サポートページ aero-right EMA

Jump Toノードの使い方は?

ump To機能は、EMAを普段から使って頂いている方から生まれた機能です。今まで一度シナリオを作成した際、繰り返してメールを送りたい時に同じノードやメールを選択して作成する事に手間をかけていましたが、その代わりとなるJump To機能が今回リリースされました。 このノードは名前の通り、シナリオ上の購読者を同じシナリオ上の別のノードの部分へとジャンプさせる事が可能となります。 Jump To機能を使うことによって、購読者をシナリオの最初のトリガーやアクション部分へと誘導する事を始めとする、シナリオ上にいる購読者を別のアクションへとジャンプさせる事が可能となります。 Jump To機能を使い方:  シナリオ上おいて、ジャンプ元のトリガーと設定したいノードの新規追加のプラスアイコンを押す  「アクション」を選択し、「Jump To」ノードをクリック  シナリオ上に表示されたJump Toノードを自由にドラッグした上でノードを置きたい場所に設置   Jump Toノードの矢印を、トリガーと設定したいノードへドラッグした上で接続 Jump Toノードを追加した後も、シナリオはアクションや条件を追加の上で作成する事が可能です。勿論、Jump Toノードを追加設定しただけの状態での稼働も可能です。 注意  Jump Toノードはシナリオを開始する際のトリガーには選択することが出来ません。  購読者はJump Toノードによって最大27回のシナリオ上のアクションを繰り返しますが、27回目以降は繰り返されることはありません。  Jump Toノードを用いて購読者にメールを送信するアクションへと導く際には、1日に送れるメール数は最大3通であること、また1度稼働させたシナリオにおいては最大9回まで繰り返す事が可能です。  Jump Toノードに表示される数字は購読者が何回ノードを繰り返したか、という回数を示しています。数字をクリックしてレポートを見ることも可能です。 メールレポート 1つ1つのメールそれぞれが考え込まれた上で作成された唯一のメールです。 そのため、もし購読者がメール送信のノードへとジャンプし2回目のメール配信の後、そのメールが開封された場合には、メールレポートには開封数1と未開封1とレポートには表示されます。 詳しくは下記のEMAのレポートについてのFAQをご参照下さい。 FAQ:EMAツールのレポートにアクセスするには?  ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 10月 17, 2019

稼働中のEMAのメールを更新または変更することはできますか?

可能です。稼働中のどのEMAのメールも更新または変更することができます。リンクの貼り忘れ時や余計なものを追加してしまった場合など、メールを更新もしくは簡単に新しいメールを作成することができます。 メールを更新または変更するには、以下のステップに従ってください。 メールが保存されているEMAにアクセスします。 編集したいメールノードを選択します。 「+ New Email」ボタンをクリックします。メールの新規作成または以前のメールの「再利用」を選択して、新しいバージョンを作成することができます。 再利用 - メールを新規作成するのではなく、既存のメールをコピーしてコンテンツを編集することが可能です。 新規作成 - テキストや画像、リンクなど新規コンテンツを追加して、デザインを変更する必要があります。 メールを稼働するには、「このメールを稼働する」をクリックします。 下書きを稼働することで、メールがEMA内で稼働し、以前のメールはメールレポートにアーカイブされます。 レポート:メールレポートはメールの送信ノードを使用して稼働されたすべてのメールに反映されます。バージョンドロップダウンから以前のメールを閲覧することができます。レポートは各メールごとに別々に保存されます。 ワークフローに特定のメールを開封済みまたは未開封のコンタクトをターゲットとした条件が含まれる場合、その条件は自動的に最新の稼働中のメールに更新されます。 メールの特定のリンクをターゲットとした条件が含まれるワークフローで、メールを新規作成する場合、EMAワークフローはそのまま稼働し続けます。新規作成するメールには同じメールリンクを使用する必要があります。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。 >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 9月 25, 2019

EMAツールとオートメーションの違いはなんですか?

