サポートページ aero-right ランディングページ

アーカイブページ機能について

  アーカイブページ機能とは? Benchmark Emailでは、配信したメールをバックナンバーとして保存するためのウェブページをご用意しております。こちらをアーカイブページと呼び、公開設定を行ったものだけが表示されます。 過去に配信した全てのメールを一つの場所にまとめて保存および共有ができる大変便利な機能ですので、ぜひご活用ください。 ご注意:旧インターフェースではアーカイブのサポートは行なっておりませんのでご了承ください。 目次 アーカイブページの利点について アーカイブページの開設 メールをアーカイブページに追加する方法 アーカイブページの編集方法(デザインの変更など) アーカイブページからメールを削除する方法 アーカイブしたメールのURLを取得する方法 よくある質問 アーカイブページの利点について 過去に配信した全てのメールをリンク付で保存できる 顧客が過去のメールにアクセスしやすく、すぐ閲覧することができる プロダクトの責任者が過去記事をいつでも閲覧でき、必要に応じて参照することができる アーカイブページはメールを1つのファイルに保存できるシステムです。FacebookやTwitter上でのメール共有とは異なり、過去に作成した全てのメールを自身用にしまっておくことができます。それぞれのメルマガにURLが生成されますので、必要に応じてURLを参考にしたり共有したりすることができます。   トップに戻る   アーカイブページの開設 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、ダッシュボード左のメニューから「メール」→「アーカイブ」を選択します。 2. アーカイブページを未作成の場合は右上に表示される「アーカイブURLを作成」ボタンをクリックします。 3. アーカイブページのURLを設定します。「保存」をクリックすると、アーカイブページのURLが決定します。 一度設定を行うと、アカウント上での変更が出来ませんのでご注意ください。変更を希望される場合、こちらよりサポートへご連絡をお願い致します。 トップに戻る   メールをアーカイブページに追加する方法 メールをアーカイブに追加する方法は2通りございます。以下の手順に従ってください。 <メールチェックリストから追加する方法> メールを作成する際にチェックリストに「このメールをBenchmarkアーカイブWebページへ追加」が表示されます。 1. 下書きまたは未完了のメールを開きます。 2. メールチェックリストからスクロールダウンし、「リンクのトラッキング&共有」画面または「編集」ボタンをクリックします。 3. 「このメールをBenchmarkアーカイブWebページへ追加」オプションをクリックします。 4. スライドボタンを右に切り替え(灰色→青色)、「保存」ボタンをクリックします。 <アーカイブ画面から追加する方法> 過去に配信したメールから、公開するものを選択します。下書きや未完了のメールは表示されません。 1. ダッシュボートの左メニューより「メール」→「アーカイブ」をクリックすると、配信済みのメールが表示されます。 2. 公開したいメール名の右上のアイコンをクリックし、「アーカイブへ追加する」を選択します。 3. アーカイブへ追加されたメールは「未稼働」から「稼働中」へと表示が変わります。 トップに戻る   アーカイブページの編集方法(デザインの変更など) デザインを変更したりコンテンツに順番をつけたりすることができます。ただし、アーカイブページのコード自体を編集することはできませんのでご注意ください。以下の手順に従って編集を行なってください。 1. Benchmark Email上で「アーカイブ」ページを開き、右上の「アーカイブページを編集する」をクリックします。 2. 「ステップ1 コンテンツ」では記事の公開順などを編集します。 ①サムネイルの表示・非表示を選べます。 ②クリックして灰色に設定すると、該当記事の公開が停止されます。 ③クリックしたまま上下へ動かすことで、記事の順番を変更できます。 ④「編集」をクリックするとメールの詳細を変更できます。 変更後、「保存&次へ」ボタンをクリックします。 3. 「ステップ2 詳細」では以下の情報をカスタマイズすることができます。 ページタイトル:HTMLのタイトルタグのことで、実際のアーカイブページには表示されません。 ヘッダー:アーカイブホームページの一番上に表示されます。 序文(挨拶など):ヘッダーの下に表示されます。 フッター:アーカイブページ一覧の下に表示され、Google Analyticsコードはこちらに貼り付けます。 登録フォームの追加または削除:登録フォームはアーカイブページの右下に「ニュースレターに登録」と記載したテキストリンクとしてのみ表示されます。登録フォームのデザイン変更などは、登録フォーム編集画面から行なってください。 ヘッダーの上にロゴを表示または非表示:ヘッダーの上にロゴを表示する際は、画像ギャラリーから画像を選択するか、お手持ちのパソコンからアップロードも可能です。 変更後、「保存&次へ」ボタンをクリックします。 4. 「ステップ3 デザイン」ではページデザインの背景色、フォント、フォントサイズや以下のセクションの調整などの変更が可能です。 ヘッダー ボディ ボディ2 フッター 変更後、「保存&完了」ボタンをクリックします。 トップに戻る   アーカイブページからメールを削除する方法 1. 左のダッシュボードメニューより「メール」→「アーカイブ」を選択します。   2. アーカイブページから削除したいメールの右上のアイコンをクリックし、「アーカイブから外す」を選択します。   トップに戻る   アーカイブしたメールのURLを取得する方法 トップページのURLはBenchmark Email上のアーカイブ一覧ページに表示されています。完成したアーカイブページを確認したり、メールやSNSおよびウェブサイトなどからリンクを貼ることができます。 アーカイブに保存した特定のメールのURLを取得したい場合は、以下のステップに従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、「メール」→「アーカイブ」を選択します。 2. URLを取得したいメールの「アーカイブバージョンを表示」をクリックすると新しいウィンドウが開きます。 3. アドレスバーに表示されるURLをコピーすることで、アーカイブしたメールのURLを取得したことになります。 トップに戻る   よくある質問   アーカイブページで表示しているメール名と、それぞれのURLは変更できますか? アーカイブページで表示されるメール名および各メールのURLは「アーカイブページを編集する」ボタンから変更が可能です。詳しくは以下のFAQをご確認ください。 FAQ:アーカイブページで表示しているメール名と、それぞれのURLは変更できますか?   お客様がアーカイブページを閲覧できるようにするには、どうしたらいいですか? お客様にメールでアーカイブページのURLを送信する、あるいはホームページをお持ちの方はアーカイブページのリンク、またはボタンを設置することをお勧めいたします。   送信済みのメールがアーカイブページに表示されません。なぜですか? アーカイブページへの掲載は自動的に行われるものではなく、送信済みのメールをアーカイブページに追加する必要がございます。「メールをアーカイブページに追加する方法」で、設定方法をご覧ください。   アーカイブページからメールを削除しても、アカウント上のメール管理データは残りますか? はい。アーカイブページで公開を停止しても、Benchmark Emailアカウントからメール自体のデータが削除されることはありません。メール管理データは、メール一覧やレポート一覧で確認できます。 メール一覧よりメールを削除した場合、アーカイブページからも該当のメールは削除されますので、ご注意ください。 一度公開したメールを公開停止するには、「アーカイブページからメールを削除する方法」にてご確認ください。   トップに戻る ご不明な点がございましたら、サポートまでお問い合わせください。     >>「アンケート/投票/コミュニティ/アーカイブ」のまとめページに戻る

