サポートページ aero-right ドラッグ&ドロップエディタ

リンクの色の変更と下線を表示させない方法

目次 テキストリンクの色を変更する方法 テキストリンクの下線を表示させない方法 デフォルトでは、テキストリンクの色は以下のように表示されます。 クリック前リンク=青 : クリック済リンク=紫 [gallery columns="2" size="medium" ids="293527,293528"] ただし、リンクカラーをコーディングで指定していない場合は購読者側の設定色が優先表示されます。そのため、受信側のメーラーの設定により、受信者ごとにメールに貼ったリンクが異なる色で表示されることがあります。 以下の方法で色を設定すると、受信側メーラーによる設定よりも優先して設定した色が表示されます。 テキストリンクの色を変更する方法 1. メールの編集画面で、編集したいブロックにカーソルを合わせると緑の枠が表示されますのでクリックします。 2. 色やデザインの変更をしたいテキストをハイライトします。必ずテキストを選択してハイライトを行なってください! 3. ブロックのツールバーから、以下のテキスト編集オプションをご利用いただけます。 【B:太字】【I:斜体】【T:下線】【取消線】【テキストカラー】【フォントスタイル】【フォントサイズ】 テキストカラーを使って、テキストリンクの色をデフォルトの青色から緑色に変更しました! リンクの下線を表示させない方法 ブロックのツールバーの「下線」を使って、下線の非表示が可能です。 1. 対象のリンクが含まれているブロックをクリックし編集可能な状態します。 2. リンクを選択(ハイライト)します。 3. 下線のアイコン(緑色)をクリックします。 4. 下線は表示されなくなり、下線のアイコンは黒色になります。 注:テキストの編集が反映されない、変更ができない場合は、以下のFAQを参考にテキストの貼り付けを行なってください。 FAQ:Benchmark Emailへコピー&ペーストすると、テキストの書式が変わってしまうのはなぜですか? また、コードでリンクのデザインを変更されたい方は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタのコードを編集する際のテクニック集 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 10月 8, 2020

画像の位置調整・枠を編集する方法

ドラッグ&ドロップエディタでは、画像を自由に編集できるよう多数の画像ブロックを取り揃えております。そのブロック内で画像の位置を調整したり、枠の編集(画像カードブロック使用)をすることが可能です。画像の位置調整を編集するには、以下の手順に従って下さい。 ・画像ブロック ・画像グループおよび画像+キャプションブロック ・画像カードブロック(こちらで枠の編集方法をご紹介します) 画像ブロック   メール本文に画像ブロックをドラッグ&ドロップ、または挿入済みの画像ブロックをクリックします。 画面左に画像ブロックオプションが表示されます。 サイドの空白枠および上下の空白枠の設定は、それぞれ緑の点を左右にスクロールして調整します。 「画像の位置調整」オプションで位置を調整します。画像で余白が全て埋まっている場合は、調整後も見え方は変わりません。 「保存&閉じる」をクリックします。   画像グループブロック・画像キャプションブロック   複数の画像を挿入した場合や画像キャプションブロックを使用している場合は、以下のように画像の位置調整を行います: ブロックをクリックします。 画面左に「設定」と「コンテンツ」の2つのタブが表示されます。 「設定」タブでは、ブロック全体のサイドの空白枠および上下の空白枠の設定が可能です。 「コンテンツ」タブでは、画像と画像の間隔を調整することができます。   ブロック内の画像をダブルクリックすると、画像の位置調整や編集オプションが表示されます。「編集」オプションでは、画像サイズの変更、テキストや画像のフレームを追加することが可能です。  「保存」をクリックします。 画像カードブロック   画像カードブロックをクリックします。 画面左にタブが2つ表示されます。 「設定」タブでは、サイド空白枠および上下の空白枠を編集できます。 「コンテンツ」タブでは、テキストの位置、画像エリア、画像の位置調整および画像表示の編集が可能です。 代替テキストを追加するには、画像をダブルクリックしボックスに入力してください。 完了しましたら、「保存&閉じる」をクリックします。 他のブロック(ボタンブロック、ソーシャルメディアブロックやナビゲーションバーブロック)は上記のブロックと同様に画面左のブロックオプションに表示され、画像の位置を調整することができます。 また、画像の枠を編集するには画像カードブロックを使用し、以下の手順に従ってください。 1.画像カードブロックをエディタへとドラッグ&ドロップします。 2.画面左に表示される「設定」タブよりボーダー線の太さ、スタイル、カラーの編集が可能です。   なお、パソコンから画像をアップロードし、上記でご紹介した画像のブロックに挿入する方法は以下の通りです。 1. 挿入したい画像のブロックをメール本文にドラッグ&ドロップします。 2. ブロックをダブルクリックし、「画像ギャラリー」に移動します。 3. 上部のグレーボックス内の「ファイルの検索」をクリックし、アップロードしたい画像を選択します。 4. アップロードが完了しましたら、「挿入」ボタンをクリックします。 画像のサイズについては以下のFAQをご覧ください。 FAQ:画像のサイズや色を編集する方法   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 10月 1, 2020

