サポートページ aero-right

Microsoft Dynamics CRMをBenchmark Emailに連携する方法

Microsoft Dynamics 365はマイクロソフト社が開発したCRMツールです。CRMとは、Customer Relationship Managementの略で「顧客関係管理」を意味し、弊社を含めた多くの企業が利用しているツールです。 このシステムは顧客情報を一元管理できるため、コンタクトリストを簡単に移動させ、営業活動にも役立ちます。 この連携でMicrosoft Dynamics CRMの連絡先をBenchmark Emailのアカウントに同期化することができます。 Dynamics CRMに連携する方法は以下の通りです。 Benchmark Emailアカウントにログインします。 画面右上のアカウント名をクリックします。 「API/連携」を選択します。 一番下までスクロールダウンし、「サービス連携一覧」をクリックします。 「Dynamics 365」を選択します。 サービスURLを入力します。 このURLはDynamicsのアカウントで表示されるものです。(例:https://your-site.dynamics.com) 「接続」ボタンをクリックします。 登録するフィールドを選択、Benchmark Emailのフィールドと一致させます。 「保存」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

インポート / 出力 顧客リスト 10月 6, 2020