サポートページ aero-right 連携機能

BenchmarkをTwitterと連携させる方法は?

Benchmark EmailのTwitterテンプレート連携機能を活用して、購読者に最新のTwitterツイートをメールで配信することができます。本連携機能では最大5つの最新のツイートをメールで送信することが可能です。 BenchmarkをTwitterと連携させるには、以下のステップに従ってください。 Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューから「メール」を選択します。 「メール作成」ボタンをクリックします。 「通常メール配信」を選択し、「次へ」をクリックします。 「ドラッグ&ドロップ形式」を選択し、「次へ」をクリックします。 ステップ1の詳細ページを入力します。 ステップ2で配信先リストを選択します。 ステップ3 エディターでテンプレートを選択します。 連携フィルターでTwitterを選択します。次にTwitter連携テンプレートを選択します。 ポップアップ画面で「Twitterに接続」をクリックし、Twitterアカウントに接続します。 アカウントのAPI/連携ページでもTwitterページとの連携、切断が可能です。 切断方法: ユーザ名から「API/連携」を選択します。 詳細オプション アイコンをクリックし、「切断」を選択します この連携機能はすべてのBenchmarkアカウントにて無料でご利用いただけます。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。

連携機能 11月 7, 2019

未完了ステータス一覧

シナリオの作成が完了したのにエラーが出るという場合、複数の要因が考えられます。以下に挙げる問題がある場合はシナリオを稼働させることができず、未完了ステータスとなります。 連結ができていない ノード同士の連結の矢印が欠けている部分がある場合、エラーとなります。ノードがエラーになっている場合は、赤いドットがアイコン横に表示されます。 詳細設定が完了していない シナリオを稼働させる前に、全てのノード詳細が設定されているか確認してください。詳細設定が完了していないノードがあるとシナリオは稼働せず、赤いドットがアイコン横に表示されます。 フィールド項目が未完了 詳細設定パネルのフィールド項目が一つでも設定されていないと、そのフィールドがハイライトされメッセージが表示されます。フィールド項目設定が完了していないノードは保存できません。 テンプレートのまま テンプレートを使用するとすでに作成されたノードやパスを利用できますが、シナリオ稼働前に必ずノードの詳細設定が必要となります。設定されていないノードに対しては赤いドットがアイコン横に表示されます。 ノード数が足りない シナリオ稼働には少なくとも2つのノードが必要です。ノードが1つしかないとエラーメッセージが表示されます。 複数のエラー 上記に挙げたエラーが複数存在する場合も赤いドットとエラーメッセージが表示されます。 エラーメッセージで指摘される箇所を直してもまだエラーが出る場合、サポートまでご連絡ください。

EMA 連携機能 11月 28, 2019

Wufooとの連携方法は?

Wufoo連携ではWufooで作成、利用するフォームから直接データを取り込み、Benchmarkリストに登録します。お問い合わせフォームやオンラインアンケート、イベント登録フォームなど様々なフォームからデータを保存することができます。この連携機能は全てのBenchmarkアカウントでご利用可能です。 連携は以下の手順に従ってお進みください: Benchmarkアカウントへログインします 画面右上のユーザー名をクリックします API/連携を選択します ページ最下部までスクロールしたらサービス連携一覧ボタンをクリックします Wufoo連携オプションを見つけます サブドメイン情報、APIキー(Wufooアカウントから取得可能)を入力します インポートしたいコンタクト条件の設定、及び登録先のリストを選択します Benchmark登録先リストのフィールド項目と合うよう、Wufooのフィールドを設定します 保存&次へをクリックします この連携で自動的にリストへコンタクトが登録され、メール配信効果もより大きくなることが期待できます。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。

連携機能 顧客リスト 9月 4, 2019

LinkedInとの連携方法は?

LinkedInと連携し、Benchmark Email LinkedInテンプレート連携機能を利用して最新のアップデートをシェアし、購読者にLinkedInでもフォローしてもらいましょう。LinkedInテンプレートオプションを使用することで、あなたの会社情報と直近のアップデート3件が表示されます。この連携機能はすべてのBenchmarkアカウントで無料でご利用いただけます。 連携に必要なもの: LinkedInアカウント Benchmarkアカウント Benchmarkアカウントと連携するためのLinkedInアカウント内に会社ページが1ページ以上あること。 連携手順: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューより、「メール」を選択します。 「メール作成」ボタンをクリックします。 「通常メール配信」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。 「ドラッグ&ドロップ形式」を選択し、「次へ」をクリックします。 ステップ1 詳細の入力を完了します。 ステップ2 リストの入力を完了します。 ステップ3 エディターで「テンプレート」を選択します。 フィルターで「連携」>「LinkedIn」を選択します。 連携フィルターをクリックし、LinkedInテンプレートを選択後、「ログイン」をクリックします。注意:今回初めて連携する場合は、LinkedInテンプレートの「接続」ボタンをクリックし、LinkedInアカウントに接続してください。LinkedInに接続ポップアップが表示されますので、「ログイン」をクリックしてください。 「許可」を選択し、BenchmarkがLinkedinページにアップデートを投稿することを許可します。 ステップ3 エディターページに戻りますので、連携テンプレートをクリックし、「Linkedin」を選択します。 ポップアップから接続をしたい会社ページを選択します。 「選択」をクリックします。 注意:LinkedIn上で作成した直近のアップデート3件がメールテンプレートに表示されます。 メールキャンペーンの編集を完了し、「保存&次へ」をクリックします。 ステップ4 配信設定の入力を完了します。 BenchmarkアカウントのAPI/連携ページ上でもLinkedInアカウントを接続(または切断)することが可能です。 切断方法 Benchmarkアカウントにログイン後: ユーザー名のドロップダウンメニューより「API/連携」を選択します。 LinkedInまでスクロールします。 詳細オプションアイコンをクリックし、「切断」を選択します。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。

