サポートページ aero-right ドラッグ&ドロップエディタ

メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?

はい、分析できます。貴サイトでGoogle Analyticsを利用している場合、Benchmark Emailで作成し配信したメールがクリックされてから貴サイト上での購入までのプロセスをトラッキングする事が可能です。 まずはじめに、Google Analyticsアカウントをお持ちでない方は作成から行います。作成済みの方は、Google AnalyticsのトラッキングID(例:UA-000000-01)を取得し、そのコードが貴サイトに設定されているかを確認します。 次に、コンバージョントラッキングが設定されているかをご確認ください。設定については、以下のブログをご覧ください。 ブログ:Googleアナリティクスを使ってメールマガジンの1歩踏み込んだ効果分析しよう! Google Analyticsでコンバージョントラッキングの設定が完了しましたら、下記のステップに沿って設定を行います。 Benchmark Email  Benchmark Emailのアカウントにログインします。  メールの新規作成または未送信のメールを選択します。  メール作成時の「チェックリスト」画面にて「Google Analytics™ 連携」のラジオボタンを有効にします。  Google Analytics 用タイトルを編集もしくはデフォルトの「メール名」を利用します。(こちら忘れずに!)   こちらの設定でGoogle Analytics上でメールからの動向が確認できます。Benchmark Emailでは自動的に全てのURLにコードが追加されます。   Google Analyticsで分析結果を確認するには、下記のステップに従ってください。 Google Analytics  Google Analyticsにログインします。  対象のホームページを選択します。   左側ナビゲーションコラムの「集客」カテゴリーより「キャンペーン」をクリックし「すべてのキャンペーン」を選択します。  メール作成時にBenchmark Email側で設定したGoogle Analytics 用タイトルを確認します。 Google Analyticsと連携する事でBenchmark Email側で確認できない貴サイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 重要:キャンペーンが表示されない場合は、キャンペーンの検索をすることも可能です。その際は日付の範囲にご注意ください。Google Analyticsはデータが処理されるまでに24~48時間かかります。 実際にGoogle Analytics連携を使われてた事例を紹介している弊社のブログもご参照下さい。 ブログ:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回)   Google Analytics用のキャンペーン名確認方法 レポートからメールプレビュー画面を開きます。 設定リンクをクリックします。 遷移先のwebサイトURLの「utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がキャンペーン名となります。   ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 9月 3, 2020

画像にリンクをつける方法

画像にURLをリンクする方法 画像をクリックすると、あるページに遷移するようなリンクを設置する場合は以下の手順にて設定します。 1. リンクを挿入したい画像をクリックし、左側の編集オプションから「リンクURL」をクリックします。 2. リンクURLの部分に遷移先のURLを記入し「挿入」ボタンをクリックします。ウェブサイトへのリンクの他、メールアドレス、電話番号へのリンクの挿入も可能です。 3. 画面上部のリンクアイコンが青くなっていれば無事リンク設定が完了したサインとなります。右隣のアイコンクリックでリンク設定の解除も可能です。 画像にPDFファイルをリンクする方法 1. メール作成画面にて画像をブロックに挿入します。画像ブロック、画像+キャプションブロックなどお好きなブロックを利用してください。その後画面左の編集オプションから「リンクURL」をクリックします。 2.  リンクの挿入ポップアップウィンドウが表示されたら、左下の「ファイルを添付」をクリックします。 3. ドキュメントライブラリウィンドウが開きます。すでにアップロードしてあるファイルを挿入する場合、目的のファイルの「挿入」ボタンをクリックします。新しくアップロードする場合にはウィンドウ上の「ファイルを追加」をクリックし、アップロードしてから「挿入」ボタンをクリックします。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 画像ギャラリー 10月 16, 2020

