サポートページ aero-right

区切り線(ディバイダーブロック)の使い方

区切り線(ディバイダーブロック)は、メールやランディングページの作成に大変便利な機能です。コンテンツの各セクションを区切ることで読みやすくすっきりとしたデザインになります。 ここでは、ドラッグ&ドロップエディタで区切り線を挿入する方法や、画像とブロック周囲の余白を調整する方法をご紹介します。 区切り線の挿入方法 左のブロックから「区切り線」ブロックを選択し、挿入したいセクションにドラッグ&ドロップします。ドロップすると、左側に区切り線の設定画面が表示されます。 詳細設定 背景色 画面左の円をクリックし、色彩パレットから色を選択します。カラーコード(hex値)を使用する場合は、ボックス内にコードを入力してください。 幅 0〜99pxの範囲で、上幅と下幅を設定できます。 行間 緑のポインターをスライドし、0〜20pxの範囲で左右の行間を調整します。 ラインの種類 区切り線のデザインを選択し、幅の変更も可能です。色彩パレットから色を選択します。カラーコード(hex値)を使用する場合は、ボックス内にコードを入力してください。 区切り線の設定画面に戻るには、メール内に挿入された区切り線ブロックをクリックすると左に設定画面が表示されます。 使い方のおすすめ 区切り線は余白としても使用することができます。線の幅を0pxにし、無色にすることで綺麗ですっきりとしたデザインになります。 カスタム区切り線 カスタム区切り線の画像を使いたい場合は、区切り線ブロックではなく、画像ブロックを使用します。画像ブロックを開き、カスタム区切り線の画像をメールにドラッグします。 メールに挿入した全てのブロックには、余白を追加することが可能です。画像の挿入については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:画像をメールに掲載する方法 メールのデザインにコラムを3つ使用している場合は、コラムに区切り線を挿入することができます。 ヘッダーとサブヘッダーの間に区切り線を使用すると、より読みやすくなります。また、各セクションの終わりやメールの最後に区切り線を使うこともできます。 メールのコンテンツが一番重要ですので、区切り線が目立たない様、区切り線を太くしすぎたり濃い色を使いすぎたりしないように注意しましょう。 Benchmark Emailでは無料テンプレートをたくさんご用意しております。簡単にクリエイティブなメールを作成することができます。 ドラッグ&ドロップエディタについてご不明な点がございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。

ドラッグ&ドロップエディタ よくある質問 6月 12, 2020

エラーアドレスの運用方法は?

