サポートページ aero-right アップロード

リスト照合サービスって何ですか?

エラー配信となる無効なアドレスをメール配信前に検出することができるサービスです。 ※こちらのサービスはBenchmark Emailとは異なる外部サービスとの連携でのご提供となります。 こちらのページではサービスの価格・お申し込み方法についてご案内をいたします。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー リスト照合が必要な理由 昨今、Google、Microsoft(hotmailなど含む)、Yahooや携帯アドレスなどドメインを管理する会社では、セキュリティを強化しており、一定以上の無効アドレスが送信対象に含まれていると、送信自体をブロックするなどの対策をしています。 そのため、高い到達率を実現させるためにエラーアドレスへの配信を減らすことが求められています。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ご利用条件・費用 こちらはBenchmark Emailをご利用のお客様に提供する有料サービスとなります。 リスト照合にかかる費用は下記の通りとなります。 有料アカウントユーザーの場合: 1,000件の連絡先につき500円 (例:1〜1000件は500円、1001件〜2000件は1000円) 無料アカウントユーザーの場合: 1〜4000件まで一律2000円 そのあとは1000件ごとに500円追加 *照合が必要なリストが複数ある場合、 料金はリストごとの計算となりますのでご注意ください。(例:リストA(400件)+リストB(300件)=500円+500円=1000円) *クレジットカードへの請求とさせて頂きますので、アカウントにカード情報をご入力ください。クレジットカードの登録方法につきましては、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:クレジットカードの登録方法と注意点 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー お申し込みとご利用の流れ 1. お申し込み(メール) 照合依頼の旨を、こちらよりサポート宛にお送りください。お手数ではございますが、以下の情報と質問項目へのご回答をお書き添え願います。 お問い合わせの際は、必ずご登録のメールアドレスよりご連絡をお願い致します。*ログインIDと異なる場合がございますのでご注意ください。 ・アカウントID ・照合が必要なリスト名  *リストファイルの添付は不要です。 質問項目(必須) 1) どこから取得したリストですか(例:展示会の参加者より取得) 2) リストを収集したのは何年前ですか(例:2年ほど前) 3) そのリストをいつ使用しましたか(例:2019年頃、初めての利用) 4) リストは無作為に収集、または購入をしたものですか 5) リスト照合の目的を教えて下さい (エラーが多い、リストが否認された、リストの品質に疑問があるなど) 2.照合手続き(自動) 弊社サポートよりお手続きさせて頂きます。 システム上でアップロード情報を特定し、リスト照合を行います。 3.照合結果の反映(自動) 有効なメールアドレスのコンタクトのみを抽出し、新規リストとしてアカウントへアップロード致します。 4.完了 アップロード確認後、サポート担当よりご連絡致します。 *リストファイルの添付はございません。 *リスト照合完了までには最大で1営業日お時間を頂きます。 *アップロード時に有効メールアドレス分の空きがあるかを、あらかじめご確認願います。空きがない場合、アップロードのため不要なコンタクトの削除あるいはアップグレードをお願いすることがございます。 *リスト照合はメールアドレスの照合のみを行うサービスです。 照合後にアップロードする情報は、メールアドレスのみとなります。 フィールド項目データのご登録は以下の手順でご対応ください。 アップロード済みの照会後リストをエクセルで出力  オリジナルのファイルと突き合わせ  出力したリストへ必要な属性データを入力  新規リストとしてアップロード なお、上記が簡単に可能なファイル突き合わせ用シートもございますので、ぜひご活用ください。*こちらのシートは閲覧用となっておりますので、コピーしてご利用下さい。 シートでは、リスト照合後にアップロードされたコンタクトのメールアドレス以外のフィールド項目および、無効なメールアドレスの抽出が可能です。 ご不明な点がございましたら、こちらまでご連絡ください。 >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 10, 2022

顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は?

手順 以下のスライド資料(PDF)でご確認ください。 顧客リストインポート 注意点 顧客メールアドレスを一括登録するには、.xls、.xlsx形式ファイルでインポートを行なってください。 CSV形式のファイルは、日本語情報が文字化けします。 ファイルサイズによってアップロード完了まで5〜45分のお時間を頂きます。完了後お知らせのメールが届きますのでご確認ください。 「姓」「名」「ミドルネーム」に登録した文字列は、購読者の環境によっては受信画面の「To」欄に表示されることがあります。好ましくない場合は「その他1」など他のフィールド項目を使用してください。 設定したリスト名は、購読者が「登録情報更新」ページにて情報を更新する際に表示されます。購読者に表示されるリスト名を変更したい場合は、以下のFAQ内の『表示される「リスト名」の変更方法』をご参照ください。 FAQ:「登録情報更新」とは何ですか? インポートにて問題がありましたら、以下のFAQをご確認ください。 FAQ:リストアップロードにおけるトラブルシューティング ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡くださいませ。 >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 初めての方はこちら 7月 10, 2022