Benchmarkではエンゲージメント向上に役立つオートメーションツールとしてEMA、オートメーションを提供しています。これらは双方ともオートメーションの設定ができますが異なるツールとなっております。それぞれの特徴を知っておくことで正しく活用いただけます。 EMAツール EMAツールはトリガーを元に購読者を特定のリストに追加したり、削除することが可能です。リストへの追加・削除はステップメールでは不可となります。 EMAのシナリオ作成画面である「キャンバス」では様々なトリガー・ノードの設定が可能です。シナリオが完成し稼働させることであとは自動でメール配信を行うことができます。シナリオ作成に利用可能な項目は以下をご参照ください。 トリガー:どのコンタクトに配信をするかを設定します。トリガーの種類は以下になります。 コンタクトリストへの追加 セグメントリストへの追加 Webサイトへの訪問 日時 アクション:トリガーによって抽出された配信先に対してどのようなアクションを行うかを設定します。 待ち時間の追加 メールを送信する リストに追加 リストから削除 条件:購読者側の特定の条件をもとに次のステップの絞り込みを設定します。 複数の条件を設定 リストで絞り込み セグメントリストで絞り込み セグメントリストで除外設定 トラッキングコード設置ページへのアクセス メールへのアクション EMAのキャンバス上で上記の条件やアクション項目を組み合わせることでシナリオを作成します。またシナリオのテンプレートもご用意していますので、予め決まった条件下でリストや配信メールのカスタマイズをすることも可能です。テンプレートを利用することで時短につながります。効果測定はキャンバス画面からアクセス頂けます。 オートメーション オートメーションはあらかじめ作成したメールを自動配信するツールで、複数のメールを自動配信することが可能です。オートメーションの特徴は以下をご覧ください。 1. オートメーションには2つの種類があります。 ステップメール:コンタクトが配信先リストに登録された日を基準に配信を行います。誕生日やアニバーサリーメール、更新リマインダーなどにご活用ください。 アクションメール:メールの開封(あるいは未開封)・クリックをしたコンタクトだけをターゲットできる機能です。有料プランのみでのご提供となります。 オートメーションレポートはレポート項目よりご確認頂けます。 ステップメールではコンタクトがリストに追加された日を基準に配信設定をします。どのメールが何日後に配信されるのか、計画的なコンテンツの提供を心がけましょう。 例えば最初のメールを「登録直後」と設定した場合、リストへ登録した当日に配信が行われます。これはウェルカムメールやサンキューメールに最適なご利用法です。「5日後」と設定した場合は登録日から5日後に配信されます。 注意: ・ステップメールは稼働させてからコンタクトの追加を行ってください。またコンタクトの登録時間と配信設定日時によっては配信日が1日ズレる場合があります。 ・無料トライアル中のユーザーへのステップメールサポートは行なっておりませんのでご了承ください。 ご不明な点がございましたら、メールまたはLiveChatにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。

