サポートページ aero-right メール配信

挿入した画像がうまく表示されないのはなぜですか?

Benchmark Emailで作成したメール内に挿入した画像が表示されない場合には、大きく分けて2つの理由があります。 メールを作成する側に原因がある場合 メールの受信側に原因がある場合 下記にそれぞれのトラブルシューティングをまとめてありますので、ご参照下さい。   メールを作成する側に原因がある場合 HTMLメールで画像を挿入する場合、画像の指定方法として絶対パス(特有の画像URL)を利用しなければなりません。挿入画像はメール自体に添付・埋め込みされているのではなく、メールを開封すると画像がアップロード先のサーバーから読み込まれることにより表示される仕組みになっています。画像は常に特定のサーバーにアップロードされており、メールが開封される度にダウンロードされています。 Benchmark Emailでメールを作成する際には以下の点を確認して下さい。   HTMLメール内で画像が表示されない理由の一例: サーバーから画像が削除され、指定されているパス先に画像が存在しない。 画像の指定方法として絶対パスが利用されていない。 受信先のメールプロバイダーまたは、メーラーの設定であらかじめ画像を表示させない設定になっている。この場合は設定を変更してもらう必要があります。 無料画像ホストサイトより画像を読み込む設定をしている場合は、サイト側より読み込みのブロックをされている可能性があります。 Benchmark Emailの画像ギャラリー機能を利用することで、有料アカウントでは10GBまでの画像をアップッロードすることができます。(無料トライアルアカウントでは10MBまで)10GB以上の容量が必要な方は月額1000円で画像ホスティングのオプションを別途ご購入頂きますと無制限でアップロードが可能となります。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:画像ギャラリーの容量の増やし方は?   複数の画像を設置した場合に表示がうまくされない場合: 複数の画像を設置する際に「画像の位置調整」オプションを使用してメールに挿入した場合、Internet Explorer上とFirefox上でのレイアウトが変わってしまいます。 片側に画像を設置し、もう片方にはテキストを配置するといった場合には「画像位置調整」オプションが有効です。 しかし、大きい画像を使いたい場合は利用しないことをお勧めします。もし使用した場合、Microsoft社の製品においては以下のような現象が発生する事があります。 画像が設定した位置と違うところに設置されてしまっている。 画像が文字を隠してしまっている。 位置調整オプションを無効にするためには、画像をクリックし、画面左側下部にある「画像の位置調整」の中央アイコンをクリックして調整して下さい。   メールの受信側に原因がある場合 メールプロバイダーで画像をあらかじめ非表示に設定している場合があり、表示する場合に設定し直す必要がある。 メールに掲載している写真が画像ギャラリー・外部参照元から削除された可能性がある。 アクセス制限されている参照元から画像を参照している可能性がある。 ファイヤーウォールが画像表示をブロックしている可能性がある。 受信側が採用しているサーバーのシステムで、画像を表示させないように設定されている場合 (Outlookなど)   Gmailでうまく画像が表示されない場合:  Gmail を開きます。  右上の歯車 Settings をクリックします。  [設定] を選択します。   [全般] タブで [メッセージ内の画像] までスクロールします。  [外部画像を常に表示する] を選択します。  ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 ドラッグ&ドロップエディタ 3月 14, 2019

