サポートページ aero-right 顧客リスト

メールアドレスを登録する際に利用規約の確認を求められました。これは何ですか?

顧客情報をアップロードする際に求められる利用規約への確認は、あなたが顧客情報をどのように入手したか確認するものとなります。顧客情報をアップロードする前によく確認を行ってください。下記にて内容をご確認ください。   顧客からメール配信の同意を得たリストである お手持ちのリストの全ての皆様があなたからメール経由で連絡が来る事を承諾していることとなります。 購入したリストではない。 お手持ちのリストは購入、譲渡、レンタルにより得たものではない事を宣言いたします。 大量配信を行うメールアドレスを含んでいない お手持ちのリストは全て個人向けであり、メーリングリストなどグループ向けに配信するものは含まれていないことを宣言致します。 勝手に収集されたアドレスではない お手持ちのリストはウェブサイト上から勝手にメールアドレスなどを収集したものではないことを宣言いたします。 こちらの確認項目に全てチェックを付けられない場合は顧客情報をアップロードすることはできません。虚偽の申告を行った場合は、当社のアンチスパムポリシーへ違反すると見なし、発見次第アカウントの利用を停止致します。 お客様にこれらの利用規約を遵守頂くことで、Benchmark Emailから配信するメールの到達率を常に高い水準で維持することが可能となります。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

リストクリーニングとはどういった機能ですか?またリストのクリーニング方法は?

リストクリーニングは、スパムトラップへ配信を行ってしまった場合にご利用いただく機能です。 スパムットラップとは? スパムトラップとは、ISPがすでに誰にも使われていないメールアドレスを 迷惑メール配信者を特定するために利用しているダミーのメールアドレスのことです。スパムトラップへの配信を続けられた場合、配信元として使用されているドメインの評価が下がり、 配信するメール到達率が低下してしまう恐れがあります。 クリーニングで抽出可能なメール未開封コンタクト リストクリーニングでは、下記のメール未開封コンタクトの抽出が可能です。 直近5 メール 直近10 メール 直近20 メール 直近30 メール リストクリーニング方法は以下のステップをご参照ください: ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトをクリック クリーニングしたいリスト名をクリック 画面上部のリストクリーニングをクリック クリーニングページへと移動したら、抽出したいタイプのメールアドレスを選択 「新規リスト」を選択しをクリックし保存 新しいリストとして保存がされます。 このリストを配信設定時、「配信対象外」として頂ければ、 削除せずに配信の対象から除外されます。 これでリストクリーニングは完了です。更新が反映されるまで数分のお時間を頂戴しますのでご了承ください。 ご不明点がございましたらお気軽にサポートまでご連絡ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

よくある質問 顧客リスト 3月 25, 2019

リスト運用の注意点

Benchmarkがお薦めするリスト運用をご案内します。 リスト削除は基本的にしない 一度でも配信を行ったリストには貴重な情報が保存されています。 コンタクトはそれぞれの配信記録やエラーアドレスの記録まで一緒に消えてしまい理想の運用ではありません。 エラーアドレスを再度アップロードし、配信を繰り返すことで送信サーバー評価に悪影響を与え、特定のユーザーだけでなくBenchmarkを利用する全てのユーザー様のメール到達率が下がってしまう恐れがあるからです。 やむを得ずリストを削除しなくてはならない場合、必ずリスト削除の前に各リスト内の「エラー確定アドレス」を「配信停止リスト」に移してから行ってください。アドレスの移動については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクト情報のコピー、移動の方法は? 弊社のブログ記事も併せてご参考下さい。 ブログ記事:メルマガの到達率を高く維持するための正しい運用方法 リストは上書き保存 コンタクト情報をアップデートするとき、また既存リストに新規コンタクトが追加されたとき、エクセルファイルで編集、追加をしてそのまま同じリストへアップロードしましょう。 既に登録済みのコンタクト情報は上書き保存され、新しいコンタクト情報はプラン制限内であればそのまま保存されます。 そのためリストを削除する必要は全くなく、配信上で重要な情報もずっと保存できます。 **上書き保存するにはダッシュボードより「コンタクトリスト」をクリック、リスト名の左側「・・・」をクリックし、「コンタクトをリストに追加」を選択します。 一括アップロードでエクセルファイルをアップロードしましょう。 エラー確定アドレスは削除しない 3回連続してハードエラーの出たコンタクトは、Benchmark Emailでは「エラー確定」と認識されます。この「エラー確定」となったアドレスは自動的にアクティブコンタクトから外れ、メール配信対象外となります。ただしそれ以前に送られたメールが何らかの形で開封された場合、エラー確定ステータスは解除されます。 エラー確定となったコンタクトはリスト名をクリックし、「エラー確認済み」でご確認頂けます。 またハードエラーが3回連続で出なくても、エラーとなった原因が明確な場合(受信者のメールサーバーよりエラーコードが送られてきた場合など)については、Benchmark Emailは直ちに対象のメールアドレスをリストから削除いたします。 そのため手動でのエラーアドレスの除外は行わないようにしてください。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

