サポートページ aero-right コンバージョン

メール配信後の結果をGoogleアナリティクスを使って分析できますか?

はい、分析可能です。WebサイトでGoogleアナリティクスを使用している場合、Benchmark Emailで配信したメールがクリックされてからWebサイト上で購入されるまでの過程を追跡することができます。 目次: Googleアナリティクスをメールに追加する方法 Googleアナリティクスについて Googleアナリティクスで分析結果を確認する方法 Googleアナリティクス用のキャンペーン名を確認する方法 <準備するもの> Googleアナリティクスアカウント GoogleアナリティクスのトラッキングID Webサイト Benchmark Emailアカウント まずはじめに、Googleアナリティクスアカウントをお持ちでない方は作成から行います。作成済みの方は、GoogleアナリティクスのトラッキングID(例:UA-000000-01)を取得し、そのコードがWebサイトに設定されているかを確認します。 次に、Googleアナリティクスでコンバージョン設定されているかをご確認ください。設定については、以下のブログをご覧ください。 ブログ記事:Googleアナリティクスを使ってメールマガジンの1歩踏み込んだ効果分析しよう! 設定が完了しましたら、下記のステップに従ってBenchmark EmailでGoogleアナリティクスを追加します。 Googleアナリティクスをメールに追加する方法 1. Benchmark Emailのアカウントにログインします。 2. メールの新規作成または分析したい未完了/下書きメールを選択します。 3. メールチェックリスト画面が表示されますので、スクロールダウンし、リンクのトラッキング&共有を探します。 4. Google Analytics™ 連携をクリックし、トグルスイッチを右にスライドして(灰色→青色)有効にします。 5. ボックス内には初期設定でメール名が記載されますが、Googleアナリティクス用にタイトルを編集することも可能です。(タイトルはGoogleアナリティクスで必要になるため、保管しておいてください。) 設定完了後、Benchmark Emailが自動的に全てのURLに utm_sourceコードを追加します。それにより、Googleアナリティクス上でメール受信者をトラッキングできるようになります。 Googleアナリティクスについて 2020年10月にGoogle アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ」プロパティ)が公開されました。従来のユニバーサル アナリティクス プロパティとは異なり、Webサイトのトラフィックとアプリの利用状況の両方を測定することができます。ユニバーサル アナリティクス プロパティは、Webサイトにしか対応していません。既存のプロパティと並行して利用することも可能です。新しいバージョンのご使用方法については、以下のページでご確認ください。 Googleヘルプページ:次世代の Google アナリティクスのご紹介 2020年10月14日以前にGoogleアナリティクスを設定している場合は、従来のユニバーサル アナリティクスが使用されています。最新版に変更されたい場合は、以下のページをご覧ください。ご自身のGoogleアカウントからアクセス可能です。 Googleヘルプページ:GA4設定アシスタント Googleアナリティクスで分析結果を確認する方法 Googleアナリティクスで分析結果を確認するには、下記のステップに従ってください。 1. Googleアナリティクスにログインします。 2. 対象のホームページを選択します。 3. 左側ナビゲーションコラムの「集客」カテゴリーより「キャンペーン」をクリックし「すべてのキャンペーン」を選択します。 [caption id="attachment_298005" align="aligncenter" width="710"] この画像は従来のユニバーサル アナリティクス プロパティのプラットフォームです。Googleアナリティクス4でも、同じように「集客」カテゴリーからキャンペーンのレポートを確認できます。[/caption] 4. メール作成時にBenchmark Email側で設定したGoogleアナリティクス用タイトルを確認します。 Googleアナリティクスと連携する事でBenchmark Email側では確認できないWebサイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 重要:キャンペーンが表示されない場合は、キャンペーンの検索をすることも可能です。Googleアナリティクスはデータが処理されるまでに24~48時間かかるため、検索する際は日付の範囲にご注意ください。 実際にGoogle アナリティクス連携を利用した事例を紹介した弊社のブログもご参照下さい。 関連ブログ記事:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回) Googleアナリティクス用のキャンペーン名を確認する方法 1. レポートからメールプレビュー画面を開きます。 2. 設定リンクをクリックします。 3. 遷移先のWebサイトURLの「utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がキャンペーン名となります。 ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

メール配信 5月 5, 2021

購入・コンバージョン確認テンプレート

このシナリオは、サイトから何かを購入して顧客のリストに移動した加入者を特定し、加入者や顧客へのメッセージを混乱させることなくメール配信を自動化するものです。 例: 3か月間に6通のメールを配信しにてサイトでの購入を促すシナリオがある場合、もし顧客がすでに何かを購入していた場合には、メールの配信を続けるのは迷惑かもしれません。このシナリオでは、サイトのエンゲージメントツールを使用し、購読者がサイトで購入した時を特定します。これにより、EMAにおいて自動的に購読者を顧客リストに移動させ、顧客用への配信シナリオへ加える事が可能となります。 例:  完了ページを用意する(例 https://www.yourcompany.com/success) これは訪問者がサイトで購入した際に表示される購入完了ページです。このページにトラッキングコードを挿入し、訪問者に基づきオートメーションが作成されます。作成されたオートメーションにより、訪問者は顧客リストへと移されます。 ゴール: 購入をした訪問者を特定し、顧客リストへ移動 使用ツール: EMAツール シナリオ作成前にしておくこと  EMAツールのトラッキングコードを購入完了ベージへ挿入 (トラッキングコード挿入方法)  購読者のトラッキングが可能である事を確認します。 サイト訪問者のメールアドレスを特定するためには、事前にメールが受信され、サイトへのリンクがクリックされている必要が有ります (Benchmark上でのトラッキング方法) リード獲得シナリオ作成時    エントリーポイント:このシナリオのエントリーポイントはサイトのエンゲージメントにあります。サイトから購入をした訪問者を特定します。(例 https://www.yourcompany.com/success) 購読者から顧客リストへの移動:一度購入が完了すると、顧客リストへ移されます。そこから顧客へのシナリオを作成する事も可能です。 リードリストから購読者の削除: 顧客へのリードを意図したメールを送信しないようにするには、リードリストから特定の購読者を削除してからシナリオを完成させる必要が有ります。   このシナリオの目的は、リードを顧客から切り離し、各グループの特定のシナリオを作成する事です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

EMA EMAシナリオテンプレート 9月 4, 2019