表示されるEtsy連携テンプレートから選択します。  Etsyとの連携ポップアップ画面で、インポートしたい商品情報を含むショップ名を入力します。 「接続」をクリックします。 ステップ3エディターの入力を完了し、「保存&次へ」をクリックします。 ステップ4配信設定を入力します。 注意:アカウントのAPI/連携ページでもEtsyストアとの連携、切断が可能です。 切断方法: ページ右上のユーザ名から「API/連携」を選択します。 詳細オプション (ICON HERE) アイコンをクリックし、「切断」を選択します。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールまたはお電話にてサポートチームまでお問い合わせください。

テンプレート&メール編集 連携機能 E-Commerce 7月 19, 2018

プレヘッダーテキストとは何ですか?

プレヘッダーテキストは受信側に表示されるメールの要約や本文の最初の何行かを抜き取った部分です。Benchmark Emailでは本文に存在しない要約を表示させることも出来ます。   このオプション機能ではご自身でメールのプレヘッダーの文章を編集することが出来ます。メールを受信する前にどのような内容かを知らせたり、興味をそそる文章を入れ込むこともできます。 通常メール配信、RSSメール、ステップメールでご利用頂けます。 操作手順: 通常メール配信 ダッシュボード画面より、メール作成にカーソルを合わせます。 通常メール作成をクリック エディター選択画面となります。 概要設定にてオプション項目にスクロール プレビューテキストをクリックして、ONにしてください。 テキストボックスが表示されます。こちらにプレヘッダーテキストをご記入ください。 保存&次へをクリックして、次のメール作成ステップに進みましょう。 ステップメールの新規作成の場合 ダッシュボード画面よりツールにカーソルを合わせステップメールを選択 ステップメール作成をクリック ステップメールの配信詳細などを設定し、保存&次へをクリック テキストボックスが表示される箇所までスクロール プレビューテキストをOnに テキストボックスにステップメールに合ったプレヘッダーテキストを記入 次へをクリック 既存のステップメールに、追加をする場合 ダッシュボード画面よりツールにカーソルを合わせステップメールを選択 ステップメールを選択 編集を行いたいシナリオをクリック ステップメー

テンプレート&メール編集 4月 6, 2015

1 2 3 4 5