メールが否認になった時の原因と解決策

メール配信の設定、または予約配信の設定を行うとBenchmark Emailのサポートチームでは、それらのメールのスキャンを行い確認をさせて頂きます。審査内容は、メール内にて使用されている文言が理由でメールプロバイダーまたはメーラーによって「迷惑メール」と判断され、メール受信箱に届かない恐れがあるかどうかをチェックしています。 これらは、高いメール到達率を確保するとともに、メール配信にまつわる配信者様の評判、またBenchmark Emailの評判を確保する為に行われております。より細かな調査が必要な場合は、お時間を要する場合があります。また、審査の結果、メール内容についてより更なる情報が必要な場合や、配信停止となった場合はBenchmark Emailよりご連絡させていただきます。 「審査中」または「配信停止」となりうる可能性の要素を下記にてご確認ください。 1) 疑わしいキーワード:著名な銀行名または、それに関連するような金融機関名や、ログイン名やパスワードなどの個人情報が含まれている情報。これらの内容はスパマーから配信される迷惑メールの代表格であり、多くのインターネットサービスプロバイダーでもこれらを含む内容は迷惑メールと判断しております。これは、メール内容が疑わしくない場合でも迷惑メールと判断されてしまいます。Benchmark Emailではこれらを注意深く確認する必要があります。このような問題を避けるには、上記内容の文言をニュースレター内に使用されないことをお勧めいたします。 2)メールの内容にテキストが含まれていない場合:メールの内容が画像だけでテキストが含まれていない場合、たいていのインターネットサービスプロバイダーは「迷惑メール」と判断します。画像編集ソフト(Photoshop)などでデザインなどを編集し、HTMLを出力した場合、それらのメールは一枚の画像と認識されてしまいます。(テキストを含んでいる場合でも、テキストと画像とは認識されません。)スパムフィルターでは、容量の大きい画像や、閲覧不可能なメールについてはブロックします。また、一般的に利用されているメール(Gmail)などでは、メール開封時には画像を表示せず、画像を表示するかどうかを閲覧者に選ばせる形式が一般的です。このような場合、テキストの内容を含まず、画像だけのメールを配信してしまうと、閲覧者には空白のみが映ってしまいます。 解決策:Benchmark Emailでは、画像のみのメール配信を推奨いたしません。また、HTML版にあわせて、テキスト版のメールも作成することをお勧めいたします。 3) デフォルト設定のラテン語が含まれている場合: Benchmark Emailでは、400種類ものHTMLテンプレートを用意しております。これらのテンプレートはサンプルとしてラテン語の文字が記入されております。これらはサンプルのため、メールを作成するときはご自身の言語でメールを作成致します。時折、これらのサンプル文章を1、2行消し忘れたままメールを配信されているお客様もいらっしゃいます。その場合、受信者の皆様はニュースレターの内容と一致しない内容が記入されていることにより、不快の念を抱いてしまう恐れもございます。 解決策:メール文面を全て確認し、サンプル文面の消し忘れが無いか確認してください。また、テキスト版のメールにもサンプル版の内容が含まれていないか確認を行ってください。  4)  短縮URL:メールキャンペーンにおいて短縮URLは利用できません。単一ホストにて短縮URLでのメールキャンペーンを配信する際、サーバー評価に影響を受けることがございます。自身で作成された短縮URLを使用していて、悪用されているものと同様のIPアドレスだった場合、ISPによってメールがブロックされる可能性があります。これによりBenchmarkと貴方の両方に悪影響を与えるため、短縮URLは許可されません。 解決策:これによりメールが拒否された場合は、短縮URLをHTMLとテキストの両方のキャンペーンから削除してください。次に、メールの新しいコピーを作成し、配信設定を変更します。同じメールを再送信しようとすると、システムはそれを再び拒否します。これは、短縮URLを使用していない新規のキャンペーンでなければなりません。   5)  スパムスコア高値: Benchmark Email独自のスパム検知システムを用い確認を行った結果、迷惑メールと判断される可能性(スコア)が高い場合です。ただし、これらはお客様のメールが迷惑メールであると判断したものではなく、インターネットサービスプロバイダーや各種メーラーにて迷惑メールと判断される恐れがあると判断したものとなります。スパム検知システムでは、迷惑メールと判断される可能性の高い単語やフレーズなどを用いスパムスコアを算出しております。たとえば、「今すぐ購入」や「これを見逃すな」や「ここをクリック」などの用語を多用するとスパムと判断される恐れがあり、一定基準に達すると受信箱ではなく迷惑メールボックスへ直接入り込んでしまいます。また下記のような内容もスパムスコアを高くする要因となります。 ダイエット 健康用品の過剰な広告 お金持ちになる方法 成人向けサービス ギャンブル関連 サブプライムローン関連 解決策: 英数字を使用する場合は全て大文字で記入しない。 クエスチョンマーク「?」エクスクラメーションマーク「!」などを連続して多用する 画像とテキストのバランスを取る テキスト版および、HTML版両方でメールを作成する。時間はかかりますが、HTMLメールの受信を拒否しているユーザー宛にはテキスト版のメールが配信されます。 HTMLのコピー&ペーストは行わない。とくにMicrosoft Wordのアプリケーションからは避けてください。 迷惑メールと疑われるようなフレーズは利用しない。 これらの項目を修正または削除することで、審査基準をクリアし多場合、メールを配信することが可能となります。     6)  メールコンテンツに含まれるURLが Spamhausでブラックリストとして登録されている場合 Spamhausは世界的に信頼のあるスパムブロックリストです。こちらをクリックしてサイトを開きます。 ■利用しているURLが、Spamhausに登録されているか確認する方法 ・ページ内の「▷Blacklist Removal Center」をクリックします。 ・ページ下部の「Enter a Domain Name」ボックスにコンテンツ内のURLを入力していきます。 ・入力したURLが安全であればこのように表示されます。 ・入力したURLがブラックリストとして登録されているとこのような表示になります。 解決策:ブラックリストとして登録されているURLをメールコンテンツから取り除きます。 *一度否認となったメールは一度コピーして、別のメールとして編集・配信を行ってください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 到達率 3月 14, 2019