EMA オートメーション 3月 5, 2019

Facebookオーディエンスを追加する方法

FacebookビジネスページとBenchmarkアカウントとの連携で顧客リストへのコンタクトの追加・削除がカスタムオーディエンスにも反映されるようになります。この機能はEMAツールに備わっておりターゲットの管理が簡単に行えます。FacebookオーディエンスはFacebook上で特定の人、あるいは興味の対象へカスタム広告の表示ができる機能です。Facebookオーディエンスについての詳細はこちら(英字サイト)をご参照ください。 EMAツールでFacebookオーディエンスを利用するのに必要なもの Facebookビジネスアカウント カスタムFacebookオーディエンス Benchmark Email有料アカウント(EMAは有料アカウントのみでご利用いただけます) Facebookビジネスページとの連携手段 EMAツールでのオートメーション 連携ページからの連携 EMAツールからの連携方法 ダッシュボードメニューより「オートメーション」をクリックし、「EMA(β版)」を選択 「新規シナリオ作成」をクリックし、シナリオ名を入力して「保存」をクリック 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 トリガーを設定するウィンドウで「コンタクトリスト」オプションを選択 リストを選択し「保存」をクリック 「シナリオを作成する」ボックスをクリック メニューから「アクション」を選択し「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 Facebookビジネスアカウントへ接続 Facebookページでの手順に従い設定 Facebookビジネスページへの接続が完了したらEMAシナリオ作成ページへ自動的に遷移します。シナリオページでは異なる種類のFacebookカスタムオーディエンスが確認できます。 追加/削除セクションにて、「オーディエンスにコンタクトを追加」あるいは「オーディエンスからコンタクトを削除」を選択 最後に、EMAでのアクションを元に更新を行うオーディエンスを選択 連携ページからの連携方法 Benchmarkアカウントからマイアカウントをクリックし「API/連携」を選択 スクロールダウンし「Facebook Business」を接続 画面表示に従って接続を完了 接続が完了したら連携ページで連携アカウント名が表示されます。これでEMAでFacebookオーディエンス機能が利用できます。 Facebook Businessページの連携切断方法 Facebookオーディエンス設定をしているシナリオが稼働しているとFacebook Businessの連携解除はできませんのでご注意ください。稼働中のシナリオがある場合、停止後に作業を行う必要があります。 切断方法は以下をご参照ください。 EMAツールからの切断 稼働中のシナリオを開き「停止」ボタンをクリック 確認のポップアップにて「はい、シナリオを停止します」をクリック 作成画面を閉じ、新規シナリオあるいは下書き保存中のシナリオ内で「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 「切断」を選択 これでFacebook Businessプラグインの接続解除が完了です。 連携ページからの解除方法 切断作業をする前に、Facebookオーディエンス設定があるシナリオが停止しているか確認してください。 画面右上のアカウント名をクリックし、「API/連携」をクリック Facebook Businessプラグインのオプションメニューをクリック 「切断」をクリック 連携ページは自動的に更新され、Facebook Businessの連携解除をご確認いただけます。 注意点: Facebookオーディエンスへの反映には最大24時間かかります。 下書き保存シナリオ:FBでのアクション設定を行なっている保存中のシナリオでは、連携を解除すると該当のノードでエラー表示が出るようになります。 稼働中シナリオ:稼働中のシナリオがある場合、連携解除を行おうとすると以下のシステムメッセージが表示され切断はできません。 Facebookオーディエンスリストからの削除:Facebook Businessページからオーディエンスの削除を行うと、Facebookのアクション設定でエラーが表示されます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 連携機能 4月 2, 2019

登録フォームでウェブサイトトラッキングする方法は?

ウェブサイトトラッキング機能は登録フォームに埋め込まれており、登録フォームから登録したサイト訪問者をトラッキングできるようになります。Benchmarkの登録フォームにはトラッキングを可能とするコードがHTMLコード内に挿入してあります。ウェブサイトに登録フォームを設置するだけで、EMAでのトラッキングが可能になります。   既にBenchmark登録フォームをサイト上でご利用頂いており、トラッキング機能を利用されたい場合、すぐにご利用開始いただけます。しかし以前登録フォームにHtmlコードを使用している際は、コードを書き換える必要があります。Javaスクリプトを使用している場合はトラッキング機能が既に組み込まれているので書き換えの必要はありません。   登録フォームトラッキング機能を利用出来るのは? ウェブサイトトラッキングは有料プランでのみご利用いただけます。   登録フォームトラッキング機能の利用方法 ウェブサイトに登録フォームのコードとオリジナルトラッキングコードをコピーして貼り付けるだけです。トラッキングコードをサイトに追加する方法を確認するには、こちらをクリックしてください。   ステップ1―登録フォームコードの取得   メニューから「コンタクトリスト」をクリックします。 左のメニューから「登録フォーム」を選択します。トラッキング機能を開始するフォームを選択(なければ新規作成)します。 登録フォームの作成を確認するにはこちらをクリックしてください。 登録フォーム編集ページが開いたら、出力ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウにて許可をクリックします。 トラッキング付きJavaScriptあるいはトラッキング付きRaw HTMLを選択しコードをコピーします。 任意のWebページにコードを貼り付けて完了です。   登録フォームはホームページへの設置を推奨します。   サイトのコード編集権限がない場合、コードを追加するのにウェブマスター(ホームページ管理者)かサービスプロバイダーに連絡をする必要があります。   これで、登録フォームに登録をしたサイト訪問者はEMAでトラッキングされます。 重要:   トラッキング付きコードを選択した場合、オリジナルのトラッキングコードを追加する必要はありません。   ただしその他のページでアクティブティをトラッキングした場合、オリジナルのトラッキングコードを追加するか、別途トラッキング付きの登録フォームを設置してください。   トラッキングコードは <head> タグの間に配置する必要があります。     GDPRに遵守した登録フォームの作成をする場合はこちらの記事をご参考ください。 その他、ご質問がありましたら、お気軽にサポートチームにお問い合わせください。

EMA 連携機能 11月 30, 2018

EMAのシナリオにおいて新規購読者への配信を停止するには?