せっかくメールを送ったのにエラーで届いていない、というケースがあります。配信エラーの原因は受信側サーバーの一時的な障害、コンテンツブロック、配信リストのサイズが大きすぎる、無効アドレスへの配信が多すぎる、など様々です。エラーとなる要因によってソフトエラー、ハードエラーと区別されます。それぞれ対応方法が異なりますので、以下詳細をご確認ください。   ソフトエラー 一時的な原因でメールの受信ができない場合に出るエラーです。このタイプのエラーが出たアドレスは今後も受信できる可能性があります。ソフトエラーの原因は「受信箱容量がいっぱい」「セッション回数が多すぎる」「受信サーバーの一時的な障害」「不在時の自動返答設定」などが挙げられます。 ソフトエラーのアドレスへは配信を継続していただいて問題ありません。   ハードエラー 永続的な原因でメール受信ができない場合のエラーがハードエラーです。今後配信を継続しても受信可能になる確率は極めて低いアドレスになります。ハードエラーの原因は「アドレスが存在しない」「ユーザー不明」「受信箱が無効になっている」「ドメインが存在しない」などです。また稀に送信ドメインの評価が低い、DKIM設定が正しく行われていないため送信者不明と判断され受信サーバーで弾かれた場合、ハードエラーと表示されることもあります。 FAQ:有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか? エラー確定 Benchmarkでは連続でエラー(ハード2回、ソフト3回)となったアドレスは「エラー確定」となります。このアドレスは該当リスト内で配信対象から外れるようになっており、アクティブコンタクトには含まれません。ただエラーと判断された過去に配信済みの配信メールで開封があった場合、自動でアクティブコンタクト数にカウントされるようになります。 エラー確定アドレスはリスト内の「エラー確認済み」項目にてご確認いただけます。 このようにエラーアドレスに対するシステムでの対策がすでに起動しているため、エラーが出たからといってアドレスを削除したり、リストの入れ替えを行わないようにしてください。 「エラー確定」ステータスはリストに紐付く仕様となっているため、エラー確定となったアドレスは他のリストへ登録しないよう注意しましょう。   無効アドレス ISPにより「無効アドレス」であると判断された場合、「無効アドレスリスト」に追加となります。 こちらは「アドレスが存在しない」や「メールを配信しても到達しない」などが含まれます。 今後送信するメールにおいて自動的に配信対象外になる仕様でございます。 「無効アドレスリスト」に登録されたアドレスは、アカウントから配信する全てのメールにおいて配信対象外となります。 ・システム上からリスト自体を削除することはできません。 ・リスト内のアドレスは、ご契約プランの基準となるアクティブコンタクト数にカウントされます。 ・リスト内のアドレスはご自身で削除を行って頂けます。   尚、エラー原因が明確で永続的に受信できない場合、Benchmarkシステムで該当のアドレスを取り除くことがあります。例としては、「550 ユーザーが存在しません (xxx@xxxxxxx)」「5.1.1.不明あるいは無効なコマンド、ユーザーが存在しない」等のエラーが挙げられます。   メール配信前に予めエラーアドレスを取り除くにはリスト照合をご利用ください。無効アドレスを検出し、エラーアドレスを事前に排除することで送信ドメインや送信サーバー評価の向上にとても効果があり、高い到達率を達成します。   そのほかのレポート機能については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:レポート機能とは何ですか?     >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 効果測定レポート&到達率 9月 16, 2020

WebhookとBenchmark Emailを連携する方法は?

時短に便利なWebhookアプリケーションを利用することで、リアルタイムにBenchmarkアカウントに関する情報を閲覧することが可能です。Webhookにより新規購読者や誰が配信停止をしたのか、等の情報を受け取ることができます。APIと似た機能ですが、Webhookでは情報が自動的に送られてきます。初期設定を行ったらあとはリクエスト作業をすることなくリアルタイムで情報が更新されていきます。銀行のオンラインアカウント情報やインスタからの新規フォロワーやいいね!、プライベートメッセージのお知らせ等、Webhookはコミュニケーションにおいて知らないところで日常的に活躍しています。 Webhookって何? Webhookとはリアルタイムにアクションを基にした情報を収集し、特定のURLへデータを送るアプリケーションです。 Webhookの利点 Webhooksを使うことでBenchmarkアカウントへログインしなければいけない頻度が少なくなります。特定のURLで新データの確認ができるため、Benchmarkアカウントにログインする手間が省けます。例えば配信したメールで誰が購読停止をしたか等の情報を任意のURLで確認することが可能です。 Webhooksで確認可能な情報の例 新規登録 購読停止 プロフィール更新 削除されたメールアドレス メールアドレス変更 その他はこちらをご確認ください。 BenchmarkアカウントでのWebhooks設定方法: Benchmark Emailアカウントへログイン 「コンタクト」をクリックし、再度「コンタクト」を選択 設定したいリスト名をクリック 画面右上の「・・・」メニューから「Webhooks」を選択 情報の宛先URLを入力 情報を送るトリガーとなるアップデート情報を設定 「Webhookを追加」ボタンをクリックして完了 追加でWebhookを設定したり、既存の設定を更新・削除することも可能です。 アップデート情報で設定した項目が更新されると、WebhookアプリによりHTTP POSTおいて設定URLへデータが送信されます。データは key/value として表示されます。 オリジナルの Webhook の作成やトラブルシューティングの詳細についてはこちらをクリック。 ご不明点はサポートまでご連絡ください。 >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 1月 23, 2020

登録フォームのシングルオプトイン機能とは?

