サポートページ aero-right

コンタクトリストの「エラー確定済み」とは何ですか?

2回連続でハードエラーとなったコンタクトは、Benchmark Emailでは「エラー確定」と認識されます。「エラー確定」となったアドレスは自動的にアクティブコンタクトから外れ、メール配信対象外となります。ただし、それ以前に送られたメールが開封された場合、「エラー確定」のステータスから解除されます。 また、ハードエラーが2回連続で出なくても、エラーとなった原因が明確な場合(受信者のメールサーバーよりエラーコードが送られてきた場合など)は、同様にメール配信対象外となります。この場合、該当コンタクトは無効アドレスリストへ登録されます。 無効アドレスリストについて詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:無効アドレスリストとはなんですか? エラーの種類について詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:エラーアドレスの運用方法は?   ・エラー確定アドレスは手動で消去をせず、そのままにしてください。 ・「エラー確定」のアドレスを含むリストを削除する場合は、エラー確定アドレスを「配信停止リスト」へ移動してください。その後リストの削除を行ってください。 FAQ:コンタクト情報のコピー、移動の方法は?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 4月 3, 2020

エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は?

「レポート」から個人の保管記録としてエラーを起こしたメールアドレスの出力をしていただけます。 出力は下記の手順で行ってください: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードよりレポートを選択します。 デフォルトではメールレポートが表示されます。 確認したいメール名をクリックします。 画面左のレポート詳細を選択します。 「開封数」とあるドロップダウンメニューよりエラーを選択します。 「全てのエラー」とあるドロップダウンメニューより3つの出力可能なオプションから選択します。 オプションボタンよりダウンロードを選択します。 「データを出力する」ポップアップが表示されますので、出力したいまたは全てのフィールドを選択します。 CSVとしてダウンロード、またはExcelとしてダウンロードを選択します。 注意:1つのメールキャンペーンごとの出力のみ可能となっています。 1つのメールキャンペーンに幾つかのリストを選択した際、(そのキャンペーンに対しては)レポート出力中に一つ目のリストからマップフィールドが抽出されます。 その他、ご質問がございましたらお気軽にサポートチームにご連絡ください。   >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 11月 22, 2019