サポートページ aero-right 連携機能

稼働中のEMAのメールを更新または変更することはできますか?

稼働中のEMAを変更する際には一度稼働を止めて頂く必要があります。 リンクの貼り忘れ時や余計なものを追加してしまった場合など、メールを更新もしくは簡単に新しいメールを作成することができます。 メールを更新または変更するには、以下のステップに従ってください。 編集したいEMAにアクセスします 編集したいメールノードの円をクリックします。 ウインドウが現れます。右下の「メール作成」ボタンをクリックします。 メール選択ウインドウに変わります。 ・新しいデザインで作成する場合 - 「新規作成」ボタンをクリックします。・以前のメールを「再利用」する場合 - 該当メール横の「編集」ボタンをクリックします。既存のメールをコピーしてコンテンツを編集することが可能です メール編集が完了したら「保存」をクリックします。 稼働するには「このメールを稼働する」をクリックします。   下書きを稼働することで、メールがEMA内で稼働し、以前のメールはメールレポートにアーカイブされます。 注意:このアクションを取り消すことはできません。 レポート: メールレポートはメールの送信ノードを使用して稼働されたすべてのメールに反映されます。バージョンドロップダウンから以前のメールを閲覧することができます。レポートは各メールごとに別々に保存されます。 ワークフローに特定のメールを開封済みまたは未開封のコンタクトをターゲットとした条件が含まれる場合、その条件は自動的に最新の稼働中のメールに更新されます。 メールの特定のリンクをターゲットとした条件が含まれるワークフローで、メールを新規作成する場合、EMAワークフローはそのまま稼働し続けます。新規作成するメールには同じメールリンクを使用する必要があります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

連携機能 12月 20, 2018

EMA

FacebookビジネスページとBenchmarkアカウントとの連携で顧客リストへのコンタクトの追加・削除がカスタムオーディエンスにも反映されるようになります。この機能はEMAツールに備わっておりターゲットの管理が簡単に行えます。FacebookオーディエンスはFacebook上で特定の人、あるいは興味の対象へカスタム広告の表示ができる機能です。Facebookオーディエンスについての詳細はこちら(英字サイト)をご参照ください。 EMAツールでFacebookオーディエンスを利用するのに必要なもの Facebookビジネスアカウント カスタムFacebookオーディエンス Benchmark Email有料アカウント(EMAは有料アカウントのみでご利用いただけます) Facebookビジネスページとの連携手段 EMAツールでのオートメーション 連携ページからの連携 EMAツールからの連携方法 ダッシュボードメニューより「オートメーション」をクリックし、「EMA(β版)」を選択 「新規シナリオ作成」をクリックし、シナリオ名を入力して「保存」をクリック 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 トリガーを設定するウィンドウで「コンタクトリスト」オプションを選択 リストを選択し「保存」をクリック 「シナリオを作成する」ボックスをクリック メニューから「アクション」を選択し「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 Facebookビジネスアカウントへ接続 Facebookページでの手順に従い設定 Facebookビジネスページへの接続が完了したらEMAシナリオ作成ページへ自動的に遷移します。シナリオページでは異なる種類のFacebookカスタムオーディエンスが確認できます。 追加/削除セクションにて、「オーディエンスにコンタクトを追加」あるいは「オーディエンスからコンタクトを削除」を選択 最後に、EMAでのアクションを元に更新を行うオーディエンスを選択 連携ページからの連携方法 Benchmarkアカウントからマイアカウントをクリックし「API/連携」を選択 スクロールダウンし「Facebook Business」を接続 画面表示に従って接続を完了 接続が完了したら連携ページで連携アカウント名が表示されます。これでEMAでFacebookオーディエンス機能が利用できます。 Facebook Businessページの連携切断方法 Facebookオーディエンス設定をしているシナリオが稼働しているとFacebook Businessの連携解除はできませんのでご注意ください。稼働中のシナリオがある場合、停止後に作業を行う必要があります。 切断方法は以下をご参照ください。 EMAツールからの切断 稼働中のシナリオを開き「停止」ボタンをクリック 確認のポップアップにて「はい、シナリオを停止します」をクリック 作成画面を閉じ、新規シナリオあるいは下書き保存中のシナリオ内で「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 「切断」を選択 これでFacebook Businessプラグインの接続解除が完了です。 連携ページからの解除方法 切断作業をする前に、Facebookオーディエンス設定があるシナリオが停止しているか確認してください。 画面右上のアカウント名をクリックし、「API/連携」をクリック Facebook Businessプラグインのオプションメニューをクリック 「切断」をクリック 連携ページは自動的に更新され、Facebook Businessの連携解除をご確認いただけます。 注意点: Facebookオーディエンスへの反映には最大24時間かかります。 下書き保存シナリオ:FBでのアクション設定を行なっている保存中のシナリオでは、連携を解除すると該当のノードでエラー表示が出るようになります。 稼働中シナリオ:稼働中のシナリオがある場合、連携解除を行おうとすると以下のシステムメッセージが表示され切断はできません。 Facebookオーディエンスリストからの削除:Facebook Businessページからオーディエンスの削除を行うと、Facebookのアクション設定でエラーが表示されます。 EMAについてのその他の機能をご覧ください サイトのエンゲージメントやアクティビティの利用方法 登録フォームでウェブサイトトラッキングする方法は? EMAツールでレポートにアクセスするには? EMAとFacebookオーディエンスの活用方法はこちらをクリック ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。

