サポートページ aero-right

メールやアンケートの開封率を上げるには?

  開封率を上げるのに役立つヒントをご紹介します: 1. 表示名 送信者の表示名が購読者にとって見覚えのある物かどうかを確認しましょう。信用のある送信者からのメールは、より高い確率で開封されます。 毎回同じ「表示名」を使用する事で、購読者との親交と信用を獲得することができます。名前、会社名、部署名なども記載し、送信元が誰なのかはっきりと伝えます。 2. 適切な件名 件名は短く、メール開封を誘う内容に。 内容は簡潔に。 スパム用語の使用は避ける。アルファベットの大文字小文字の不適切な変換の使用は控えて下さい。受信者が理解できない可能性のある略語の使用もお薦めできません。メールマーケティングにおいての件名の制約事項をお確かめ下さい。 日付が含まれた件名は開封率が24−29%アップすることが証明されています。 購読者に特別感やお得感を与えることによって開封率は24%増加します。例えば、「招待客限定」や「限定販売」などは購読者の気を引き、優越感を感じてもらうのに便利なフレーズです。また、それぞれの購読者の名前を件名に利用するパーソナライズ機能もお薦めです。 関連FAQ:購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法 またBenchmarkでは過去6ヶ月に配信したメールの件名から開封率の高い10件を表示する機能を用意しています。 件名入力ボックスにおける電球アイコンをクリックし、ドロップダウンから選択できるようになっています。 *配信から24時間以上経過したメールの件名が対象となります。また50件以下のアドレスへの配信メールは対象に入りません。 3. 適切なターゲット層への配信 適切なターゲット層に配信しましょう。アンケートを送信し、購読者の意見を聞いてみましょう。アンケート結果を元に、関心事や好みを基準にして顧客リストからセグメントを作成するのがお薦めです。セグメントの作成方法は下記のリンクより参照ください。 スライドシェア:セグメントの作成方法 4. 配信日時 メール配信の日付、時間は共にメール開封率に大きく影響します。一般に、火曜日から木曜日の日中はメールが開封される確率が高いことが分かっています。購読者の人口統計に適切な配信日時を割り出し、ピーク時を狙ってメール配信をしましょう。 関連ブログはこちら:メルマガ平均開封率レポート【2019年度版】 5. 送信元名 メールを開封するかどうかの決断に「送信元名」は「件名」と同じくらい重要な要素です。開封率を改善するために送信元名でできることをご紹介します。 分かりやすい名前 購読者にとってメールの送信元は明らかである必要があります。そのため、送信元名は会社やビジネスへ繋がる情報を含んでなければなりません。例えば、Benchmark Emailからメールを受信しているとしたら次のように表示されます:「送信元:Benchmark Email」   >>「レポート」のまとめページに戻る  

効果測定レポート&到達率 8月 23, 2019

Benchmarkから配信された同じメールを受信しているのに、メールの表示が異なっているのはなぜですか?

メールクライアントやブラウザは、配信メールのHTMLコードをそれぞれ異なった形で解読・表示します。HTMLを言語に例えるなら、英語では面白いジョークでも日本語に直訳すると面白くない・・・というケースに似ています。 メールがどのように表示されるかは受信側のメールのクライアントまたはブラウザによって異なり、コードに異常がある場合、受信環境によっては正しく解読できない場合もあります。 例えばGmailでは簡単に修正できる問題があっても、Outlookでは修正ができずレイアウトが崩れる、という具合です。このような場合、メールの表示トラブルはその特定の受信環境に限れらることになります。 また、もし一部のテキストがOutlook上では全て左寄りで表示されていたとしても、他のメールクライアントで中央寄りになっていることもあります。 受信テスターを使用して、さまざまなメールクライアントやブラウザでの表示を確認してから本配信を行うことをお勧めします。詳細は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:受信テスターとは?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 3月 13, 2019

効果的な件名を作成するヒントとは?

