サポートページ aero-right

メールフッター部分のロゴおよびリンクの表示設定

Benchmark Emailより配信されるメールのフッターには様々な情報とリンクが表示されております。 こちらのFAQではそれぞれの変更方法等をご紹介させて頂きます。 配信停止リンクと住所情報に関しては、CAM-spam法(日本でいう特電法)に基づき、非表示ができない仕様となっております。認証マーク、登録情報更新リンク、転送リンク、迷惑メール報告リンク、Benchmark Emailロゴは非表示が可能です。 ①Benchmark Emailロゴの非表示・変更 ②フッターに含まれる文言について ③各フッターリンクについて ④住所情報について ⑤HTMLビルダーでのフッター編集について   ①Benchmark Emailロゴの非表示・変更 ロゴを非表示にする方法 こちらは有料アカウントをご利用のお客様は、Benchmark Emailのロゴの非表示が可能となっております。 ご希望のお客様はこちらよりサポートへご連絡をお願い致します。 デフォルトで設定されているフッターのロゴ変更方法 ドラッグ&ドロップ形式編集ページにて、メール下部のフッタ-に設置されているBenchmarkロゴのデザインをお好みに合わせて変更して頂けます。 1. メール作成にてドラッグ&ドロップ形式を選択 2. チェックリストの「本文&デザイン」を選択しメール作成画面に遷移後、画面右をスクロールし、下部にあるフッタ-セクションをクリック 3. 画面左の編集オプションから「コンテンツ」をクリック 4. フッタ-ブロック下部にある「ロゴ」をクリックし、お好きなロゴを選択・クリック 4. 画面左下にある「保存&閉じる」をクリック ②フッターに含まれる文言について ・「本メールはAアドレスよりBアドレス宛てに送信しております。」の文言について こちらの文言は送信者(Aアドレス)から受信者(Bアドレス)宛てにメールを送信したことを証明しているものです。 送信されたメールが正しい配信者からであることを証明するものであるため、編集することは出来ません。 しかし、画面左の編集オプションで表示、非表示をカスタマイズすることは可能です。 ドラッグ&ドロップ形式メール作成にて上記文言の非表示をカスタマイズする方法: 1. ドラッグ&ドロップエディターのチェックリスト内にある「本文&デザイン」ページにて、画面下にあるフッタ-ブロック(画像赤枠)をクリック 2. 画面左に表示されるフッタ-ブロック編集画面をスクロールし、左下の「購読リンク」項目にある「宛先情報」のチェックボックスからチェックを外す 3. 「保存&閉じる」をクリック ・「認証 購読停止」の文言について こちらの文言はメール編集時、送信されたテストメールにのみ表示され 本配信の際にはフッター最下部の「配信停止」リンクに取って変わるものです。 ③各フッターリンクについて   ・「登録情報更新」「このメールを転送する」「迷惑メールと報告する」リンク 以下の方法で非表示が可能です。 「本文&デザイン」ページにて、画面右をスクロールし、下部にあるフッタ-セクションをクリック 画面左の編集オプションから「コンテンツ」をクリックし、各ボックスのチェックを外す。 ・「配信停止」リンク 特電法に基づき記載が義務付けられているため、いかなる場合もフッターの配信停止リンクは非表示不可となります。 関連ブログ記事:法律違反になる前に!メルマガで宣伝・広告メールを配信する際に押さえておくべき「特定電子メール法」 配信停止リンクは、メール送信時に購読者それぞれの固有URLが生成・挿入されます。 ウェブサイトなどメール以外の場所に設置することは出来ません。 メール内に追加したい場合はタグ[unsubscribeurl] を使います。 FAQ:BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧     ・「登録情報更新」「配信停止」リンク先ページのカスタマイズ 以下のFAQをご確認下さい。 FAQ:メールフッターからリンクされる「登録情報更新」「配信停止」ページのカスタマイズ方法は?   ④住所情報について 以下のFAQをご確認下さい。 FAQ:メールに記載する住所の編集方法 ⑤HTMLビルダーでのフッター編集について 編集画面左下の「フッター編集」をクリックすると、各設定の変更が可能です。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 9月 12, 2019