連携機能 12月 7, 2018

登録フォームでウェブサイトトラッキングする方法は?

ウェブサイトトラッキング機能は登録フォームに埋め込まれており、登録フォームから登録したサイト訪問者をトラッキングできるようになります。Benchmarkの登録フォームにはトラッキングを可能とするコードがHTMLコード内に挿入してあります。ウェブサイトに登録フォームを設置するだけで、EMAでのトラッキングが可能になります。   既にBenchmark登録フォームをサイト上でご利用頂いており、トラッキング機能を利用されたい場合、すぐにご利用開始いただけます。しかし以前登録フォームにHtmlコードを使用している際は、コードを書き換える必要があります。Javaスクリプトを使用している場合はトラッキング機能が既に組み込まれているので書き換えの必要はありません。   登録フォームトラッキング機能を利用出来るのは? ウェブサイトトラッキングは有料プランでのみご利用いただけます。   登録フォームトラッキング機能の利用方法 ウェブサイトに登録フォームのコードとオリジナルトラッキングコードをコピーして貼り付けるだけです。トラッキングコードをサイトに追加する方法を確認するには、こちらをクリックしてください。   ステップ1―登録フォームコードの取得   メニューから「コンタクトリスト」をクリックします。 左のメニューから「登録フォーム」を選択します。トラッキング機能を開始するフォームを選択(なければ新規作成)します。 登録フォームの作成を確認するにはこちらをクリックしてください。 登録フォーム編集ページが開いたら、出力ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウにて許可をクリックします。 トラッキング付きJavaScriptあるいはトラッキング付きRaw HTMLを選択しコードをコピーします。 任意のWebページにコードを貼り付けて完了です。   登録フォームはホームページへの設置を推奨します。   サイトのコード編集権限がない場合、コードを追加するのにウェブマスター(ホームページ管理者)かサービスプロバイダーに連絡をする必要があります。   これで、登録フォームに登録をしたサイト訪問者はEMAでトラッキングされます。 重要:   トラッキング付きコードを選択した場合、オリジナルのトラッキングコードを追加する必要はありません。   ただしその他のページでアクティブティをトラッキングした場合、オリジナルのトラッキングコードを追加するか、別途トラッキング付きの登録フォームを設置してください。   トラッキングコードは <head> タグの間に配置する必要があります。     GDPRに遵守した登録フォームの作成をする場合はこちらの記事をご参考ください。 その他、ご質問がありましたら、お気軽にサポートチームにお問い合わせください。