EMAでは新規登録された購読者への配信をブロックするよう設定が可能です。このオプションは稼働中のEMAにて表示されます。 このトリガーのブロックは、コンタクトリスト、セグメントリスト、リンククリックのノードでのみ設定が可能となっています。 また次の設定を使用する場合のみ利用が可能です: 全ての購読者 新規購読者 トリガーのブロックを行うと、配信中のEMAキャンペーンの購読者は通常どおりオートメーションを継続するため、既存のコンタクトは影響を受けることはありません。 そのためトリガーブロックのオプションは既存のコンタクトの設定では使用できません。 ブロックトリガーを有効にするには、以下の手順に従ってください: 1. ブロックしたい稼働中オートメーションを選択します。 2. ブロックしたいトリガーのノードをクリックします。 3. ノードをクリックすると、ポップアップが表示されます。トリガーをブロックのブロックボタンをクリックします。 4. 最後に保存をクリックします。これで新規登録のコンタクトに対してメールが配信されることはありません。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 8月 29, 2019

BenchmarkアカウントとPieSyncを接続させるには?

PieSyncと連携する事で、Benchmarkと連携不可なサービスもご利用可能です。PieSynceが提供している2-way同期も活用できます。 PieSyncとの連携を利用すれば、外部サービスからBenchmarkアカウントに連絡先を追加をするだけでなく、Bechmarkのリストに変更があった際は外部サービスアカウントも更新することができます。連絡先を手動でインポートする時代はもう過去の事です。全て私たちの連携機能にお任せください。 連携を利用できるのは? Benchmark無料トライアル、有料プランユーザー様共にPieSync連携をご利用頂けます。 利用規約 新規登録をして連携サービスを利用する際、PieSyncは外部サービスとなるので別途PieSyncの利用規約に同意する必要があります。PieSyncの既存アカウントにログインするか新しいアカウントを作成してください。 初期設定 PieSyncアカウントを作成頂くと自動的に14日間無料トライアルプランが適用されます。トライアル期間中、無数の接続(2-way同期)を作成でき連絡先を制限なく同期できます。トライアルプランが終了するとフォーエバープランか有料プランにアップグレードするまで連携(2-way同期)は停止します。フォーエバープランだと月に2000件の連絡先を無料で同期する事ができます(通常19ドル)。このプランはBenchmarkのインターフェースを利用してPieSyncに申込をしたBenchmarkユーザー向けに提供されています。 コンタクトを2000件以上保有している場合、PieSyncアカウントを適切なプランにアップグレードしてください。コンタスト数がプラン制限を超えた場合、次回請求で自動的にプランがアップグレードされる仕組みとなっています。 PieSyncアカウントはいつでもご解約可能です。 BenchmarkとPieSyncの連携方法は? PieSync連携を利用するにはBenchmarkアカウントにログインする必要があります。連携を利用するには2通りのアクセス方法があります。サービス連携ページか「新規リスト作成」を選択頂き各種サービス連携から選択してください。 サービス連携ページからの連携方法 右上の名前をクリックし、API/連携を選択します。 サービス連携パートナーを選択します。 「稼働する」をクリックします。 Benchmarkアカウントに関連したメールアドレスに基づいたポップアップが表示されます。同じメールアドレスでPieSyncアカウントに登録があるか、確認します。 PieSyncアカウントが未登録の場合ポップアップと共に利用規約が表示されます。続けるには「I Accept」を選択します。 PieSyncアカウントに登録があれば、アカウントを新規作成するポップアップが表示されます。 メールアドレスを入力して「Next」をクリックしてください。 入力したメールアドレスに認証コードが届きますので、コードを入力します。 「Next」をクリックします。 これで新しい接続を作成できます。 「Add Connection」をクリックします。 Benchmarkと同期するアプリを選択します。 接続を作成していなければ、アプリを認証する必要があります。ポップアップが表示されるのでステップに従ってください。Microsoft Exchangeなど幾つかのアプリは「AUTHORIZE」を選択後に新たなポップアップが表示される事もございます。 連絡先のタイプを選択します。接続したアプリが異なる連絡先の種類を持っている際のみ表示されます。 接続を設定します。1-way同期か2-way同期、接続ルール、連絡先リストのマップフィールドを設定します。ルールはいつでも変更できます。 「Start Syncing」を選択して同期を始めます。 接続が完了しました!Benchmarkアカウントに戻りメールを作成しましょう。 連絡先を同期するにはどのくらい時間がかかりますか? 初めの同期は5分から15分程かかりますが、その後は数秒程で瞬時に行われます。 接続は削除できますか? 削除は可能ですが、元に戻すことが出来ないので前に同期された連絡先は影響を受けません。 Benchmarkアカウントで確認できる項目 ・接続詳細 ・接続ステータス アカウントステータス一覧 「画像」 ・Incomplete-接続が完全に設定されておりません。 ・Paused-接続は現在同期されておりません。 ・Active-接続は現在有効で連絡先を同期しております。 ・Suspended-接続が停止されており、操作を行う事ができません。アカウントが有効期限切れになるとこの状態になり、PieSyncが行動を取るまで接続は停止されます。 ・Connection Error-接続先アカウントの一つにアクセスする事ができません。改善するにはポップアップを開いて指示に従ってください。 現在PieSync連携を利用しているのであれば、切替をせずそのままご利用ください。 PieSyncで可能なBenchmark連携 現在、Piesyncでも確認できる連携先をBenchmarkで提供しています。Benchmarkのみだと1-way同期のみの提供となるところ、BenchmarkとPiesyncを利用すれば継続的且つ2-way同期を活用できます。下記がPirsyncでも利用可能な弊社が提供している連携先です。 「画像」 トラブルシューティング ・メールアドレスつきの連絡先のみ同期されます。 ・データ同期が正常に行われない原因となるため、2つの同期サービスを同時に使用しないでください。 PieSyncの使い方についてより詳しく確認するには下記のリンクをクリックしてください PieSync Dashboard PieSync Connections Why are fields mapped one-way only?