メールに動画やオーディオファイルを挿入する方法

動画の挿入方法について メールに動画を挿入したい場合は、 YouTube、Wistia、Vimeoなど既にWeb上にアップロードされている動画を使用します。 また、サムネイル画像から動画リンクへ遷移するという形での挿入となりますので、メール内で動画は再生されません。 動画にはスクリプトや埋込タグが含まれており迷惑メールと判断されることがある為、実際のメールには動画は埋め込まれません。 ここでは動画の挿入方法をいくつかご紹介し、最後にオーディオファイルの挿入についてご説明します。 動画ギャラリーから挿入する方法 Benchmarkアカウントにログインします。 お客様のアカウント名をクリックします。 画像ギャラリーを選択し、動画ギャラリーをクリックします。 動画のURLをコピーし、動画ギャラリーウィンドウ右上の動画URLボックスにURLを貼り付けます。 「挿入」ボタンをクリックします。 ドラッグ&ドロップエディタから挿入する方法 新規メールを作成する、もしくは既存のメールを開き、チェックリストから「本文&デザイン」をクリックします。 (メール作成画面に遷移します) ブロックメニューから動画ブロックをエディタ上の好きな位置に配置します。 ブロック内の「動画へのリンク」をクリックします。 動画ギャラリーが開きますので、挿入したい動画のサムネイルをクリックします。 エディタ画面に戻り、動画の挿入を確認してください。   以下のように、動画ブロックの編集も可能です。   注意点: ・YouTubeから動画URLを貼り付ける場合、「共有」ボタンからの短縮URLはご利用いただけません。必ずアドレスバーのURLを直接貼りつけるようにしてください。 ・Benchmarkは動画をホスティングしておりません。動画ホスティングサービス( YouTube、Wistia、Vimeoなど )から動画を削除しないよう気をつけてください。 ・動画のURLを削除または変更すると、メールキャンペーンの動画が表示されなくなる可能性があります。 ・メールに動画を挿入した時点で、その動画の使用や複製をする際に禁止コンテンツを含まないことに同意したこととなります。 オーディオファイルを追加する方法 オーディオファイルの添付は、不可能となっています。多くのメールソフト上で、ストリーミングビデオやオーディオファイルは削除されます。 各プロバイダーごとのセキュリティ設定よって違いますが、ストリーミングファイルを無条件で安全であるとして受信することはありません。 どうしてもオーディオファイルが不可欠であるという場合は、ファイルをネット上に保存しておくという選択肢が残されています。 以下のコードを埋め込み、メールが開封されたらファイルが自動で読み込まれるように出来ます。 <EMBED SRC=http://www.youraudiofile.com.com/folder/filename.wav AUTOSTART="TRUE" LOOP="TRUE" WIDTH="0" HEIGHT="0" ALIGN="CENTER"> </EMBED> オーディオファイルの追加はサポート対象外となりますのでご了承下さい。 HTMLコード編集画面を表示する方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタで作成したメールのHTMLコードを参照できますか?   *タグについて AUTOSTART- このタグがTRUEだと、オーディオファイルは自動的に再生されます LOOP -ファイルを続けて再生し続けたいときは、このタグをTRUEにしてください。一度のみ再生されて止まるようにしたい場合はこちらのタグを除いてください WIDTH and HEIGHT - このタグを0に設定すると、オーディオファイルのアイコンが相手に表示されません。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 4月 17, 2020

複数の画像を並べて表示させる方法

  ドラッグ&ドロップエディタなら、難しい画像の並列表示も簡単です。 以下のステップに従って操作してください。 1. 「画像グループ」ブロックを選択し、任意の位置にドラッグ&ドロップ   2. 画面左の編集オプションから「コンテンツ」タブを選択し、「レイアウト」にて並列レイアウトをクリック   3. 画像を3枚挿入したい場合は、「グループに画像を追加」オプションからレイアウトを選択 その他、画像同士の間隔調整や、「設定」タブでの背景色、上下左右の空白調整などができます。お好みに合わせて変更してください。   テキストボックスを追加したい場合は、「画像+テキスト」あるいは「画像+キャプション」ブロックをご利用下さい。 「画像+キャプション」ブロックは、デフォルトで画像とテキストの2つのセクションが追加されます。 また、挿入画像の枚数がドロップダウンより選択できます。 2つのタブを使用し、以下のような編集が可能です。 「コンテンツ」タブでは、 テキストの追加や位置(トップ、左、右、または最下部いずれか)を選択できます。画像のサイズに合ったテキストの長さが最適表示となります。 画像は3枚までブロックに追加可能です。 位置調整やテキストの行間も設定できます。 「設定」タブでは、 背景色およびサイド・上下の空白枠の調整が可能です。   なお、パソコンから画像をアップロードし、上記でご紹介した画像のブロックに挿入する方法は以下の通りです。 1. 挿入したい画像のブロックをメール本文にドラッグ&ドロップします。 2. ブロックをダブルクリックし、「画像ギャラリー」に移動します。 3. 上部のグレーボックス内の「ファイルの検索」をクリックし、アップロードしたい画像を選択します。 4. アップロードが完了しましたら、「挿入」ボタンをクリックします。   ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡くださいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 9月 18, 2020

メールに注意書きを追加することはできますか?

