サポートページ aero-right

受信側の設定が開封レポートに影響を与えることはありますか?

一般的にHTMLメールの配信システムでは、配信メール内に埋め込まれた小さな画像 (1px程度) が表示されることで 「開封」 をトラッキングしています。 こういった仕様上、Benchmark Emailにおいても、以下いずれかの理由で開封トラッキングのエラーが起こるケースがあります。 1.受信サーバでスパムフィルターをかけている場合、フィルターが受信時にメール内のすべての画像をスキャンしてしまうために開封と見なされてしまう場合がある 2.受信サーバでAntivirusなどのセキュリティソフト、Firewallを利用している場合、上記1と同様の理由で開封と見なされてしまう場合がある 3.GoogleやYahooが2013年頃から彼らのプロキシサーバで画像をキャッシュすることがあり、それが開封率に影響を及ぼすことがある 4.プレビューパネルの使用により開封数がカウントされてしまう場合がある *プレビューパネルとは、受信メールのリストを表示しながら選択したメールを閲覧できる機能です。購読者がメールを実際に開ける代わりにプレビューパネルを使うと、レポートにて開封が複数回計測されることがあります。 >>「レポート」のまとめページに戻る  

効果測定レポート&到達率 3月 23, 2020