メールマーケティングにおいて件名はメールが開封されるかどうかに大きな影響を与えるとても重要な要素です。下記のルールに従い開封率の向上を目指しましょう。 簡潔に:件名は55字以内に収めます。Yahooなど大抵のメールクライアントでは55字を超える件名は表示しきれず途中で切れてしまいます。伝えたいことを購読者にすべて伝えるためにも、件名は簡潔にまとめることを心がけましょう。 スパム用語を避ける:ISPメールフィルターは数種の言葉やフレーズをスパム用語として認識し、該当するキーワードが件名に1つでも含まれていれとメールをブロックするようになっています。「¥¥¥」、現金報酬、稼ぐ、バイアグラ、などが挙げられます。しかし、フィルターには引っかからないもののキャンペーンの効果に悪影響を及ぼすものもあります。自分がメールを開封したくなるような件名、大げさでなく購読者の興味を引く内容を作成するようにしてください。 質問を投げかける:質問を投げかけることで興味を引き、メールを開封してもらうことができます。質問の内容も季節やターゲット層に合ったもの、配信コンテンツに関連するもので作成しましょう。例:「あなたの体調管理は?冬の風邪予防にはこれが効果的!」等。エンゲージメントを高めメールの開封率が上がるだけでなく、購入へと繋がる可能性が高まります。 ランキング形式の活用:一般に人々はランキングに惹かれやすく、件名に取り入れることで購読者の注意を引くことが出来ます。アイスクリームショップなら「今年流行りのフレーバートップ5」、また「3つの人気冬コート」などがその例です。 A/Bテスト・効果比較:効果的な件名が何かを決定するには試行錯誤と調査が必要です。A/Bテストで異なる件名を試し、レポートを比べ最も効果があるものを見つけます。試行錯誤することによって購読者へのアプローチ方法を絞ることができ、開封率の増加が期待できます。A/Bテスト機能の詳細は以下をご覧ください。 FAQ:A/Bテストとはどのような機能ですか? また効果的な件名の作成について以下のブログ記事もご参照ください。 ブログ:【事例4選】メルマガ開封率upに効く!読まれるタイトル施策まとめ   絵文字の利用   いまや絵文字はメッセージ送受信においてスタンダードになっています。すべての件名に絵文字を利用することが適しているとは限りませんが、メッセージに絵文字を結びつけることで、購読者がメールにより親近感を抱き、その結果開封率の向上につながる場合があります。 文字を絵文字で置き換えることは避けましょう。選択した絵文字が購読者の受信環境でうまく表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足的要素として使用することをお勧めします。   メール到達を確実なものに近づけるため、送信前に必ずスパムチェックを行うことをお勧めします。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 初めての方はこちら 6月 26, 2019

プレヘッダーテキストとは何ですか?

プレヘッダーテキストは受信箱において件名の後に表示されるテキストです。メールコンテンツの概要を入力するのが一般的です。このテキストはメール本文では表示されません。 メールを受信する前にどのような内容かを知らせたり、興味をそそる文章を入れ込む事で開封率アップが期待できます。件名では伝えきれない部分の補足として使用することをお勧めします。 プレヘッダーテキストオプションは通常の配信メール、RSS配信、オートメーションにてご利用いただけます。ただしドラッグ&ドロップ、HTMLビルダーのみでのオプションとなり、Plain Textエディタではご利用いただけませんのでご注意ください。 通常配信メールでのご利用方法: Benchmarkアカウントにログイン ダッシュボードメニューから「メール」>「メール」を選択 「メール作成」ボタンをクリック 「通常メール配信」を選択し「次へ」をクリック 「ドラッグ&ドロップエディタ」を選択し「次へ」をクリック 「ステップ1 詳細」ページにてプレヘッダーテキストオプションをONに変更 テキストボックス内にテキストを入力 ページ下部の「保存&次へ」ボタンをクリック EMAでのご利用方法: ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「EMA(β版)」を選択 「新規シナリオ作成」ボタンをクリック シナリオ名を入力し保存 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 「トリガーを設定する」をクリック トリガーを選択 ターゲット及び配信先リストを選択 「保存」をクリック 「シナリオを作成する」をクリックし、アクションを選択 「メールを送信する」オプションを選択 プレビューテキストオプションをONにする 表示されるテキストボックスに入力 「保存」をクリック ステップメールでのご利用方法: ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「オートメーション」を選択 「オートメーション作成」をクリックし「ステップメール」を選択 概要ページの入力を完了 「メールの追加」ボタンをクリック 件名の下に表示されるプレヘッダーテキストオプションをONにする テキストボックスに任意のテキストを入力 「保存&次へ」をクリック 既存のステップメールへプレヘッダーテキスト入りのメールを追加する場合: ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「オートメーション」を選択 メールを追加するオートメーションメール名をクリック 「メールの追加」ボタンをクリック 件名の下に表示されるプレヘッダーテキストオプションをONにする テキストボックスに任意のテキストを入力 「保存&次へ」をクリック ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 8月 7, 2019

件名に絵文字は使用できますか?