連携機能 11月 30, 2018

BenchmarkアカウントとLiveChatを連携させるには

LiveChatはオンラインのチャットサポートツールを提供する会社です。BenchmarkのLiveChat連携でチャット利用者をメールマーケティングリストへ追加し、大切な顧客やリードへのフォローアップが簡単にできる様になりました。またチャットを利用した人の情報を自動でBenchmarkリストへアップロードすることも可能です。 連携を行うには、以下のステップに従ってください: Benchmarkアカウントにログイン ユーザー名をクリックして連携を選択 ページ下部のその他サービス連携をクリック LiveChat連携オプションを選択 LiveChat API キーとユーザー名を入力。LiveChatのAPIキー取得方法は次のステップをご確認ください。 LiveChatアカウントにログイン ダッシュボードからAgentsタブをクリック Agentリストからご自身を選択 APIキーの隣のRevealをクリック 注:Revealテキストオプションを選択するとAPIが自動で表示されます。 Benchmarkアカウントに戻り、LiveChat APIキーのボックスにAPIキーを入力。LiveChatユーザー名も入力したら保存&次へをクリック。 コンタクト登録先となるリストを選択あるいは作成し、保存&次へをクリック Benchmarkリストのフィールド項目に従ってLiveChatフィールド項目を設定 保存&次へをクリック これでBenchmarkアカウントとLiveChatの連携が完了しました! フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 連携によりLiveChatのエージェント情報が登録されます。チャット利用者の情報をインポートしたい場合にはこちらの詳細をご確認ください。 ご不明点がありましたらサポートまでお気軽にご連絡ください。

連携機能 11月 27, 2018

Facebookファンページに登録フォームを追加する方法

BenchmarkはFacebook上で登録フォームアプリを提供しています。 ここでは、Benchmarkの登録フォームをFacebookに追加する方法をご紹介します。 注意:フォームにサインアップするオプションは、2017年11月に設置されたFacebookルールに基づいてアクセスが制限されています。このルールでは、Benchmark Email AppのようなPOST機能を備えたアプリは、Facebookアカウントに2000人以上のファン がいる事が必要となります。 2000以下のいいね!がついているページでは設置できませんので、代案として、自社サイトの登録フォーム設置ページへのURLをAboutページのプロフィールに設置してください。(クラシックフォームで作成した場合は、Benchmark Emailのサーバー上にページURLが用意されます。出力ページの QRコードからURLへアクセスできますので、取得・設置してください。)   登録フォームアプリの設置方法 1. Facebookページ管理者のアカウントにログインします。 2. こちらをクリックし、Facebook登録フォームアプリをインストールします。 3. Install to One of Your Pages をクリックし、Facebookページ上にアプリをインストールします。
 4. 登録フォームを追加したいページを選び、ページタブを追加 ボタンをクリックします。 左側にあるメニューバーに新しいタブが表示され、ショートカットタブの下にFacebookページ名が表示されます。 5. ショートカットタブでページ名を選択します。 6. 左側にあるメニューバーの See Moreをクリックし、Signup Formを選択します。 7. アプリケーションが設定されていないと表示されます。 Application Settingsをクリックします。 8. Benchmarkアカウントにログインします。 9. すべての設定を完了し、保存をクリックします。 保存をクリックすると、Benchmarkアカウントに登録フォームが自動的に作成され、Facebookページに追加されます。登録フォームの外観を調整または変更するには、Benchmark Emailアカウントにログインし、該当の登録フォームを編集してください。 登録フォームの編集方法については以下のFAQをご確認ください: FAQ: 登録フォームの作り方は? ご質問がありましたら、こちらよりお気軽にサポートチームにお問い合わせください。

ソーシャルメディア 登録フォーム 連携機能 よくある質問 11月 20, 2018

ShopifyアカウントをBenchmarkと連携させるには?

