サポートページ aero-right

パーミッションリマインダーの編集方法

パーミッションリマインダーとは 表示と非表示の切り替え / 文言の編集 位置の移動 デフォルト表示位置の変更   パーミッションリマインダーとは 「このメールは、○○からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方はこちらをクリックしてください。」 パーミッションリマインダーとは、「メール配信に同意してくれたのでメールを送っていますよ」とお知らせする表示です。 メールのヘッダーあるいはフッター部分に上記のように小さく表示されます。 パーミッションリマインダーを表示することで、メール受信者に信頼、安心感を与えることができ、迷惑メールではない証明にもなることから、近年、パーミッションリマインダーの利用が増えてきています。   表示と非表示の切り替え / 文言の編集  メール作成のチェックリストから「本文&デザイン」を選択し、メール内に表示されているパーミッションリマインダーをクリック 左側のコンテンツボタンをクリックし、パーミッションリマインダーを非表示にさせる場合は「パーミッションリマインダー」のチェックボックスをクリックしてください。また、表示されるテキストボックス内にて文章をカスタマイズする事が可能です。 ***HTML版にてパーミッションリマインダーを表示させるよう設定した場合、テキスト版でも表示される仕様となります。*** 位置の移動 通常のブロックと同じように移動可能です。移動方法は以下のFAQをご覧下さい。 FAQ:メール内でブロックを移動・コピー・削除・サイズ変更する方法は?   デフォルト表示位置の変更 デフォルト表示位置を、メールのヘッダーまたはフッターから選ぶことができます。 1.  アカウント設定ページにアクセス。 2.  「メール配信設定」にて表示箇所を選択します。 3.  ページ下部の「保存&次へ」をクリックして完了です。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る  

ドラッグ&ドロップエディタ 10月 30, 2019

登録フォームのシングルオプトイン機能とは?

リストの質を考えるのであればダブルオプトインを利用するのがお勧めですが、Benchmarkではシングルオプトインのオプションもご用意しています。ダブルオプトイン形式では登録フォームからの登録者へオプトインメールを配信し、メール内のリンクをクリックしてもらうことで初めて配信リストへの登録が完了しますが、シングルオプトイン形式では登録フォームに入力するだけでリストへの登録が完了となります。 登録の流れがとてもシンプルになるのがシングルオプトインの利点ですが、特にモバイルデバイスを利用して登録フォームへ入力する人には特に便利なオプションです。 ただ欠点もあるのが現状ですので、以下のポイントを考慮した上でご利用するようにお願いします。 利点 シンプルな登録プロセス:2段階のステップを踏む必要がないので、シンプルでスピーディーな登録が可能です 懸念点 無効アドレスの増加:オプトインメールでの認証プロセスを省くため、登録フォームに入力されたメールアドレスがそのまま登録されます。入力間違いやボットからのスパム登録がそのままリストに反映されてしまいます。 配信評価の低下:シングルオプトインで無効アドレスが増えると、当然メール配信の際のエラー率も高くなります。エラー率の高い配信はサーバー・ドメイン評価を下げる要因となります。 長期的にコストが高くなる:有効か無効かに関わらずリストへメールアドレスが登録されていくため、アドレス件数の増加に伴いBenchmarkアカウントのアップグレードが必要になってきます。また配信評価が下がることによりメールが届かなくなり、最終的に売り上げが伸び悩む可能性もあります。 シングルオプトイン形式にはリスクが伴う点をご理解の上、ご利用頂くようお願いします。またボットからのスパム登録を防ぐためreCAPTCHA機能を併用することをお勧めします。 またシングルオプトイン形式をご利用される前に、お住いの地域でダブルオプトインが義務化されていないかご確認ください。国や地域によってはメールアドレスなどの個人情報の収集におけるシングルオプトインの利用を制限している場合があります。 シングルオプトインの設定は以下をご確認ください。 新規登録フォームの作成、あるいは既存のフォーム名をクリックします。 ステップ2「デザイン」ページにて「オプトイン設定」をクリック 「認証設定」にて「シングルオプトイン(オプトインメール無し)」を選択 次にウェルカムメールを送信するかどうか選択 ウェルカムメール ウェルカムメールは登録フォームで「登録」ボタンをクリックすると自動で配信されるメールです。送信元やメール内容など以下の項目は自由にカスタマイズが可能となっています。 送信元名 送信元メールアドレス 件名 ウェルカムメッセージ(メール本文) メール署名 ウェルカムメールのテストメール送信も可能です。 ウェルカムメール無しを選択した場合、ページ設定及びアラート通知設定を行って次のステップに進んでください。 ページ設定 登録フォームからの登録が完了すると、新規登録者はウェルカムページへと進みます。Benchmarkではデフォルトのウェルカムページをご用意しております。オリジナルのページがある場合には「カスタムウェルカムページ」を選択し、URLを入力してください。 アラート通知 何件の登録があったか、通知を受け取る頻度を設定します。通知はBenchmarkアカウントの登録メールアドレスへ送られ、以下の頻度から選択可能です。 連絡無し すぐに 毎日 毎週 毎月 設定を確認したら、「保存&次へ」をクリックします。 注意点 登録フォームはそれぞれオプトイン設定が必要となります。そのため一つの登録フォームでシングルオプトイン設定をしても、その他の登録フォームにはその設定は反映されません。 ダブルオプトインポップアップフォーム reCAPTCHAオプションがONの場合、登録者はサンキューページへ遷移されます。 シングルオプトインポップアップフォーム reCAPTCHAオプションがONの場合、登録者はウェルカムページへ遷移されます。 ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。