リストの質を考えるのであればダブルオプトインを利用するのがお勧めですが、Benchmark Emailではシングルオプトインのオプションもご用意しています。ダブルオプトイン形式では登録フォームからの登録者へオプトインメールを配信し、メール内のリンクをクリックしてもらうことで初めて配信リストへの登録が完了しますが、シングルオプトイン形式では登録フォームに入力するだけでリストへの登録が完了となります。 登録の流れがとてもシンプルになるのがシングルオプトインの利点ですが、特にモバイルデバイスを利用して登録フォームへ入力する人には便利なオプションです。 ただ欠点もあるのが現状ですので、以下のポイントを考慮した上でご利用下さいますようお願い致します。 利点 シンプルな登録プロセス:2段階のステップを踏む必要がないので、シンプルでスピーディーな登録が可能です。 懸念点 無効アドレスの増加:オプトインメールでの認証プロセスを省くため、登録フォームに入力されたメールアドレスがそのまま登録されます。入力間違いやボットからのスパム登録がそのままリストに反映されてしまいます。 配信評価の低下:シングルオプトインで無効アドレスが増えると、当然メール配信の際のエラー率も高くなります。エラー率の高い配信はサーバー・ドメイン評価を下げる要因となります。 長期的にコストが高くなる:有効か無効かに関わらずリストへメールアドレスが登録されていくため、アドレス件数の増加に伴いBenchmark Emailアカウントのアップグレードが必要になってきます。また配信評価が下がることによりメールが届かなくなり、最終的に売り上げが伸び悩む可能性もあります。 シングルオプトイン形式にはリスクが伴う点をご理解の上、ご利用下さいますようお願い致します。またボットからのスパム登録を防ぐためreCAPTCHA機能を併用することをお勧めします。 またシングルオプトイン形式をご利用される前に、お住いの地域でダブルオプトインが義務化されていないかご確認ください。国や地域によってはメールアドレスなどの個人情報の収集におけるシングルオプトインの利用を制限している場合があります。 シングルオプトインの設定は以下をご確認ください。 ダッシュボートの「コンタクトリスト」を選択し、「登録フォーム」をクリックします。 新規作成の場合は「登録フォーム作成」をクリック、あるいは既存の登録フォーム名をクリックします。 ステップ2「デザイン」ページにて「登録ステップの設定」をクリックします。 「登録ステップの設定」にてドロップダウンメニューの「シングルオプトイン(1段階認証・「標準設定」でreCAPTCHA機能をONにしてください)」を選択します。 次にドロップダウンメニューで「ウェルカムメール送信」もしくは「ウェルカムメール無し」を選択します。 ウェルカムメール ウェルカムメールは登録フォームで「登録」ボタンをクリックすると自動で配信されるメールです。送信元やメール内容など以下の項目は自由にカスタマイズが可能となっています。 差出人名 送信元メールアドレス 件名 ウェルカムメッセージ(メール本文) クロージング/署名 ウェルカムメールのテストメール送信も可能です。 「ウェルカムメール無し」を選択した場合、アラート通知設定を行って次のステップに進んでください。 アラート通知 オプトインアラート(何件の登録があったか、通知を受け取る)の頻度を設定します。通知はBenchmark Emailアカウントの登録メールアドレスへ送られ、以下の頻度から選択可能です。 連絡無し すぐに 毎日 毎週 毎月 設定を確認したら、「保存」をクリックします。 注意点 登録フォームはそれぞれオプトイン設定が必要となります。そのため一つの登録フォームでシングルオプトイン設定をしても、その他の登録フォームにはその設定は反映されません。 ダブルオプトインポップアップフォーム reCAPTCHAオプションがONの場合、登録者はサンキューページへ遷移されます。 シングルオプトインポップアップフォーム reCAPTCHAオプションがONの場合、登録者はウェルカムページへ遷移されます。 ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 5月 1, 2020

稼働中のEMAのメールを更新または変更することはできますか?