メールに記載する住所の編集方法

Benchmark EmailはCAN-SPAM 法、特定電子メール法(特電法)に遵守したアンチスパムポリシーを導入しているため、メールには住所情報の記載が必要です。 ・ご記載いただく住所は実際の事業所・オフィス所在地となります。 ・メールにデフォルト入力されているのは、アカウント設定に登録されている住所です。 ・デフォルト入力は英語圏表記順のため、日本での表記順へ編集することをおすすめします。 住所を日本語表記順に変更する 1. フッターブロックをクリック 2. 左メニューで「コンテンツ」を選択 3. 住所欄を日本語の表記へ編集する。   アカウントに登録した住所情報を変更する アカウント設定ページから設定を変更することができます。 会社情報内の住所を更新し、ページ下の「保存」をクリックしてください。 注意:一度、住所情報を更新したらそれ以降作成するメールは新しい住所が反映されます。しかし、古い住所情報で配信したメールをコピーして再利用する場合は、古い住所が反映されてしまうので、最初のステップにて住所情報を変更する必要があります。 住所を改行する 改行したい箇所には<br>タグを入力してください。 〒100-0013 <br> 東京都千代田区霞が関1-4-1 <br>   関連ブログ記事:法律違反になる前に!メルマガで宣伝・広告メールを配信する際に押さえておくべき「特定電子メール法」     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 9月 19, 2019

登録フォーム(クラシックスタイル)のサイズ変更はできますか?

登録フォーム(クラシックスタイル)のサイズ変更はできますか? はい。可能です。 初期の設定では登録フォームは幅220ピクセルで作成されるように設定されております。登録フォームの幅の変更をするには、下記の方法で行います。 1. コンタクトにカーソルを合わせ、「登録フォーム」を選択します。 2. 登録フォームのリストページより、画面右側の「コード参照」のリンクをクリックします。 3. 登録フォームのポップアップが現れますので、「Raw HTML」をクリックし、コードをコピーします。 4. コピーしたコードを一旦、テキストファイル、またはワードファイルなどに貼付けます。 コード内にて「Width="220"」と表示されている部分の数値を任意の数値に変更します。例)「Width="190"」など。コード内に2ヶ所あり    ますので、2つとも変更してください。(コード内で「Width="220"」を探す場合は、Ctrl + Fボタンで検索検索機能を使うと便利です。) 5. 変更後のHTMLコードをホームページへアップロードします。(古いコードがある場合は、削除後にアップロードしてください。) ご注意:アップロード後変更が確認出来ない場合は、ブラウザのキャッシュを削除して下さい。

登録フォーム 8月 5, 2019

送信元(From)アドレスを切り替える方法

送信元(From)アドレスを複数登録し、切り替えることが可能です。 デフォルトで表示されるのは「マイアカウント」の「マイアカウント設定」部分にて設定されているメールアドレスとなります。あるいはメール作成時の「ステップ1 概要設定」にてメールごとに切り替えることも可能です。   デフォルトで設定されている情報を変更する方法 メール作成時に変更する方法 送信元アドレスを登録する方法   デフォルトで設定されている情報を変更する方法 1. アカウントをクリックし、「アカウント設定」をクリックします。 2. アカウント設定の設定ページをスクロールダウンし、メール配信設定セクションにて「送信元メールアドレス」の変更をします。差出人名の変更も必要に応じて行なってください。   3. 変更したらページ右上の「保存」ボタンをクリックします。   メール作成時に変更する方法 1.ダッシュボードのメインメニューからメールを選択し、「メール作成」ボタンをクリックします。 2.「ステップ1 詳細」ページにて送信元メールアドレスのプルダウンより任意のアドレスを選択できます。   送信元アドレスを登録する方法 新たに送信元アドレスとして使用するメールアドレスがある場合にはメールアドレス認証作業を行います。認証が完了すると送信元アドレスのドロップダウンメニューに追加されご利用可能となります。 追加方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:送信元メールアドレスの追加と認証方法   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る  

アカウント関連 ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 3月 12, 2019

テキスト版のメールの編集方法は?

目次 テキスト版とHTML版の同期とは テキスト版とHTML版を同期する方法 テキスト版を自由に編集する方法 テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキスト版とHTML版の同期とは 同期がオンになっている: HTML版で編集した内容が、テキスト版にリアルタイムで反映されます。リンクは [1] [2] [3]...の文字が代入され、最後にReference:としてURLが表示されます。 同期がオフになっている: テキスト版が保護されています。HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。過去のメールをコピーして作成した場合、過去のメールのテキスト版が保護された状態で編集が始まります。送信前に、必ず今回のメール内容を反映するようにしてください。 テキスト版とHTML版を同期する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択の上で、「テキスト版エディタ」にカーソルを当てます。 以下のように「HTML版とテキスト版の自動同期がオフになっています。」と表示される場合は、HTML版の変更がテキスト版に反映されていません。 同期する場合は、「テキスト版エディタ」をクリックして編集画面へ移動します。 「HTML版とテキスト版の内容を同期」をクリックします。 そのまま「保存」を押すと、同期したままHTML版の編集画面へ戻ることができます。※ここで内容編集を行うと、同期はオフに戻り、編集内容が保護されます。 「テキスト版エディタ」にカーソルを合わせると「HTML版とテキスト版の自動同期がオンになっています。」と表示されますので、同期完了です。この状態でHTML版を編集すると、変更がテキスト版へ自動反映されます。 テキスト版を自由に編集する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択し、「テキスト版エディタ」をクリックします。 テキストの編集を行います。HTMLで作成した内容を元に編集を始める場合は、「HTMLの内容をテキストへ変換」ボタンをクリックしてから編集します。 テキスト版の編集が終わったら、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。※この後、HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。 テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキストメールを編集する理由は、HTMLの表示ができない受信者であってもメッセージを確認できる様にするためです。そのためテキストメールはHTMLを含め、ほとんどコードが含まれていない状態となっています。HTMLタグをテキストメールに付け加えることは可能ではありますが、HTMLを設定で表示しない購読者に対してはコードがそのまま見えてしまう可能性もあります。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 9月 12, 2019

