サポートページ aero-right

ホットリード機能の「開封・クリック」リストについて

  開封・クリックリストについて 「開封・クリック」リストでは、誰が積極的にメールを開封、またはメール内のリンクをクリックしているかを測定することが出来ます。 測定を行いたいメールを選択し、開封で測定を行うのか、リンクのクリックで測定を行うのかを選択します。 最大で選択できるメールは10通までとなっています。 <開封・クリックリストの作成方法> 1. ダッシュボードのメニューからコンタクトリスト>新規リストの作成をクリックします。   2. 作成するリストタイプでホットリードリストを選択し、次のページで開封・クリックリストを選びます。 3. 配信から3日以上経過したメールから、リスト作成の基となるメールキャンペーンにチェックを付け次へをクリックします。**A/Bテストを行ったメールキャンペーンは選択できない仕様です。 4. リスト抽出の条件設定をします。   ①ホット: アクション(開封・クリック)があったこと。メール、コンテンツへの関心が高い コールド: アクション(開封・クリック)がない。メール、コンテンツへの関心が低い ②1通でも該当する: 選択したキャンペーンのうち1通以上開封・クリックを行っている、あるいはいないメールアドレスを対象にします。 全て: 選択したキャンペーン全てでアクションをしている、あるいはしていないメールアドレスを対象にします。 ③クリック数:メール内のリンクをクリックしたコンタクトを抽出 開封数:メールを開封したコンタクトを抽出 5. 抽出したリスト名を入力し保存をクリックします。   抽出したリストへカスタマイズしたホットリードメールを配信しましょう。 またリンク別リストの作成方法は以下のFAQをご確認下さい。 FAQ:リンク別クリックとはなんですか? ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

リード獲得テンプレート

  既存の購読者を新規顧客へと導く事が可能となるシナリオのテンプレートです。多くの購読者は、サイト上の製品やサービスに興味を持った人々であり、割引や特典の提供によってメール登録をしています。これらの特典を用いた上で製品やサービスを購入してもらう様に、以下のステップに従ってシナリオを作りましょう。 例: オンボーディングテンプレートを使用し〔オンボーディングテンプレートリンク〕ECサイトにて登録後最初のの購入に対し10%のクーポンを提供し、その使用状況を確かめたいとします。そのためには、製品の利点及び割引特典を強調した一連のメールを配信します。この例では、ユーザーが割引を獲得してから7日以内での製品の購入を促すため7日間のサイクルを使用します。 ゴール: リードのサイト訪問 シナリオ期間: 7日/メール3通 使用ツール: EMAツール、リストマネージメント シナリオ作成前にしておくこと  顧客リストの作成の上で、購読者が実際に購入をした際に該当するリストへ移動させる  リードにどのようなシナリオを紹介したいか、一連のメールのプランの計画  購入確認のシナリオ作成・購入者を随時チェック。一度購入が購入が完了したアドレスをリードリストから顧客リストへと移動させる  サイト上にコードを挿入(トラッキングコードをサンキューページに挿入する事が重要です。)   リード獲得シナリオの作成方法   エントリーポイント この例でのエントリーポイントはリードのリストです。このリストに追加されると同時に取得シナリオ配信と認識されます。ウェルカムメールを送る場合は購読者に負荷を掛けすぎないよう、メール配信時間に余裕を持ちましょう。 一連メールの自動配信  ただ購入してほしいという旨のみを伝えるのは購読者にプレッシャーを与えてしまう為、避けましょう。 新規購読者が10%オフの特典を取得したら、次にはどのような特典を追加出来るかを考え、常に購読者とのエンゲージを保つようにします。 この例では、3つのメールを配信するシナリオを作成します。  ディスカウントリマインダー - 登録後3日目  割引が適用される製品のハイライト - 登録後6日目  無料発送の提供 - 登録後7日目 シナリオの終了  購入者の履歴に基づきシナリオの成功を測定し、次のシナリオのための改善策を見付ける事が可能です。このシナリオは一度のみのサイクルで作成する事をお勧めします。全ての購読者がシナリオを終えたら稼働休止させ、結果を測定しましょう。この例のような7日間のシナリオを作成する場合は、レポートの確認及び改善のために、非稼動にする事を忘れないようにして下さい。適宜微調整を繰り返す事により購読者が必要としているもの理解すれば、数ヶ月間継続できるシナリオをも作成する事ができます。その方法で、加入者が追加されると自動的に設定されたシナリオを適用することも可能です。   このシナリオの目的は、販売を生み出す事です。自身が作成したものを振り返り、次のシナリオ作成の改善を行う為には、シナリオの終了日を設定する事が重要です。区切りの無いシナリオでは、データの測定や比較は困難となる為です。 その他の例:ホワイトペーパーのフォローアップ/ ウェブセミナーのフォローアップ コンサルティング情報やサービスを提供している場合はこのシナリオテンプレートを使用した上で、ダウンロードしたホワイトペーパーや出席したウェビナーで学習した内容に基づき行動を促す事が出来ます。ケーススタディ、サービスや知識を活用できる実践的な方法を強調してください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

EMA EMAシナリオテンプレート 9月 4, 2019