サポートページ aero-right ウェブサイト

登録フォームの作り方は?

登録フォームは、ウェブサイトやブログ、ソーシャルメディアプラットフォームで購読者を効果的に獲得できる方法です。ここでは、登録フォームの種類や作成方法などをご説明します。 目次 登録フォームのタイプ 登録フォームの作成方法 スライド資料(PDF) 登録フォームのURLを取得する方法 WordPressプラグインで登録フォームを設置   登録フォームのタイプ ・埋込型フォーム(多項目):従来の埋込型フォームより自由なカスタマイズが可能 ・ポップアップフォーム:ページ閲覧中に表示させるポップアップ登録フォームの作成、カスタマイズ ・埋込型フォーム:フッターやサイドバーに埋め込めるシンプルな登録フォーム ・連携フォーム:プラグインを利用した登録フォーム 登録フォームの作成方法 1. 左のダッシュボードメニューより「コンタクトリスト」>「登録フォーム」を選択 2. ページ右側の「登録フォームの作成」をクリック 3. 登録フォームのタイプを選択し「次へ」をクリック 4. 登録フォームの作成・編集 ・登録フォームの各セクションにカーソルを合わせると、左側に緑色の「︙」が表示されますのでクリックします。フォーム項目の追加やデザインの変更などカスタマイズが可能です。 ・「登録ステップの設定」をクリックすると、オプトイン設定や登録確認メールの編集が可能です。詳しくはFAQをご覧ください。 FAQ:オプトイン完了 / オプトイン未完了とは何のことですか? ・「登録ステップの設定」の下に灰色で表示された「標準設定」ボタンをクリックすると、以下の項目の編集が可能になります。 幅変更:バーを右にスライドし、登録フォームの横幅を変更することができます。 背景色:クリックするとカラーパレットが表示されますのでお好きな色を選択します。また、CSSカラー(HEX値)を直接入力することも可能です。 ボーダー:pxの数字が大きいほど、外枠の幅は大きくなります。色の変更も可能です。0のままですと、外枠は無い状態です。 コーナー半径:登録フォームの四隅を丸くすることができます。pxの数字が大きいほど角は丸くなります。(以下の例:20px) reCAPTCHA:右にスライドすると、reCAPTCHAがオン(青色)に、灰色はオフの状態です。 Benchmarkリンク:リンクを登録フォームの下に表示することができます。スライドバーで切り替えが可能です。 デザイン例:フォントの色やサイズから登録ボタンの大きさまで簡単にカスタマイズできます。画像の挿入も可能です。 5. 編集完了後、「保存&出力」をクリック>フォーム出力画面が表示されるので、「次へ」をクリック 6. 登録フォームコードがポップアップで表示されるので、ドロップダウンでコードタイプを選択 7. 「コピー」をクリックして、ウェブサイトに掲載 各種登録フォームの作成方法の詳細は、以下のスライド資料(PDF)をご覧ください。 スライド資料(PDF):登録フォームの作成 注意点: ・無料アカウントご利用のお客様は1日に75件まで、有料アカウントのお客様は無制限に登録可能です。 ・ご契約プラン数を超えたフォームへの登録は、リスト内には保存されません。 ・旧インターフェースをお使いのお客様は、埋込型フォーム(多項目)はご利用になれません。 ・新インターフェースでは、「クラシックフォーム」は「埋込型フォーム(多項目)」に変更されました。クラシックフォームの全機能は「埋込型フォーム(多項目)」でご利用できます。 ・オプトインアラートを設定すると、登録のあったフォーム名がお知らせメールの件名に表示されます。 ・登録フォームからメールアドレスが追加されることによって、ご契約のリストプラン数を超過する可能性がある場合は、必ず事前にアップグレードをお願いします <登録フォーム設置後に、デザインや設定を変更した場合について> Javascriptコード(トラッキング付きも含む):自動的にウェブサイトの登録フォームに反映されますので、コードを更新する必要はありません。 HTMLコード(トラッキング付きも含む):自動的にウェブサイトの登録フォームには反映されません。変更後、再度登録フォームを保存し公開する必要があります。新しいHTMLコードをコピーし、ウェブサイトへ貼り付けを行なってください。この作業は、コードを変更・更新毎に行う必要があります。 登録フォームページのURLを取得する方法 「埋込型フォーム(多項目)」形式で作成したフォームは、独自ページとしてBenchmark Emailサーバー上に作成されます。 URLは下記の方法で取得することができます。 1. 埋込型フォーム(多項目)を作成 2. 「STEP2 デザイン」段階へ進む 3. 「公開用URL」をクリック 4. 「公開用URL」ウインドウ内の登録フォームURLをコピー *2018年9月より、中国本土で多数のGoogle関連サービスに制限がかかっており、一部地域にてreCaptcha機能がご利用頂けませんのでご注意ください。 WordPressプラグインで登録フォームを設置 WordPressで制作されたサイトをお持ちの場合は、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」でサイトのデザインに合わせた登録フォームを簡単に作成・設置することができます。 詳細は以下のブログをご参照ください。 ブログ記事: WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた なお、登録フォームのデザインについての記事は以下をご覧ください。 ブログ記事:メルマガ登録フォームはWebサイトのデザインを壊さずに目立つのが大事   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートチームにお問い合わせください。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 6月 1, 2021

