サポートページ aero-right 顧客リスト

「登録情報更新」とは何ですか?

このFAQでは以下の内容について説明します。 「登録情報更新」とは 「登録情報更新」を非表示にする方法  表示される「リスト名」の変更方法 「登録情報更新」とは 購読者が自身で「購読するメールマガジン」や「姓名の変更」を行えるようにするための機能です。メールにデフォルトで挿入されるフッター情報のひとつであり、非表示設定が可能です。 購読者がクリックすると、以下の画面へ遷移します。 この画面には購読者が登録された履歴のあるリストが表示されます。購読者は以下の情報を自分で変更することができます。 登録リストの選択 姓名の変更 GDPRに基づく管理情報の編集リクエスト(EU圏内にお住いの購読者のみ)   「登録情報更新」を非表示にする方法 運用上この表示が不要な場合は、以下の手順でメールごとに非表示設定を行なってください。 フッターブロックをクリックします。 画面左に表示される編集オプションで「コンテンツ」を選択します。 「登録者情報更新リンク」のチェックを外します。   表示される「リスト名」の変更方法 0. リストを作成しておきます。 1. リスト一覧ページより、対象のリスト名をクリックしてください。 2. [ 編集 ] ボタンをクリックします。 3. [ 顧客リスト表示名 ] を編集してください。 4. 記入したリスト名が「登録情報更新」ページへ表示されます。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 12, 2019

エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は?

「レポート」から個人の保管記録としてエラーを起こしたメールアドレスの出力をしていただけます。 出力は下記の手順で行ってください: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードよりレポートを選択します。 デフォルトではメールレポートが表示されます。 確認したいメール名をクリックします。 画面左のレポート詳細を選択します。 「開封数」とあるドロップダウンメニューよりエラーを選択します。 「全てのエラー」とあるドロップダウンメニューより3つの出力可能なオプションから選択します。 オプションボタンよりダウンロードを選択します。 「データを出力する」ポップアップが表示されますので、出力したいまたは全てのフィールドを選択します。 CSVとしてダウンロード、またはExcelとしてダウンロードを選択します。 注意:1つのメールキャンペーンごとの出力のみ可能となっています。 1つのメールキャンペーンに幾つかのリストを選択した際、(そのキャンペーンに対しては)レポート出力中に一つ目のリストからマップフィールドが抽出されます。 その他、ご質問がございましたらお気軽にサポートチームにご連絡ください。   >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 11月 22, 2019

メールを開封した顧客をリストとして抽出することはできますか?

・メールを開封した顧客のメールアドレスを表示する方法 ・開封した顧客をリスト化する方法 ・開封していない顧客をリスト化する方法   メールを開封した顧客のメールアドレスを表示する方法 メールを開封した顧客のメールアドレスはレポートにて確認可能です。 メールを開封した顧客のメールアドレスの表示方法: 「メールレポート」ページへ移動します。 確認したい配信メール名をクリックします。 「開封数」をクリックします。 レポート結果が表示されます。メールアドレス一覧を出力するには「・・・」ボタンをクリックし「ダウンロード」を選択してください。 *リストに保存をクリックすると、表示されているアドレスでリストを作成できます。 *「開封数」の部分を変更することで「クリック」「未開封」「エラー」「転送」などに該当するアドレスも確認できます。同様に一覧ダウンロードが可能です。   そのほかのレポート機能については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:レポート機能とは何ですか?   開封した顧客をリスト化する方法 1. 前回のメールのレポートを開き、開封数の数字をクリックします。 2. メールを開封したコンタクト詳細情報が表示されます。 ページ右側の「・・・」をクリックし、「リストに保存」を選択します。 3. リストとして保存されます。リスト名は「Open Report: ~(前回のメール名)」と表記されます。 このリストに対しメール配信を行ってください。 また、複数のメールの開封、クリックなどを基にリストを作成できるエンゲージメント機能も御座います。 詳細は以下をご参照ください。 FAQ::エンゲージメント機能の開封・クリックリストとはなんですか FAQ: リンク別クリックとはなんですか?   開封していない顧客をリスト化する方法 メールの再配信を検討している場合は、迷惑メールと認識されてしまう可能性が高いので推奨致しかねます。 「レポート」タブをクリックし、該当のメールを選択します。 レポートページ下段の「未開封」のボタンをクリックします。 「リストに保存」ボタンをクリックします。 リスト数が多い場合、未開封リストの作成には多少お時間を要する場合がございますのでご了承ください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 顧客リスト 3月 15, 2019

ホットリード機能の使い方は?