メール配信 顧客リスト 3月 25, 2019

エラー率が高くなってしまう原因は何ですか?

https://blog.benchmarkemail.com/bad-idea-send-public-domain-email-address/エラーを起こす確率に大きく影響する要因がいくつか挙げられます。高いエラー率の原因を解明するのに役立つ注意したい項目をご紹介します。 リストは正しいフォーマットでアップロードされていますか? Benchmark Emailへのアップロード時にリスト形式がExcel形式または.txtファイルでない場合、ほとんど全てのコンタクトは「エラー」となってしまいます。ドメイン名が正しく表示されているか、またそれぞれのコンタクトのメールアドレスがきちんと分かれているかを確認しましょう。メールアドレスの初めだけに引用符がついている(例:”email@benchmarkemail.com)、ファイルが1つのコラムにすべてを詰め込むよう変更してしまうケースがよくあります。これが原因であれば簡単なオンライン検索でファイルを正常化するヒントを見つけることができます。 注意:.txtファイルは文字化けの可能性がある為、Excelファイルを推奨しています。 同意を得たリストですか? そのリストは以前にも使用したことがありますか?それとも初めてですか?もし初回送信で複数のメールアドレスが「エラー」として表示されるのであれば、メールアドレスの取得方法の問題を疑いましょう。メールアドレスが有効であるかの確認無しに複数の異なる場所から得られたリストである場合、多数のコンタクト情報が偽造であり、売買、貸し出し、また回収されるリストのみに記載されている可能性があります。高いエラー率を防止し、Benchmark Emailのコンタクトリストに関する制限を超えないためにも、同意を得たリストの重要性を今一度ご確認下さい。 いつ獲得したリストですか? エラーが起こる原因の1つとして、メールアドレスがすでに有効でなくなっていることが挙げられます。リスト内のコンタクトが登録したメールアドレスの使用を止め、新たなメールアドレスを作成しているのはよくあることです。この場合、出来ることはそうありません。これらのコンタクトはすでに有効でなく、連絡を取るのは不可能です。これは日頃から購読者とやり取りをすることで防ぐことができます。多量のメールを送信したり関連性の無いコンテンツで不快にさせることなく良い関係を築くことができたならば、購読者はメールアドレスの変更をきちんと知らせてくれるでしょう。 Benchmark Emailにはリストクリーニング機能があり、過去5〜30回のキャンペーンでメールを開かなかった人、ソフト/ハードエラー、エラー確認済みのコンタクトを削除できます。 エンゲージメントの低い購読者を排除することで、エラー率の改善も見られます。 それに加えて、Benchmarkアカウントにリストをアップロードする前に、リスト照会のご利用を強くお勧めします。 無効なメールアドレスがリストから削除されるため、これは高いエラー率の防止に役立ちます。 リストの検証により、正規の電子メールアドレスにキャンペーンが送信される際の開封率とクリック率が向上します。 また、無効メールアドレスを削除することで適切なプランが明確になり、コストを削減するのに役立ちます。 無料ドメインのアドレスを使用していますか? YahooやAOLなどのサービスは、無料ドメインを使用している大量配信メールを受け入れないようにDMARCポリシーを変更しています。 したがって、Benchmark Emailなどの配信サービスを使用していて、@ gmail、@ yahoo、@ hotmail.comなどの電子メールアドレスを使用している場合、電子メールは一部のサービスに到達しません。 残念ながら、これは配信サービス側の努力では回避することができません。 メール配信にはオリジナルドメインを使用し、SPFレコードとDKIM情報を設定することをお勧めします。 Benchmark Emailではメールを正常に届けるため、無料ドメインをオリジナルドメインに変換して送信しています。 この場合、Benchmarkのオリジナルドメインを使用しています。 無料ドメインからのメール配信が適切でない理由の詳細に関してはここをクリック。 その他ご質問がございましたら、お気軽にサポートチームへご連絡ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 3月 25, 2019

「合計アクティブコンタクト数」とは何ですか?

