サポートページ aero-right ランディングページ

画像ギャラリーについて

画像ギャラリーは、Benchmark Emailのアカウントをお持ちのすべての方に提供する画像ホスティングサービスです。 無料アカウントでは10MB、有料のアカウントでは最大10GBの画像保存容量を提供しています。 こちらの容量を超える場合には、月額1000円で無制限の画像ホスティングオプションを付けることが可能です。   アカウントに画像をアップロードした時点で、その画像の使用や複製をする際に禁止コンテンツを含まないことに同意したこととなります。   目次: 画像ギャラリーにアクセスする方法 対応しているファイル形式と最大サイズ メールに最適な画像サイズと大きさ ランディングページに最適な画像サイズと大きさ 画像のサイズと大きさを確認する方法 推奨事項   画像ギャラリーにアクセスする方法   ご自身のアカウントの画像ギャラリーにアクセスするには2通りの方法があります。 <アカウントメニューから> 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、画面右上の「アカウント名」をクリックします。 2. 「画像ギャラリー」を選択します。   <メールまたはランディングページの編集画面から> 編集画面から画像ギャラリーへのアクセスが可能で、メールやランディングページに画像を追加することができます。登録フォームエディタからもこのオプションをご利用になれます。 1. 本文&デザインより画像ブロックをクリックをすると、画像ギャラリーが開きます。 2. また、テキストブロックからもアクセス可能です。テキストブロックをクリックすると、上部にメニューバーが表示されます。画像アイコンをクリックすると、画像ギャラリーが開きます。 トップに戻る   対応しているファイル形式と最大サイズ   対応ファイル形式は jpg、jpeg、gif、pngの4種類となり、最大5MBの画像がアップロードが可能です。ファイルサイズが500KB以上かつ辺が640px以上の画像は、自動的に圧縮されたうえでアップロードされます。 .jpeg (specifically RGB JPEG) .png .gif JPEG PNG GIF 高画質のままで利用することが可能なファイル形式です。沢山の色を用いた画像や写真に対して適しています。 背景を透過する事が出来たりと、ロゴの挿入などに適しています。 最大256色まで用いGIF動画を挿入することが可能です。背景透過にも対応しています。 トップに戻る   メールに最適な画像のサイズと大きさ   メールのレイアウトは1〜3カラムで構成されています。画像のサイズ調整はメール内のカラム数によって異なります。 Benchmark Emailのメールテンプレートは、横幅600px を基準としています。 以下の例は、画像を配置するカラムによって、各画像に使用すべき最小の横幅をピクセル単位で表示しています。   Benchmark Emailでは、640pxの画像の使用をお勧めしております。それ以上の画像を使いたい場合は、1200px以下に収めて下さい。このサイズであれば、自動的にメールテンプレートに収まるように画像が調整されます。また、幅が広い方がどのデバイスやメールソフトでもきれいに表示されます。 画像の高さに制限はありませんが、受信トレイで画像が切り取られる可能性があるので、1728px以下にすることをお勧めします。 また、画像の上下・サイドの空白枠はオプションで、 0 〜 20pxの範囲で設定が可能です。 大きい画像を使用する必要はありますか? いいえ、メールに大きい画像を使用する必要はありません。以下の理由により、画像を制限内のサイズにすることをお勧めします: メールのサイズを小さくすることで、画像が切り取られるのを避けることができます。 メールがより早くダウンロードされるようになります。 コンタクトがメールを開封するのに不必要なドライブスペースを使用しなくて済みます。 トップに戻る   ランディングページに最適な画像サイズと大きさ   ランディングページのテンプレートの横幅は1200pxに設定されており、1〜4カラムに分けてデザインすることができます。 ランディングページはメールと違って受信トレイのガイドラインに従う必要がないため、デザインの自由度が高いです。例えば、背景画像、アニメーションや動画、大きな画像などを使用することができます。   ただし、画像のサイズには注意が必要です。大きな画像ファイルはランディングページの読み込みを遅くする原因となるからです。   ランディングページはレスポンシブ対応ですので、画面のサイズに合わせて画像とコンテンツが調整されます。しかし、画像が小さすぎると画面に合わせて画像が引き延ばされる可能性があります。これを避けるには、最小サイズ以上の画像を挿入するようにしましょう。 ランディングページに使用できる画像の最小サイズは、以下の通りです。 また、画像周りの空白枠はオプションで、0〜100pxの範囲で設定できます。 重要: 10人中7人のユーザーは、読み込みに5秒以上かかるランディングページは閉じる傾向にあります。そのため、Benchmark Emailでは画像ギャラリーにアップロードされた全ての画像を最適化します。画像の横幅を確保するため、横幅は1200px、画像のサイズは50 KB以下にしてください。 画像を配置するカラムサイズより小さい横幅の画像を使用しようとすると、画像がスペース全体に収まらなくなりますので、ご注意ください。   トップに戻る   画像のサイズと大きさを確認する方法   画像のサイズと大きさを確認するには、以下の手順に従ってください: パソコン上で確認する方法: 1. 確認したい画像または画像ファイル名にカーソルを合わせて、右クリックします。 2. メニューから「情報を見る」(Mac)、または「プロパティ」(Windows)を選択します。Windowsユーザーは、その後「詳細」または「概要」タブをクリックする必要があります。タブはオペレーティングシステムによって異なります。 3. ポップアップ画面が表示され、サイズと大きさを確認することができます。 グーグルで確認する方法: 1. グーグルの画像検索から、確認したい画像をクリックします。 2. 右に画像が表示されますので、画像の上にカーソルを合わせてください。画像の左下に黒枠の白字で正確な大きさが表示されます。 元の画像が5MBまたは1200pxの幅より大きく、プロの画像エディタに詳しくない方は、無料で画像のサイズを変更できるadobe sparkをご利用ください。 トップに戻る   推奨事項:   無料アカウントのユーザーは、アカウントのアップグレードをすることなく、月額1000円で無制限の画像ホスティングのオプションをつけることができます。 画像ギャラリーにアップロードされる50KB以下の画像は変更されませんが、500KBを超える画像は圧縮されます。 最高の到達率を得るため、Benchmark Emailでは200KB以下の画像ファイルを推奨しております。 5MB以上の画像はアップロードできません。 カラーモードをCMYKで保存したJPEG画像は、サポート対象外です。 トップに戻る   ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