メールに記載する住所の編集方法

Benchmark EmailはCAN-SPAM法、特定電子メール法(特電法)に遵守したアンチスパムポリシーを導入しているため、メールには住所の記載が必要です。 ・ご記載いただく住所は実際の事業所・オフィス所在地となります。 ・メールにデフォルト入力されているのは、アカウント設定に登録されている住所です。 ・デフォルト入力は英語圏の表記順のため、日本の表記順へ編集することをおすすめします。 住所を日本語表記順に変更する 1. メール編集画面の「フッターブロック」をクリック 2. 左メニューで「コンテンツ」タブを選択 3. 住所欄を日本語の表記へ編集し、「保存&閉じる」をクリック   アカウントに登録した住所を変更する アカウント設定ページから設定を変更することができます。 1. 会社情報内の住所を変更 2. ページ右上の「保存」をクリック   注意:住所を変更後に作成したメールには新しい住所が反映されますが、変更前の住所で配信したメールをコピーして再利用する場合は反映されません。必ず上記の手順に従って住所を更新してから配信を行なってください。 住所を改行する 改行したい箇所には<br>タグを入力してください。 〒100-0013 <br> 東京都千代田区霞が関1-4-1 <br> 関連ブログ記事:法律違反になる前に!メルマガで宣伝・広告メールを配信する際に押さえておくべき「特定電子メール法」 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 11月 24, 2020

受信テスターの目的と作成方法について

受信テスターとはすべての顧客リストにメールを配信する前にさまざまなメーラー(メールサービス)上でメールがどのように表示されるかを確認できる機能です。(スクリーンショットで実際のメールをご覧頂けます。) 各種迷惑メールフィルターを使ってスパムチェックを事前に行うことも可能です。 目次 受信テスターのご利用方法 メールのレイアウトを確認できるデバイスの種類 スパムチェック可能な迷惑メールフィルターの種類 受信テスターをサブアカウントで利用する方法 受信テスターのご利用方法 受信テスターを利用するにはまずテストを作成してください。以下のステップに従ってください: Benchmark Emailアカウントにログインします。  ダッシュボード左のメニューから「メール」をクリックします。  次に「受信テスター」を選択します。  ページ右上の「テストの新規作成」ボタンをクリックします。  詳細ページにて、任意のメールを選択します。  ページ下部の「メールクライアントを選択する」ボタンをクリックします。  受信テスターのポップアップ画面が表示されますので、確認したいメールクライアントのチェックボックスにチェックを入れてください。Gmail(Explorer)は2回分無料です。 またスパムチェックを行う場合は、同画面にてスクロールダウンし、任意の迷惑メールフィルターチェックボックスにチェックを入れます。「購入する」または「テストの実行」ボタンをクリックします。 注意点: Benchmark Emailでは、Gmail(Explorer)を対象に2回分の無料テストを提供しております。 受信テスター機能は一度のお申込みで100回分2,000円にてご提供しており、継続的な料金は発生しません。 ご購入された100回分を全て使用した後に受信テスターをご利用の場合は、再度100回分を2000円でご購入ください。 メールのレイアウトを確認できるデバイスの種類 携帯端末(スマートフォンまたはタブレット) Android 6.0 Gmail app (Android 6) Gmail app (Android 7) Gmail app (Android 8) Gmail App (Android 9) Gmail App (Android 10) Gmail App (Android 10) Dark Gmail App (iOS) Gmail App IMAP (Android 6) Gmail App (iOS) Dark IBM Notes 10 iPad (Gen 7) iPad (Gen 7) Dark iPad (Retina) iPad Pro (10.5 in) iPad Pro (11 in) iPad Pro (12.9 in) iPhone 11 Pro (iOS 13) iPhone 11 Pro (iOS 13) Dark iPhone 11 Pro Max (iOS 13) iPhone 11 (iOS 14) iPhone 11 (iOS 14) Dark iPhone 12 (iOS 14) iPhone 12 (iOS 14) Dark iPhone 8 Plus (iOS 14) iPhone SE (iOS 13) Gen 2 iPhone XR (iOS 12) iPhone XS (iOS 12) iPhone XS Max (iOS 12) Microsoft Outlook app (iOS 11) Samsung Mail (Android 6) Samsung Mail (Android 7) Webメール デバイスに保存されたアプリではなく、GmailやOutlookなどのWebブラウザを通してアクセスされた受信箱を基にしたサービスです。 AOL Mail (Chrome) AOL Mail (Explorer) AOL Mail (Firefox) Comcast (Chrome) Comcast (Explorer) Comcast (Firefox) freenet.de (Chrome) freenet.de (Explorer) Gmail (Chrome) Gmail (Explorer) Free Gmail (Firefox) GMX.de (Chrome) GMX.de (Explorer) GMX.de (Firefox) G Suite (Chrome) G Suite (Explorer) G Suite (Firefox) Office 365 (Chrome) Office 365 (Explorer) Office 365 (Firefox) Outlook.com (Chrome) Outlook.com (Explorer) Outlook.com (Firefox) Outlook.com Dark Mode (Chrome) Outlook.com Dark Mode (Firefox) T-Online.de (Chrome) T-Online.de (Explorer) T-Online.de (Firefox) Web.de (Chrome) Web.de (Explorer) Web.de (Firefox) Yahoo! Mail (Chrome) Yahoo! Mail (Explorer) Yahoo! Mail (Firefox) Windows Color Blindness IBM Notes 9 Lotus Notes 8.5 Outlook 2007 Outlook 2010 Outlook 2013 Outlook 2013 120 DPI Outlook 2016 Outlook 2016 120 DP Outlook 2019 Outlook 2019 120 DP Outlook 365 Outlook 365 Dark Mode Plain Text Thunderbird latest Windows 10 Mail Mac OS Apple Mail 12 Dark Apple Mail 13 Apple Mail 13 Dark Outlook 2016 スパムチェック可能な迷惑メールフィルターの種類 メーラー(メールサービス) AOL Mail Gmail GMX Mail.com Outlook Yahoo! Mail ホスト Barracuda Cloudmark DKIM DomainKeys G Suite GoDaddy Google Inbox Mail.ru MailRoute MessageLabs Microsoft Exchange Online Protection Sender ID Sender Policy Framework SpamAssassin Web.de Yandex 受信テスターをサブアカウントで利用する方法 マスターアカウントで購入した受信テスターはサブアカウントでもご利用になれます。ただし、ご利用前にメインアカウントからサブアカウントへ受信テスターの数を割り当てる必要がありますので、以下の手順に従ってください。 ダッシュボート右上のアカウント名をクリックし、「サブアカウント管理」を選択します。 オプションメニューより「受信テスターの移動」をクリックします。 受信トレイを利用したいサブアカウントの「移動」欄に割り当てたい受信テスター数を入力します。 受信テスターを利用せずにメールレイアウトを確認する方法は、こちらのFAQをご覧ください。 FAQ:送信前にメールを確認したいのですが、どのような方法がありますか? ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 11月 13, 2020