合計アクティブコンタクト数とは 「アクティブコンタクト」とはメール配信先として有効なメールアドレスを指しています。 ・アクティブコンタクト数はご契約プランの根拠となるコンタクト数のことでもあります。 ・アクティブコンタクトには重複アドレス、配信停止アドレス、エラー確定アドレスは含まれません。 アクティブコンタクト数の確認方法 1.ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」>「コンタクトリスト」をクリック 2.リスト表の上に表示される「合計アクティブコンタクト数」を確認   アクティブコンタクト数の計算基準 「アクティブコンタクト数」= (コンタクトリストに登録されている全てのメールアドレス数)−(エラー確定済、オプトイン未完了、配信停止アドレス数、重複アドレス) ※ゴミ箱に残っているリストに含まれるメールアドレスは、アクティブコンタクト数に加算されます。 アクティブコンタクトを減らす目的でリストを削除した場合は、ゴミ箱からのリスト削除を忘れず行ってください。 またゴミ箱からのリスト削除の際には「削除後すぐにユニークコンタクト数を再計算します」にチェックを入れることで即時アクティブコンタクト数に反映されます。チェックを入れない場合、反映まで4時間お待ちいただきます。       リストの削除にはメール配信到達率を下げるリスクが伴います。  こちらの作業をご検討の方は、必ず以下をお読みください。   ・Benchmark Emailでは更新のためのリスト削除は推奨しておりません。 ・リストの更新は現在ご使用のリストへ上書きを行ってください。 ・やむを得ずリストを削除しなくてはならない場合、必ずリスト削除の前に各リスト内の「エラー確定アドレス」を「配信停止リスト」に移してから行ってください。アドレスの移動については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクト情報のコピー、移動の方法は?   アカウントからリストを削除してしまうと、記録されていたエラー確定リストも削除されてしまいます。 この状態で再度リストをアップロードした場合、エラー確定リストに含まれていたアドレスに再び配信を行うようになってしまいます。 再度メールが送られるとエラー確定アドレスに複数回メールを送る悪質な送信者と判断され、配信元アドレスの評価が下がり、今後のメール配信到達率を著しく下げるリスクが含まれています。 ___     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

リスト照合サービスって何ですか?

エラー配信となる無効なアドレスをメール配信前に検出することができるサービスです。 ※こちらのサービスはBenchmark Emailとは異なる外部サービスとの連携でのご提供となります。 こちらのページではサービスの価格・お申し込み方法についてご案内をいたします。 照合審査の内容について詳しくお知りになりたい場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: どのようにリストを照合しているんですか? ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 何でやるの? 昨今、Google, Microsoft(hotmailなど含む),Yahoo, 携帯アドレスなどドメインを管理する会社では、セキュリティを強化しており、一定以上の無効アドレスが送信対象に含まれていると、送信自体をブロックするなどの対策をしています。 そのため、高い到達率を実現させるためにエラーアドレスへの配信を減らすことが求められています。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ご利用条件・費用 こちらはBenchmark Emailをご利用のお客様に提供する有料サービスとなります。 リスト照合にかかる費用は下記の通りとなります。 有料アカウントユーザーの場合: 1,000件の連絡先につき500円 (例:1〜1000件は500円、1001件〜2000件は1000円) 無料アカウントユーザーの場合: 1〜4000件まで一律2000円 そのあとは1000件ごとに500円追加 *照合が必要なリストが複数ある場合、 料金はリストごとの計算となりますのでご注意ください。(例:リストA(400件)+リストB(300件)=500円+500円=1000円) *クレジットカードへの請求とさせていただきますため、アカウントにカード情報をご入力頂きます。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー お申し込みとご利用の流れ   1.お申し込み(メール) 照合依頼の旨を、こちらよりサポート宛にお送りください。下記情報をお書き添え願います。 ・アカウントID ・照合が必要なリスト名  *リストファイルの添付は不要です。 2.照合手続き(自動) 弊社サポートよりお手続きさせて頂きます。 依頼者様のアカウントから該当のリストをダウンロードさせて頂きますのでご了承くださいませ。 3.照合結果の反映(自動) 有効なメールアドレスのコンタクトのみを抽出し、リストへ差替えアップロード致します。 4.完了 アップロード確認後、サポート担当よりご連絡致します。   *リストファイルの添付はございません。 *リスト照合完了までには最大で1営業日お時間を頂きます。 *リスト照合はメールアドレスの照合のみを行うサービスです。 照合後にアップロードする情報は、メールアドレスのみとなります。 *アップロード時に有効メールアドレス分の空きがあるかを、あらかじめご確認願います。空きがない場合、アップロードのため不要なコンタクトの削除あるいはアップグレードをお願いすることがございます。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

