サポートページ aero-right

メールに動画やオーディオファイルを埋め込むことはできますか?

動画の挿入方法について メールに動画を挿入したい場合 YouTube、Wistia、Vimeoなど既にWeb上にアップロードされている動画を使用します。 また、サムネイル画像から動画リンクへ遷移するという形での挿入となります。動画にはスクリプトや埋込タグが含まれており迷惑メールと判断されることがある為、実際のメールには動画は埋め込まれません。 動画の追加方法 ブロックメニューから動画ブロックをエディタ上の好きな位置に配置 ブロック内の「動画へのリンク」をクリック 動画ギャラリーが開いたら、挿入したい動画のサムネイルをクリック エディタ画面に戻り、動画の挿入を確認 動画のURLをコピーし動画ギャラリーウィンドウ右上の動画URLボックスに貼り付けて挿入をクリックします。 ※You Tubeの場合、「共有」ボタンからの短縮URLはご利用いただけませんので、アドレスバーのURLを直接貼りつけてください。   注意:動画ブロックの編集も可能です オーディオファイルを追加する方法 オーディオファイルを添付は、不可能となっています。多くのメールソフト上で、ストリーミングビデオやオーディオファイルは削除されます。 各プロバイダーごとのセキュリティ設定よって違いますが、ストリーミングファイルを無条件で安全であるとして受信することはありません。 どうしてもオーディオファイルが不可欠であるという場合は、ファイルをネット上に保存しておくという選択肢が残されています。 以下のコードを埋め込み、メールが開封されたらファイルが自動で読み込まれるように出来ます。 <EMBED SRC=http://www.youraudiofile.com.com/folder/filename.wav AUTOSTART="TRUE" LOOP="TRUE" WIDTH="0" HEIGHT="0" ALIGN="CENTER"> </EMBED> オーディオファイルの追加はサポート対象外となりますのでご了承下さい。 HTMLコード編集画面を表示する方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタで作成したメールのHTMLコードを参照できますか?   *タグについて AUTOSTART- このタグがTRUEだと、オーディオファイルは自動的に再生されます LOOP -ファイルを続けて再生し続けたいときは、このタグをTRUEにしてください。一度のみ再生されて止まるようにしたい場合はこちらのタグを除いてください WIDTH and HEIGHT - このタグを0に設定すると、オーディオファイルのアイコンが相手に表示されません。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 8月 22, 2019