可能です。稼働中のどのEMAのメールも更新または変更することができます。リンクの貼り忘れ時や余計なものを追加してしまった場合など、メールを更新もしくは簡単に新しいメールを作成することができます。 メールを更新または変更するには、以下のステップに従ってください。 メールが保存されているEMAにアクセスします。 編集したいメールノードを選択します。 「+ New Email」ボタンをクリックします。メールの新規作成または以前のメールの「再利用」を選択して、新しいバージョンを作成することができます。 再利用 - メールを新規作成するのではなく、既存のメールをコピーしてコンテンツを編集することが可能です。 新規作成 - テキストや画像、リンクなど新規コンテンツを追加して、デザインを変更する必要があります。 メールを稼働するには、「このメールを稼働する」をクリックします。 下書きを稼働することで、メールがEMA内で稼働し、以前のメールはメールレポートにアーカイブされます。 レポート:メールレポートはメールの送信ノードを使用して稼働されたすべてのメールに反映されます。バージョンドロップダウンから以前のメールを閲覧することができます。レポートは各メールごとに別々に保存されます。 シナリオ内においてノードの追加や変更を行った際には、必ず「保存」をクリックしてください ワークフローに特定のメールを開封済みまたは未開封のコンタクトをターゲットとした条件が含まれる場合、その条件は自動的に最新の稼働中のメールに更新されます。 メールの特定のリンクをターゲットとした条件が含まれるワークフローで、メールを新規作成する場合、EMAワークフローはそのまま稼働し続けます。新規作成するメールには同じメールリンクを使用する必要があります。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。 >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 3月 2, 2020

Benchmark Emailで作成した配信メールのウェブページ版にアクセスするには?

メール内にウェブページ版へのリンクを設置することで、メールがうまく表示されない場合にも正しいレイアウトで閲覧してもらうことが可能になります。受信環境によってはファイアウォールなどでメールが正しく表示されないトラブルが発生しますが、ウェブページ版を開いてもらえばメールコンテンツの閲覧も問題にはなりません。またウェブページ版へのリンクを使ってソーシャルメディアページへ遷移させることも可能です。 配信メールのウェブページ版にアクセスするには: Benchmark Emailアカウントへログイン ダッシュボードより「メール」>「メール」をクリック ウェブ版にアクセスしたいメールのオプションアイコンをクリック 「プレビュー」を選択 ポップアップ画面に表示されたメールから「こちらWebページ版をクリック」をクリック これで別ウィンドウにてウェブバージョンが開きます。 注意:ウェブページ版リンクをメールに設置するにはメール作成ステップ1の詳細設定ページにて設定ください。ボタンをスライドさせることでこのオプションをONにできます。 ご不明点がありましたらサポートまでお気軽にご連絡ください。

よくある質問 5月 19, 2020

プレヘッダーテキストとは何ですか?

