何かお困りですか?よくある質問とその回答をまとめました。

サポートページ aero-right 効果測定機能&到達率 aero-right 有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか?

有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか?

効果測定機能&到達率 更新日 9月 22, 2011

迷惑メールフィルターによってブロックされると、メールがハードエラーを起こしたと認識されることがあります。このフィルターは会社のファイアウォール、ネットプロバイダのデータセンター、または購読者個人のパソコンに設置されています。

このようなケースでは、一度メールアドレスをリストから削除し再び追加することで「ハードエラー」を起こした記録は残りません。しかし万が一2度続けてハードエラーを起こした場合は、「エラー確定」として認識されこれ以上の使用はできません。

配信メールのコンテンツをチェックしよう

迷惑メールと間違われる様な要素はないですか?スパムとしてブロックされるのを防ぐためにできることがあります。メールの配信前には必ずスパムチェッカーを活用しましょう。到達率の向上に役立ちます。

「迷惑メール」フォルダに入ってしまいましたか?

スパムフィルターによってブロックされると、多くの場合メールは迷惑メールフォルダに振り分けられてしまいます。これが起こった回数が多いほど、メールがブロックされる可能性が高くなります。このような状況を避けるには、購読者の「安全」メールリストに追加してもらうようお願いしましょう。そうすることによってフィルターにブロックされることなく、エラーの割合も減少します。

メジャーなネットプロバイダによってブロックされている場合

メジャーなネットプロバイダ(AOLや MSN/Hotmail、 Yahoo!等)によってメールをブロックされるのはそう珍しいことではありません。このようなプロバイダは一時的にメールをブロックし、1、2日以内にサーバーをブラックリストから削除します。Benchmarkはメジャーなプロバイダからの情報網を数多く持っているため、このような事態が発生した場合はメールがきちんと受信箱に届くまで異なるルートでメールを再送信します。また問題があったユーザーを調査し、問題が大き過ぎたり弊社の規定に背いていると判断された場合には使用をお断りします。

SMTPヘッダーでプロバイダがBenchmarkをブロックしていることが判明したら、早急に弊社へお知らせいただくと助かります。プロバイダと直接やり取りをすることで効果的な問題解決へと繋がります。

SPFレコードの作成と設定をしよう Sender Policy Framework(SPF)記録はEmailからメールを送信する際に、表示される送信元が正確であることをISPに提示する記録をお客様に代わって作成しています。簡単に言えばサーバーの身分証明書のようなものです。受信サーバーが送信元の情報に偽りのない事を確認し、なりすましメールを受信してしまわないようにするためのセキュリティです。こちらを作成及び設定することで、メールの到達率が向上する場合がございます。

メールのエラーや到達率にお悩みの場合はドメイン管理者と相談し、Benchmark EmailのSPFレコードを追加してもらうようにしましょう。

メール送信者が行うべきSPF情報をサーバーに書き込む方法: 以下のSPFレコードを送信サーバーにて設定してください。

"v=spf1 a mx include:bmsend.com ~all"

注)SPFレコードの設定はドメイン管理者が行う作業です。

また、SPFについてはじめて触れる方はこちらのブログ記事を是非ご参照ください。

エラー管理についてのより詳しい情報はここをクリック。

 

問題は解決しましたか?
0 2

Benchmarkから業界トレンド&最新情報をお届けします

ご登録頂きありがとうございます!

登録を完了させるには、認証メールのご確認をお願いします。

質問の回答が見つかりませんか?

サポートへお問い合わせ'

お問い合わせ履歴を閲覧する