サポートページ aero-right 連携機能

How do I integrate my Benchmark account with Freshdesk?

Freshdesk is an online cloud-based customer service software providing helpdesk support with all smart automations to get things done faster. With our Freshdesk integration, you can automatically add the customers you support via Freshdesk to your Benchmark list(s). Please follow these steps to integrate your accounts: Log into your Benchmark account.
 Select Integrations from your user menu located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Go to the Freshdesk integration option. Connect to Freshdesk by entering your Subdomain, Username and Password. Now, click Save & Next. Select a Benchmark list, or create a new one. Select and map the fields you want to be updated. You can view your list by selecting View my Lists. Integrating Benchmark with Freshdesk helps you enhance and simplify your tasks. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. 22Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

Loja Integrada Integration

Our Loja Integrada integration will enable you to easily import your Loja customers into a list in your Benchmark account. The integration is quick and straightforward, push your Loja customers to your Benchmark lists as needed. Note: To integrate with Loja Integrada, you must have a Loja Integrada PRO Plan. Please follow the steps below to integrate: Log into your Benchmark account. Click on your Username and select Integrations. Scroll to the bottom and click Get Started. Select Loja integration. Login to your Loja account and copy your API Key and Application Key. Click Here to learn how to retrieve your API Key and Application Key. Enter your Loja  API Key and Application Key where prompted. Click Save & Next. Choose a list or create a new one to add your Loja contacts to and click Save & Next. Map your fields according to your Loja fields. Click Save & Next. You are done! Your Benchmark account is now integrated with Loja Integrada! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions regarding the Loja Integrada integration, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 3月 25, 2019

Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。     Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードからコンタクトリストに移動  右上の新規リストの作成をクリック  通常リストを選択して次へをクリック  サービスからインポートするを選択し次へをクリック  各種サービス連携よりGoogleドライブのインテグレーションアイコンをクリック  連携ボタンをクリックしてGoogleに接続  アップロードを行うGoogleアカウントを選択  アクセス許可をクリック  ページがBenchmarkへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleドライブスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先として既存のBenchmarkコンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。  保存&次へをクリック。  フィールドを選択&一致させて保存&次へをクリックします。   注意点 : 1) シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) またメールアドレス項目については項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 2) シートの作成者は連携アカウントと同じである必要があります。作成者の異なるシートをインポートするには、まずデータをコピーし、連携アカウントにて新規シートを作成しコピーしたデータを貼り付ける必要があります。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 2月 10, 2020

GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください:  Benchmarkアカウントにログインします。 アカウント設定から「API/連携」を選択します。  画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 Google Contacts連携オプションを選択します。 まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 「アクセスを許可する」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmarkにアップロードしてください。 コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。  Googleの項目をBenchmarkのデータ項目に従って設定してください。 「保存&次へ」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 6月 19, 2019

How do I integrate Flickr with Benchmark?

Personalize your email marketing campaigns with this simple integration. Add your Flickr photos to any email with just a few clicks of your mouse. Share your photos with your friends and subscribers, publicize company events, enliven your newsletters and spread the fun with one of the most widely used and beloved image hosting sites on the net. Access Flickr via your Benchmark Image Gallery, for free! To integrate: On Step 3 “Editor” of your email creation, double click on the Image Block where you would like to add your Flickr image. Click on the Flickr option form the top-menu. On the Flickr pop-up, log in to your Yahoo account and authorize Benchmark to access your Flickr images. Select the desired image and click the Insert button to add it to your email campaign . Important If you are not able to view the Flickr pop-up, this could be due to a pop-up blocker on the browser you are using. Please locate the “blocked popup” icon on your browser to enable Benchmark’s pop-ups. ◦    You can choose to enable once or continuously. Images must have been added in your Flickr account for them to be visible with the Benchmark Integration. If you have already connected to Flickr (Yahoo) and your images do not load, try toggling to another tab and then back to Flickr tab, this should load the images. The gray “disconnect” bar indicates that you have successfully connected Flickr with Benchmark. If you have already disconnected from Flickr (Yahoo) and the images are still in your gallery, try to toggle to another tab and then back to the Flickr tab, you should again see the non-connected state. To Disconnect the Flickr and Benchmark Integration, please follow steps below. Same as integrating, go to the Step 3 in the email creation process. Then open up the Image Section, and click on Browse for a file Now, click on the Flickr Integration
 In the bottom of the Pop up you will see the following text:
 In case you wish to remove the Flickr integration or disconnect, click here
 Click on Click here
 This will redirect you to Flickr Apps page. Select Remove Permission?
 Then agree to revoke permissions to the Benchmark Email application, and select REVOKE PERMISSIONS If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone. Previous Interface On Step 4 of your Email Editor, click on the Image option in your Insert Additional Elements panel In the Insert Image screen, select the Insert from Flickr tab Log in to your Yahoo account and authorize Benchmark Email to access Flickr images Select the desired image and click the Insert button to add it to your email campaign

