サポートページ aero-right 顧客リスト

リスト照合とはなんですか?

アップロードされたリストは、利用できるかどうか弊社システムでチェックを行っております。 弊社では場合によってはお客様のリストを否認として、利用できないと判断を下す場合がございます。本FAQではなぜリストを否認にするのかそのプロセスと、理由についてご説明を致します。 リストの審査について Benchmark Emailは配信元のドメインの評価を維持し、効果の高いメール配信を実現するためにアップロードされたエクセル・CSVファイルに否認対象となるメールアドレスがないか審査を致します。 リストの否認について もし一定数以上の否認対象となるメールアドレスがアップロードされたファイルに含まれる場合はこれを否認として、配信にご利用いただくことができません。(既存のリストにアップロードを試みた場合は、既存のリストに対しては配信可能です) 否認の対象となる配信不可能な無効メールアドレスとは、退職や閉業、打ち間違いなどの実際には存在しないメールアドレスを指します。このようなメールアドレスに対して配信を続けることで、ドメインの評価が著しく下がり本来受信されるメールが受信されなくなるリスクがございます。 このような配信時のリスクを減らし、メール配信を行うのに最適なリストを到達率が向上します。 リスト照合について リストが否認となった場合は、次にご紹介する外部サービスのオプションを利用して頂き、リストを照合し無効なメールアドレスがどれか特定し削除を行って頂きます。 リスト照合にあたり、弊社では BriteVerify、Kickbox, といった精度の高い外部サービスとパートナーシップを結び、メールアドレスのフィルタリングを行っております。この提携に関する費用のカバーとして、照合を行う際は1,000件につき500円をお支払いただいております。 否認の対象となる配信不可能な無効メールアドレスとは、退職や閉業、打ち間違いなどの実際には存在しないメールアドレスを指します。このようなメールアドレスに対して配信を続けることで、ドメインの評価が著しく下がり本来受信されるメールが受信されなくなるリスクがございます。 このような配信時のリスクを減らし、メール配信を行うのに最適なリストを到達率が向上します。 照合 ;結果は以下のように分類されます。   Valid/Deliverable (有効/配信可能) Valid / Deliverableとは、受信側のメールサーバーにてアドレスが存在している事を示します。当社はさらに分析を行い、このアドレスが所定の5%の誤差の範囲内で送信が安全であると判断しています。 Accept All/Disposable/Risky (危険) Riskyアドレスは開封される可能性が低い、あるいはエラーアドレス(バウンス)をもたらす可能性があることを意味します。したがって、Riskyと分類されているアドレスに送信する場合は注意が必要です。 また Accept All、Disposable、and Role の表示もRiskyとして分類されます。 Invalid/Undeliverable (無効 / 配信不可) Invalid / Undeliverableは、メールアドレスが存在しないか、構文的に正しくない(したがって存在しない)ことを意味します。実際に配信を行うとエラーアドレスとなります。これに分類されるメールアドレスが多いと、リストが否認となります。 不明(Unknown) 受信者のメールサーバーから応答が得られなかった場合、不明という結果となります。これは、宛先メールサーバーの速度が遅すぎるか、一時的に使用できない場合に発生します。場合によっては、約5分後にリクエストを再試行すると、有効または無効の応答が返されます。 無効なメールアドレスを保有し続けることは到達率に影響を与えるだけでなく、余計なコストをかけることになります。そのために、リスト照合はメール配信を始める前に、重要なステップとなります。 例えば20,000件のメールアドレスをアップロードし、リスト内に無効なアドレスが多く否認となった場合を仮定してみましょう。 リスト照合を行い、次の様な結果が返ってきました: 有効(Valid)= 12,000、危険(Accept All)=1,000、無効(Invalids)=5,000、不明(Unknown)=2,000。 Valid 及び Accept Allは配信可能なアドレスとなります。そのため実際にご利用いただけるメールアドレスは計13,000件となります。 実際に利用できるメールアドレス件数が判明し、リストプラン20,000(月額15,000円)ではなくリストプラン15,000(月額12,000円)のプランを選択することができます。 利用できないメールアドレスを除くことで到達率が向上するだけでなく、ご利用料金も年間36,000円節約できました。 リスト照合を行うことで、事前にエラーとなる配信を防ぐことができるためエラー率が減少し、開封率の向上も実現します。特にGmail、Yahoo!メール、Hotmail、AOLといった主要なメールソフトではあなたの配信元からどのようなメールが送られているのか、どのような反応を得ているのか配信の傾向が記録されています。エラーアドレスへの配信を繰り返すことによって、メールが迷惑メールとして扱われるだけでなく最悪の場合はブラックリストに登録され一切受信されなくなる可能性が有ります。 大きなリストがある場合は常にリスト照合を行うことを選択肢に入れておくことを推奨します。 リスト照合の料金について 有料アカウントユーザーのリスト照合にかかる費用は1,000件の連絡先につき500円となります。 (例:1〜1000件は500円、1001件〜2000件は1000円となります。) *無料アカウントユーザーの料金は1〜4000件まで一律2000円、そのあとは1000件ごとに500円追加となります。 *照合が必要なリストが複数ある場合、料金はリストごとの計算となりますのでご注意ください。 (例:リストA(400件)とリストB(300件)のリスト照合料金=500円+500円=1000円) *クレジットカードへの請求とさせていただきます。 リスト照合の流れ 1.照合依頼の旨のメールを、サポート宛に送ります。 (メールには、アカウントIDおよび照合が必要なリスト名をご記載ください。) *リストファイルの添付は不要です。 2.サポートにて照合の手続きを行います。 (照合は、アカウントより該当のリストをダウンロードした上で行われます。) 3.リストの照合完了後は、有効なメールアドレスのコンタクトのみをリストへアップロード致します。 4.アップロード完了を確認後、サポート担当よりその旨ご連絡致します。 *リストファイルの添付はございません。 *リスト照合完了までには最大で1営業日お時間を頂きます。 *リスト照合はメールアドレスの照合のみを行うサービスです。 照合後にアップロードする情報は、メールアドレスのみとなります。 Kickboxを利用したリスト照合ついては、こちらのブログでも紹介しております。