メールを短くするため、記事に「続きを読む」リンクを挿入することはできますか?

ニュースレターで「続きを読む」リンクが使用されている場合、大半の記事がウェブサイトに掲載されておりその記事へ直接リンクするようになっています。 「続きを読む」リンクの作成前にしておかなければならないこと 読者をウェブページ上の記事に導くリンクを作成する前に以下の簡単なステップに従ってください。 記事全文がすでにオンラインに掲載されていなければなりません。 Benchmark Emailライブラリに記事をアップロードすることができます。この場合、単にメールに直接ファイルへのリンクを挿入するだけで済みます。 サイトのナビゲーションに表示することなく、ウェブサイトに記事を掲載することが可能です。Web開発者に相談してみましょう。 記事のURLをコピーする。 参考FAQ:ドキュメントライブラリーに保存しているファイルのURLを取得する方法 「続きを読む」リンクの作成方法 ウェブサイトに掲載されている記事については、以下のステップに従って「続きを読む」リンクを作成します: 「続きを読む」リンクを挿入したいブロックをクリックします。 ブロック内で「続きを読む」と入力し、ハイライトにします。 画面右上の「リンクの挿入」 アイコンをクリックします。 注)Benchmark Emailに保存されているファイルは「ドキュメント」をクリックします。 リンクタイプは「ウェブアドレス」を選択します。 2つ目のボックスにURLを挿入します。入力、ペーストのどちらでも構いません。 「挿入」ボタンをクリックします。 ブロックの保存には、「保存」をクリックします。 リンクが正しく表示されるかを「プレビュー/テストメール」をクリックし、確認します。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 6月 10, 2019

