サポートページ aero-right ホットリードメール

ホットリード機能の「リンク別クリック」リストについて

「リンク別クリック」リストとは、ホットリード機能の一部でメール内に利用されているURLを基準に作成するリストを指します。特定のURLをクリックしたコンタクトだけを抽出できる機能です。 指定したURLの内、どれかをクリックしたメールアドレスを抽出することも可能です。このオプションではメール内に埋め込んだいずれかのリンクURLに対して、積極的にアクションを行っているメールアドレスを見つけることが出来ます。 さらに積極的にメールを開封している購読者を抽出する方法もあります。「すべてのメール」を選択して、リストを作成すると指定したURLをすべてクリックしたメールアドレスだけをリストとして保存が出来ます。 <「リンク別クリック」リストの作成方法> 1. コンタクトリストの「新規リストの作成」よりホットリードリストをクリック、リンク別リストを選択します。   2. 配信から3日以上経過したメールから、リスト作成の基となるメールキャンペーンにチェックを付け次へをクリックします。**A/Bテストを行ったメールキャンペーンにはご利用できない仕様です。 3. 選択したキャンペーン内のURLから、リストの基となるURLを選択し次へをクリックします。 4. リスト抽出の条件設定をします。 1件以上のクリック:選択したURLの内一件でもクリックしたコンタクトを抽出 全てのクリック:選択したURL全てをクリックしたコンタクトを抽出   5. 抽出したリスト名を入力しリスト作成をクリックします。 抽出したリストへカスタマイズしたホットリードメールを配信しましょう。 また開封・クリックリストの作成方法はこちら ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 1, 2021

ホットリード機能とはなんですか?

まず、初めに「ホットリード」とはなんでしょうか?これは、自社の商品やサービスに対する関心度が高く、購買までもう少しの段階にある見込み顧客のことを指します。 Benchmark Emailのホットリード機能は、メールへの反応の良い(メールの開封やリンクのクリックをした)購読者を自動的にリスト化してくれる便利なツールです。 選択したメールキャンペーンを分析し、開封やクリックなどの特定条件に該当したコンタクトを抽出し、リストを作成します。分析は開封、クリック、又は特定URLへのクリックを基準に行います。   新規リストの作成で「ホットリードリスト」を選択すると、次に「開封・クリックリスト」と「リンク別リスト」の2種類のオプションが表示されます。計測する項目を決定後、分析したいメールキャンペーンを選択します。そのあと、抽出条件を設定するとその結果該当するコンタクトが抽出されホットリードリストが作成されます。作成されたリストは自動的にコンタクトリストに保存されます。 ホットリード機能のご利用方法: 1. Benchmark Emailアカウントへログイン 2. ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリック 3. 「新規リストの作成」ボタンをクリック 4. ホットリードリストを選択し「次へ」をクリック 5. 「開封・クリックリスト」、または特定のURLクリックを元に抽出する「リンク別リスト」のいずれかを選択   <開封・クリックリスト(開封及びクリックで抽出)の作成方法> 上記手順の1〜5まで完了したら、「次へ」をクリック リスト作成の基となるメールキャンペーンにチェックを入れ、「次へ」をクリック リスト抽出条件、メールの条件とアクションの種類を選択 抽出したリスト名を入力し「保存」ボタンをクリック 詳細については、以下のFAQをご確認くださいませ。 FAQ:ホットリード機能の「開封・クリック」リストについて <リンク別リスト(特定のURLクリックで抽出)の作成方法> 上記手順の1〜5まで完了したら、「次へ」をクリック リスト抽出の基準となるURLを選択し、「次へ」をクリック 抽出条件を選択 抽出したリストに名前を入力し、「保存」をクリック 詳細については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ホットリード機能の「リンク別クリック」リストについて 注意点: ホットリードメールは有料機能となっております。アップグレードをご希望の方はこちらをクリックしてください。 リストサイズによって抽出完了までにかかる時間が異なります。 RSS配信、ステップメール、EMAで配信したメールはホットリード機能では選択不可となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 1, 2021