EMA 連携機能 3月 12, 2019

How do I integrate Acuity Scheduling with Benchmark?

With our Acuity Scheduling integration, you can automatically add contacts to a Benchmark list. Create and automate customer journeys from the moment an appointment is made and a contact is added to your list. Please follow the steps below to integrate: Log in to your Benchmark account.
 Click on your username and select Integrations. Scroll to the bottom of the page and click Get Started.
 Go to the Acuity Scheduling integration option.
 Note: You must have an Acuity Scheduling account with a Powerhouse Player plan to be able to set up this integration. Log in to your Acuity Scheduling account on their website. Go to the Business Settings in the left-hand menu and select Integrations. Scroll down to the API tab, under the API option click View Credentials. 
 A pop-up will appear on the top right-hand side of the page. Copy & paste the User ID into the Username section in your Benchmark account and the API Key into the Password section where prompted. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts and click Save & Next.
 Map Acuity Scheduling fields according to the data fields in your Benchmark list. Click Save & Next.
 The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.    

EMA 連携機能 8月 7, 2019

How Do I Import My List from Highrise CRM?

Highrise is a customer management online service for business of all types. Highrise helps you connect with your customers and build better engagement. With this integration, you can add contacts from your Highrise CRM account into a new or existing Benchmark list. To integrate, follow these steps: Log in to your Benchmark account. Click on Contacts, from the Dashboard menu. Select Create New List. Choose the Regular List option and click Next. Select Import From A Service option, then click Next. On the Third-Party Integration page, scroll to the bottom and select the Highrise integration option. You will access the Connect to Highrise page. Leave this page open, you will need it to input your Subdomain and Highrise Api Key. Log in to your Highrise account. Let’s locate your Subdomain. Your Subdomain is what shows before the ".highrisehq.com" when accessing your account from the web. For example, this account: https://demo.highrisehq.com The Subdomain is demo. Copy your Subdomain and paste it on your Benchmark account on the Connect to Highrise page. On your Highrise account, click on Account and Settings from the bar menu at the top-right of the Home page. Select My Info. On the menu bar, select the Integrations tab. Below Authentication token, you will find your Highrise API Key. Copy the API Key. Copy your Highrise API Key and paste it on your Benchmark account on the Connect to Highrise page. Click Save & Next. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts and click Save & Next. Map Highrise fields according to the data fields in your Benchmark list. Click on Go to My Lists to view your list or Import Another to import another list. You’ve successfully integrated Benchmark with Highrise! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

EMA 連携機能 顧客リスト 8月 7, 2019

1 2 3