アーカイブ 5月 12, 2021

Benchmark Emailで作成した配信メールのウェブページ版にアクセスするには?

メール内にWebページ版リンクを設置することで、メールがうまく表示されない場合にも正しいレイアウトで閲覧可能になります。 受信環境によってはファイアウォールなどでメールが正しく表示されない場合があるため、Webページ版リンクを設置することにより同一の内容を閲覧して頂けます。また、このリンクを使ってソーシャルメディアページへ遷移させることも可能です。 リンク(URL)へのアクセスは、メール編集画面の「パーミッションリマインダーブロック」から可能です。初期設定でパーミッションリマインダーおよびリンクは挿入されておりますが、内容の編集やリンクを削除することもできます。 目次: Webページ版リンクを挿入する方法 配信したメールのWebページ版リンクにアクセスする方法 メールのURLを取得する方法       Webページ版リンクを挿入する方法 Benchmark Emailアカウントへログイン ダッシュボードの「メール」→「メール」をクリック 編集したいメール名をクリック チェックリストの一番下の「本文&デザイン」または「メール編集」ボタンををクリック 「パーミッションリマインダーブロック」を選択し、左側のコンテンツタブの「ウェブページ表示のリンクを追加」にチェックを入れます。 「保存&次へ」のボタンをクリック これで設定は完了です。プレビュー画面にて確認を行ってください。 購読者が “正しく表示されない場合はこちら” をクリックすると、メールを閲覧することが出来ます。 配信したメールを削除した場合は、ウェブ上に存在しなくなり見ることが出来ないのでご注意ください。 トップに戻る   配信したメールのWebページ版リンクにアクセスする方法 Webページ版のリンクを削除していない場合のみ、こちらの方法でリンクへのアクセスが可能です。 ダッシュボードより「メール」>「メール」をクリック ウェブ版にアクセスしたいメールの右上にあるオプションアイコンをクリック 「プレビュー」を選択 ポップアップ画面に表示されたメールから「正しく表示されない場合はこちら」をクリック 別のウィンドウが開きます。こちらで上部のアドレスバーに表示されるメールのURLをコピーすることも可能です。 ※ステップメールでのWebページ版リンクの挿入方法は通常のメールの場合と異なります。詳細は下記FAQをご確認ください。 FAQ:ステップメールのWebページ版リンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法 トップに戻る   メールのURLを取得する方法 メールにWebページ版リンクを挿入していない場合でも、URLの取得は可能です。以下の手順に従ってください。 左のダッシュボードメニュー「レポート」→「メールレポート」をクリックします。 メールレポート一覧から、該当のメールレポートをクリックします。 右上のオプションアイコンをクリックし、「シェア」をクリックします。 「共有する」の下に表示されるURLをコピーしてご使用ください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 初めての方はこちら 10月 20, 2021