画像ギャラリー 3月 9, 2022

Benchmark Emailで作成した配信メールのウェブページ版にアクセスするには?

メール内にWebページ版リンクを設置することで、メールがうまく表示されない場合にも正しいレイアウトで閲覧可能になります。 受信環境によってはファイアウォールなどでメールが正しく表示されない場合があるため、Webページ版リンクを設置することにより同一の内容を閲覧して頂けます。また、このリンクを使ってソーシャルメディアページへ遷移させることも可能です。 リンク(URL)へのアクセスは、メール編集画面の「パーミッションリマインダーブロック」から可能です。初期設定でパーミッションリマインダーおよびリンクは挿入されておりますが、内容の編集やリンクを削除することもできます。 目次: Webページ版リンクを挿入する方法 配信したメールのWebページ版リンクにアクセスする方法 メールのURLを取得する方法       Webページ版リンクを挿入する方法 Benchmark Emailアカウントへログイン ダッシュボードの「メール」→「メール」をクリック 編集したいメール名をクリック チェックリストの一番下の「本文&デザイン」または「メール編集」ボタンををクリック 「パーミッションリマインダーブロック」を選択し、左側のコンテンツタブの「ウェブページ表示のリンクを追加」にチェックを入れます。 「保存&次へ」のボタンをクリック これで設定は完了です。プレビュー画面にて確認を行ってください。 購読者が “正しく表示されない場合はこちら” をクリックすると、メールを閲覧することが出来ます。 配信したメールを削除した場合は、ウェブ上に存在しなくなり見ることが出来ないのでご注意ください。 トップに戻る   配信したメールのWebページ版リンクにアクセスする方法 Webページ版のリンクを削除していない場合のみ、こちらの方法でリンクへのアクセスが可能です。 ダッシュボードより「メール」>「メール」をクリック ウェブ版にアクセスしたいメールの右上にあるオプションアイコンをクリック 「プレビュー」を選択 ポップアップ画面に表示されたメールから「正しく表示されない場合はこちら」をクリック 別のウィンドウが開きます。こちらで上部のアドレスバーに表示されるメールのURLをコピーすることも可能です。 ※ステップメールでのWebページ版リンクの挿入方法は通常のメールの場合と異なります。詳細は下記FAQをご確認ください。 FAQ:ステップメールのWebページ版リンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法 トップに戻る   メールのURLを取得する方法 メールにWebページ版リンクを挿入していない場合でも、URLの取得は可能です。以下の手順に従ってください。 左のダッシュボードメニュー「レポート」→「メールレポート」をクリックします。 メールレポート一覧から、該当のメールレポートをクリックします。 右上のオプションアイコンをクリックし、「シェア」をクリックします。 「共有する」の下に表示されるURLをコピーしてご使用ください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信機能 10月 20, 2021

