サポートページ aero-right

Twitterプロフィールに登録フォームを掲載する方法

ニュースレター購読の登録フォームをTwitterに掲載する方法について以下をご確認ください。 STEP 1 : 登録フォームのリンクを取得 Benchmark Emailのアカウントへログインし、ダッシュボードメニューより「コンタクトリスト」>「登録フォーム」を選択し設置したい登録フォーム(埋込型フォーム(多項目)のみ利用可能)をクリックします登録フォームの作り方は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? 「STEP2 デザイン」段階へ進む 「フォームURL」をクリック 「フォームURL」ウインドウ内の登録フォームURLをコピー STEP 2:URLの短縮 リンクを短縮する為にBit.lyを使用することが出来ます。 Bit.lyのサイトへ行く コピーしたURLをボックスに貼付け”Shorten”をクリック Copyをクリックし短縮URLをコピーします。 STEP 3:Twitterへの貼り付け  Twitterにログインし左上のユーザーアイコンをクリック 「プロフィール」を選択し、画面右側の「プロフィールの編集」をクリック  ウェブサイトのボックスに短縮URLを貼付け 「変更を保存」をクリックし、完了です ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア 登録フォーム 9月 25, 2020

外部システムとの連携では何が出来ますか?自社サイトやシステムとの連携は?

Benchmark Emailでは様々な外部システムとの連携機能を提供しています。ここでは人気のシステムとの連携と、連携をすることで可能になる機能をご紹介します。 ■Facebook連携 Benchmark Emailで最も連携されているのがFacebookではないでしょうか。連携により以下が可能となります。 -メール配信をすると自動的にFacebookフィードに投稿(設定をOFFにもできます) -Facebookボタンのデフォルトリンクが自社ファンページに設定 ■Twitterタイムライン連携 -配信メールをタイムライン上で共有 -Twitterボタンのデフォルトリンクが自社アカウントページに設定 ■Twitterツイート連携 -最新ツイートを専用連携テンプレートにて最大5件まで共有 (※2016年5月からの新機能です。) ■SurveyMonkey連携 -SurveyMonkeyで開催中のアンケートリンクをメールで配信 その他Pinterestなど様々なソーシャルサイト、ZendeskやeBay、Etsyなど外部サービスとの連携が可能となっています。マーケティングポータル同士を繋げればマーケティング効果の倍増が期待できるためぜひご活用ください。 ■自社サイトやシステムと連携する場合にはAPIを利用します。 API連携・構築におきましてはサポート対象外となりますため、あらかじめご了承下さいませ。 APIの詳細はこちら

テンプレート&メールエディタ 2月 6, 2019