サポートページ aero-right 顧客リスト

一部のメールアドレスがアップロードされないのは、なぜですか?

Benchmark Emailでは不具合を招くメールアドレスへの送信を防ぐ為に、 問題のあるメールアドレスはアップロードされないよう、フィルタリングが設定されております。 本FAQでは以下の解説をいたします。  フィルタリング結果の確認方法  フィルタ(除外理由)の詳細  リストのアップロード自体が拒否された場合は 除外または否認となった方は必ず確認し、どの理由で除外/否認となったかをご理解ください。   1. フィルタリング結果の確認方法 アップロードしたリストのフィルタ別詳細につきましては、以下の手順で確認できます。 (1)ダッシュボード画面左に表示されるリストをクリック (2)確認したいリストの詳細結果を見るをクリック   (3)それぞれの条件にフィルタされたアドレス件数が表示されます。アドレス件数をクリックすると該当のメールアドレスを確認できます。 *インポート履歴の詳細は、アップロード後8日間確認可能です。 2. フィルタ(除外理由)の詳細 上記の「除外項目」欄には、フィルタ(除外理由)ごとにコンタクト数が表示されます。以下はそれぞれのフィルタの詳細です。   配信停止アドレス:「配信停止リスト(Master Unsubscribe List)」に含まれているアドレス。 配信リストへ登録したい場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: 配信停止中のアドレスを再度配信対象にすることはできますか?   不完全なアドレス : RFC規則を満たしていないメールアドレス 例:「.」は「..」などのように連続で使用することや、@マークの直前で使用することはできません。また、「._.」など記号を3つ連続するアドレスはキャリアやドメインが異なると相手側に届かない可能性が高くなる為ご登録出来ない制限をしております。また、「@」マークは全角でご登録するとエラーとなります。ご注意下さいませ。   キーワード/ドメイン : スパム、迷惑メールと思われるキーワードや疑わしいドメインを含むメールアドレスや同じ文字/記号を多数連続して使用している場合 例:「@creditcard.com」「@spam.com」や 「jaaaapan@」など   重複アドレス : アップロードしようとしているアドレスがすでにリストに入っている場合。   グループアドレス : 複数の人に管理されているアドレスや部署ごとに割り振られているアドレスのことです。 複数の人がアクセスするメールアカウントでは、誰がメール配信許可をしたか分からないため迷惑メール報告を受ける確率がとても高くなります。 そのため除外の対象となります。このメールアドレスが多い場合は元ファイルから削除し再度アップロードをお試しください。 例:「Admin@」や「privacy@」といったアドレス *小規模店舗などで、グループアドレスしか連絡先のメールアドレスがない、という送信先の場合には「一件ずつ登録する」オプション利用でリストに追加することが出来ます。 しかしながら、「@googlegroups」といったアドレスは、「一件ずつ登録する」オプションを利用しても登録できないので、他のアドレスをご登録頂く必要がございます。 グループアドレスとみなされて否認されるアドレスを一覧にまとめておりますので、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧   3. リストのアップロード自体が拒否された場合は 存在しないアドレスが規定の割合を超えてリストに記載されている場合、リスト自体のアップロードが否認となります。こちらはお客様のドメインの評価低下を防ぐための施策です。 否認となった場合、「詳細結果を見る」をクリックすると下記のような表示となります。 赤文字の部分にて、「有効」「無効」「危険」「不明」アドレスの割合を確認いただけます。 リストが否認となった場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: リストが否認になった場合はどうすればいいですか?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 顧客リスト 5月 26, 2020

無効アドレスリストとはなんですか?