顧客リスト 10月 4, 2018

リスト照合サービスって何ですか?

エラー配信となる無効なアドレスをメール配信前に検出することができるサービスです。 ※こちらのサービスはBenchmark Emailとは異なる外部サービス※との連携でのご提供となります。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 何でやるの? 昨今、Google, Microsoft(hotmailなど含む),Yahoo, 携帯アドレスなどドメインを管理する会社では、 セキュリティを強化しており一定以上の無効アドレスが送信対象に含まれていると、送信自体をブロックするなどの対策をしています。 そのため、高い到達率を実現させるためにエラーアドレスへの配信を減らすことが求められています。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ご利用条件 こちらはBenchmark Emailとご契約のある方ご利用いただける有料サービスとなります。(1000アドレスにつき500円) 無料トライアルをご利用中は1~4000件まで一律2000円、その後1000件ごとに500円の追加となります。 また請求はクレジットカードとなるため、アカウントにクレジットカード情報をご入力ください。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー リスト照合ご利用の流れ リスト照合ご利用の流れについてはこちらのFAQをご参照下さい。FAQ:リスト照合の流れ

顧客リスト 10月 1, 2018

ShopifyアカウントをBenchmarkと連携させるには?

1.    Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2.    メニューより「アプリ」を選択する。 3.    ページ下までスクロールして「プライベートアプリを管理」をクリックします。 4.    「プライベートアプリを作成」をクリックします。 5.    プライベートアプリ名を入力し、APIのアクセスオプションを選択します。 6.    完了したら「保存」をクリックします。 注:プライベートアプリの作成が完了したら、連携に必要なAPIキーとパスワードが支給されるので保管します。 7.    Benchmarkアカウントにログインします。 8.    画面右上のユーザー名をクリックします。 9.    ドロップダウンメニューから「API/連携」を選択します。 10.    ページ下までスクロールし、「サービス連携一覧」をクリックします。 11.    ページの一番下、「Shopify」をクリックします。商品名称の欄にShopifyドメインを入力します(ショップ名を含むhttps://shop-name.myshopify.com/を入力)。 12.  Shopifyより生成したAPIキーとパスワードを入力して「保存&次へ」を選択します。 13.  BenchmarkとShopifyの連携設定をインポートオプションとリストより設定します。 14.  フィールド項目設定を行います。 15.  「保存&次へ」ボタンをクリックします。 注:商品名にハイフンが含まれている場合、必ず商品名称にも追加してください。そうでないと、連携されません。 注:後で複数の連絡先をインポートする必要がある場合は、これは1回限りの統合であるため、処理を繰り返す必要があります。 ただし、再度統合する場合は、以前の接続を選択するか、新しい接続を作成することができます。 ご不明な点がございましたら、メールまたはLiveChatにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。

連携機能 顧客リスト 9月 21, 2018

配信エラーになったメールアドレスはBenchmark Emalで削除してもらえますか?

