サポートページ aero-right

外部システムとの連携では何が出来ますか?自社サイトやシステムとの連携は?

Benchmark Emailでは様々な外部システムとの連携機能を提供しています。ここでは人気のシステムとの連携と、連携をすることで可能になる機能をご紹介します。 ■Facebook連携 Benchmark Emailで最も連携されているのがFacebookではないでしょうか。連携により以下が可能となります。 -メール配信をすると自動的にFacebookフィードに投稿(設定をOFFにもできます) -Facebookボタンのデフォルトリンクが自社ファンページに設定 ■Twitterタイムライン連携 -配信メールをタイムライン上で共有 -Twitterボタンのデフォルトリンクが自社アカウントページに設定 ■Twitterツイート連携 -最新ツイートを専用連携テンプレートにて最大5件まで共有 (※2016年5月からの新機能です。) ■SurveyMonkey連携 -SurveyMonkeyで開催中のアンケートリンクをメールで配信 その他Pinterestなど様々なソーシャルサイト、ZendeskやeBay、Etsyなど外部サービスとの連携が可能となっています。マーケティングポータル同士を繋げればマーケティング効果の倍増が期待できるためぜひご活用ください。 ■自社サイトやシステムと連携する場合にはAPIを利用します。 API連携・構築におきましてはサポート対象外となりますため、あらかじめご了承下さいませ。 APIの詳細はこちら

テンプレート&メールエディタ 2月 6, 2019

Benchmark Email RESTful APIとは?

  素晴らしいテクノロジーがどんどん開発されている今日、世界は確実にオートメーション化に向かっています。APIを使用すればBenchmarkにログインせずともデータを扱うことができます。APIでよく用いられる用語を学んで知識を深めていきましょう。   RESTとは?   RESTはREpresentational State Transferの略になります。 RESTはHTTPを元にした制約とプロパティを定義するアーキテクチャスタイルです。HTTPが利用された際、最も一般的で利用可能なオペレーションはGET、POST、PATCH、 DELETEと事前に定義されたCRUD HTTPメソッドです。 全てのユーザーはBenchmarkのRESTful APIを用いて外部サービス連携を構築 する事ができます。これらの連携によりリストの詳細入手、リストのアップロード、プラットフォームからBenchmarkアカウントへのデータ移行やメールマガジンのアップロードも可能となります。BenchmarkのRESTfulページで利用できるHTTPメソッドは次の通りです。     GET POST PATCH DELETE GETメソッドはリソースの値を取得をする際に用いります。 GETリクエストは安全かつ同様のパラメーターで何度繰り返しても結果が不変な等羃的であることが求められます。 POSTリクエストは新しいリソースを作成する際に用いられます。POSTは新しいデータを書き込みする際によく利用されますが、データを更新するのにも利用する事が出来ます。 URLにてデータの特定フィールドのみを更新できます。PATCHリクエストもGETリクエスト同様、冪等的になります。 データを削除するリクエストですが、必ずしも直後に削除反映ということではありません。リクエストは長期間、又は事前に送ることも可能です。 API構築のための環境が整っているのであれば、ご活用頂くことを推奨します。そうでない場合には専門知識を持つWeb開発者にご依頼が必要になります。上記のHTTPメソッドやリクエストはメソッドと併せてページの左側にあるカテゴリー内に記載されてます。 メソッドを選択すると、同じ内容の詳細がパラメーターと併せて投入(追加)され、ページの右側にサンプルコードが提供されます。コードを入手する際に好きな言語をドロップダウンより選択する事ができます。   コードのテスト及び実行をするには右上にある「Run in Postman」ボタンをデベロッパーが利用できます。 API詳細に関して下記のリンクもご確認ください。 https://developer.benchmarkemail.com

API 8月 7, 2019