メールやランディングページに動画を挿入する方法

メール、またはランディングページに動画を挿入するには、まず動画のURLを取得し、そのURLを動画ギャラリーに追加する必要がございます。 目次: 動画ギャラリーに動画をアップロードする方法 メールに動画を挿入する方法 ランディングページに動画をアップロードする方法 メール内で動画が再生されない理由 サポートされている動画サービス     動画ギャラリーに動画をアップロードする方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、アカウント名をクリック 2. 「アカウントの設定」を選択し、「動画ギャラリー」をクリック 3. 挿入したい動画のURLをコピーし、画面右上の「動画URL」をクリック 4. 動画URLのボックスにURLを貼り付けます。 5. 「挿入」ボタンをクリックして完了です。 トップに戻る   メールに動画を挿入する方法 1. ダッシュボードメニューから「メール」をクリックし、「メール」を選択 2. 新規メールを作成する、もしくは既存のメールを開き、チェックリストから「本文&デザイン」をクリック (メール作成画面に遷移します) 3. 左のブロックメニューから動画ブロックを編集画面上の好きな位置に配置 4. ブロック内の「動画へのリンク」をクリック 5. 動画ギャラリーが開きますので、挿入したい動画のサムネイルをクリック 6. 編集画面に戻りますので、動画の挿入を確認後、「保存&閉じる」ボタンをクリックして完了です。   また、サイドや上下の空白枠など動画の編集も可能です。   重要:YouTubeから動画URLをコピーする場合、動画の下に表示される「共有」ボタンからの短縮URLはご利用いただけません。必ずアドレスバーのURLを直接貼りつけるようにしてください。 トップに戻る   ランディングページに動画をアップロードする方法 ランディングページに動画を挿入するには、以下の手順に従ってください。 1. コンテンツタブをクリックし、動画ブロックをランディングページの任意の場所にドラッグします。 2. 挿入したブロックに表示された動画へのリンクをクリックします。 3. 動画ギャラリーから選択、または右上に表示される動画URLをクリックして新規の動画をアップロードすることも可能です。その場合は、URLを入力後、「挿入」ボタンをクリックします。 4. 動画が表示されますので、左のオプションより自由に編集が可能です。 5. ランディングページの動画プロックについては以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ランディングページの作成方法について トップに戻る   メール内で動画が再生されない理由 メール内で動画が再生されない理由は、動画はメールで再生ボタン付きの画像として表示され、受信者がそれをクリックすると、動画がホスティングされているページへリダイレクトされるからです。 これは、受信トレイのセキュリティ上の理由によるもので、ほとんどのISPは受信トレイ内での動画再生をサポートしておりません。 受信者に動画サービス上ではなく、Webサイトまたはランディングページで動画を閲覧してもらいたい場合は、再生ボタン付きの画像を作成し、その画像を任意の場所にリンクさせることが可能です。画像にリンクを挿入する方法については、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:メールにリンクを挿入する方法 トップに戻る   サポートされている動画サービス 以下のサービスからの動画を挿入することが可能です。Web上に既にアップロードされている動画を使用します。 Vimeo Wistia YouTube 動画はBenchmark Emailでホスティングしておりませんので、上記の動画ホスティングサービスから動画を削除しないように気をつけてください。また、動画のURLを削除・変更した場合は、動画が正常にリダイレクトされない原因となりますのでご注意ください。 ご注意: ・メールに動画を挿入した時点で、その動画の使用や複製をする際に禁止コンテンツを含まないことに同意したこととなります。 ・動画ギャラリーにアップロード可能な動画は、プライバシー設定が「公開」等一般公開されている動画に限ります。 URL保持者のみ閲覧可能な「限定公開」など、プライバシー設定がされている動画は動画ギャラリーへの追加は不可となります。 限定公開されている動画をメール内に挿入されたい場合、以下の通りご対応ください。 対策)画像やボタン、テキストをメール内に挿入いただき、動画のURLをハイパーリンクとして挿入してください。   動画に関する関連ブログは以下のリンクをご覧ください。 動画メールを送るには?再生可能なメールサービス一覧と、確実に動画を見てもらうための対策について 動画のクオリティは本当に大切か?メールマーケター向け動画活用のポイントを詳しく解説   ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

画像&動画ギャラリー 3月 29, 2022