サポートページ aero-right ヘルプ/よくある質問

送信元(From)アドレスを変更することはできますか?

  デフォルトで表示されるのは「マイアカウント」の「マイアカウント設定」部分にて設定されているメールアドレスとなります。この設定を変更するか、あるいはメール作成時の「ステップ1 概要設定」にて変更することも可能です。 デフォルトで設定されている情報を変更するには: 1. アカウントをクリックし、「アカウント設定」をクリックします。 2. アカウント設定の設定ページをスクロールダウンし、メール配信設定セクションにて「送信元メールアドレス」の変更をします。差出人名の変更も必要に応じて行なってください。   3. 変更したらページ右上の「保存」ボタンをクリックします。   メール作成時に変更する場合は: 1.ダッシュボードのメインメニューからメールを選択し、「メール作成」ボタンをクリックします。 2.「ステップ1 詳細」ページにて送信元メールアドレスのプルダウンより任意のアドレスを選択できます。 また新たに送信元アドレスとして使用するメールアドレスがある場合にはメールアドレス認証作業を行います。 認証が完了すると送信元アドレスのドロップダウンメニューに追加されご利用可能となります。 メールアドレス認証はこちらのページから。  

ヘルプ/よくある質問 アカウント関連 作成 11月 1, 2018

ハイパーリンクの挿入方法

  ハイパーリンクとは特定のテキストや画像にURLを貼り付け、テキストや画像をクリックすることでURLのページに飛ぶことが出来る機能です。長々としたURLをそのまま挿入するより見た目もスッキリとし、エンゲージメント効果もアップします。 ハイパーリンクを活用し購読者をホームページやランディングページへ誘導すれば、コンバージョンの獲得が期待でき、またBenchmarkが誇るクリック数などのメール効果測定機能をフル活用するためにも、ハイパーリンクの挿入方法を覚えておきましょう。 テキストの場合 ドラッグ&ドロップ形式のエディタを開き、リンクを挿入するブロックの編集アイコンをクリックします。URLを貼り付けたいテキストをハイライトします。     ハイライトした状態で、「リンクの挿入」アイコンをクリックします。   「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックします。   ハイパーリンクの挿入完了です!リンクが付いたテキストは色が変わります。   画像の場合: 写真を挿入したら、画面左のオプションから「リンクURL」をクリックします。   「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックして完了です。   またハイパーリンクはウェブアドレスだけでなくメールアドレス、電話番号として設置することも可能です。 メールアドレスとして設定されたハイパーリンクはクリックすることで使用端末のデフォルトメールツールのメール作成画面が開くようになり、電話番号はクリックすることで電話をかけることができるようになります(受信端末によってこの機能の利用が可能かどうかは異なります)。