3回連続してハードエラーの出たコンタクトは、Benchmark Emailでは「エラー確定」と認識されます。この「エラー確定」となったアドレスは自動的にアクティブコンタクトから外れ、メール配信対象外となります。ただしそれ以前に送られたメールが何らかの形で開封された場合、エラー確定ステータスは解除されます。 エラー確定となったコンタクトはリスト名をクリックし、「エラー確認済み」でご確認頂けます。   またハードエラーが3回連続で出なくても、エラーとなった原因が明確な場合(受信者のメールサーバーよりエラーコードが送られてきた場合など)については、Benchmark Emailは直ちに対象のメールアドレスをリストから削除いたします。 エラーの出たメールアドレスを手動で削除する場合は、「リストクリーニング」機能をご利用ください。 なお、Benchmark Emailではリストの削除は推奨しておりません。 リストの管理・運用は以下の方法にて行ってください。    1. リストの更新・上書きには「リストの追加」機能を利用。    2. やむを得ずリストを削除しなくてはならない場合、        必ずリスト削除の前に各リスト内の「エラー確定アドレス」を「配信停止リスト」に移してから行いましょう。 ※アドレスの移動についてはこちらのFAQをご参照ください。 コンタクト情報のコピー、移動の方法は? ※リストの削除にはメール配信到達率を下げるリスクが伴います。 こちらの作業をご検討の方は、必ず以下をお読みください。 メール配信の運用を続ける上で、過去に配信したメールの履歴やエラー記&

顧客リスト 7月 20, 2018

新規にリストを作成する方法は?

キャンペーンを送信するときは、連絡先のリストを選択する必要があります。まだリストを作成していない場合は、以下の手順に従って作成してください。 Benchmarkアカウントへログインします。 1. ダッシュボードメニューから[コンタクト]を選択します。 2. ページの右上にある[新規リストの作成]をクリックします。 3. [通常リスト]を選択し、[次へ]をクリックします。 4. 以下のオプションから選択し、新しいリストに連絡先を追加します。 インポート機能を使って作成:保存している.xls、.csv、.txtファイルからアップロードします。 コピー&ペーストで作成:複数のメールアドレスを含む文書がある場合は、それらをコピーして貼り付けるだけで追加することができます。 1件ずつ登録:一軒ずつ連絡先の詳細をすべて入力します。 サービスからインポートする:Googleコンタクト、Zoho、Microsoft Dynamics CRMなどの連携サービスからコンタクトをインポートします。 (このFAQでは、[インポート機能を使って作成]オプションを使用しています)。 5. [次へ]をクリックします。 6. リストに名前を付けて、[次へ]をクリックします。 7. ファイルを選択して[開く]をクリックします。 8. [次へ]をクリックします。 9. それに応じてフィールドをマップします。 10. [保存して終了]をクリックします。 注:すべてのリストのアップロードは、リストの照会の対象となります。 ご不明な点がございましたら、メール、LiveChat、にてサポートチームまでお問い合わせください。

顧客リスト 7月 20, 2018

Googleドライブから顧客リストへアップロードする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。    Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードから,[コンタクトリスト]に移動します。 右上の「新規リストの作成」をクリック。 [通常リスト]を選択して[次へ]をクリック。 「サービスからインポートする」を選択し「次へ」をクリック。 「各種サービス連携」より「Googleドライブ」のインテグレーションアイコンをクリック。 「連携」ボタンをクリックしてGoogleに接続。 アップロードを行うGoogleアカウントを選択。 「アクセス許可」をクリック。 ページがBenchmarkへと自動で戻ります。「Googleドライブスプレッドシート」,「ワークシート」と「Benchmarkコンタクトリスト」を選択するか新規リストを作成。 「保存&次へ」をクリック。 フィールドを選択,一致させ,「保存&次へ」をクリックします。   注)インポート中にシートのフィールドを一致させるために必要となるので,Googleスプレッドシートには下記のヘッダーを設定するようにしてください。 名 姓 メールアドレス 番地以降住所 市区町村 国 電話 携帯電話 ご不明な点がございましたらお気軽にサポートチームにお問い合わせください。    

連携機能 顧客リスト 1月 24, 2018

1 2 3 4 8