件名に絵文字を追加して、ユニークで魅力的なアプローチで購読者とエンゲージしましょう。Benchmarkではメールマーケティング戦略としてウェブセーフでモバイルフレンドリーな絵文字を導入することにより、開封率を増加するための適切なツールを提供しています。お客様ご自身でご用意された絵文字、またはBenchmarkが提供する絵文字を使用することができます。但し提供する絵文字はEmojipedia経由でホストされるため、すべての受信者に同じ絵文字の形やスタイルが表示されるとは限りません。受信者に表示される絵文字のスタイルは受信者の端末に応じます。 例)異なる端末での絵文字の表示例 今日では、絵文字を使用することで、楽しく画期的な方法でメッセージを表現することができます。 お得に外食ーレストランクーポン!🍽️ 🌃🤑 期間限定お買い得情報!💸 🛍️ 💨 秋の味覚、季節のフルーツパイを注文しよう🍑 🥧 連休の旅行予約はお早めに🛫☀️🏖️ 件名のテキストを絵文字と置き換えることは推奨しておりません。絵文字を使用する際は、テキストを強調する目的でのご利用をお勧めします。 以下にキャンペーンの件名に絵文字を追加する様々なオプションについてご紹介します。 メール: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードより「メール」を選択します。 「メール作成」ボタンをクリックします。 メール作成のステップ1 詳細で、件名を入力し、ニーズに最も適した絵文字を追加します。 絵文字は「通常メール配信」と「RSSメール配信」オプションで、「ドラッグ&ドロップ形式」または「HTMLビルダー」、「PLAIN TEXT EDITOR」のいずれかを選択していただくことでご利用いただけます。 A/Bテスト: Benchmarkアカウントにログイン後: ダッシュボードより「メール」を選択します。 「A/Bテスト」をクリックします。 次に「A/Bテスト作成」ボタンをクリックします。 A/Bテストメールのステップ2 テストメール選択で、下書きのメールを選択します。 件名を入力し、ご希望の絵文字を追加します。   注意:A/Bテストタイプでは、「差出人名/件名テスト」または「複数比較テスト」オプションを選択してください。絵文字はメール作成時に件名が既に選択されているため、「メールvs.メールテスト」および「配信時間テスト」オプションではご利用いただけません。 A/Bテストの作成方法はこちらをご参照ください。 オートメーション: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューより「オートメーション」を選択します。 「オートメーション作成」ボタンをクリックします。 オートメーションの種類を選択します。 ステップ2 シナリオ数で、「メールの追加」ボタンをクリックします。 次にステップ1 メール名で、件名を入力し、使用したい絵文字を追加します。 注意点: 現在絵文字はEMAではご利用いただけません。 絵文字は購読者のブラウザ、オペレーティングシステムおよびメールクライアントに応じて表示されます。 文章を絵文字に置き換えることは推奨しておりません。購読者の受信環境によっては選択した絵文字が表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足要素としてご利用ください。 メールの件名をパーソナライズする方法に関して、詳しくはこちらをご参照ください。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。  

テンプレート&メールエディタ ドラッグ&ドロップエディタ 1月 31, 2019

件名をパーソナライズする方法は?

注:Benchmark Emailはメールの件名に受信者の名前も追加する事を推奨しておりません。スパムメールは件名に個人情報を利用する事多いため、追加をする事で迷惑メール報告率の増加に繋がる可能性があります。 パーソナライズを利用する場合は、FieldNameがフィールド項目を指している[contact_attribute:FieldName]のタグを利用してください。   例:   「[contact_attribute:firstname] 様、新商品のご紹介です」   田中太郎様がメールを受信した際には、件名には「太郎様、新商品のご紹介です」と表記されます。 パーソナライズした件名が反映されているかはプレビュー画面にて確認できます。フィールド項目に何もデータが入力されていない場合、パーソナライズ部分は空白となります。 代表的なフィールド項目をご確認ください。 姓:[contact_attribute:lastname] 名:[contact_attribute:firstname] メールアドレス:[contact_attribute:email] その他どのフィールド項目でも[contact_attribute:フィールド項目名]でデータの挿入が可能です。 コンタクトリストの詳細から「役職名」や「電話番号(法人)」などの項目名を挿入することで、自在にデータを表示させることができます。 テストメール機能を使用して送るテストメールではパーソナライズは反映されません。反映を確認するには、ご自身のメールアドレスに実際にメールを配信してください。   絵文字の利用について 絵文字を利用してメールをパーソナライズする事も可能です。絵文字は全てWebカラーコード及びスマホ対応となっています。   言葉を絵文字で置き換えるのは避けましょう。受信環境によっては特定の絵文字が表示できない場合があるため、必ずテキストとセットで利用するようにしてください。絵文字の表示はメールクライアントやOSなど受信者のデバイスの種類によって異なります。 ご不明な点がございましたら、メールにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。

初めての方はこちら 1月 22, 2019