メールへWebページ版のリンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法

Webページ版の挿入方法 ウェブページバージョンリンクの挿入は簡単に可能です。 メールプロバイダーの設定によっては、メールを全て表示できない場合がある為、ウェブページ上で同一の内容を公開しているリンクを挿入すると効果的です。 下記のステップに沿って設定を行います。 Step 1. ダッシュボードの「メール」より「メール」をクリックします。 Step 2. 編集するメール名をクリックします。 Step 3. チェックリストの一番下の「本文&デザイン」をクリックします。 Step 4.パーミッションリマインダーブロックを選択し、左側の「コンテンツ」タブの「ウェブページ表示のリンクを追加」にチェックを入れます。 Step 5. 「保存&次へ」のボタンをクリックします。 これで設定は完了です。プレビュー画面にて確認を行ってください。 購読者が “正しく表示されない場合はこちら” をクリックすると、配信したメールを購読することが出来ます。 もし、配信したメールを削除してしまった場合は、ウェブ上に存在しなくなり見ることが出来ないので注意してください。 ※ステップメールでのWebページ版の挿入方法は通常のメールの場合と異なります。詳細は下記FAQをご確認ください。 FAQ:ステップメールのWebページ版リンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法   メールのURLを取得する方法 メール配信後にURLを取得するには、下記方法をご参照ください。メールにWebページ版リンクを挿入していない場合も、取得可能です。 Step 1. ダッシュボードの「レポート」より「メールレポート」をクリックします。 Step 2. メールレポート一覧から、該当のメールレポートをクリックします。 Step 3. 右上の「・・・」をクリックし、「シェア」をクリックします。 Step 4. 上の方に出てくるURLをコピーしてご使用ください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 5月 19, 2020

Googleマップの検索機能をメールに追加する方法

  キャンペーンにGoogleマップで取得したルートを追加すると、登録者が場所の検索する手間を省くことができます。 また、所在地どこにいるのかを視覚的に確認するためのマップとして利用出来ます。 キャンペーンにGoogleマップの検索機能を追加するには、次の手順を実行します:  新しいブラウザウィンドウで Googleマップ にアクセスします。  ページの左上にある[ルート]をクリックします。  提供されたスペースに出発地と目的地を入力します。  複数のルートが提案されている可能性があります。優先オプションを選択します。  左側メニュー内、[地図を共有または埋め込む]を選択します。  短縮URLのオプションを選択します。提供されたURLをコピーしします。  Benchmark Emailのキャンペーン画面へ行き、リンクを配置するブロックにカーソルを合わせクリックします。  テキストボックス内、リンク希望のテキストをハイライトし、画面上部から[リンクを挿入]アイコンをクリックします。  表示されるボックスで、GoogleマップからのURLを「リンクURL」セクションに貼り付けます(下記参照)。  「挿入」をクリックします。  リンクをクリックして実際にテストしてみましょう。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 10月 22, 2020

ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法

ソーシャルメディアサイトを利用する人はどんどん増えてきています。TwitterやFacebook、LinkedInページへのリンクを挿入することで消費者の注意を引くことができ、コンタクト数の増加にもつながります。 ボタンを挿入するには、以下のステップに従ってください: デフォルトのレイアウトで作成を始めた場合は、始めから最下部にSNSボタンブロックが入っています。 SNSボタンブロックを新たに配置する場合は、ブロック一覧から「ソーシャルメディア」を右側へドラッグしてください。 設置したいSNSサービスのボタンを追加します。ソーシャルメディアブロックを選択します。 左側メニューの「コンテンツ」を選び「その他のサービスを追加する」から選択してください。 その後右脇の「+」をクリックしてください。 不要なボタンの消去・並べ替えを行う場合は、各アイコンにカーソルを乗せてください。 「ゴミ箱ボタン」で消去、「十字ボタン」で移動が可能です。 遷移先アドレスの設定を行います。アイコンをクリックし左側メニューから編集を行ってください。 アイコンの色なども編集できます。 また、Benchmark EmailとFacebookのアカウントを関連付けている場合、Facebookの「いいね!」ボタンをメール上に表示することもできます。以下の手順に従ってください。  ダッシュボードのメールをクリックし、編集したいメールをクリックします。 メール作成チェックリストの中から、「本文&デザイン」の項目の編集ボタンをクリックします。 「いいね!」ボタンを入れたいテキストブロックを選択します。 右上の「メニュー」>「挿入機能」をクリックし、ドロップダウンより「Facebookいいねボタン」を選択します。 ボックス内にはタグの[fb_like]と表示されますが、プレビューで実際のボタンをご確認いただけます。 Benchmark Emailにおいて使えるタグ一覧は以下のFAQをご確認ください。 FAQ: BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア ドラッグ&ドロップエディタ 10月 29, 2020

1 2 3