登録フォーム 10月 29, 2019

登録フォームでreCAPTCHAを使用するには?

Googleが無料で提供するreCAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apartの略)はスパムや悪質なユーザーからサイトを守り、ボットと人間の区別をする上で必要不可欠なツールです。Benchmarkの登録フォームでこの便利な機能がご利用頂けるようになり、ボットや悪質ユーザーからの登録を防ぐのにご利用ください。 注)2018年9月より、多数のGoogleサービスが中国本土でブロックされています。そのため中国の一部ではreCAPTCHAが正常に機能しない場合があります。詳細はこちら。(外部サイト) reCAPTCHA機能は埋込型、埋込型(多項目)、ポップアップフォームにてご利用可能です。以下のステップに従って設定を行います。 Benchmarkアカウントへログイン 「コンタクトリスト」から「登録フォーム」をクリック 「登録フォーム作成」ボタンをクリック 作成したいフォームタイプを選択し「次へ」をクリック ステップ1の「詳細」を入力し「保存&次へ」をクリック ステップ2の「デザイン」ページにて「標準設定」をクリック reCAPTCHA設定でグレーから青にバーをスライド   reCAPTCHAがONになっていると以下のような表示になります:     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 7月 22, 2019

オプトイン完了 / オプトイン未完了とは何のことですか?

オプトインとは リスト内のオプトイン完了 / オプトイン未完了とは オプトインメールとは オプトインとは メールキャンペーンの受信を明確に承諾すること。また、事前にメール配信の許諾を得ているメールという意味でも使用します。 Benchmark Emailは法律に遵守し同意を得たメールアドレスへのマーケティングを行うサービスを提供する会社です。アカウントをお持ちのお客様はCAN-SPAM法(国内では特別電子法)のアンチスパム方針に従っていただき、承認とオプトインによる合法的なリストの作成が必須となっています。 FAQ:購入したメールアドレス・名刺から集めたメールアドレスなどを使用する事はできますか? リスト内のオプトイン完了 / オプトイン未完了とは コンタクトリストでの表示について説明します。 オプトイン完了:購読希望の確認が完了し、配信可能なメールアドレス。 オプトイン未完了:購読希望の確認が完了しておらず、まだ配信できないメールアドレス。 登録フォームから購読者が登録を行った場合、そのメールアドレスへの確認メッセージがBenchmark Emailより送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすることにより、初めて配信可能となります。   オプトインメールとは あなたのニュースレターやメルマガを購読希望している方が登録フォームに入力をしたら、そのメールアドレスへ確認メッセージがBenchmark Emailより送信されます。実際の購読者になるためにはメール内にあるリンクをクリックしなければいけません。これは、第3者が勝手に他人のメールアドレスを登録することを防ぎ、入力されたメールアドレスが本人のアドレスである事の確認となります。この方式を「ダブルオプトイン方式」と言います。 オプトイン未完了のアドレスへは、一度だけオプトインメールの再送信が可能です。 FAQ:オプトイン未完了アドレスへ再度認証メールを送信するには? 購読希望者へオプトインメールが届いていない場合は、サーバーのセキュリティ等によりブロックされている可能性が高いです。再送信を行う前に下記の対策を確認し、問題を解決しましょう。 FAQ:メールが届かない、または迷惑メールフォルダに入ってしまいます。対策はありますか? >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 3月 25, 2019

