サポートページ aero-right

テキスト版のメールの編集方法は?

目次 テキスト版とHTML版の同期とは テキスト版とHTML版を同期する方法 テキスト版を自由に編集する方法 テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキスト版とHTML版の同期とは 同期がオンになっている: HTML版で編集した内容が、テキスト版にリアルタイムで反映されます。リンクは [1] [2] [3]...の文字が代入され、最後にReference:としてURLが表示されます。 同期がオフになっている: テキスト版が保護されています。HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。過去のメールをコピーして作成した場合、過去のメールのテキスト版が保護された状態で編集が始まります。送信前に、必ず今回のメール内容を反映するようにしてください。 テキスト版とHTML版を同期する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択の上で、「テキスト版エディタ」にカーソルを当てます。 以下のように「HTML版とテキスト版の自動同期がオフになっています。」と表示される場合は、HTML版の変更がテキスト版に反映されていません。 同期する場合は、「テキスト版エディタ」をクリックして編集画面へ移動します。 「HTML版とテキスト版の内容を同期」をクリックします。 そのまま「保存」を押すと、同期したままHTML版の編集画面へ戻ることができます。※ここで内容編集を行うと、同期はオフに戻り、編集内容が保護されます。 「テキスト版エディタ」にカーソルを合わせると「HTML版とテキスト版の自動同期がオンになっています。」と表示されますので、同期完了です。この状態でHTML版を編集すると、変更がテキスト版へ自動反映されます。 テキスト版を自由に編集する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択し、「テキスト版エディタ」をクリックします。 テキストの編集を行います。HTMLで作成した内容を元に編集を始める場合は、「HTMLの内容をテキストへ変換」ボタンをクリックしてから編集します。 テキスト版の編集が終わったら、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。※この後、HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。 テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキストメールを編集する理由は、HTMLの表示ができない受信者であってもメッセージを確認できる様にするためです。そのためテキストメールはHTMLを含め、ほとんどコードが含まれていない状態となっています。HTMLタグをテキストメールに付け加えることは可能ではありますが、HTMLを設定で表示しない購読者に対してはコードがそのまま見えてしまう可能性もあります。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 9月 12, 2019