画像をメールに掲載する方法

Benchmark Email の画像ギャラリーにアップロードした画像、あるいはウェブサーバーへ保存されている画像が利用可能です。   Benchmark Email の画像ギャラリーへアップロードした画像を利用する  左のブロックから「画像ブロック」を選択し、エディタ上で好きな位置までドラッグします。  ブロック上に画像を直接ドラッグ&ドロップするか、画像をアップロードをクリックして「画像ギャラリー」から選択します。  「保存&閉じる」をクリックします。 画像の差し替え、編集、リンク設定は、画像をクリックすると画面左に表示される編集オプションから行なってください。背景色やボーダー、空白枠などその他の設定も可能です。 画像を設置したら代替テキストの設定を行なってください。受信先で画像が表示できない、あるいは画像非表示設定をしている場合に画像の代わりに表示されるテキストです。 対応可能なファイル形式については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:画像ギャラリーの利用と画像のアップロード方法について 外部ウェブサイトからの画像を利用する  左のブロックから「画像ブロック」を選択し、エディタ上で好きな位置までドラッグします。  「画像をアップロード」をクリックして「画像ギャラリー」へ移動します。  「画像URL」ボックスに画像URLを入力し「挿入」ボタンをクリックします。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

画像ギャラリー 7月 22, 2022

Benchmark Emailにアップロードできるリストファイルの種類は?

Benchmark Emailのシステムへ顧客リストをアップロードまたは送信する場合は、以下のファイルであることを確認してください。 CSVファイル(.CSV) テキストファイル(.TXT) エクセルファイル(.XLS, .XLSX)*1つ目のシートのみ 弊社システムでサポートされているファイル形式は以上となります。 .CSVファイルを作成するには、ご使用になりたいスプレッドシートを保存し、.CSV形式を選択してください。Microsoft ExcelやGoogle Sheets、Apple Numbersでご利用いただけます。 ファイルの1行目には項目名を入力し、実際の顧客情報は2行目以降に入力してください。 例えば、3つの項目(姓、名、メールアドレス)と2人の顧客情報を.CSV形式で入力する場合:   姓, 名, メール 山田, 太郎, yamadataro@sample.com 田中, 花子, tanakahanako@sample.com これでこのファイルをBenchmark Emailアカウントにインポートすることが可能です。コンタクトリストのアップロード方法につきましては、こちらをクリックしてください。 またリストのアップロードがうまくいかない場合は、こちらをご参照ください。 ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでメールまたはお電話にてお問い合わせください。

