サポートページ aero-right 変更

テキスト版のメールの編集方法は?

Yahoo、AOL、Gmailなどのメールクライアントは、受信者に合わせてHTML版またはテキスト版を表示することができますが、受信者の中にはテキスト版しか表示できないメールクライアントを使用している場合があります。 Benchmark Emailはマルチパート配信を採用しており、HTMLメールが受信できない環境ではテキスト版が表示される仕様となっています。マルチパート配信とは、テキストメールとHTMLメールを同時に1つのメールとして配信し、受信者のメールクライアントやデバイスの設定に応じた形式でメールを表示させる事のできる配信形式です。 こちらのFAQでは、テキスト版とHTML版の同期について、またその方法をご説明します。 目次 ・テキスト版とHTML版の同期とは ・テキスト版とHTML版を同期する方法(ドラッグ&ドロップエディタまたはHTMLコードで同期) ・テキスト版を自由に編集する方法 ・テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキスト版とHTML版の同期とは 同期がオンになっている: HTML版で編集した内容が、テキスト版にリアルタイムで反映されます。リンクは [1] [2] [3]...の文字が代入され、最後にReference:としてURLが表示されます。 同期がオフになっている: テキスト版が保護されています。HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。過去のメールをコピーして作成した場合、過去のメールのテキスト版が保護された状態で編集が始まります。送信前に、必ず今回のメール内容を反映するようにしてください。   テキスト版とHTML版を同期する方法 テキスト版とHTML版を同期するには、2通りの方法がございます。 1. ドラッグ&ドロップエディタで同期する方法 2. HTMLコードで同期する方法 テキスト版とHTML版を同期せずに配信スケジュールの設定や配信自体を行うことはできません。チェックリストに以下のようなメッセージが表示された場合は、必ずテキスト版とHTML版の同期化を行なってください。 <ドラッグ&ドロップエディタで同期する方法> 1. メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択の上で、「テキスト版エディタ」にカーソルを合わせます。 2. 以下のように「HTML版とテキスト版の自動同期がオフになっています。」と表示される場合は、HTML版の変更がテキスト版に反映されていません。 3. 同期する場合は、「テキスト版エディタ」をクリックして編集画面へ移動します。 4. 「HTML版とテキスト版の内容を同期」をクリックします。 5. そのまま「保存」を押すと、同期したままHTML版の編集画面へ戻ることができます。※ここで内容編集を行うと、同期はオフに戻り、編集内容が保護されます。 6. 「テキスト版エディタ」にカーソルを合わせると「HTML版とテキスト版の自動同期がオンになっています。」と表示されますので、同期完了です。この状態でHTML版を編集すると、変更がテキスト版へ自動反映されます。 <HTMLコードで同期する方法> 1. 画面上部の「テキストメール」ボタンをクリックすると、メールのテキスト版が表示されます。 2. ×印が表示され、「HTML版とテキスト版の自動同期がオフになっています。」と表示された場合は、HTML版の変更がテキスト版に反映されていません。 3. 「HTML版とテキスト版の内容を同期」をクリックします。(テキストメールで行った変更は全て消去されます。) 4. 「次へ」をクリックします。 元の画面に戻るには、「HTMLメール」ボタンをクリックします。メールを送る準備ができましたら、右下の「保存&次へ」をクリックします。 重要 一度変更を保存すると、その後にHTML版で変更した箇所はテキスト版には反映されません。必ずHTML版とテキスト版の内容を同期してください。メールの編集が全て完了し、最後に同期を行うことをお勧めします。 テキスト版を自由に編集する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択し、「テキスト版エディタ」をクリックします。 テキストの編集を行います。HTMLで作成した内容を元に編集を始める場合は、「HTMLの内容をテキストへ変換」ボタンをクリックしてから編集します。 テキスト版の編集が終わったら、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。※この後、HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。   テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキストメールを編集する理由は、HTMLの表示ができない受信者であってもメッセージを確認できる様にするためです。そのためテキストメールはHTMLを含め、ほとんどコードが含まれていない状態となっています。HTMLタグをテキストメールに付け加えることは可能ではありますが、HTMLを設定で表示しない購読者に対してはコードがそのまま見えてしまう可能性もあります。 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る</div

メール配信 1月 26, 2021

「登録情報更新」とは何ですか?

