サポートページ aero-right

メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?

自社サイトでGoogle Analyticsを利用している場合、Benchmark Emailで作成し配信したメールにおいてクリックされた詳細からクリック後の自社サイトでの購入までのプロセスまでトラッキングする事が可能です。 まずはじめに、Google Analyticsがホームページに設定されており、コンバージョントラッキングも設定されているか確認してください。Google Analyticsでコンバージョントラッキングの設定が完了したら、下記のステップに沿って設定を行います。 Benchmark Email  Benchmark Emailのアカウントにログインします。 ログインはこちらから  メールの新規作成または未送信のメールを選択します。  メール作成時の「チェックリスト」画面にて「Google Analytics™ 連携」のラジオボタンを有効にします。  Google Analytics 用タイトルを編集もしくはデフォルトの「メール名」を利用します。(こちら忘れずに!) こちらの設定でGoogle Analytics上でメールからの動向が確認できます。下記のステップに沿って Google Analytics で確認します。 自動的に全てのURLにコードが追加されます。詳細は以下の通りです。 utm_source = BenchmarkEmail utm_medium = email utm_campaign= (設定したメール名) utm_campaign以外は固定です。 Google Analytics  Google Analyticsにログインします。  対象のホームページを選択します。   左側ナビゲーションコラムの「集客」カテゴリーより「キャンペーン」をクリックし「全てのキャンペーン」を選択します。  メール作成時にBenchmark側で設定したGoogle Analytics 用タイトルを確認します。 Google Analyticsと連携する事でBenchmark側で確認できない自社Webサイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 実際にGoogle Analytics連携を使われてた事例を紹介している弊社のブログもご参照下さい。 ブログ:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回)   Google Analytics用のキャンペーン名確認方法 レポートからメールプレビュー画面を開きます。 設定リンクをクリックします。 遷移先のwebサイトURLの「utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がキャンペーン名となります。 >>「レポート」のまとめページに戻る

メール配信 9月 27, 2019

購入・コンバージョン確認テンプレート

このシナリオは、サイトから何かを購入して顧客のリストに移動した加入者を特定し、加入者や顧客へのメッセージを混乱させることなくメール配信を自動化するものです。 例: 3か月間に6通のメールを配信しにてサイトでの購入を促すシナリオがある場合、もし顧客がすでに何かを購入していた場合には、メールの配信を続けるのは迷惑かもしれません。このシナリオでは、サイトのエンゲージメントツールを使用し、購読者がサイトで購入した時を特定します。これにより、EMAにおいて自動的に購読者を顧客リストに移動させ、顧客用への配信シナリオへ加える事が可能となります。 例:  完了ページを用意する(例 https://www.yourcompany.com/success) これは訪問者がサイトで購入した際に表示される購入完了ページです。このページにトラッキングコードを挿入し、訪問者に基づきオートメーションが作成されます。作成されたオートメーションにより、訪問者は顧客リストへと移されます。 ゴール: 購入をした訪問者を特定し、顧客リストへ移動 使用ツール: EMAツール シナリオ作成前にしておくこと  EMAツールのトラッキングコードを購入完了ベージへ挿入 (トラッキングコード挿入方法)  購読者のトラッキングが可能である事を確認します。 サイト訪問者のメールアドレスを特定するためには、事前にメールが受信され、サイトへのリンクがクリックされている必要が有ります (Benchmark上でのトラッキング方法) リード獲得シナリオ作成時    エントリーポイント:このシナリオのエントリーポイントはサイトのエンゲージメントにあります。サイトから購入をした訪問者を特定します。(例 https://www.yourcompany.com/success) 購読者から顧客リストへの移動:一度購入が完了すると、顧客リストへ移されます。そこから顧客へのシナリオを作成する事も可能です。 リードリストから購読者の削除: 顧客へのリードを意図したメールを送信しないようにするには、リードリストから特定の購読者を削除してからシナリオを完成させる必要が有ります。   このシナリオの目的は、リードを顧客から切り離し、各グループの特定のシナリオを作成する事です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

EMA EMAシナリオテンプレート 9月 4, 2019