「苦情」とは?迷惑メールの苦情を減らすためのポイント

「苦情」とは スパムの苦情を減らすために確認すべきポイント 「苦情」とは 苦情(Abuse)とは通常「迷惑メール報告」の事を指します。 この報告にはいくつか異なる種類があり、それぞれがメールマーケティング担当としての評判に影響を与えます。 レポート画面の「反応状況」で件数を確認可能です。 「苦情件数」をクリックすると、詳細ページに遷移します。 ・ISPごとの迷惑メール報告 Hotomail, AOL ,Yahoo ,Others (Junno,Earthlink,Netzero,etc): 通常、迷惑メール報告はユーザーが受信したメールを迷惑メールとして報告、もしくは迷惑メールボックスに移した際に発生します。 Benchmark Abuse Link: ユーザーがメールのフッターに記載の「迷惑メールとして報告」リンクをクリックした際に発生します。 これらの報告が起こると弊社にレポートとして記録され、そのユーザーは自動的に配信停止となりこれ以上のメール配信がなされないよう配信停止リスト(Master Unsubscribe List)へ追加されます。 ・迷惑メール報告率 これらの苦情件数は、送信したメール数に対する「迷惑メール報告率」としてカウントされます。 弊社で許される苦情発生率は0.5%、メール2000件につき1つとなっております。 この数値を超えた場合には、リストクリーニングを実行し、迷惑メール報告を減らすために出来る限りのアクションを起こしましょう。 この苦情発生件数があまりにも多い場合、アカウントは一時停止、また程度によっては解約していただくことになります。 なおISPの迷惑メール報告は、メールをスパムトラップ(SPAM trap)のアドレスへと送信してしまった場合も発生します。 このスパムトラップ(SPAM trap)はオプトインでないコンタクトへのメールを感知する仕組みとなっています。 これにかかるとブラックリストへの登録など、非常に最悪な結果を招きます。 弊社の規定ではすべてのコンタクトはオプトインしてあることが前提であり、スパムトラップにかかることはアカウントの一時停止、解約へつながる可能性があります。 オプトイン登録フォームの活用やレポート結果に基づくリストクリーニングを行う限り、このスパムトラップには簡単に回避することができます。 スパムの苦情を減らすために確認すべきポイント   (1) 自社のリストの利用:メールリストを購入したり、第三者が収集したリストを使用することはできません。第三者のソースから入手したメールアドレスはすべて削除する必要があります。Benchmark Emailではこのようなリストの使用を禁止していますので、同様リストの使用が疑われる場合はアカウントを事前の予告無く停止する場合があります。   (2) オプトインの確認:購読の意思確認をする最良の方法は、ダブルオプトインの導入です。実際に購読者としてメールリストに登録する前にオプトインメールを配信し、メール内リンクをクリックしてもらいます。購読したことを忘れて迷惑メール報告をするケースもあるため、この方法を導入することで購読者自身に登録したことを覚えてもらえる可能性も高まります。   (3) 配信頻度:ブランド・商品のファンであっても同じメッセージが何度も頻繁に送信されると迷惑と感じることがあります。配信の頻度は業種やコンテンツの種類によって異なります。登録条件で予想される頻度を説明し、どれくらいの頻度で配信されるか予め伝えるよう努めましょう。   (4) 正しいリスト管理:メールリストにおいて重要なのは、数ではなく質です。長期間メールの開封を行なっていないなどエンゲージメントレベルが低い購読者は随時配信対象から外すなどの運用が必要です。   (5) 登録解除リンクを含める:すべての配信メールに購読停止リンクを含める事が必須です(Benchmarkから配信するメールでは配信停止用リンクが自動的に表示されます)。メルマガ解除の方法が分からず迷惑メール報告ボタンを押してしまう事もあるため、明確に表示する事で登録解除を希望している顧客が簡単に手続きを行えるようにしましょう。   (6) 送信元名・件名の見直し:件名あるいは送信元名に必ず認識しやすい会社名や担当者名を使用するようにしてください。スパム要素の高いワードや記号の連続使用は避け、コンテンツと直接関連した件名を入力します。 また件名とコンテンツの内容が全く異なる場合、迷惑メールフォルダへ振り分けられる確率が高くなりますのでご注意ください。   (7) レイアウトの一貫性:同じ色、フォント、レイアウトの一貫したメールテンプレートを使用し、購読者にとって「見慣れたメール」を送るよう心がけましょう。   (8) 企業名の一貫性:親しみの無い会社やブランド名は、購読者へ混乱や不満を招く可能性があります。 (9)アドレスの一貫性:送信元メールアドレスは毎回同じものを使用しましょう。以下のような効果が期待できます。 購読者がメールを確実に認識できるようになります。ブランドや会社名が含まれるメールアドレスを使用することをお勧めします。 異なる送信元アドレスを使用すると、受信側のスパムフィルタによりブロックされる可能性が高くなります。メールアドレスがアドレス帳に追加されるよう購読者に依頼して、メッセージがどのローカルフィルタをも通過出来るようにすることをお勧めします。 詳しくは、下記の弊社ブログ記事をご覧ください。 ブログ:自社メルマガが迷惑メールに?!解決策はこれ! (10)その他: メールの内容は長すぎず短く鮮明にし、その他の詳細はのウェブサイトへ誘導してください。 メール内にウェブサイトのURLを何度も繰り返し表示させると、苦情を受ける可能性が高くなります。通常1、2回で十分です。 メールを送信する前にスパムチェックを実行し、検出された問題を修正してください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 効果測定レポート&到達率 5月 30, 2019