連携機能 3月 11, 2019

Eventbrite連携の利用方法は?

BenchmarkでEventbrite連携を利用するには、Eventbrite用のテンプレートをご使用ください。イベントの作成、管理はEventbriteのプラットフォームで行い、招待メールをBenchmarkから配信する形での運用となります。詳細は以下をご覧ください: まずはBenchmark x Eventbrite連携のステップをご確認ください。 Eventbriteとの連携が完了したら、メール作成(通常メール)をクリックします ドラッグ&ドロップエディタを選択 メール詳細及びリスト選択を行います ステップ3にてテンプレートをクリック 画面左から連携をクリックし、Eventbriteテンプレートを選択 Single(1つ)かMultiple(複数)を選択します この連携機能では以下の項目でエンゲージメントの向上が期待できます: イベント更新情報 リマインダー 招待メール イベント 注:Eventbriteのテンプレートは他テンプレートと同じくカスタマイズが可能ですが、「イベント参加」ボタンはEventbrite上のイベントとリンクしているため削除は行わないようにしてください。 Eventbriteについての詳細はこちら 以下のリンクもご参照ください: https://www.eventbrite.com/support/GettingStarted https://www.eventbrite.com/blog/ ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。

連携機能 3月 5, 2019

API連携を使って何ができますか?

Benchmark Email APIは自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携することが出来ます。 顧客リストやメルマガ配信に使用する内容を自社システムからAPIを利用してBenchmark Email アカウントに連携することが可能となります。 これにより、Facebookを始め、Twitterタイムライン・ツイートとの連携やSurveyMonkey、その他Pinterestなど様々なソーシャルサイトは勿論、ZendeskやeBay、Etsyなど外部サービスとの連携が可能となっています。 マーケティングポータル同士を繋げることにより、マーケティング効果の倍増が期待できるためぜひご活用ください。 *2019年9月現在、Facebook側においての大幅なAPI更新に伴い一時的に連携機能を停止しています。 1日も早い再開に向けて現在開発チームが改良を行っていますので、今暫くお待ち下さい。 *一部の連携にはAPI構築を独自で行う必要があります。 Benchmark EmailのAPI連携についてはこちらよりAPIを取得して下さい。(英語ページに遷移します) Benchmark EmailのAPIについての詳細は下記のFAQをご参照下さい。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?  API構築のメリット  自社システムから簡単に顧客情報をBenchmark Emailの顧客リストへと連携が可能  顧客リストの作成と管理。簡単に既存の連絡先を自社システムへ連携が可能  自社サイトの内容を使用したメルマガ配信。Benchmark Emailにログインせずに自分のメールにテスト配信が可能  配信済みメルマガ結果を取得  配信したメルマガのデータを抽出し外部システムに保存 APIを使用する事により、コンタクトリスト、配信済みメルマガ、またメルマガ配信結果を簡単に管理することが出来ます。 Benchmark EmailのAPIには、XML-RPCを利用して接続することが出来ます。 APIは、大きく分けて4つのカテゴリに分かれています。  キャンペーン関連  顧客リスト関連  配信結果関連  セキュリティー関連 1. 顧客リスト関連 自社サイトに新しく追加された購読者にウェルカムメールを配信したい場合は、Benchmarkemail Email API’sとステップメールのコンビネーションで可能となります。 APIを利用してコンタクトを保存する時に、追加フィールドに情報を入力しておくとパーソナライズ機能も使用することが可能です。 2. キャンペーン関連 メルマガの作成、コピー、更新を始め、メール配信スケジュールやテストメールの送信も可能です。 3. 配信結果関連 メール配信結果に関する全てのデータ(開封結果、エラーデータ、メール転送データなど)を取得することが可能です。 4. セキュリティー関連 トークンの作成・管理することが可能です。 セキュリティートークンを使用する事で、Benchmark Emailアカウントにログインせず上記カテゴリーにアクセスすることが可能となります。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 連携機能 10月 2, 2019

1 2 3 4