無効アドレスリストとは、Benchmark Emailでメールを送信した際に、「送れない可能性がある」「過去に配信したことがあるけれど届かなかった」等が原因で特定のエラーコードを記録したメールアドレスが登録されるリストとなります。 無効アドレスに向けてのメール配信や、一度無効アドレスと判断されたアドレスに向けて繰り返しメールを配信し続けることによってメール全体の到達率が下がります。 Benchmark Emailではアカウントをお持ちの全ての方が問題なくメール配信できるように、ドメイン評価を常に高い状態に維持することを重要視しています。 ご自身のドメイン評価の状況を知りたい方は、アカウントのダッシュボード上に表示されているメールマーケティングスコアをご参考下さい。こちらのスコアと無効アドレスリストをうまくご利用頂くことで、送信先ドメインの評価の低下を防ぐことが可能となります。   どのような機能ですか? 実際にメールを配信された後、突然アカウントに無効アドレスリストというリストが作成された場合、今送られた際に使われたリスト内に無効アドレスが存在していた、ということになります。 ISPによって「無効アドレスである」と判断されたアドレスに関してメールが配信されたとシステムが判断した際、アカウント上の無効アドレスリストへとメールアドレスがリスト内に追加されていきます。 一度無効アドレスリストへと登録されたアドレスに関しては、システムが自動的にメールの配信対象から除外するシステムとなっています。 このリストが作成されることによって、無効アドレスに今後配信することを防ぐことだけでなく、各リストに点在している無効アドレスをまとめて管理することが可能となります。   無効アドレスに入った購読者をリストから削除する方法 ドメイン設定のタイミング等によって有効なアドレスが無効アドレスリストに登録されてしまった場合は、無効アドレスリストから該当するアドレスを個々に削除の上、通常の配信リストへと追加することが可能です。 無効アドレスリストから削除されたアドレスはすぐにアクティブコンタクトリストに戻りますので、今まで通りメールが配信されるようになります。 無効アドレスであるとISPが判断し、その際に表示されるエラーコードの一例   550 Mailbox not found 550 5.5.0 Requested action not taken: mailbox unavailable 550_Invalid_recipient ユーザーのメールボックスを利用できませんでした・メールボックスが見つからなかったなど。受信相手のメールアドレスが存在していない可能性が高い場合)   550 5.1.1 550 5.1.1 User unknown 不適切な宛先メールボックスアドレス メールアドレス先が何らかの理由で使えなくなっている場合   554 5.7.1 : Recipient address rejected : Not found recipient account! 554 delivery error : This user doesn’t have 5.7.1 Unable to deliver to 配信が許可されていません。メッセージが拒否されました。 受信側においてブロックされている場合やドメイン内に該当するメールアドレスが存在しない場合   エラーコードをもっと詳しく知りたい方は、下記のブログをご参照下さい。 ブログ:メール配信が失敗した時のエラーコード一覧!エラー内容を把握して配信リストの質を高めよう   無効アドレスリストについて注意すべきこと   無効アドレスリスト自体を削除することは出来ません。リスト内に含まれたアドレスを個々に削除することのみ可能となっています。 配信停止リストに含まれているアドレスはカウントされませんが、無効アドレスリスト内のアドレスはアクティブコンタクトとしてカウントされますのでご注意下さい。 今後配信されたくないアドレスは、配信停止リストに追加されることをおすすめします。コンタクト数を減らすことができ、誤って配信されることもありません。 必要に応じて、無効アドレスリスト内のアドレスのエンゲージメントスコアを元に整理する事も可能です。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 6月 18, 2020

Salesforceとの連携はできますか?