インポート / 出力 顧客リスト 3月 15, 2019

メールのセクション機能と各ブロックの説明

メール編集中に新しいセクションの追加やブロックの位置を変更することが可能です。セクション機能を使って新しいカラムを追加したり、ブロックを使用して画像、テキスト、またはボタンなどのコンテンツを挿入することができます。ドラッグ&ドロップエディタで簡単に素早くメールを編集し、購読者にとって魅力的なデザインに仕上げましょう! 目次: セクション  NEW 全体のスタイル ブロック セクション機能を活用したメルマガデザイン例 NEW 用語集(ブロックの設定タブについて) トラブルシューティング メール全体、セクションごと、ブロックごとに背景色を変えることはできますか? ブロックごとに背景画像を設定できますか? 複数のカラムを横並びに挿入した時にカラムに出来てしまう空白を埋めるには? セクション セクションは編集画面でメールを構成するのに使用します。コンテンツを分けたり、コンテンツブロックの箱として機能します。メールを編集しながら新しいセクションの追加や削除、または移動などが可能です。セクション毎に編集ができます。 セクションのご利用方法:上記画像の番号順にご説明します。 ① +プラスアイコン:5種類の異なったセクションが表示されますので、任意のセクションを選択します。メールに挿入するセクションの数に制限はありません。利用可能なセクションは以下の通りです。 1カラム 2カラム 3カラム 左サイドバー2コラム 右サイドバー2コラム ② 鉛筆アイコン:画面左にセクション設定が表示されます。全体またはカラム毎に背景色やボーダー(枠線)を選択することができます。 ブロックの外側をクリックすると、画面左にセクション設定を表示することができます。 各コンテンツブロックの編集はブロック設定で行うことが可能です。 ③上下の矢印アイコン:セクションの並べ替えが可能です。 プレヘッダーとフッターセクション以外は自由に上下の移動が可能です。ただし、プレヘッダーの上とフッターの下に他のセクションを移動することはできません。 購読リンクが挿入されているフッターブロックはメール内どこでも移動が可能ですが、購読者が配信停止や購読設定を変更しやすくするため、見つけやすいフッターセクションに配置することをお勧めしております。 ④ ゴミ箱アイコン:セクションを削除することができます。一度削除しますと、ブロックやデザインなど追加したコンテンツは全て削除され、元に戻すことはできませんのでご注意ください。完全に削除される前に確認のため、以下のポップアップ画面が表示されるようになっております。 トップに戻る 全体のスタイル 全体のスタイルよりメール全体の配色を選択することができます。また、背景色やボーダー(枠線)を追加することも可能です。 ①カラー設定 27種類の組み合わせからテーマに合ったお好きな配色をお選びください。選択した配色でセクションやブロックの色が指定されますが、変更することが可能です。 ②背景色 背景色をクリックすると左に円が表示されます。それをクリックし、カラーパレット(カラーバー)上でお好みの色をクリック、あるいはカラーコード(hex値)をボックス内に入力して背景色を1色お選びください。また、セクションやブロック毎に背景色を選択することも可能です。 ③背景設定 背景設定でフルサイズメール、または背景別メールを選択することができます。フルサイズメールには追加のスタイルオプションはございません。 背景別メールのオプションでは、以下を追加または変更することが可能です:  ボーダー(枠線) ボーダーの色(枠線の色)  ボーダーのサイズ(枠線の太さ) 角丸調整 プレヘッダー/フッターを含む ④カラム名表示・非表示ボタン 「カラム名表示」ボタンをクリックすると、メール内の全てのセクションを確認することができます。初期設定では非表示になっていますが、このボタンで表示・非表示の切り替えが可能です。また、全体のスタイルタブからブロックをクリックすると、ブロックの編集をすることができます。 トップに戻る ブロック セクションとは異なり、ブロックはデザイン要素や機能としてメールのコンテンツを挿入し、表示するのに使われます。例えば、ブロックにテキスト、画像、またはボタンを挿入することができます。各ブロックで異なったデザインの設定が可能です。 メールにブロックを挿入するには、任意のブロックをクリックしてセクションにドラッグします。 メールエディタでご利用可能なブロックは以下の通りです。 画像ブロック/画像カードブロック 画像キャプションブロック テキストブロック 動画ブロック 区切り線/スペースブロック ボタンブロック ソーシャルメディア/ソーシャルシェアブロック ナビゲーションバー パーミッションリマインダー eコマースブロック NEW Shopify商品ブロック  NEW お気に入りブロック NEW 画像ブロック/画像カードブロック Benchmark Emailアカウントの画像ギャラリーにすでにアップロードしている画像や、新たに画像をアップロードした上で、メール内に挿入する事が出来ます。 詳しくはこちら 画像ブロックはメール内に画像を挿入し、画像カードブロックは挿入した画像のすぐ近くに文章(テキスト)を入力する事が可能です。  左の写真は画像ブロック、右は画像カードブロックです。 どちらを使うべき? 「画像ブロック」はシンプルに画像のみを挿入したい場合に、 「画像カードブロック」は画像と一緒に説明を入れたい場合にお使いになれます。 「画像カードブロック」は、画像の場所を動かすと入力した説明文も一緒に移動するようになっています。 画像カードブロックの挿入方法についてはこちら、画像ブロックの挿入方法についてはこちらをご参照ください。 関連FAQ: 画像のサイズや色を編集する方法 画像ギャラリー/アップロード出来る画像について 画像URLの取得方法 画像ギャラリー内のストックフォトとは? 