プレヘッダーテキストは受信箱において件名の後に表示されるテキストです。メールコンテンツの概要を入力するのが一般的です。このテキストはメール本文では表示されません。 メールを受信する前にどのような内容かを知らせたり、興味をそそる文章を入れ込む事で開封率アップが期待できます。件名では伝えきれない部分の補足として使用することをお勧めします。 プレヘッダーテキストオプションは通常の配信メール、RSS配信、オートメーションにてご利用いただけます。ただしドラッグ&ドロップ、HTMLビルダーのみでのオプションとなり、Plain Textエディタではご利用いただけませんのでご注意ください。 通常配信メールでのご利用方法: Benchmarkアカウントにログイン ダッシュボードメニューから「メール」>「メール」を選択 「メール作成」ボタンをクリック 「通常メール配信」を選択し「次へ」をクリック 「ドラッグ&ドロップエディタ」を選択し「次へ」をクリック 「管理用のメール名」を入力し「次へ」をクリック 「件名」内にてプレヘッダーテキストを入力し「保存」をクリック EMAでのご利用方法: ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「EMA(β版)」を選択 「新規シナリオ作成」ボタンをクリック シナリオ名を入力し保存 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 トリガーを設定し保存 「シナリオを作成する」をクリックし、アクションを選択 「メールを送信する」オプションを選択 プレビューテキストオプションをONにする 表示されるテキストボックスに入力 「保存」をクリック ステップメールでのご利用方法: ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「オートメーション」を選択 「オートメーション作成」をクリックし「ステップメール」を選択 概要ページの入力を完了 「メールの追加」ボタンをクリック 件名の下に表示されるプレヘッダーテキストオプションをONにする テキストボックスに任意のテキストを入力 「保存&次へ」をクリック 既存のステップメールへプレヘッダーテキスト入りのメールを追加する場合: ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「オートメーション」を選択 メールを追加するオートメーションメール名をクリック 「メールの追加」ボタンをクリック 件名の下に表示されるプレヘッダーテキストオプションをONにする テキストボックスに任意のテキストを入力 「保存&次へ」をクリック   関連ブログ記事:開封率が上がる件名とは?『ザ・コピーライティング』から学ぶ見出し作成ルール   ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 8月 3, 2020

オプトイン・オプトアウトリンクを配信メールに挿入する方法

購読者に対し分かりやすいオプトイン・オプトアウトリンクを提供することで信頼関係の構築とエンゲージメントの向上が期待できます。常に最新のオプトイン設定を保つことでメールマーケティングの運用にも良い効果が出てきます。 メールに興味がない購読者に対しメールを配信し続けても開封率は上がりません。また開封率はISPによりトラッキングされているため低い開封率が続くことで送信元ドメインやサーバー評価が下がってしまいます。 一定期間エンゲージメントの無い購読者への配信は停止し、開封やクリックを定期的にする人だけに配信を継続しましょう。オプトインリンクの設置によりエンゲージメントのある人だけのリストを作成することが可能になります。 タグによる設置方法 タグの使用によりメール本文内にオプトインリンク或いはオプトアウトリンクを挿入できます。ドラッグ&ドロップエディタを選択し配信先リストを選択したら下記の手順に従ってください。 *オプトアウト(配信停止)リンクはフッターブロックに自動挿入されるため、タグでの挿入は必須ではございません。 オプトインリンクの設置: エディタ上でボタンブロックを好きな位置にドラッグ&ドロップします。 ボタンブロックをクリックし編集モードにしたら、画面左の編集オプションより「コンテンツ」を選択します。 「コンテンツ」メニュー内の「ボタンテキスト」を [opt-in: ボタンテキスト (自由に変更可能) ] に変更します。 上記のタグはテキストブロック内でも使用できます。 プレビューまたはテストメールでリンクが正常に機能するかテストを行ってください。 オプトイン済みコンタクトを確認するには以下のステップに従って下さい: ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリックし、サブメニューから「コンタクトリスト」を選択します。 該当のリスト名をクリックします。 「オプトイン完了」を選択します。オプトインの詳細については、下記のFAQをご参照ください。 FAQ:オプトイン完了/オプトイン未完了とは何のことですか? オプトインの逆オプトアウト(購読停止)リンクを同様に挿入することも可能です。方法は以下をご確認ください。 オプトアウトリンク設置: エディタ上でボタンブロックを好きな位置にドラッグ&ドロップします。 ボタンブロックをクリックし編集モードにしたら、画面左の編集オプションより「コンテンツ」を選択します。 「コンテンツ」メニュー内の「ボタンテキスト」を [unsubscribe: ボタンテキスト (自由に変更可能) ] に変更します。 上記タグはテキストブロック内でも使用できます。 プレビューまたはテストメールでリンクが正常に機能するかテストを行ってください。 注:タグはハイパーリンクではなくテキストとして、または文章の中に挿入して使用するようにしてください。タグ部分をクリックすることにより、それぞれの購読者に特有のリンクが自動生成されます。   ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 5月 1, 2020

1 2