2019年1月現在、SalesforceとBenchmarkのプラグイン連携に関しては一時停止となっております。 Salesforceのアカウントをお持ちの方で、Salesforce上にあるコンタクトリストをBenchmark Emailに移したい際には以下のステップをご確認ください。 Salesforceのコンタクトを Benchmark Emailに移すためには、以下のステップを実行してください:    ブラウザを開き、 http://www.salesforce.com にてメールアドレスとパスワードを入力しログインします。  トップメニューの「レポート」タブをクリックします。  取引先をエクスポートするには:「取引先一覧」リンクをクリックします。  取引先責任者をエクスポートするには:「顧客名簿」リンクをクリックします。  ステップ1では、レポートタイプを選択し表形式レポートを選択します。「次へ」をクリックします。  ステップ2では、レポートコラムを選択します。エクスポートしたいコラムを選択したら、「次へ」をクリックします。  ステップ3では、要約する情報を選択し「次へ」をクリックします。  ステップ4では、レポートコラムを整頓し「次へ」をクリックします。  ステップ5では、レポート条件を選択します。すべての取引先が含まれる様に開始日を設定します。 項目の絞り込みをすることで取引先のサブセットのエクスポートも可能です。終了したら「レポートの実行」をクリックします。  レポートが作成され、ページ上には「レポート生成状況:完了」と表示されます。「詳細をエクスポート」ボタンをクリックします。  レポートのエクスポートファイル形式で「カンマ区切り形式(.csv)」を選択し、「エクスポート」をクリックします。  エクスポートしたファイルをパソコンに保存するためのポップアップが画面上に表示されます。 Benchmark Emailアカウントに保存したファイルをインポートします。 インポート方法について詳しくは以下のFAQをご参照ください。 FAQ:顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は?    尚Benchmark Email RESTful APIを利用して独自にシステム構築を行うことで、コンタクト情報のインポートが可能となります。 Benchmark RESTful APIに関しては以下のFAQをご参照ください。 FAQ: Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 顧客リスト 1月 23, 2020

ZapierとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zapierはワークフローを自動化させる為のツールです。ご利用のCRMにBenchmarkの連携がない場合は、Zapierを使用して接続が可能です。 Zapierとの連携は以下の手順をご参照ください: *APIキーが必要となります。 最初にまずZapierアカウントにログインします。ログインするとZaps(接続)が表示されます。 1. 希望のアプリをZapに接続します。ここではBenchmarkとGoogle コンタクトを例としています。   2. 接続の種類を選択します。ここでは、「Google(またはアプリ)連絡先をBenchmark Emailに追加」を使用しました。 3. 「Create Zap」をクリックして確認します。 次のページで、再度トリガーを確認し続行を確認するメッセージが表示されます。   4. Googleアカウントを選択します。もし選択されていない場合は、Googleアカウントに接続します。 次に「Save and Continue」(保存&次へ)をクリックします。 5. アカウントが接続されたら、Benchmarkに送信するコンタクトのグループを選択します。   「Fetch and Continue」(取得&次へ) をクリックします。 連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。   次にBenchmarkへ接続します   1. アカウントを接続する必要があります。「Connect a New Account」(新しいアカウントを接続) をクリックします。 2. APIキーを追加し、Yesをクリックして続行します。 3. Benchmarkアカウントが表示されたら「Save and Continue」をクリックします。 4. Benchmark Email コンタクトを設定します。   5. すべての設定を確認し、「Create and Continue」(作成&次へ) を選択します 完了したらこのページが表示されます   ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 顧客リスト 1月 23, 2020

グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧

グループアドレスはアップロードでの一括登録を行うことができません。 グループアドレスで購読希望を受けている(オプトインを得ている)場合は「一件ずつ登録」オプションからの登録が可能です。 FAQ:顧客情報を1件ずつ登録する方法は? グループアドレスは通常企業や団体により一般的な問い合わせの受付窓口として開設され、複数の担当者や管理者がアクセスします。このようなメールアドレスに商業メールを送信するのは迷惑メール報告を受ける高い危険を伴うため、Benchmark Emailでは一括アップロードでの登録はできない仕様になっています。 以下は「一括アップロード」「コピー&ペースト」オプションでの登録ができないアドレスの一覧です。これらはアップロードの際、自動でリストから除外されます。一件ずつ登録を行うようにしてください。 abcdefg@ abcde@ abuse@ 
admin@ adult@ all@ 
compliance@ devnull@ dns@ everyone@ ftp@ honeypot@ hostmaster@ 
noc@ info@ ispfeedback@ ispsupport@ jobs@ list-request@ list@ maildaemon@ 
no-reply@ noc@ null@ 
phish@ 
phishing@ postmaster@ prime@ 
privacy@ 
registrar@ 
remove@ 
request@ 
root@ 
security@ 
spam@ subscribe@ 
support@ 
sysadmin@ 
tech@ 
undisclosed-recipients@ unsubscribe@ 
usenet@ users@ 
uucp@ 
webmaster@ www@ unsubscribe@ com.com@ undisclosed-recipients@ uucp@ www@ zserdx@ 以下は、「一件ずつ登録」オプションでも登録ができないアドレスの一覧です。他のアドレスをご登録ください。 @googlegroups 注意:上記は現時点でブロックされるグループアドレスの一覧であり、通告なく変更・追加されることがあります。 メールアドレスの登録についてご質問、ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 5月 19, 2020