「登録情報更新」とは何ですか?

このFAQでは以下の内容について説明します。 「登録情報更新」とは 「登録情報更新」を非表示にする方法  表示される「リスト名」の変更方法 「登録情報更新」とは 購読者が自身で「購読するメールマガジン」や「姓名の変更」を行えるようにするための機能です。メールにデフォルトで挿入されるフッター情報のひとつであり、非表示設定が可能です。 購読者がクリックすると、以下の画面へ遷移します。 この画面には購読者が登録された履歴のあるリストが表示されます。購読者は以下の情報を自分で変更することができます。 登録リストの選択 姓名の変更 GDPRに基づく管理情報の編集リクエスト(EU圏内にお住いの購読者のみ)   「登録情報更新」を非表示にする方法 運用上この表示が不要な場合は、以下の手順でメールごとに非表示設定を行なってください。 フッターブロックをクリックします。 画面左に表示される編集オプションで「コンテンツ」を選択します。 「登録者情報更新リンク」のチェックを外します。   表示される「リスト名」の変更方法 0. リストを作成しておきます。 1. リスト一覧ページより、対象のリスト名をクリックしてください。 2. [ 編集 ] ボタンをクリックします。 3. [ 顧客リスト表示名 ] を編集してください。 4. 記入したリスト名が「登録情報更新」ページへ表示されます。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 12, 2019

リンクの文字色やアンダーラインを変更する方法

  デフォルトでは、テキストリンクは以下のように表示されます。 デフォルトでの色設定(クリック前リンク=青 : クリック済みリンク=紫) ただし、リンクカラーをコーディングで指定していない場合では購読者側の設定色が優先表示されます。そのため、受信側のメーラーの設定により、受信者ごとにメールに貼ったリンクが異なる色で表示されることがあります。 以下の方法で色を設定すると受信側メーラーによる設定よりも優先して設定した色が表示されます。 リンクの文字色を変更する方法 1. 編集したいブロックにカーソルを合わせ、クリックします。 2. ドキュメントリンクのテキストをハイライトします。 3. ブロックのツールバーから、以下のテキスト編集オプションが選択できます。 【太字】【斜体】【下線】【取消線】【テキストカラー】【フォントスタイル】【フォントサイズ】   リンクのアンダーラインを取り外す方法 下記の方法で、リンクのアンダーラインを取り除きます。 対象のリンクが含まれているブロックをクリックし編集可能な状態します。 リンクを選択(ハイライト)します。 アンダーラインアイコンをクリックで完了   注:テキストの編集が反映されない、変更できない場合、以下のFAQを参考にテキストの貼り付けを行なってください。 FAQ:Benchmark Emailへコピー&ペーストすると、テキストの書式が変わってしまうのはなぜですか?     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る  

ドラッグ&ドロップエディタ 9月 10, 2019

画像のサイズや色を編集する方法

Benchmark Emailサービス上で「画像編集エディター」をご利用いただけます。 (2019年1月より新仕様となりました)   アクセス方法1:メール編集画面から メール作成中に画像編集ができます。 メール編集画面にて、挿入済みの画像をクリックします。 左メニューが現れるので「編集」ボタンをクリックします。     アクセス方法2:画像ギャラリーから メール作成を行っていないときも、エディターへアクセスできます。 「アカウント設定」より、「画像ギャラリー」を選択 編集したい画像名の横「・・・」をクリックし、「画像を編集する」を選択     よく使う機能解説   切り取り&リサイズ   画像内の機能を説明します。 (1) トリミングする比率を選ぶことができます。自由比率は「リサイズ」を選択します。 (2) 入力したサイズでトリミングします。 サイズ変更の場合はサイズの入力前にチェックボックスをクリックします。 (3) 方向転換します。   注意: 画像の編集は縮小のみ可能です。 画像の最大サイズは640pxとなります。 640pxを超えるサイズの画像は、自動的に640pxへ圧縮されます。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 画像ギャラリー 9月 12, 2019

1 2 3