画像にリンクをつける方法

画像をクリックすると、ウェブページに遷移するように設定することができます。メール編集画面で、画像にリンクを挿入するだけです。手順は以下の通りです: 画像にリンク(URL)を挿入する方法 1. リンクを挿入したい画像をクリックし、左側の編集オプションから「リンクURL」をクリックします。 2. リンクURLの部分に遷移先のURLを記入し「挿入」ボタンをクリックします。ウェブサイトへのリンクの他、メールアドレス、電話番号へのリンクの挿入も可能です。 3. 画面上部のリンクアイコンが青くなっていれば無事リンク設定が完了したサインとなります。右隣のアイコンクリックでリンク設定の解除も可能です。 画像にPDFファイルをリンクする方法 1. メール作成画面にて画像をブロックに挿入します。画像ブロック、画像+キャプションブロックなどお好きなブロックを利用してください。その後画面左の編集オプションから「リンクURL」をクリックします。 2.  リンクの挿入ポップアップウィンドウが表示されたら、左下の「ファイルを添付」をクリックします。 3. ドキュメントライブラリウィンドウが開きます。すでにアップロードしてあるファイルを挿入する場合、目的のファイルの「挿入」ボタンをクリックします。新しくアップロードする場合にはウィンドウ上の「ファイルを追加」をクリックし、アップロードしてから「挿入」ボタンをクリックします。 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡くださいませ。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 画像ギャラリー 2月 16, 2021

ウェブサイトにトラッキングコードをインストールする方法は?

受信者がサイトに関わっているかどうかをトラッキングすることは、関わりを維持するために最も大切です。この情報を利用して受信者の興味を知り、より良く追求する方法を見つけます。Benchmarkがウェブサイトアクティビティをトラッキングする方法についてご覧ください。 サイトエンゲージメントやサイト内のアクションなどのトリガーを使用している場合は、トラッキングコードをコピーしてウェブサイトに追加する必要があります。 トラッキングコードは、アカウントに固有のもので、3つの異なる場所に表示されています。 サイトエンゲージメント サイト上アクティビティ EMAツールダッシュボード トラッキングコードの使用方法 1. トラッキングコードをコピーします。 2. トラッキングコードをウェブサイトのHTMLヘッダーに貼り付けます。 更新へアクセスできない場合は、ウェブマスターまたはサービスプロバイダに連絡してコードを追加する必要があります。 テストツールの機能を使用し、トラッキングコードが正しく追加されたかどうかをテストすることが出来ます。 トラッキングコードが正しく配置されたことを確認したら、残りのオートメーションに移動することができます。 サイトエンゲージメントまたはサイトアクティビティノードの使用方法を確認するには、こちらをクリックしてください。 重要 シナリオ内においてノードの追加や変更を行った際には、必ず「保存」をクリックしてください Googleタグマネージャを使用するには、下記の手順をご覧ください。 Benchmark Emailアカウントへログインします。 EMAツールへ移動します。 シナリオをクリックまたは開始します。 トリガーにサイトアクティビティを使用、または条件にサイトエンゲージメントを使用します。 Googleタグマネージャを開きます。 左サイドバーの[タグ]をクリックします 新規タグを作成します。 自身のHTMLを選択します。 そこへBenchmarkのトラッキングコードを入力します。 [トリガー]で[すべてのページ]を選択します。 保存します。 注:Googleタグマネージャを使用している場合、EMAツールのトラッキングテストツールではトラッキングコードが適用されているかどうかを検出することは出来ません。 Benchmarkではこの問題を解決するために取り組んでいますが、上記の手順を実行するとトラッキングコードは有効になります。 トラッキングコードの配置に関するその他のご質問は、メールまたはLiveChatにてお気軽にサポートチームへお問い合わせください。

EMA 9月 23, 2020