サポートページ aero-right

リストが否認になった場合はどうすればいいですか?

この記事では、リストの審査・否認・照合について解説を行っております。アップロードしたリストが否認された場合、まずはこちらの記事をご確認ください。 皆様がアップロードされたリストは弊社システムでチェックを行っており、場合によってはお客様のリストをご利用頂けないものと判断を下す場合がございます。本FAQではなぜリストを否認にするのか、そのプロセスと理由についてご説明を致します。 リストの審査 Benchmark Emailは配信元のドメインの評価を維持し、効果の高いメール配信を実現するためにアップロードされたエクセル・CSVファイルに否認対象となるメールアドレスがないか審査を致します。 承認作業は通常数分で完了しますのでそのままお待ちください。 「承認中」表示の間、一部メールアドレスがサンプルとしてランダムに選択され BriteVerify や Kickbox などの第3者サービスを通してその有効性の確認が行われています。このサンプルの確認作業の結果、無効メールアドレスや有効と判断できないメールアドレスの割合が高いリストは否認となります。 リストを否認された もし一定数以上の否認対象となるメールアドレスがアップロードされたファイルに含まれる場合はこれを否認として、配信にご利用いただくことができません。(既存のリストにアップロードを試みた場合は、既存のリストに対しては配信可能です) 否認の対象となる配信不可能な無効メールアドレスとは、退職や閉業、打ち間違いなどの実際には存在しないメールアドレスを指します。このようなメールアドレスに対して配信を続けることで、ドメインの評価が著しく下がり本来受信されるメールが受信されなくなるリスクがございます。 このような配信時のリスクを減らし、メール配信を行うのに最適なリストを用いることで到達率が向上します。 リストを使用するためには照合を リストが否認となった場合は、メールでご連絡をいたします。 リストの使用をご希望の場合は、次にご紹介する外部サービスのオプションを利用して頂き、リストを照合し無効なメールアドレスがどれか特定し削除を行って頂きます。リスト照合にあたり、弊社ではメールアドレスのフィルタリングを請け負っております。BriteVerify、Kickboxといった精度の高い外部サービスとの提携サービスとなります。提携費用として、照合を行う際は別途費用をお支払いただいております(1,000件につき500円)。 リスト照合サービスの料金・ご利用方法については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: リスト照合サービスって何ですか? リスト照合を行うことで、事前にエラーとなる配信を防ぐことができるためエラー率が減少し、開封率の向上も実現します。特にGmail、Yahoo!メール、Hotmail、AOLといった主要なメールソフトではあなたの配信元からどのようなメールが送られているのか、どのような反応を得ているのか配信の傾向が記録されています。エラーアドレスへの配信を繰り返すことによって、メールが迷惑メールとして扱われるだけでなく最悪の場合はブラックリストに登録され一切受信されなくなる可能性が有ります。 大きな新規のリストがある場合は、リスト照合を行うことを選択肢に入れておくことを推奨します。 *ただしリスト照合では スパムトラップ を取り除く事はできませんのでご注意ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 6月 25, 2020

メール購読者がメールを受信していないにも関わらず、エラーとして報告されないのはなぜですか?

  購読者がメールを受信していないにも関わらず、エラー報告されていない場合は、購読者のメールサーバーやメールクライアントのフィルターでメールがブロックされている可能性があります。フィルターにより、メールが迷惑メールフォルダーに置かれることがあります。 もし、購読者のフィルターがBenchmark Emailからのメールをブロックしている場合、購読者側サーバーにてBenchmark Emailがホワイトリスト化されているかの確認を行って下さい。ブロックされてしまう問題を避ける為、顧客への配信をスタートする際に弊社サービスをホワイトリスト化して頂くよう伝えておくといいでしょう。 多くのメールサーバーはドメイン単位でホワイトリスト化が出来ます。到達率を高めるためにホワイトリスト化すべきドメインは以下です。 bmesrv.com benchmarkemail.com images.benchmarkemail.com visitor.benchmarkemail.com bmsend.com bme1.net benchurl.com benchurls.com bmetrack.com betest.com これらのドメインをホワイトリスト化することで配信したメールを購読者に届ける確率を高めます。 また、送信元の身元証明となるSPF(Sender Policy Framework)レコードを送信ドメインサーバーに追加することも、メールの到達率を高める対策の1つとなります。 SPFレコードの詳細については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:SPF認証とは何ですか?なぜBenchmark Emailで使用されているのですか?  

到達率 6月 1, 2020

エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は?