連携機能 8月 6, 2019

WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法

Benchmark Emailの登録フォームをWordPressブログやホームページに設置することで簡単により多くのブログ購読者を獲得することができます。 このページではWordPressにBenchmark Emailの登録フォームを挿入する方法を2つ紹介しています。  Benchmark Email Lite プラグインを使用する方法  自身のアカウントにて作成した登録フォームのコードをウィジェットに貼り付ける ■ Benchmark Email Liteプラグインを使用する方法 WordPressにて作成されたページに登録フォームを設置する際は、「Benchmark Email Lite WordPress プラグイン」をご利用ください。 プラグインのご利用方法は下記のブログ記事をご覧ください。 ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた なお、すでにプラグインをご利用で登録フォームがうまく作動しないと言う場合には、以下の3点を確認してください。 ダウンロードしたプラグインを有効化(Active)にしているか プラグインの最新バージョンを利用しているか 入力しているAPIキーは最新のものか WordPress用プラグインの最新版ダウンロードはこちらから。 ■ 自身のアカウントにて作成した登録フォームのコードをウィジェットに貼り付ける場合(ウィジェットを使用する場合) 既にBenchmarkアカウントをお持ちの方で、自分のアカウントで作成された登録フォームを用いてご利用される際には、以下の連携手順を参考にして下さい。 連携手順:  Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードメニューから、「コンタクトリスト」をクリック  「登録フォーム」をクリック   追加したい登録フォームをクリック   エディターの「出力」オプションをクリック   Raw HTMLオプションを選択  登録フォームコードをコピー このコードが登録フォームへのハイパーリンクを掲載することが出来る基本コードとなります。 コードコピー後、WordPressのホームページにアクセス  WordPressのAdminダッシュボードにログイン後、外観にマウスを合わせ、「ウィジェット」をクリック  ウィジェット画面において下までスクロールし、テキストを選択 *登録フォームの表示可能場所は、「Sidebar/サイドバー」もしくは「bottom/記事下」のみ 「>ウィジェットを追加」ボタンをクリック  テキストウィジェットで、テキストタブをクリック  埋め込み用コードをペースト  「保存」をクリック 以上のステップを踏むことで登録フォームがホームページ上に掲載されます。 注意:ウィジェットを使用する場合は登録フォームのコードはRaw HTMLをご利用ください。 *登録フォームの設置が上手くいかない場合、登録フォームのURLを挿入しリンクさせる方法もあります。 (こちらの方法では、既に作成された埋込型フォーム(多項目)・埋込型登録フォームが対象となります。) 登録フォームのURLの取得方法は、下記のFAQの「STEP 1 : 登録フォームのリンクを取得」をご参照ください。 FAQ:Twitterプロフィールに登録フォームを掲載する方法   ■ 自身のアカウントにて作成した登録フォームのコードをウィジェットに貼り付ける場合(記事内に挿入する場合) 既にアカウントにおいて作成した登録フォームを直接記事内に挿入を希望する場合には、上記のステップにおいて使用した「Raw HTML」の代わりに「JavaScript」のコードをコピーし、WordPressの記事のTextエディターにおいて直接貼り付けるようにして下さい。 *JavaScriptを用いて直接挿入させる場合は、コードが<div id=”header”></div> に被らないように貼り付けて下さい。   Wordpress.comアカウントに関するご質問はWordpressサポートまでお問い合わせください。 Benchmarkアカウントに関するご質問はこちらよりサポートへご連絡ください。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 連携機能 11月 7, 2019