1.    Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2.    メニューより「アプリ」を選択する。 3.    ページ下までスクロールして「プライベートアプリを管理」をクリックします。 4.    「プライベートアプリを作成」をクリックします。 5.    プライベートアプリ名を入力し、APIのアクセスオプションを選択します。 6.    完了したら「保存」をクリックします。 注:プライベートアプリの作成が完了したら、連携に必要なAPIキーとパスワードが支給されるので保管します。 7.    Benchmarkアカウントにログインします。 8.    画面右上のユーザー名をクリックします。 9.    ドロップダウンメニューから「API/連携」を選択します。 10.    ページ下までスクロールし、「サービス連携一覧」をクリックします。 11.    ページの一番下、「Shopify」をクリックします。商品名称の欄にShopifyドメインを入力します(ショップ名を含むhttps://shop-name.myshopify.com/を入力)。 12.  Shopifyより生成したAPIキーとパスワードを入力して「保存&次へ」を選択します。 13.  BenchmarkとShopifyの連携設定をインポートオプションとリストより設定します。 14.  フィールド項目設定を行います。 15.  「保存&次へ」ボタンをクリックします。 注:商品名にハイフンが含まれている場合、必ず商品名称にも追加してください。そうでないと、連携されません。 注:後で複数の連絡先をインポートする必要がある場合は、これは1回限りの統合であるため、処理を繰り返す必要があります。 ただし、再度統合する場合は、以前の接続を選択するか、新しい接続を作成することができます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

連携機能 E-Commerce 11月 18, 2018

WordPressとBenchmarkを連携する方法は?

WordPress連携を使用するとブログ記事をメールで配信、カスタマイズ登録フォームの設置、WordPressページからメールを送信またはテストすることができます。また、ワードプレスダッシュボード内からレポートを表示することもできます。 WordPress連携では: 1.    登録フォームの作成、カスタマイズが可能 WordPressページにカスタマイズ可能な登録フォームを追加します。 2.    ブログとBenchmarkの連携が可能 連携することで自動的にBenchmark顧客リストへ登録することができます。 3.    最新ブログ記事の自動配信が可能 ブログ更新を記事へのリンクと共に購読者へお知らせできます。 4.    リアルタイムの配信レポート 配信完了後すぐにリアルタイムでレポートの閲覧が可能です。   インストールの更新手順:   管理サイドバーメニューのBenchmark Emailをクリックして、プラグインを更新します。 Benchmark Email Liteの設定ページのリンクをクリックし、APIキーが正しく設定されていることを確認します。 Benchmark Email Liteページが表示されたら、APIキーが正しく設定されているかどうかを確認します。 サイドメニューからAppearanceを選択し、Widgetsをクリックします。 Widgets内のすべての登録フォームに関するメニューを開きます。設定が正しいかどうか確認し、Saveボタンをクリックしてください。 新自動インストールの手順:   WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPluginsを選択しAdd Newをクリックします。 Benchmark Email Liteを検索します。 Install Now オプション(必須の場合もあります)をクリックし、サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力します。 Activateオプションを選択します。 Benchmark Email新規アカウント登録を行う場合は以下のリンクからお進みください。 http://www.benchmarkemail.com/jp/Register Benchmark Email の API キーを取得するには以下のステップに従います: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のユーザー名をクリックし、連携を選択します。 左のメニューからAPI キーオプションを選択します。 あなたのAPI キーはのボックス内をコピーします。 WordPressページに戻ります: AdministrationサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、更にSettingsをクリックします。 API キーが正しく設定されているか確認します。 正しく設定されていれば、Appearance, Widgets Administrationページにて必要数の登録フォームウィジェットをセットアップできます。またWordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 新手動インストールの手順:   WordPress プラグインをダウンロードします。 Administration のサイドバーメニューからPluginsを選択し、benchmark-email-lite フォルダをWordPressアカウントへアップロードするためAdd Newをクリックします。 Upload Plugin ボタンをクリックします。 benchmark-email-lite フォルダを選択し、開くをクリックして更に今すぐインストールを選択します。   Benchmark Email新規アカウント登録を行う場合は以下のリンクからお進みください。 http://www.benchmarkemail.com/jp/Register Benchmark Email APIキーを取得するには: Benchmarkアカウントへログインします。 ユーザー名をクリックし、連携を選択します。 左側またはドロップダウンメニューからAPIキーオプションを選択します。 APIキーをコピーします。 サイトへ戻ったら 管理サイドバーのメニューでBenchmark Email Liteをクリックし、設定をクリックします。 APIキーが正しく設定されていることを確認します。 正しく設定されていれば、Appearance, Widgets Administrationページにて必要数の登録フォームウィジェットをセットアップできます。またWordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