何がオプトインの証明になりますか?またなぜそれらを証明しなければならないのですか?

  アドレスの保有者からメールの配信を許可されたもののみとなり、配信許可の証明はそれらが何らかの形で明記されているものとなります。 つまり、メールの受信者はあなたからメールを受信することを、あらかじめ知っている人々になります。例えば、ウェブページ上に小さなチェックボックスを置いて、メールアドレスの保有者が気づかないうちに登録されてしまうようなものは含みません。 メール配信許可の一例 ウェブログ ウェブログとはウェブサイトのデータとなります。(たいていはホームページのホストなどから提供されます。)これらのログにより、その該当者がいつウェブサイトに訪れ、どこでメールアドレスを入力したかを確認することができます。メール配信許可を証明する際にこれらのログは大変有効になります。 お申し込み用紙など(書面) お申し込み用紙などには、メールアドレスの他に、名前、電話番号、住所やその他の情報が記入されており、メール配信の旨を確認するチェックボックスなどがございます。 名刺 名刺もメール配信に対する許可と見なされます。しかしマナーとして口頭で相手に対しメール配信の意思を明確にすることをお勧めします。 メール配信許可とならないもの 口頭での約束 アドレスの保有者から口頭で許可を頂いた場合につきましても、誠に恐れいりますが、これらをメール配信許可とはみなしません。 隠れたチェックボックスで獲得したもの 上記にて述べました通り、膨大なウェブページの中に小さく埋め込まれているチェックボックスなどにより獲得したメールアドレスにつきましては、(たいていの場合はすでにチェックが付けられております。)メール配信許可を得たとはみなしません。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

購入したメールアドレス / 名刺から集めたメールアドレスなどを使用する事はできますか?