ホットリード機能を利用することで、開封・未開封やクリックなどのエンゲージメントレベルによってリストを抽出できます。 注:この機能はトライアルアカウントではご利用頂けません。ご利用をご希望の場合はこちらより有料アカウントへアップグレードをお願いします。 ホットリード機能の使用方法: Benchmarkアカウントへログイン ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリック 「新規リストの作成」ボタンをクリック ホットリード機能を選択し「次へ」をクリック 開封・未開封、あるいは特定のURLクリックをもとにリストを抽出するかを選択 開封及びクリックで抽出: 「次へ」をクリック 抽出元となるメール名を選択し「次へ」をクリック エンゲージメント、メールの条件とエンゲージメント種類を選択 抽出コンタクトの保存先リストを作成し「保存」をクリック 特定URLクリックで抽出: 「次へ」をクリック リスト抽出の基準となるURLを選択し、「次へ」をクリック エンゲージメント条件を選択 抽出コンタクトの保存先リストを作成し「保存」をクリック 抽出リストのエンゲージメントに応じてそれぞれターゲットするコンテンツの配信やアプローチが可能となります! 注:リストサイズによって抽出完了までにかかる時間が異なります。 ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。

メール配信 顧客リスト 11月 22, 2019

メールを未開封の顧客を確認し、リストとして出力することはできますか?

2016年3月30日より、Benchmark Emailではメール未開封のコンタクトをリストとして保存する機能を廃止致しました。スパム行為による迷惑メール報告を防止し、Benchmark Email送信サーバーの評価を高く保つためです。同じ件名のメールが届くと不審に思う人もいるため、迷惑メールと疑われる可能性が高くになります。しかし未開封コンタクトへの再アプローチは重要なため、未開封のコンタクトのみにメールを送信したいのであれば未開封者の一覧をエクセルファイルに出力し、新規リストとしてアップロードして下さい。 未開封者や、エンゲージメントレベルの低いコンタクトへの再配信を行う別の方法として、ホットリード機能があります。ホットリード機能では複数のメールキャンペーンからコンタクトのエンゲージメントの度合いを算出しリストとして抽出するツールです。この機能により抽出したリストへメールの配信を行うことが出来ます。 FAQ:ホットリード機能の「開封・クリック」リストについて また「メール再送信」オプションで同じメールを未開封者に一度だけ再度配信することも可能です。 FAQ: 未開封のアドレス宛にメールを再度送信する方法     >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 顧客リスト 8月 21, 2019

メール配信の際、特定のコンタクトリストを除くには?

配信先リストから、特定のリストに登録されたコンタクトだけを除いてメールを送ることが可能です。 たとえば、以下のような場合に活用できます。 ・いつものメルマガリストから、「お得意様リスト」を除いたメンバーへ配信したい ・「全社内向け」リストから、「営業部」を除いたメンバーへ配信したい 手順は、以下の通りです。  アカウントにログインし「メール」をクリックします。  メール作成画面の「配信先」をクリックします。  配信したいリストを左側の「顧客リスト」から追加します。  配信先から除外したいリストを右側の「除外」のタブより選択します。 画像の例では、「社内メンバー」の3コンタクトはすべて「全体配信リスト」にも登録されています。このメールの配信先は下記の通りになります。 (①「Own address ver2019」の6人)−(②「own benchmark add」の1人)=5人   「保存」をクリックします。 この機能を使えば、リストの「セグメントリスト以外のメンバー」へ送信することも可能です。   セグメントの作成については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:セグメントの作成方法は? ご不明な点がございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

セグメント機能 顧客リスト 1月 20, 2020

1 3 4 5 6 7