個々の会社のセキュリティ・プライバシーに関する情報などで必要となる注意書きをメール内に追加することが可能です。パーミッションリマインダーに追加する方法と、テキストブロックを利用して挿入する方法の2種類があります。 それぞれの方法詳細については以下をご覧ください: パーミッションリマインダー 「メールの作成」をクリックします。 メールの種類を選択し「次へ」をクリックします。 エディターを選択し、「次へ」をクリックします。 管理用メール名を入力し「次へ」をクリックします。 チェックリストの「配信先」「送信元」「件名」をそれぞれ設定します。 チェックリスト一番下の「本文&デザイン」をクリックし、レイアウトを選択します。 パーミッションリマインダーブロックを選択し、左側の「コンテンツ」タブのテキストボックスに注意書きを入力します。 デフォルトテキストは削除せず、追加する形がお勧めです。 「保存&閉じる」をクリックして完了です。 *パーミッションリマインダーの表示箇所はブロックをドラッグ&ドロップアイコンを使って変更することが可能です。 *テキストのフォントやサイズは変更できない点だけご注意ください。   テキストブロック メールエディタ上での操作となりますので、メール作成の「本文&デザイン」までお進みください。 テキストブロックを任意の位置にドラッグ&ドロップします。注意書きはトップまたは最下部に配置されている事が多い点にご留意ください。 注意書き内容を入力し、「保存&閉じる」をクリックします。 その他のコンテンツを挿入してメール編集を完了してください。 これで手順は完了です。テキストブロックを利用する場合はフォントやサイズなど自由に変更が可能です。 過去に作成したメールは配信、または下書き保存することによってテンプレートとして次回からご利用頂けます。「本文&デザイン」の編集をクリックし、「レイアウト」から「過去のメール」タブを選択してください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 到達率 10月 22, 2020

件名に絵文字は使用できますか?

件名に絵文字を追加して、ユニークで魅力的なアプローチで購読者とエンゲージしましょう。Benchmarkではメールマーケティング戦略としてウェブセーフでモバイルフレンドリーな絵文字を導入することにより、開封率を増加するための適切なツールを提供しています。お客様ご自身でご用意された絵文字、またはBenchmarkが提供する絵文字を使用することができます。但し提供する絵文字はEmojipedia経由でホストされるため、すべての受信者に同じ絵文字の形やスタイルが表示されるとは限りません。受信者に表示される絵文字のスタイルは受信者の端末に応じます。 例)異なる端末での絵文字の表示例 今日では、絵文字を使用することで、楽しく画期的な方法でメッセージを表現することができます。 お得に外食ーレストランクーポン!????️ ???????? 期間限定お買い得情報!???? ????️ ???? 秋の味覚、季節のフルーツパイを注文しよう???? ???? 連休の旅行予約はお早めに????☀️????️ 件名のテキストを絵文字と置き換えることは推奨しておりません。絵文字を使用する際は、テキストを強調する目的でのご利用をお勧めします。 以下にキャンペーンの件名に絵文字を追加する様々なオプションについてご紹介します。 メール: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードより「メール」を選択します。 「メール作成」ボタンをクリックします。 メール作成のステップ1 詳細で、件名を入力し、ニーズに最も適した絵文字を追加します。 絵文字は「通常メール配信」と「RSSメール配信」オプションで、「ドラッグ&ドロップ形式」または「HTMLビルダー」、「PLAIN TEXT EDITOR」のいずれかを選択していただくことでご利用いただけます。 A/Bテスト: Benchmarkアカウントにログイン後: ダッシュボードより「メール」を選択します。 「A/Bテスト」をクリックします。 次に「A/Bテスト作成」ボタンをクリックします。 A/Bテストメールのステップ2 テストメール選択で、下書きのメールを選択します。 件名を入力し、ご希望の絵文字を追加します。   注意:A/Bテストタイプでは、「差出人名/件名テスト」または「複数比較テスト」オプションを選択してください。絵文字はメール作成時に件名が既に選択されているため、「メールvs.メールテスト」および「配信時間テスト」オプションではご利用いただけません。 A/Bテストの作成方法はこちらをご参照ください。 オートメーション: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューより「オートメーション」を選択します。 「オートメーション作成」ボタンをクリックします。 オートメーションの種類を選択します。 ステップ2 シナリオ数で、「メールの追加」ボタンをクリックします。 次にステップ1 メール名で、件名を入力し、使用したい絵文字を追加します。 注意点: 絵文字は購読者のブラウザ、オペレーティングシステムおよびメールクライアントに応じて表示されます。 文章を絵文字に置き換えることは推奨しておりません。購読者の受信環境によっては選択した絵文字が表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足要素としてご利用ください。 メールの件名をパーソナライズする方法に関して、詳しくはこちらをご参照ください。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。  

テンプレート&メールエディタ ドラッグ&ドロップエディタ 4月 22, 2020

1 2 3