Benchmark Emailは法律に遵守し同意を得たメールアドレスへのマーケティングを行うサービスを提供する会社です。アカウントをお持ちのお客様はCAN-SPAM法(国内では特別電子法)のアンチスパム方針に従っていただき、承認とオプトインによる合法的なリストの作成が必須となっています。 同意を得たリストかどうか確かめるには?以下の項目を確認してみましょう。 購入したリストは使用できない 自社のサービスまたは商品を利用している顧客のリスト 名刺から集めたリスト 買収したばかりの会社に属するリスト 仕事仲間に属するリスト 過去の購読者、顧客リスト パートナー会社が所有するリスト(英語版リンク)   購入したリストは使用できない 購入したメールアドレスのリストは使用できません。 購入したメールアドレスを使用した場合、Benchmark Emailのアカウントは予告なく停止され、料金の払い戻しも行われません。 Benchmark Emailではリストの販売・レンタルなどは行っておらず、ウェブ上より無作為にメールアドレスの獲得もしないと同時に、お客様においてもそのようなメールアドレスの使用を禁止しております。 自社のサービスまたは商品を利用している顧客のリスト サービスまたは商品を利用されているお客様に事前の確認またはオプトインで情報を収集している場合は、例えば登録フォームなどで「弊社からの最新情報または新製品に関する連絡を受け取りますか?」というような事前許可を取る必要があります。配信許可(オプトイン)を得たアドレスにはメールの配信を行って頂けます。 名刺から集めたリスト 特定電子メール法では、メール配信へ同意した購読者以外に広告宣伝メールを送信することは原則禁止されています。 しかし名刺などの書面でアドレスを知らせた場合は、特別同意を得ずメールマガジンを配信しても、法律に違反しないこととなっています。無論、受信拒否の意思表示があった場合は、すみやかにメール配信を停止する必要があります。相手先との信頼関係のためにも、なるべく「メールマガジンを送らせて頂きたい」という旨を伝えて事前許可を得るようにしましょう。 配信内容が「通信販売」など「電子メール広告」へ該当する場合、名刺交換だとしても許可を得ずメールを配信することは違法です。必ず事前許可を得てください。 以上の点に留意することにより、名刺から取得したリストへの正しいメール配信運用が可能です。 特定電子メール法について詳細を知りたい方は、以下の消費者庁の資料をご覧ください。 外部リンク:特定電子メールの送信等に関するガイドライン 外部リンク:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント   また、弊社ブログでも紹介しています。 ブログ記事:メルマガで法律違反になる前に!「特定電子メール法」を押さえて宣伝・広告メールを配信しよう   買収したばかりの会社に属するリスト 買収する前に使用されていた顧客情報を使い、その会社の代理として同じ様に機能するのであれば、メーリングリストの使用は可能です。しかし、これらのコンタクトに経営者が変わった旨を伝え、さらに引き続きメール配信に同意するのかどうかを確認することを推奨します。弊社の「パーミッションリマインダー」テンプレートを活用する良い機会です。 リストを使用する前に、Benchmark Emailで使用可能かどうかを確認するチェックポイントをご紹介します。 リストの獲得方法は? メールアドレスが登録されたのはどのくらい前? 最後にリストへ配信を行ったのは? リストのクリーニング状況は?配信停止希望者はきちんと削除されていますか? 同意を得たリストですか?   仕事仲間に属するリスト 会社の同僚のメーリングリストから得たコンタクトにメール配信をしても大丈夫なのでしょうか。 この質問の答えは時と場合によって異なります。購読者が会社全体からのメール配信にオプトインしており、その一員としてメールアドレスを使用するのであれば何ら問題はありません。しかし購読者が会社全体ではなく同僚個人にのみメール配信の同意を示している場合、リストの使用はできません。 過去の購読者、顧客リスト 同意を得たリストであれば、Benchmark Emailでの使用は可能です。 しかし、一年以上連絡をしていないコンタクトへのメール配信はお勧めできません。毎年メールアドレスを変更する人も多く、結果として複数のハードエラーが発生することもあります。またコンタクトがメール配信に同意したことを忘れ、迷惑メールとして報告されるリスクもあります。スパム報告が多発しますと、Benchmark Emailアカウントを停止させて頂く場合も御座います。またブラックリストの対象となるリスクも高まります。 また無効なメールアドレスが一定数以上含まれるリストはアップロードが自動的に中止となります。 古い顧客リストは通常無効メールアドレスを多く含んでいる場合が多くアップロードが中止された場合にはメール配信にはご利用頂けません。 関連FAQ:メールアドレスをアップロードする際に利用規約の確認を求められました。これは何ですか?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

リストが否認になった場合はどうすればいいですか?