HTMLエディタでメールフッターの場所を修正する方法

Benchmark Emailのエディタ(ステップ3)によって作成されていないコードによる問題によって送信されたメッセージのフッターには、両側が折り返すように見えることがあります。 これはMicrosoftのFrontPageまたはPublisherなどでよく起こります。 以下、いくつかの解決策です。 この問題はmain tableのアライメントを'center' か 'left' であるのを 'default'へ変更することによって解決されことがあります。 また、段落とdiv tagのアライメントをチェックしてみてください。それらを削除することで問題が解決することがあります。 それでも問題が解決しない場合は、以下のコードが原因である可能性があります:(div style=”float: left; clear: both;”) 'float left'は問題を引き起こすコードです。 以上(>)、以下(<)記号を含む全てのコード行を削除します。 "Clear"は全てのメールクライアントにてサポートされていない為、コード行全体を削除することをおすすめします。the ending div タグも忘れずに削除して下さい。 もしフッターがまだ間違った場所に置かれている場合、テーブルタグとテーブルデータタグを確認してください。また、これらのアライメントをデフォルトへ変更してみてください。 他の問題として考えられるのは'absolute positioning'です。 'relative positioning'ではなく'absolute positioning'を使用する時、ページ要素が正確にそれらを配置する場所が反映されている為にメールが誤った表示になる可能性があります。 多くのメールプログラムがHTMLやCSSの特定の要素を無視していることを考えると、メールを作成するときには'relative positioning'を使用することがベストだと考えられます。 そうすることにより、ページの各要素は、メールでページの下に生成されるコード順に配置され表示されます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 メール配信 3月 12, 2019

メール内任意の場所へアンカーリンクを指定する方法

アンカーリンク機能を使うことでリンク先をメール内の指定場所にすることができます。 (1) アンカー(遷移先)の作成 1. アンカーを設置したいブロックをクリックします。  2. ブロック内のアンカーリンクを設置したい部分にカーソルを合わせ、クリックします。  3. 画面右上のオプション部分に表示されるアンカーの追加アイコンをクリックします。  4. ポップアップウィンドウでは、アンカー名を記入します。記入が終わりましたら「保存」ボタンをクリックします。  5. 設置したい部分にアンカーが確認できましたら、画面左のテキストブロック内にある「保存&閉じる」をクリックします。  アンカーの作成が完了しました。次にアンカーリンクを作成します。     (2) アンカーリンクの作成 アンカーリンクの作成は、アンカーを設置した後に行います。 ブロックを選択後、アンカーリンクとなるテキストをマウスで選択し、画面左側のツールボックスで「リンクの挿入」アイコン をクリックします。  リンクタイプ「アンカーの追加」を選択します。  プルダウンメニューで作成済みのアンカーから遷移先を選択します。 「挿入」ボタンをクリックします。    TIPS:アンカーリンクの名称を変更する方法 以下は、HTMLコードを編集される方向けの内容となります。 アンカータグの含まれるブロックの編集アイコン をクリック 画面左下に表示されるコード参照ボタンをクリック、またはツールバーのHTMLボタンをクリック コードの中から以下画像と類似するコードを探してください: [name=”AnchorOne”] を変更しましょう。 例として、ここでは以下のように変更をします。 [name=”AnchorNew”] アンカータグのコーディングは以下のようになります。 <a name="AnchorNew"><img src="https://www.benchmarkemail.com/images/editor/anchor-cc.gif" vspace="0" border="0" hspace="0"></a> 注意:古いアンカータグへのリンクを削除することを忘れないでください。 削除せずにいると、メール内に無効なリンクが貼り付いたまま配信が行われてしまいます。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 メール配信 3月 13, 2019

ドキュメントファイルを送信するにはどうしたらいいですか?