画像の削除方法 ブロック一覧メニューへ戻る 画像キャプションブロック 「画像キャプションブロック」は画像内にテキストを入れることが可能となり、画像カードブロックとの違いは、画像キャプションブロックにおいては入力するテキストの枠がなく、お好みでテキストの入力枠を編集する事が可能です。  下記、左側に「画像キャプションブロック」を、右側に「画像カードブロック」を設置しています。 画像キャプションブロックの挿入方法についてはこちらをご参照ください。 ブロック一覧メニューへ戻る テキストブロック テキストブロック/テキストボックスブロック メールにテキストブロックを挿入し、文字を入力することが出来ます。テキストを挿入したいところに、テキストブロックをドラッグしてください。初期設定の文章が埋め込まれていますので、ブロックをクリックし希望する文章に入れ替えます。 テキストブロック:メールレイアウトにテキストボックスが追加されます。 テキストボックスブロック:テキストボックスの周りにフレームが追加されます。 画像+テキスト: 画像にテキストを追加したい場合は、画像カードブロックまたは画像キャプションブロックをお使いください。 テキストブロックを使用する上で下記の注意点をご確認ください。 コピー&ペースト コピー&ペーストしたテキストをメールに挿入したい場合は、「テキスト形式で貼り付け」機能  を利用することをお勧めします。 通常のコピー&ペーストで文章を貼り付けるとコピー元の形式が反映されてしまい、以下のような問題が発生する場合があります。 レイアウトが崩れてしまう 思った通りの行間が反映されない ハイパーリンクを設定した際にテキストリンクのカラーが変更できない コピー&ペーストした文章をテキスト形式で貼付ける方法: テキストブロックをクリック 上部のメニューバーに表示される貼り付けアイコン をクリック(スクリーンのサイズによっては表示されないので、メニューのプルダウンメニューから選択してください) ポップアップ画面に表示されるボックス内にテキストを貼り付け、「挿入」ボタンをクリック 左パネル下の「保存&閉じる」ボタンをクリックして完了です。 ソースコード ソースコードを入力したい場合には、テキストボックス上でコードアイコン をクリックし、挿入してください。 もしコードアイコンがエディタ上に見つからない場合は、ツールバー右上の「メニュー」をクリックしてください。 ブロック一覧メニューへ戻る    テキストブロックの編集方法 テキストブロックをクリックすると、画面左に編集オプションが表示されます。 設定タブでは、背景色、サイド・上下の空白枠、テキストボックスブロックではボーダー(外枠)を設定することができます。 コンテンツタブでは、行間を調整したり、必要に応じてコラム数を変更できます。 他のテキストエディタと同様に、ここでも基本的なフォーマットを編集するツールをご用意しております。画面上部の編集バー(太字、斜線、下線、取り消し線、文字の色やサイズ)でお好きなフォーマットに変更してください。 配置オプション(左寄せ・中央寄せ・右寄せなど)を使用したり、段落番号または箇条書きを追加したりすることもできます。  また、リンクの挿入やアンカー、画像、動画、ドキュメントファイルを追加することができます。 このようなテキストブロックを使ってメールをパーソナライズ化することができます。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法(パーソナライズ機能) ご利用可能なフォントについては、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタでフォント・文字サイズ・行間を調整する方法は? また、ランディングページでグーグルフォントをお使いになりたい場合は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ランディングページのテキスト編集 テキストブロックにリンクを挿入することもできます。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールにリンクを挿入する方法 ランディングページ内のテキストついての詳細は、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:ランディングページの作成方法について ご注意:テキストブロックを編集する際に以下のように右下にTinyMCEロゴが表示されますが、配信されるメールには表示されることはありませんのでご安心ください。TinyMCEはドラッグ&ドロップの動作をより早く優れたものにするため、弊社が利用している第三者企業です。 ブロック一覧メニューへ戻る 動画ブロック 動画はとても効果的な視覚ツールです。動画をメールに挿入することで、商品の良さや特徴、他社の競合製品よりも優れている点を直感的に伝えてくれます。 アカウントの動画ギャラリーにビデオをアップロードする方法や、メールへの挿入方法についてはこちらをご参照ください。 ブロック一覧メニューへ戻る 区切り線/スペースブロック 区切り線/スペースブロックを使って、メールの各セクション、またはブロックとの間に余白を作ることができます。ブロックタブより「区切り線ブロック」を選択し余白を入れたい所にドラッグ&ドロップするだけで、より読みやすくすっきりしたデザインになります。 区切り線/スペースブロックについての詳細は、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタでブロック間の空白や区切り線を追加する方法 ブロック一覧メニューへ戻る ボタンブロック CTAとはコール・トゥ・アクションの事で、購読者に起こしてほしい行動を促すフレーズ/デザインを指します。メルマガでもCTAは重要な役割を担っており、商品ページやセミナー登録ページなど、売上やコンバージョン目的のページへのクリックを誘うために使用します。メール内にCTAボタンを設置することで、購読者をランディングページに導くことも可能です。 Bench

ドラッグ&ドロップエディタ 7月 22, 2022

1 2