この記事では、リストの審査・否認・照合について解説を行っております。アップロードしたリストが否認された場合、まずはこちらの記事をご確認ください。 皆様がアップロードされたリストは弊社システムでチェックを行っており、場合によってはお客様のリストをご利用頂けないものと判断を下す場合がございます。本FAQではなぜリストを否認にするのか、そのプロセスと理由についてご説明を致します。 リストの審査 Benchmark Emailは配信元のドメインの評価を維持し、効果の高いメール配信を実現するためにアップロードされたエクセル・CSVファイルに否認対象となるメールアドレスがないか審査を致します。 承認作業は通常数分で完了しますのでそのままお待ちください。 「承認中」表示の間、一部メールアドレスがサンプルとしてランダムに選択され BriteVerify や Kickbox などの第3者サービスを通してその有効性の確認が行われています。このサンプルの確認作業の結果、無効メールアドレスや有効と判断できないメールアドレスの割合が高いリストは否認となります。 リストを否認された もし一定数以上の否認対象となるメールアドレスがアップロードされたファイルに含まれる場合はこれを否認として、配信にご利用いただくことができません。(既存のリストにアップロードを試みた場合は、既存のリストに対しては配信可能です) 否認の対象となる配信不可能な無効メールアドレスとは、退職や閉業、打ち間違いなどの実際には存在しないメールアドレスを指します。このようなメールアドレスに対して配信を続けることで、ドメインの評価が著しく下がり本来受信されるメールが受信されなくなるリスクがございます。 このような配信時のリスクを減らし、メール配信を行うのに最適なリストを用いることで到達率が向上します。 リストを使用するためには照合を リストが否認となった場合は、メールでご連絡をいたします。 リストの使用をご希望の場合は、次にご紹介する外部サービスのオプションを利用して頂き、リストを照合し無効なメールアドレスがどれか特定し削除を行って頂きます。リスト照合にあたり、弊社ではメールアドレスのフィルタリングを請け負っております。BriteVerify、Kickboxといった精度の高い外部サービスとの提携サービスとなります。提携費用として、照合を行う際は別途費用をお支払いただいております(1,000件につき500円)。 リスト照合サービスの料金・ご利用方法については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: リスト照合サービスって何ですか?   照合結果の詳細 照合結果は以下のように分類されます。 Valid/Deliverable (有効/配信可能) Valid / Deliverableとは、受信側のメールサーバーにてアドレスが存在している事を示します。当社はさらに分析を行い、このアドレスが所定の5%の誤差の範囲内で送信が安全であると判断しています。 Risky (危険) Riskyアドレスは開封される可能性が低い、あるいはエラーアドレス(バウンス)をもたらす可能性があることを意味します。したがって、Riskyと分類されているアドレスに送信する場合は注意が必要です。 また以下の表示もRiskyとして分類されます。 role - 個人ではなく部署、組織宛のメールアドレス disposable - 使い捨てメールアドレス accept_all - 有効でないアドレスでも受け入れるドメインアドレス free - フリーメールに該当するか(hotmail、Gmailなど) did_you_mean -  誤入力の可能性のあるメールアドレス Invalid/Undeliverable (無効 / 配信不可) Invalid / Undeliverableは、メールアドレスが存在しないか、構文的に正しくない(したがって存在しない)ことを意味します。実際に配信を行うとエラーアドレスとなります。これに分類されるメールアドレスが多いと、リストが否認となります。 不明(Unknown) 受信者のメールサーバーから応答が得られなかった場合、不明という結果となります。これは、宛先メールサーバーの速度が遅すぎるか、一時的に使用できない場合に発生します。場合によっては、約5分後にリクエストを再試行すると、有効または無効の応答が返されます。 無効なメールアドレスを保有し続けることは到達率に影響を与えるだけでなく、余計なコストをかけることになります。そのために、リスト照合はメール配信を始める前に、重要なステップとなります。 例えば20,000件のメールアドレスをアップロードし、リスト内に無効なアドレスが多く否認となった場合を仮定してみましょう。 リスト照合を行い、次の様な結果が返ってきました: 有効(Valid)= 12,000、危険(Accept All)=1,000、無効(Invalids)=5,000、不明(Unknown)=2,000。 Valid 及び Accept Allは配信可能なアドレスとなります。そのため実際にご利用いただけるメールアドレスは計13,000件となります。 実際に利用できるメールアドレス件数が判明し、リストプラン20,000(月額15,000円)ではなくリストプラン15,000(月額12,000円)のプランを選択することができます。 利用できないメールアドレスを除くことで到達率が向上するだけでなく、ご利用料金も年間36,000円節約できました。 リスト照合を行うことで、事前にエラーとなる配信を防ぐことができるためエラー率が減少し、開封率の向上も実現します。特にGmail、Yahoo!メール、Hotmail、AOLといった主要なメールソフトではあなたの配信元からどのようなメールが送られているのか、どのような反応を得ているのか配信の傾向が記録されています。エラーアドレスへの配信を繰り返すことによって、メールが迷惑メールとして扱われるだけでなく最悪の場合はブラックリストに登録され一切受信されなくなる可能性が有ります。 リスト照合を行うことで、事前にエラーとなる配信を防ぐことができるためエラー率が減少し、開封率の向上も実現します。特にGmail、Yahoo!メール、Hotmail、AOLといった主要なメールソフトではあなたの配信元からどのようなメールが送られているのか、どのような反応を得ているのか配信の傾向が記録されています。エラーアドレスへの配信を繰り返すことによって、メールが迷惑メールとして扱われるだけでなく最悪の場合はブラックリストに登録され一切受信されなくなる可能性が有ります。 大きなリストがある場合は常にリスト照合を行うことを選択肢に入れておくことを推奨します。ただしリスト照合では スパムトラップ を取り除く事はできませんのでご注意ください。 大きなリストがある場合は常にリスト照合を行うことを選択肢に入れておくことを推奨します。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

1 2 3 4 7