Benchmark Emailではファイルを弊社サーバーへアップロードし、メール内にダウンロードリンクを設ける手法を採用しております。理由は以下の通りです。 添付ファイルによりメールのサイズ(容量)が極端に大きくなり、メールが届かない場合があります。 添付ファイルのあるメールは迷惑メールと判断される可能性が非常に高くなります。 添付ファイルのあるメールはウィルスを含んでいる場合もあることから、開封されない可能性が非常に高くなります。 1ファイルにつき5MBまでのアップロードが可能です。 以下に操作方法をご説明します。 HTMLメールへの添付 テキストメールへの添付 アップロードしたファイルを削除する方法 HTMLメールへの添付 下記のステップに従って操作してください。 メール作成の「ステップ4メールエディタ」にて操作を行います。ダウンロードリンクを挿入したい文言をドラッグして選択して下さい。   __   __   __ 右上のメニュー一覧から「ドキュメントファイルを挿入(クリップ型のアイコン)」を選択します。   __   __   __ 「ドキュメントファイルの挿入」ウィンドウが開きます。すでにアップロード済みの場合は、一覧から選択し「挿入」(画像内:赤矢印)をクリックすれば完了です。新たにアップロードする場合には、「アップロード」(画像内:赤枠)をクリックし、ファイルのアップロードを行います。   __   __   __   ファイルはセキュリティーの厳重なクラウドネットワークにアップロードされておりますのでご安心ください。 クリックレポート機能を活用すれば、どの顧客が資料に興味を示して「ダウンロードリンク」をクリックしたか確認できます。レポート機能の使用方法は、以下のリンクをご覧ください。 スライドシェア:メール配信後の効果測定  (別タブで開きます) テキストメールへの添付 テキストメールにおいては、ハイパーリンクの使用が不可能であるため、URLを直接貼り付けて頂く必要があります。 Benchmark Emailのネットワークを使用して資料を送りたい場合は、下記手順をご確認ください。   ファイルのアップロードおよびURL取得を行います。ダミーのHTMLメールを作成し、ドキュメントファイルを添付します。本ページ内で説明しております「HTMLメールへの添付」手順をご参照ください。   __   __ 添付が完了したら、URLの確認をします。リンクをハイライトし(画像内①)上部メニューより「リンクの挿入(鎖アイコン:画像内②)」をクリックします。   __   __   __ 「リンクの挿入」ウィンドウが現れます。「ウェブサイトURL」の欄に記載されているのがファイルのURLです。選択してコピーしてください。   __   __   __  テキストメールの編集画面を開きます。リンクURLを設置したい箇所に先ほどのURLをペーストすれば完了です。 アップロードしたファイルを削除する方法 ドキュメントファイルは、ドキュメントライブラリーへアップロードされます。 ドキュメントライブラリーは、メール編集を行っているときにのみアクセスが可能です。 データを削除するには以下の手順に従って作業を行ってください。 1. 任意のブロックにカーソルを合わせクリックし、編集可能な状態にします。 2.画面右上にある「メニュー」横のプルダウンより、「ドキュメントファイルを挿入」アイコンを クリックします。 3. ドキュメントファイルを挿入ウィンドウにて、削除したいドキュメントのツールから削除をクリックします。   4. 削除を確認するメッセージウィンドウが表示されたらOKをクリックして完了です。 注意: 削除を一度行うとファイルを元に戻す事は出来ません。 削除を行う前に、ドキュメントの使用の予定がないことを再度確認してください。 すでに配信したメール内に削除したドキュメントへのリンクが貼り付けられている場合、このリンクは今後無効となります。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 ドラッグ&ドロップエディタ 3月 15, 2019

Facebookのプロフィールに登録フォームのリンクを掲載できますか?

  STEP 1 : 登録フォームのリンクを取得 1. Benchmark Emailのアカウントへログインし、ダッシュボードメニューより「コンタクトリスト」>「登録フォーム」を選択し設置したい登録フォーム(クラシックフォームのみ利用可能)をクリックします 登録フォームの作り方は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? 2. ステップ4の「出力」をクリック 3. 表示オプションから「バナー画像を掲載し登録フォームへリンクする」を選択。どのバナーが選択されていても問題ありません。 4. 表示された登録コードのフォームから以下のハイライト部分をコピーします。登録フォームのページURLです。   STEP 2:Facebookのページに登録フォームのリンクを設置 1. Facebook アカウントにログインし「ページ情報」をクリック 2. リンクを設置したい項目の編集ボタンをクリック 3. STEP 1 でコピーしたURLを文章入力箇所へ貼付けます。(任意の場所にURLを設置できます。) 4. 「保存」ボタンをクリックし完了です。 また「登録フォーム」タブを作成し直接Facebook上からメルマガ登録できるようにするツールもあります。 方法についてはこちらのFAQをご参照ください。 FAQ:Facebookファンページに"登録フォームアプリ"を追加する方法   

メール配信 ソーシャルメディア メール配信 3月 15, 2019

1 2 3