KickBoxとBenchmarkを連携する方法は

KickboxはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)を使用してメールアドレスを確認します。これはBenchmarkメールを配信する際に使用されるプロトコルでもあります。 Benchmark アカウントとKickBoxを連携するには、以下の手順に従ってください。 1.    Kickboxアカウントを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、こちらをクリックしてKickboxに登録してください。 2.    登録手続きが完了したら、登録したメールアドレスにて受け取ったリンクをクリックし、アカウントを有効にします。 3.    確認ページへ進みます。   4.    右上隅の緑色のAdd Listボタンをクリックします。 5.    Connect to ESP (ESPに接続)をクリックし、Benchmarkを選択します。 6.    BenchmarkアカウントのAPIキーをコピーします。このAPIキーは、Benchmarkアカウントのアカウント設定ページで確認できます。   7.    KickBox連携モジュールにAPIキーを貼り付け、Add Integration(統合の追加)をクリックします。 8.    これにより、KickBoxで認証用のリストをインポートし、認証済みリストをBenchmarkにエクスポートできる双方向連携が作成されます。 9.    APIキーを使用してBenchmarkアカウントを承認したら、認証する既存のリストをインポートできます。 10.  連絡先がインポートされ、認証にかけられます。 11.  Start(開始)をクリックしてリストを確認します。 12.  リストが確認されたら、右側のパネルにレポートの下に2つのオプションが表示されます。 Export(エクスポート)ボタンを使用すると、認証済みリストをBenchmarkアカウントにエクスポートできます。 Download(ダウンロード)ボタンをクリックすると、確認済みのリストをコンピュータにダウンロードできます。     13.  必要なフィルタを使用してリストをエクスポート/ダウンロードします。基本設定では、配信可能として選択されています。(推奨)   注:BenchmarkはKickBoxとアカウントの認証情報を共有しておりません。 ご不明な点がありましたらこちらよりサポートチームにお気軽にお問い合わせください。  

連携機能 8月 7, 2019

Facebookオーディエンスを追加する方法

FacebookビジネスページとBenchmarkアカウントとの連携で顧客リストへのコンタクトの追加・削除がカスタムオーディエンスにも反映されるようになります。この機能はEMAツールに備わっておりターゲットの管理が簡単に行えます。FacebookオーディエンスはFacebook上で特定の人、あるいは興味の対象へカスタム広告の表示ができる機能です。Facebookオーディエンスについての詳細はこちら(英字サイト)をご参照ください。 EMAツールでFacebookオーディエンスを利用するのに必要なもの Facebookビジネスアカウント カスタムFacebookオーディエンス Benchmark Email有料アカウント(EMAは有料アカウントのみでご利用いただけます) Facebookビジネスページとの連携手段 EMAツールでのオートメーション 連携ページからの連携 EMAツールからの連携方法 ダッシュボードメニューより「オートメーション」をクリックし、「EMA(β版)」を選択 「新規シナリオ作成」をクリックし、シナリオ名を入力して「保存」をクリック 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 トリガーを設定するウィンドウで「コンタクトリスト」オプションを選択 リストを選択し「保存」をクリック 「シナリオを作成する」ボックスをクリック メニューから「アクション」を選択し「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 Facebookビジネスアカウントへ接続 Facebookページでの手順に従い設定 Facebookビジネスページへの接続が完了したらEMAシナリオ作成ページへ自動的に遷移します。シナリオページでは異なる種類のFacebookカスタムオーディエンスが確認できます。 追加/削除セクションにて、「オーディエンスにコンタクトを追加」あるいは「オーディエンスからコンタクトを削除」を選択 最後に、EMAでのアクションを元に更新を行うオーディエンスを選択 連携ページからの連携方法 Benchmarkアカウントからマイアカウントをクリックし「API/連携」を選択 スクロールダウンし「Facebook Business」を接続 画面表示に従って接続を完了 接続が完了したら連携ページで連携アカウント名が表示されます。これでEMAでFacebookオーディエンス機能が利用できます。 Facebook Businessページの連携切断方法 Facebookオーディエンス設定をしているシナリオが稼働しているとFacebook Businessの連携解除はできませんのでご注意ください。稼働中のシナリオがある場合、停止後に作業を行う必要があります。 切断方法は以下をご参照ください。 EMAツールからの切断 稼働中のシナリオを開き「停止」ボタンをクリック 確認のポップアップにて「はい、シナリオを停止します」をクリック 作成画面を閉じ、新規シナリオあるいは下書き保存中のシナリオ内で「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 「切断」を選択 これでFacebook Businessプラグインの接続解除が完了です。 連携ページからの解除方法 切断作業をする前に、Facebookオーディエンス設定があるシナリオが停止しているか確認してください。 画面右上のアカウント名をクリックし、「API/連携」をクリック Facebook Businessプラグインのオプションメニューをクリック 「切断」をクリック 連携ページは自動的に更新され、Facebook Businessの連携解除をご確認いただけます。 注意点: Facebookオーディエンスへの反映には最大24時間かかります。 下書き保存シナリオ:FBでのアクション設定を行なっている保存中のシナリオでは、連携を解除すると該当のノードでエラー表示が出るようになります。 稼働中シナリオ:稼働中のシナリオがある場合、連携解除を行おうとすると以下のシステムメッセージが表示され切断はできません。 Facebookオーディエンスリストからの削除:Facebook Businessページからオーディエンスの削除を行うと、Facebookのアクション設定でエラーが表示されます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 連携機能 11月 28, 2019