連携機能 11月 11, 2018

BenchmarkとZapierの連携方法は?

Zapierはワークフローを自動化させる為のツールです。ご利用のCRMにBenchmarkの連携がない場合は、Zapierを使用して接続が可能です。 Zapierとの連携は以下の手順をご参照ください: *APIキーが必要となります。 最初にまずZapierアカウントにログインします。ログインするとZaps(接続)が表示されます。 1. 希望のアプリをZapに接続します。ここではBenchmarkとGoogle コンタクトを例としています   2. 接続の種類を選択します。ここでは、「Google(またはアプリ)連絡先をBenchmark Emailに追加」を使用しました。     3. 「Create Zap」をクリックして確認します。     次のページで、再度トリガーを確認し続行を確認するメッセージが表示されます。   4. Googleアカウントを選択します。もし選択されていない場合は、Googleアカウントに接続します。 次に「Save and Continue」(保存&次へ)をクリックします。   5. アカウントが接続されたら、Benchmarkに送信するコンタクトのグループを選択します。     「Fetch and Continue」(取得&次へ)をクリックします。 連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。   次にBenchmarkへ接続します   1. アカウントを接続する必要があります。「Connect a New Account」(新しいアカウントを接続)をクリックします。 2. APIキーを追加し、Yesをクリックして続行します。 3. Benchmarkアカウントが表示されたら「Save and Continue」をクリックします。 4. Benchmark Email コンタクトを設定します。     5. すべての設定を確認し、「Create and Continue」(作成&次へ)を選択します 完了したらこのページが表示されます     ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。

連携機能 顧客リスト API 10月 15, 2018

WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法

Benchmark Emailの登録フォームをWordpressブログやホームページに設置することで簡単により多くのブログ購読者を獲得することができます。現状のWordpress.comではWordpress.comで作成したホームページに埋込むことが出来る登録フォームのコードを提供しておりません。しかし、ホームページ上で登録フォームへのリンクを追加することでWordpressで作成したホームページやブログにBenchmark Emailの登録フォームを設置することが出来ます。 連携手順は以下のステップに従ってください: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューから、「コンタクトリスト」をクリックします。 次に、「登録フォーム」をクリックします。 追加したい登録フォームをクリックします。 エディターの「出力」オプションをクリックします。 HTMLオプションを選択します。 登録フォームコードをコピーします。これは登録フォームへのハイパーリンクを掲載することのできる基本的なHTMLとなります。 コードをコピーしたら、Wordpress.comのホームページにアクセスします。   WordPressアドミンダッシュボードにログイン後、外観にマウスを合わせ、「ウィジェット」をクリックします。 ウィジェットで、下までスクロールし、テキストウィジェットを選択します。 登録フォームのリンクを表示したい場所を選択します。ドラッグすることも可能です。 「ウィジェットを追加」ボタンをクリックします。 テキストウィジェットで、テキストタブをクリックします。 埋め込み用コードをペーストします。 「保存」をクリックします。 これで登録フォームがホームページ上に掲載されます。 Wordpress.comアカウントに関するご質問はWordpressサポートまでお問い合わせください。Benchmark Emailアカウントに関するご質問はお気軽に弊社サポートまでメールまたはお電話にてお問い合わせください。

登録フォーム 連携機能 9月 27, 2018

1 2 3