ヘルプ/よくある質問 作成 10月 11, 2018

リストアップロードにおけるトラブルシューティング

リストの一括アップロードで問題がある場合には下記を参考にトラブルシューティングを行ってください。 新規リストを作成したが、いつまでもコンタクト数がゼロと表示されデータが反映されない。または既存のリストに追加したが登録コンタクト数が増えない。 反映されたコンタクト数が、アップロードしたコンタクト数より少ない(一部が反映されない)。 リストが否認となった。 リストに一定割合以上の利用不可・無効なメールアドレスが含まれている アップロードの際に登録枠が不足していると警告メッセージが出る ファイル形式違い ファイル種類とファイル名が異なる エラー文字の使用  ファイル容量が大きすぎる ファイルの作成に問題がある ■新規リストを作成したが、いつまでもコンタクト数がゼロと表示されデータが反映されない。または既存のリストに追加したが登録コンタクト数が増えない。 ファイルのアップロード中に発生したネットワークエラーによりアップロードが中止となった可能性が高いです。ほとんどの場合一時的なエラーとなりますので、15分程度お待ち頂いてから再度アップロードをお試しください。   ■反映されたコンタクト数が、アップロードしたコンタクト数より少ない(一部が反映されない)。 一括アップロードのできないアドレスがリストに含まれているためです。詳細は以下のFAQをご参照ください。 FAQ:一部のメールアドレスがアップロードされないのは、なぜですか? ■リストが否認となった。 一括アップロード出来ないアドレスが一定割合以上含まれている場合、否認となります。否認となった場合、弊社より以下の件名にてお知らせのメールをお送りしています。 ”【重要】アップロード中のリストについてご連絡をお願いします” 対処方法に関する詳細はメールをご確認頂きますようお願い致します ■リストに一定割合以上の利用不可・無効なメールアドレスが含まれている 購入や譲渡、レンタルなどで得たリスト、ロールアドレス、許可なく収集したアドレスが一定割合以上含まれている場合、メール到達率を下げるリスクが高まるため自動的にアップロードが中止されます。このようなアドレスを削除して頂き再度アップロードを行ってください。 *外部サービスとの連携により、Benchmarkでは有料オプションとしましてリスト照合のサービスをご提供しています。ご希望の方はサポートまでご連絡ください。 チャット:10:00〜12:00、13:00〜17:00 (土日、祝日を除く) リスト照合に関してはこちらのFAQをご覧ください。 FAQ:リスト照合とはなんですか? ■アップロードの際に登録枠が不足していると警告メッセージが出る 登録枠は新規アドレスのアップロードに使用されます。新規アドレスの登録枠が足りない場合はプランのアップグレードを行うか、既存の登録アドレスの削除が必要です。 もしすでにアカウント上に登録済みの重複アドレスをアップロードする場合にはそのまま「次へ」ボタンをクリックしてお進みください。メールアドレスを軸としてその他のフィールド項目データ情報が上書きされます。この場合プランのアップグレードは必要ありません。 ■ファイル形式違い Benchmark Emailでは.xls や .xlsx (Microsoft Excelファイル)、.txt (テキストファイル)のみ対応可能です。その他のファイルはアップロード出来ません。 ■ファイル種類とファイル名が異なる 形式を合わせて保存したとしても、ファイル名(例:顧客リスト.csvなど末尾にファイルのタイプ名)が正しくない場合があります。これは、CSVファイルをExcelファイルで開き保存した場合に発生することがあります。Excelではファイルを保存する際に『形式を合わせて保存』が可能です。形式を合わせて保存を行えば、エラーの発生を防ぐことが出来ます。 ■エラー文字の使用 実際にファイルを見ても判断出来ない事がありますが、エラー文字が含まれていることがあります。Benchmark Emailのシステムにてアップロード時にエラー文字を判明した場合、エラー文字までのデータはアップロードされ、それ以降は反映されません。顧客リストが途中までしかアップロードされていない場合は、途切れた場所のデータを修正して再度アップロードを行って下さい。 ■ファイル容量が大きすぎる HTTPを使用している為、 3.5MB以上のデータはアップロード出来ません。 3.5MB以上の場合、アップロードは完了せずタイムアウトされます。もし大きなファイルをお持ちの場合、分割してアップロードをお願いします。 ■ファイルの作成に問題がある ファイルの作成に問題がある場合、アップロード出来ません。以下に問題あるファイルとして多い症例がございます。 1. Excelファイルにシートが複数ある 2. ファイルにパスワードが付いている アップロードのための正しいファイルの作成は、シートが一枚のみであり、パスワードが付いていない等です。アップロードの際は、ファイルをよく確認してください。  

ヘルプ/よくある質問 顧客リスト 10月 1, 2018

メールに注意書きを追加することはできますか?

個々の会社のセキュリティ・プライバシーに関する情報などで必要となる注意書きをメール内に追加することが可能です。パーミッションリマインダーに追加する方法と、テキストブロックを利用して挿入する方法の2種類があります。 それぞれの方法詳細については以下をご覧ください: パーミッションリマインダー 新規メールの作成を開始します。 エディタタイプを選択し、保存&次へをクリック。 ステップ1 詳細ページにて必要事項を入力します。 パーミッションリマインダーのテキストボックスに注意書きを入力します。デフォルトテキストは削除せず、追加する形でお願いします。 保存&次へをクリック。 配信先リストを選択し、保存&次へをクリックします。 テンプレートを選択します。 エディタが表示されたら、メールトップあるいは下部に注意書きが表示されているかご確認ください。 パーミッションリマインダーの表示箇所はブロックをドラッグすることによって変更が可能です。 パーミッションリマインダーの注意書き表示はこちらで完了です。但しテキストのフォントやサイズは変更できない点だけご注意ください。 テキストブロック メールエディタ上での操作となりますので、メール作成ステップ3までお進みください。 テキストブロックを任意の位置にドラッグ&ドロップします。注意書きはトップまたは最下部に配置されている事が多い点ご留意ください。 注意書き内容を入力し、保存&閉じるをクリックします。 その他のコンテンツを挿入してメール編集を完了してください。 これで手順は完了です。テキストブロックを利用する場合はフォントやサイズなど自由に変更が可能です。 過去に作成したメールは配信、または下書き保存することによってテンプレートとして次回からご利用頂けます。メール作成ステップ3のテンプレート選択の際に「過去のメール」をクリックしてください。 ご不明点がございましたらお気軽にサポートまでご連絡ください。

ヘルプ/よくある質問 5月 2, 2018

1 2