登録フォームでウェブサイトトラッキングする方法は?

ウェブサイトトラッキング機能は登録フォームに埋め込まれており、登録フォームから登録したサイト訪問者をトラッキングできるようになります。Benchmarkの登録フォームにはトラッキングを可能とするコードがHTMLコード内に挿入してあります。ウェブサイトに登録フォームを設置するだけで、EMAでのトラッキングが可能になります。   既にBenchmark登録フォームをサイト上でご利用頂いており、トラッキング機能を利用されたい場合、すぐにご利用開始いただけます。しかし以前登録フォームにHtmlコードを使用している際は、コードを書き換える必要があります。Javaスクリプトを使用している場合はトラッキング機能が既に組み込まれているので書き換えの必要はありません。   登録フォームトラッキング機能を利用出来るのは? ウェブサイトトラッキングは有料プランでのみご利用いただけます。   登録フォームトラッキング機能の利用方法 ウェブサイトに登録フォームのコードとオリジナルトラッキングコードをコピーして貼り付けるだけです。トラッキングコードをサイトに追加する方法を確認するには、こちらをクリックしてください。   ステップ1―登録フォームコードの取得   メニューから「コンタクトリスト」をクリックします。 左のメニューから「登録フォーム」を選択します。トラッキング機能を開始するフォームを選択(なければ新規作成)します。 登録フォームの作成を確認するにはこちらをクリックしてください。 登録フォーム編集ページが開いたら、出力ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウにて許可をクリックします。 トラッキング付きJavaScriptあるいはトラッキング付きRaw HTMLを選択しコードをコピーします。 任意のWebページにコードを貼り付けて完了です。   登録フォームはホームページへの設置を推奨します。   サイトのコード編集権限がない場合、コードを追加するのにウェブマスター(ホームページ管理者)かサービスプロバイダーに連絡をする必要があります。   これで、登録フォームに登録をしたサイト訪問者はEMAでトラッキングされます。 重要:   トラッキング付きコードを選択した場合、オリジナルのトラッキングコードを追加する必要はありません。   ただしその他のページでアクティブティをトラッキングした場合、オリジナルのトラッキングコードを追加するか、別途トラッキング付きの登録フォームを設置してください。   トラッキングコードは <head> タグの間に配置する必要があります。     GDPRに遵守した登録フォームの作成をする場合はこちらの記事をご参考ください。 その他、ご質問がありましたら、お気軽にサポートチームにお問い合わせください。

EMA 連携機能 11月 30, 2018

1 2 3 4