サポートページ aero-right

クラシックエディタでよく使われる12機能をドラッグ&ドロップエディタで操作する方法

まず最初に、クラシックエディタはレスポンシブなメールの作成が出来ません。弊社のドラッグ&ドロップエディタは、レスポンシブなだけではなく、クラシックエディタでと同じ機能も操作することができます。 以下は、クラシックエディタで行われた上位12項目と、それをドラッグ&ドロップエディタで行う方法です。 1. ブロックの追加 ドラッグ&ドロップエディタでブロックを追加するのは簡単かつ便利です。左側のブロック列に、使用可能なオプションが表示され、希望の場所へ選択したブロックをドラッグ&ドロップするだけです。   2. 既存ブロックのコピー 各ブロックには右上隅に4つのアイコンがあり、マウスをコピーアイコンの上に置いてクリックします。コピーされたブロックが下に表示されます。   3. ブロックの並べ替え
 ブロックを移動するには、右上隅にある最初のアイコンをクリックして、目的の場所にドラッグします。   4. 画像の挿入 キャンペーンに画像を挿入するには、画像ブロックを追加し、「画像をアップロード」する必要があります。これにより画像ギャラリーが開き、挿入する画像を選択することができます。   5. リンクの挿入 ドラッグ&ドロップエディタでは簡単にリンクの挿入が可能です。テキストの一部を選択してURLにリンクすることができます。 また、ドラッグ&ドロップエディタのボタンを使用すると、リンクやpdf、メールアドレスを追加することができます。     6. 動画の挿入
 左のオプションから、動画ブロックをクリックしてメールにドラッグします。ブロックが入ったら、「動画へのリンク」をクリックします。その後、動画のURLの追加、または動画がすでにギャラリーに入っている場合は、挿入をします。   7. ドキュメントライブラリー
 より多くのオプションの元、ドラッグ&ドロップエディタからドキュメントライブラリにアクセスできます。使用するテキストをハイライト、リンクを表示させる場所にカーソルを置きます。その後、エディタの右上にあるメニューをクリックし、アップロードまたは選択します。   8. 書式設定
 ツールバーはエディタの上中央に配置されています。ブロックが編集可能になると、ツールバーが表示されます。   9. パーソナライズ機能の活用 パーソナライズされたメールは良いエンゲージメントを促します。ドラッグ&ドロップエディタにて、クラシックエディタと同じオプションの使用が可能です。タグはツールバーにあります。   10. ソーシャルメディア連携 ソーシャルメディアブロックとソーシャルシェアボタンは、ドラッグ&ドロップエディタでのみ使用できます。コンテンツブロックセクションの下部にあります。 11. スパムチェックとスペルチェッカー スパム及びスペルチェッカーは外部提携ツールですが、ドラッグ&ドロップエディタに連携されており、キャンペーンの内容を簡単に確認することができます   12. テキストメールの更新 ワンクリックで専用のテキストバージョンビューを使用すると、HTMLバージョンからのメールのテキストバージョンを即座に更新できます。   豆知識 モバイルでのレイアウト メールキャンペーン全体のおよそ60%が携帯・モバイルで閲覧がされています。これまでのエディターでは携帯・モバイル端末に対応したメール作成ができず、デバイスによっては希望通りに表示されない可能性が高いございましたが、ドラッグ&ドロップエディターではレスポンシブ対応のメールとなります。そのため自動的にモバイル端末でも最適なレイアウトで表示がされます。 ご不明な点がございましたら、メールまたはLiveChatにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。

テンプレート&メールエディタ ドラッグ&ドロップエディタ 9月 4, 2019

Does Benchmark Email offer a spellcheck feature for my email?

Yes, you have access to spellcheck any portion of your campaign that is editable. This needs to be done section by section though. While you are typing up a section, any word that is misspelled will appear with a red dottted line underneath it. Once you are ready to use the spell check feature, follow these steps: Click the Edit icon for the section you need to spell check. On the left side of your screen, click the button that says Spell Check. The window that pops up will look like this: You will noticed that the first word that is misspelled appears in red and the remaining misspelled words are in blue. This is because the first word is already selected and ready for editing. On the bottom of the window you have a box with spelling suggestions inside. Select the option that fits your need and click Change to. Click Ignore if no change is needed. You can also type in your own change in the box if none of the options are appropriate. When you are finished with the SpellChecker, click Finish Checking. To undo all changes, click Cancel. Click Save to ensure the changes you made to the block are locked in. Notes: Remember that you cannot spell check your entire campaign at once. Each block will need to be checked individually. Some portions of the block may have been ignored during the spell check feature, such as domain names. Click Options to change those settings. You can change the language setting as well as add words to the dictionary (to help save time in future campaigns during the spell check process). To spell check a campaign from a custom template, click here. Tip: Be sure to utilize the Spam Check feature and Preview your campaign before sending it to your contacts to ensure the best possible end result.

よくある質問 9月 6, 2019