メールやランディングページに動画を挿入する方法

メール、またはランディングページに動画を挿入するには、まず動画のURLを取得し、そのURLを動画ギャラリーに追加する必要がございます。 目次: 動画ギャラリーに動画をアップロードする方法 メールに動画を挿入する方法 ランディングページに動画をアップロードする方法 メール内で動画が再生されない理由 サポートされている動画サービス     動画ギャラリーに動画をアップロードする方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、アカウント名をクリック 2. 「アカウントの設定」を選択し、「動画ギャラリー」をクリック 3. 挿入したい動画のURLをコピーし、画面右上の「動画URL」をクリック 4. 動画URLのボックスにURLを貼り付けます。 5. 「挿入」ボタンをクリックして完了です。 トップに戻る   メールに動画を挿入する方法 1. ダッシュボードメニューから「メール」をクリックし、「メール」を選択 2. 新規メールを作成する、もしくは既存のメールを開き、チェックリストから「本文&デザイン」をクリック (メール作成画面に遷移します) 3. 左のブロックメニューから動画ブロックを編集画面上の好きな位置に配置 4. ブロック内の「動画へのリンク」をクリック 5. 動画ギャラリーが開きますので、挿入したい動画のサムネイルをクリック 6. 編集画面に戻りますので、動画の挿入を確認後、「保存&閉じる」ボタンをクリックして完了です。   また、サイドや上下の空白枠など動画の編集も可能です。   重要:YouTubeから動画URLをコピーする場合、動画の下に表示される「共有」ボタンからの短縮URLはご利用いただけません。必ずアドレスバーのURLを直接貼りつけるようにしてください。 トップに戻る   ランディングページに動画をアップロードする方法 ランディングページに動画を挿入するには、以下の手順に従ってください。 1. コンテンツタブをクリックし、動画ブロックをランディングページの任意の場所にドラッグします。 2. 挿入したブロックに表示された動画へのリンクをクリックします。 3. 動画ギャラリーから選択、または右上に表示される動画URLをクリックして新規の動画をアップロードすることも可能です。その場合は、URLを入力後、「挿入」ボタンをクリックします。 4. 動画が表示されますので、左のオプションより自由に編集が可能です。 5. ランディングページの動画プロックについては以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ランディングページの作成方法について トップに戻る   メール内で動画が再生されない理由 メール内で動画が再生されない理由は、動画はメールで再生ボタン付きの画像として表示され、受信者がそれをクリックすると、動画がホスティングされているページへリダイレクトされるからです。 これは、受信トレイのセキュリティ上の理由によるもので、ほとんどのISPは受信トレイ内での動画再生をサポートしておりません。 受信者に動画サービス上ではなく、Webサイトまたはランディングページで動画を閲覧してもらいたい場合は、再生ボタン付きの画像を作成し、その画像を任意の場所にリンクさせることが可能です。画像にリンクを挿入する方法については、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:メールにリンクを挿入する方法 トップに戻る   サポートされている動画サービス 以下のサービスからの動画を挿入することが可能です。Web上に既にアップロードされている動画を使用します。 Vimeo Wistia YouTube 動画はBenchmark Emailでホスティングしておりませんので、上記の動画ホスティングサービスから動画を削除しないように気をつけてください。また、動画のURLを削除・変更した場合は、動画が正常にリダイレクトされない原因となりますのでご注意ください。 ご注意:メールに動画を挿入した時点で、その動画の使用や複製をする際に禁止コンテンツを含まないことに同意したこととなります。 動画に関する関連ブログは以下のリンクをご覧ください。 動画メールを送るには?再生可能なメールサービス一覧と、確実に動画を見てもらうための対策について 動画のクオリティは本当に大切か?メールマーケター向け動画活用のポイントを詳しく解説   ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 画像ギャラリー 8月 11, 2021