「レポート」から個人の保管記録としてエラーを起こしたメールアドレスの出力をしていただけます。 出力は下記の手順で行ってください: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードよりレポートを選択します。 デフォルトではメールレポートが表示されます。 確認したいメール名をクリックします。 画面左のレポート詳細を選択します。 「開封数」とあるドロップダウンメニューよりエラーを選択します。 「全てのエラー」とあるドロップダウンメニューより3つの出力可能なオプションから選択します。 オプションボタンよりダウンロードを選択します。 「データを出力する」ポップアップが表示されますので、出力したいまたは全てのフィールドを選択します。 CSVとしてダウンロード、またはExcelとしてダウンロードを選択します。 注意:1つのメールキャンペーンごとの出力のみ可能となっています。 1つのメールキャンペーンに幾つかのリストを選択した際、(そのキャンペーンに対しては)レポート出力中に一つ目のリストからマップフィールドが抽出されます。 その他、ご質問がございましたらお気軽にサポートチームにご連絡ください。   >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 11月 22, 2019

レポート機能とは何ですか?

Benchmark Emailでは、配信後のメールのリアルタイムレポートを見る事が可能です。 レポートデータには保存上限がないため、アカウントを利用している間はいつでも閲覧可能です。 レポート機能の概要 レポート機能の使い方   レポート機能の概要 開封率・エラー数・リンククリックなどが確認できます。 それぞれのメールに埋め込まれた、個別のトラッキングコードによってリアルタイムに計測を行います。 メール配信後、時間が経過してから開封 / クリックされた場合もレポートに反映されます。 合計配信数 ー 配信先の合計数です。 「無効アドレスリスト」にあるコンタクトが配信先リストに含まれている場合、合計配信数はリスト内のコンタクト数よりも少なくなります。「無効アドレスリスト」について、詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:無効アドレスリストとはなんですか? 開封率 ー レポートを開いた時点での配信したメールを基に、開封率が表示されます。 「開封数」をクリックすると、誰がいつ、どのデバイスから開封したのかを確認する事が可能です。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールを開封した顧客リストを出力することはできますか?開封者リストの表示方法は? エラー数 ー 配信したメールにおいて、エラーとして届かなかった件数が表示されます。 「ソフトエラー」「ハードエラー」の2種類のエラーによって配信メールが届かなかった事を確認する事が可能です。 エラーについて詳しくは以下のFAQをご参照ください。 FAQ:エラーメールアドレスの管理について 時間グラフ ー X 月 X 日 xx 時にどのくらい開封 / クリックされたのかを確認できます。 カーソルを日時に合わせることでスコアが表示されます。また下記の計算で、「配信 X 日後」の開封率を算出できます。 (1) 「時間グラフ」より「配信 X 日後」となる分までの開封数を足す。 (2) (上記足した数÷配信数)×100=「配信 X 日後」の開封率となる。   リンククリック ー 配信したメール内に挿入したリンクのクリック結果が表示されます。 クリックスルー率 ー [ ユニーククリック数 / 開封数 ] の数値です。 ユニーククリック数 ー メール内のリンクを一つでもクリックしたユーザーの数です。 クリックユーザー数 ー 各リンクにおいて何人のユーザーがクリックしたかを示しています。同じユーザーが複数回クリックしても、1カウントとなります。 クリック総数 ー リンクのクリック合計数となります。 メール内に挿入された1つ1つのリンクについて、計何回、誰がクリックしたのかを見る事が出来ます。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:誰が・いつ・どのリンクをクリックしたかを確認できますか?   クリックマップ ー [ 該当箇所のクリック総数 / 全リンクのクリック総数 ]がメール上にグラフで表示されます。   レポート機能の使い方 画像を交えた機能説明資料をご用意しました。以下のスライドをご覧ください。   >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 9月 4, 2020

「レポート」のまとめページ

Benchmark Emailでは、配信後のメールのリアルタイムレポートを見る事が可能です。開封率・エラー数・リンククリックなどが確認できます。   「レポート」のFAQ一覧   レポート機能でできること ・レポート機能の概要 ・レポート機能の開封結果から、誰が・いつ・どのリンクをクリックしたかを確認できますか? ・購読者別の過去3ヶ月におけるメール開封とクリック履歴を確認する方法は? ・レポートのダウンロード方法を教えてください。 ・メールを開封した顧客を確認し、リストとして出力することはできますか? ・メールを未開封の顧客を確認し、リストとして出力することはできますか? ・未開封のアドレス宛にメールを再送信するには? ・配信停止の理由を知る事はできますか? ・「苦情」とは?迷惑メールの苦情を減らすためのポイント   エラーアドレスについて ・エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は? ・有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか? ・エラーアドレスの運用方法は?   計測方法 ・受信側の設定が開封レポートに影響を与えることはありますか? ・メールを開封してもレポートに反映されないコンタクトがいるのはなぜ?   レポートを用いた運用 ・メールやアンケートの開封率を上げるには?   外部連携を用いた分析 ・転送されたニュースレターもトラッキングできますか? ・メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?   チュートリアル「メールレポート:配信後の効果測定」   スライド 動画   >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 3月 23, 2020

1 2