サポートページ aero-right ブログ記事

WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法とは?

WordPressとBenchmark Emailを連携させることで、以下のことができるようになります。 ブログ記事をそのままメールで配信できます。 登録フォームの設置ができ、WordPress内でフォームの作成や編集も可能です。 WordPressページよりメールの送信(またはテストメール)ができます。 WordPressダッシュボード内でレポートの表示ができ、開封率などを確認することができます。 目次: WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法 ブログ記事をメールで配信する方法 登録フォームの設置について まだBenchmark Emailのアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクより作成後、下記の手順に従って連携を行なって下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成     WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法 まずはBenchmark EmailのAPIキーを取得します。その後にBenchmark Email Liteをインストールして、最後にWordPressで取得したAPIを入力します。各手順は以下の通りです。 <Benchmark EmailのAPI キーを取得する方法> 1. Benchmark アカウントへログインします。 2. 画面右上のアカウント名をクリックし、APIを選択します。 3. 左のメニューからAPI キーをクリックします。 4. 「あなたのAPI キーは」というボックス内に表示されたAPIキーをコピーします。   <WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」をインストールする方法> 1. WordPressブログページにログインします。 2. ダッシュボードメニューからPlugins(プラグイン)を選択しAdd New(新規追加)をクリックします。 3. 画面右のKeyword欄に「Benchmark Email Lite」と入力し検索します。 4. 「今すぐインストール」ボタンをクリックします。サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力する必要がある場合がございます。 5. 「有効化」ボタンをクリックします。 最後に、WordPressページに戻りAPIキーを入力して連携を完了させます: 1. ダッシュボードのサイドバーメニューからBenchmarkをクリックし、Settingsをクリックします。 2. 「Connect  to Benchmark」ボタンをクリックし、Benchmark Emailのログイン名とパスワードを入力します。 3.  API Keyのボックス内にコピーしたAPI キーを貼り付け、Save changes(変更して保存)をクリックします。 4. 「You are connected!」のメッセージが表示されましたら、連携完了です! 今後はWordPressのサイトを離れることなくメールの作成・送信や登録フォームの設置ができるようになります。   トップに戻る     ブログ記事をメールで配信する方法 1. WordPressのダッシュボードの左の投稿にカーソルを合わせ、投稿一覧を選択します。 2. 配信したい投稿のタイトルにカーソルを合わせ、Create email campaignを選択します。 3. Benchmark Interface画面にページが遷移しますので、表示される「Open Benchmark Interface→」ボタンをクリックします。 WordPressで投稿した記事がBenchmark Emailのインターフェースに取り込まれます。   4. 該当記事がメールとして作成され、ページがチェックリストに遷移します。 5. 右上の「すぐに送信」ボタンですぐ配信、または「配信設定」ボタンをクリックして配信時間など詳細設定を行ってください。 なお、メール名はデフォルトで以下のように設定されますが、チェックリストのメール名の右に表示される鉛筆アイコンをクリックすると変更可能です。 例)Benchmark Email Lite +ブログ記事をBenchmark Emailインターフェースに取り込んだ作日付と時間 注意点: メールのフォーマットはブログ記事で使用したものがそのまま反映されます。 「続きを読む」リンクは受信者側の仕様によって表示される箇所が異なります。   <複数の記事を1つのメールで配信する方法> 1. WordPressのダッシュボードの左の投稿にカーソルを合わせ、投稿一覧を選択します。 2. 配信したい投稿にチェックを入れ、「一括操作」で「Create email campaign」を選択し、「適用」をクリックします。 3. Benchmark Interface画面にページが遷移しますので、表示される「Open Benchmark Interface→」ボタンをクリックします。 WordPressで投稿した記事がBenchmark Emailのインターフェースに取り込まれます。この後は上記と同じ操作方法です。   関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた トップに戻る     登録フォームの設置について 登録フォームの設置はダッシュボード左のサイドバーメニューから外観を選択し、ウィジェットをクリックします。 必要数の登録フォームウィジェットをセットアップでき、WordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 詳しくは以下のFAQをご確認ください。 FAQ:WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 トップに戻る   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 12月 10, 2021

自社サイトへの訪問者数を増やすには?

中小企業の経営者にとって反応を示してくれる一定の購読者数を獲得していることは理想的な状況です。このような購読者はサイトに頻繁に訪問してくれるからです。しかしながら、まだサービスや製品を使ったことのない新たな顧客となり得るサイト訪問者数を増やすことも非常に重要です。ここでは、新規訪問者を増やすヒントをご紹介します。 質の高いコンテンツ掲載 ご自身の分野のビジネスに関する独自の視点で質の高いコンテンツを作成し掲載することで、検索結果より新たな訪問者をサイトへ引きつけることができます。 ブログ掲載 ブログの投稿は、読みやすく魅力的なコンテンツをサイトに掲載する優れた方法です。ブログは人気が高く読者を獲得しやすいため、メルマガ購読の登録者数の増加が期待できます。 また、検索エンジンが記事の牽引を行うため、サイトトラフィックの増加につながります。ブログ記事とご自身のBenchmark Emailアカウントを連携させて、メールキャンペーンとブログの両方でより多くのアクセスを獲得することも可能です。 FAQ:RSSメールの作成方法 広告 予算を少し使って自社サイトへのトラフィックを増やすには広告に投資をするのは最善の方法です。Facebookなど人気の高いソーシャルメディアサイトでの宣伝を行うことで、高い露出度を得られ様々なグループへのブランド認知につながります。長期的に見て、少しの費用で大きな利益を生み出すことができる方法です。 広告の機会は、オンラインでもオフラインでもあります。オンラインの広告としては、Google AsWords、 Google AdSense、またはMSN adCenterが挙げられます。オフラインでは、使用する印刷物に必ずウェブサイトのURLと会社情報を明記することで広告の機会を増やします。 避けるべきこと ウェブサイトへのトラフィックを増やすために、避けるべき注意点をいくつかご紹介します。 リストの購入:Benchmark Emailでリストの購入が禁止されているのはもちろんのことですが、突然一方的にメールを送りつけるのは否定的なフィードバック、苦情報告、またBBB(商事改善協会)へ報告されるなどの結果になりかねません。 盗作行為:他のサイトのコンテンツをコピーし、自身のサイトで使用することは禁止されています。必ずオリジナルのコンテンツを作成しましょう。他人のコンテンツを参照するのであれば、学校で研究レポートを書く場合と同じようにクレジットを表記し、可能であればリンクを挿入します。 迷惑メール:必ず配信する情報が正しく、購読者に関連性があることを確認してください。コンテンツを一斉に作成し送信するのは、これまで積み上げて来た努力の結果を一気に無駄にしてしまう危険があります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

General Questions オートメーション 3月 10, 2021