Benchmark Emailにアップロードできる顧客リストの作成ルール

Benchmark Emailへアップロードできる顧客リストのファイル形式は以下の通りです。 エクセル(.excelまたは.xlsで保存) テキスト(.txtで保存 / 日本語文字情報は登録不可) CSV(日本語文字情報は登録不可) テキスト形式とCSV形式は読み込み可能ですが、日本語文字情報を含む場合は文字化けを起こします。 以下にファイルの作成方法を説明します。   Excelを利用 1. 1行目に各項目名を記入する。 Excelシート一番上の行はヘッダー行とし、顧客情報を記入しないようにしてください。 「アドレス」「姓」「名」など登録したい項目名を各列に記入していきます。最大28項目まで登録可能です。 2. 1行目に記入した項目に合わせて、2行目以降に顧客リストデータを入力。 1顧客に対して1行で入力します。 「sample@benchmarkemail.com」「山田」「太郎」など登録したい情報を各列に記入していきます。 3. 末尾に.excelを付けてファイルを保存(.xlsも可) Macユーザーの方:正しくリストがアップロードされないことがありますので、必ずファイルタイプexcelで保存して下さい。 ※エクセルファイルのファイル名は全角40字以内に抑えて下さい。それ以上になりますとインポートの妨げとなり、否認となる恐れもあります。 また、フィールド項目の詳細は日本語(全角)なら262文字まで、ローマ字(半角)なら2100文字まで入力可能となっています。 これ以上の文字数を入力したファイルをインポートした際には、情報が反映されませんのでご注意下さい。 作成したデータをアップロードする方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:顧客リストファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は?   テキストファイルの作り方 1. ヘッダー行を顧客リストのフィールド項目名に合わせます。 2. フィールド項目を入力したヘッダー行に合わせて、顧客情報を入力して行きます。1顧客に対して1行です。必ず空白項目にはコンマを入力して列が分かれるようにして下さい。 [姓],[名],[email] 山田, 太郎 , taro.yamada@benchmarkemail.com 3. 末尾に.txtを付けてファイルを保存 例)顧客リスト.txt このインストラクションは、メモ帳だけでなく他のテキストファイルでも適応します。 備考:ヘッダー行は必須ではありません。ヘッダー行を入れなかった場合、アップロードの際、フィールド名を選択する行程があります。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 顧客リスト 6月 24, 2020

登録フォームからコンタクトリストのセグメント機能を活用する方法は?

