サポートページ aero-right 顧客リスト

コンタクトリストのダウンロード・出力方法は?

Benchmark Emailのアカウントに登録したコンタクトリストは、CSVまたはExcelファイルとして出力することができます。 また、配信停止リストも同様の手順でダウンロードが可能となります。   リストのダウンロード方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2.ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリックし、サブメニューから「コンタクトリスト」をクリック 3. 出力したいリスト名をクリックします。配信停止リストをダウンロードする場合は「配信停止リスト」を探してクリックします。 4. 右上のオプションメニューをクリックし、「ダウンロード」を選択します。 5.「リストを出力」画面にて「コンタクトフィルタオプション」でメール種類を選択するか「メールすべて」を選択します。 6.「出力するフィールドを選択」で「全てを選択」にチェックするか、または必要な項目にチェックを入れます。 7. 「CSVとしてダウンロード」か「Excelとしてダウンロード」ボタンのいずれかをクリックします。CSVですと全角文字が文字化けするため、日本語データが入っている場合はエクセルでの出力がお勧めです。 8. CSVファイルまたはExcelファイルが、ダウンロードフォルダに追加されます。 注意点 ダウンロードされるファイル形式は「Excel97-2003 workbook(* .xls)」です。 それ以外の形式でファイルを開こうとした場合は、警告メッセージが表示されます。そこで「はい」ボタンを押して頂くことで、問題なく表示され、保存も可能です。 以下のFAQも併せてご覧ください。 関連FAQ:メールを開封した顧客をリストとして抽出することはできますか? ご不明な点がございましたら、メールにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 28, 2021

メールを未開封の顧客を確認し、リストとして出力することはできますか?

2016年3月30日より、Benchmark Emailではメール未開封のコンタクトをリストとして保存する機能を廃止致しました。スパム行為による迷惑メール報告を防止し、Benchmark Email送信サーバーの評価を高く保つためです。同じ件名のメールが届くと不審に思う人もいるため、迷惑メールと疑われる可能性が高くになります。しかし未開封コンタクトへの再アプローチは重要なため、未開封のコンタクトのみにメールを送信したいのであれば未開封者の一覧をエクセルファイルに出力し、新規リストとしてアップロードして下さい。 未開封者や、エンゲージメントレベルの低いコンタクトへの再配信を行う別の方法として、ホットリード機能があります。ホットリード機能では複数のメールキャンペーンからコンタクトのエンゲージメントの度合いを算出しリストとして抽出するツールです。この機能により抽出したリストへメールの配信を行うことが出来ます。 FAQ:ホットリード機能の「開封・クリック」リストについて また「メール再送信」オプションで同じメールを未開封者に一度だけ再度配信することも可能です。 FAQ: 未開封のアドレス宛にメールを再度送信する方法     >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 顧客リスト 8月 21, 2019

配信先から特定のコンタクトリストを除くには?

配信先から特定のコンタクトリストまたはセグメントを除いてメールを送ることが可能です。メールを作成する際のチェックリスト項目「配信先」から操作できます。 活用方法の例は以下の通りです。 いつものメルマガリストから、「お得意様リスト」を除いたメンバーへ配信 「全社内向け」リストから、「営業部」を除いたメンバーへ配信(以下の手順に例として挙げています) 配信先リストのコンタクトが除外リストにも入っている場合は、そのコンタクトにメールは配信されません。   特定のコンタクトリストを除外するには以下の手順に従ってください: 1. Benchmark Emailアカウントにログインし「メール」をクリックします。 2. メールの新規作成または作成中のメールを選択します。 3. メール作成画面のチェックリスト「配信先」をクリックします。 4. 配信したいコンタクトリストまたはセグメントを左側の「顧客リスト」から追加します。(複数選択可) 5. 除外したいコンタクトリストまたはセグメントを右側の「除外」のドロップダウンメニューより選択します。 どのリストに除外したいコンタクトがあるか分からない場合は、リスト名の横に記載された数をクリックして頂くとコンタクトを確認することができます。 コンタクトリストは複数選択可能です。 6. 「保存」をクリックして完了です。   ご注意:こちらの機能は、配信済のメールにはご利用できません。 なお、リスト全体を除外したくない場合はセグメント機能をご利用ください。セグメントの作成については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:セグメント機能の使い方は? ご不明な点がございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

セグメント機能 顧客リスト 6月 22, 2021

配信停止の数を最小限に抑えるには?

購読者のメールマガジンやニュースレターに対しての関心度が変化し、興味を完全に失った結果、顧客リストのコンタクト数が減少する事は避けられない現実です。ここでは、購読者を退屈させないためにできる事をいくつかご紹介いたします。 長期的に購読してもらうには 適切なメール内容を送信する - 顧客リストからセグメントを作成し、特定の内容を適切な相手に送信するよう心がけましょう。例えば、男性に女性用化粧品の内容を送るなどは当然好ましくありません。 プロフィール(購読者情報)のアップデートを呼びかける - Bプロフィールのアップデートを進めることで、購読者が需要や関心の高い項目を選択することができます。 告知と実行 - どのくらいの頻度で配信が期待できるのかを登録フォームとWelcomeメールの両方にはっきりと記述しましょう。10日に1度以下のメール配信をお薦めします。 フィードバックのお願い - ニュースレターやメールマガジンの改善に役立てるため、購読者の意見を求めるアンケートを作成しましょう。 全てのメール配信を利用したキャンペーンにアンケートを追加 ソーシャルメディアシェアを利用してメールマガジンやニュースレターのフィードバックを依頼 話題のトピックに目を向ける - メールレポートを確認し、顧客の間で何が人気なのかを調査しましょう。 一番多くのクリックを獲得したリンク記事はどれか確認 メール開封率が一番高い件名の確認 さらなるヒント - 購読者の興味を引きつけておくために必要なステップが済んだら、下記の

顧客リスト 3月 11, 2021

1 2 3 4 5 6