このFAQでは以下の内容について説明します。 「登録情報更新」とは 「登録情報更新」を非表示にする方法  表示される「リスト名」の変更方法 「登録情報更新」とは 購読者が自身で「購読するメールマガジン」や「姓名の変更」を行えるようにするための機能です。メールにデフォルトで挿入されるフッター情報のひとつであり、非表示設定が可能です。 購読者がクリックすると、以下の画面へ遷移します。 この画面には購読者が登録された履歴のあるリストが表示されます。購読者は以下の情報を自分で変更することができます。 登録リストの選択 姓名の変更 GDPRに基づく管理情報の編集リクエスト(EU圏内にお住いの購読者のみ)   「登録情報更新」を非表示にする方法 運用上この表示が不要な場合は、以下の手順でメールごとに非表示設定を行なってください。 フッターブロックをクリックします。 画面左に表示される編集オプションで「コンテンツ」を選択します。 「登録者情報更新リンク」のチェックを外します。   表示される「リスト名」の変更方法 0. リストを作成しておきます。 1. リスト一覧ページより、対象のリスト名をクリックしてください。 2. [ 編集 ] ボタンをクリックします。 3. [ 顧客リスト表示名 ] を編集してください。 4. 記入したリスト名が「登録情報更新」ページへ表示されます。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

顧客リスト 10月 1, 2020

リンクの色の変更と下線を表示させない方法

目次 テキストリンクの色を変更する方法 テキストリンクの下線を表示させない方法 デフォルトでは、テキストリンクの色は以下のように表示されます。 クリック前リンク=青 : クリック済リンク=紫 クリック前リンク クリック済リンク ただし、リンクカラーをコーディングで指定していない場合は購読者側の設定色が優先表示されます。そのため、受信側のメーラーの設定により、受信者ごとにメールに貼ったリンクが異なる色で表示されることがあります。 以下の方法で色を設定すると、受信側メーラーによる設定よりも優先して設定した色が表示されます。 テキストリンクの色を変更する方法 1. メールの編集画面で、編集したいブロックにカーソルを合わせると緑の枠が表示されますのでクリックします。 2. 色やデザインの変更をしたいテキストをハイライトします。必ずテキストを選択してハイライトを行なってください! 3. ブロックのツールバーから、以下のテキスト編集オプションをご利用いただけます。 【B:太字】【I:斜体】【T:下線】【取消線】【テキストカラー】【フォントスタイル】【フォントサイズ】 テキストカラーを使って、テキストリンクの色をデフォルトの青色から緑色に変更しました!   リンクの下線を表示させない方法 ブロックのツールバーの「下線」を使って、下線の非表示が可能です。 1. 対象のリンクが含まれているブロックをクリックし編集可能な状態します。 2. リンクを選択(ハイライト)します。 3. 下線のアイコン(緑色)をクリックします。 4. 下線は表示されなくなり、下線のアイコンは黒色になります。 注:テキストの編集が反映されない、変更ができない場合は、以下のFAQを参考にテキストの貼り付けを行なってください。 FAQ:Benchmark Emailへコピー&ペーストすると、テキストの書式が変わってしまうのはなぜですか? また、コードでリンクのデザインを変更されたい方は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタのコードを編集する際のテクニック集 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 1月 15, 2021

タイムゾーンを変更する方法

初期設定で、タイムゾーンがGreenwich Mean (+0000)(グリニッチ標準時間(GMT))となっている場合があります。タイムゾーンを変更したい場合は、2通りの設定方法がございます。 目次 ・アカウントのタイムゾーンを変更する方法 ・メール毎にタイムゾーンを変更する方法   アカウントのタイムゾーンを変更する方法   1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ダッシュボード画面の右上のアカウント名をクリック 3. アカウント設定を選択 4. メール配信設定までスクロールダウンします。 5. タイムゾーンのドロップダウンメニューから、お使いになりたいタイムゾーンを選択します。 6. ページ右上の「保存」ボタンをクリックして完了です。アカウント全体のタイムゾーンが設定されたことになります。 重要 *夏時間と冬時間で時間が変更される際は、以下のアメリカのタイムゾーンのみ自動で更新されます。それ以外のタイムゾーンは手動で更新を行なってください。 <自動更新されるアメリカのタイムゾーン> ・US Central:中部時間 (CST/UTC-6) ・US Eastern:東部時間(EST/UTC-5)  ・US Mountain:山岳部時間(MST/UTC-7) ・US Pacific:太平洋時間(PST/UTC-8) *マスターアカウントのタイムゾーンを変更しても、サブアカウントに反映されませんのでご注意ください。 メール毎にタイムゾーンを変更する方法  1通のメールのみのタイムゾーンを変更したい場合は、メールチェックリストの配信スケジュールの設定より変更が可能です。これにより初期設定したアカウントのタイムゾーンが変更されることはありません。 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ダッシュボード画面左のメニュー、メール→メールを選択 3. メール一覧から変更したいメール名をクリック  4. チェックリストの右上に表示される「配信設定」ボタンをクリック 5. 配信スケジュールの設定でご希望のタイムゾーンを選択し、右下の「配信設定」ボタンをクリックして完了です。 重要 *既に配信予約をされているメールにつきましては、タイムゾーンの変更は反映されませんのでご注意ください。 *新しいタイムゾーンにて配信スケジュールの設定をご希望される場合は、再度配信設定を行ってください。 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡くださいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

よくある質問 1月 26, 2021

1 2 3