  セグメントリストは特定の目的に合わせてターゲット化したリストのため、メールマーケティングを行う上でも効果的です。例えば、「東京都」などのセグメントを作成し、地域限定のキャンペーンを開催するなどの使い方も可能ですし、誕生月でセグメントしバースデークーポンを配信する、といった利用方法もあります。 登録フォームの回答に合わせて、登録時に自動的に顧客をセグメント分けすることによってその後の運用がやりやすくなります。 都道府県や年齢など、セグメントの基準となる項目を登録フォームに追加することで、 登録時からセグメントされたリストに保存されるように設定できます。 詳細は以下の設定ステップをご確認ください。 1)登録フォームと連携させるリストを作成。この時点でリストにコンタクトを追加する必要はありません。またすでに作成済みのリストを利用することも可能です。 2)リストをセグメント。セグメントの基準となる項目を設定します。 セグメントの作成方法について詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:セグメント機能の使い方は? 3)登録フォームを作成。自由に項目を設定できる埋め込み型フォーム(多項目)がおすすめです。 登録フォーム作成方法について詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? 上記の設定で、登録フォームから獲得したコンタクトを自動的にセグメントすることが可能になります。 また応用としてステップメール機能を併用し、特定の新規購読者(セグメントしたコンタクト)に特化したコンテンツの配信を自動化することもできます。 事例)登録フォームで登録したコンタクトのうち、関東地方在住の購読者のみにメールを自動配信するよう設定したい。 まず、登録フォーム用のリストを作成します。リスト名を保存した時点でリストが作成されるため、アップロードまで進む必要はありません。 次にこのリストを「関東地方」でセグメントします。コンタクトが登録されていなくても必ず「保存&抽出」をクリックしてください。 次に「登録フォーム用」リストで登録フォームを作成します。項目設定ではセグメント項目と同じ項目を作成します。ここでは「都道府県」項目で「関東地区」を選択肢の一つとして作成しています。 これで関東地区を選択したコンタクト情報が「登録フォーム用 - 関東在住」セグメントリストへ登録されます。 最後に、ステップメールを作成します。ステップメールの作成方法については以下のFAQをご確認ください。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? この時配信先リストとして「 登録フォーム用 - 関東在住」を選択します。 これで登録フォームから得た新規購読者のうち、関東地方に住んでいると回答したユーザーのみにメールを自動配信することが出来るようになりました。 リスト全体にメールを配信するよりも、あらかじめターゲット化されたリストにメールを配信する方がより効果的です。 また、リスト全体に配信した場合、自分と全く関係の無い内容のメールが届いた場合は、配信停止依頼をされてしまう恐れもありますのでご注意ください。 コンタクトリストにある項目なら全てセグメントを作成することは可能です。ぜひ有効活用してください。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

セグメント機能 登録フォーム 10月 3, 2019

店舗で新たな購読者を獲得するには?

実際に顔を合わせてメーリングリストへの同意を得る方法を考えるのは容易いことではありませんが、顧客と直接触れ合うことは良い関係を築く土台となります。 コンタクト情報を得るヒントを以下にご紹介します: できるだけ多くの場所にウェブサイトのURLを印刷し、サイトへのアクセスを推奨します。周りにある印刷媒体を考えてみましょう: 看板 買い物袋 レシート 名刺 文房具 パンフレット 商品パッケージ *注)ウェブサイトに簡潔で見つけやすい登録フォームを設置しましょう。サイトへのアクセスを勧めるのはもちろん、メルマガ登録の場を提供するのは重要な事です。 メールアドレスのリクエスト:直接顧客にメルマガ登録を勧めるのはとても有効な方法です。次回オンラインでの商品購入の際に使える20%割引クーポンなど、登録時のボーナスを提供するのも効果的です。 メールアドレスをリクエストする際、直接提供をお願いするか(電話口または店舗での購入の際)、登録シートやカードを店舗に設置し顧客が好きな時に記入できるようにしましょう。 *注)ただ単にメールアドレスを聞くだけでは不十分です。マーケティング目的で使用することを明確にし、メール配信への同意を得ることが重要です。 録音情報でのメルマガ宣伝:顧客が電話をかける際、待ち受け音楽の代わりにメルマガやウェブサイトについての録音情報を流すことをお勧めします。これにより顧客は情報を素早く手に入れることが出来、オンラインの登録フォームへのアクセスにつながります。 ここではコンタクト数を増やす新たな方法をご紹介しましたが、リストの整理も忘れずにしましょう。一つ一つ獲得したメールアドレスは、スプレッドシートにデータ保存し Benchmark Emailアカウントへインポートします。またコピー&ペースト機能の活用や、メールアドレスを直接入力することも可能です。   以下のFAQをご覧ください。 FAQ:顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は? FAQ:Benchmarkアカウントへコピー&ペーストで顧客情報を追加する方法は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 27, 2019

1 2 3 4 7