サポートページ aero-right

購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法

パーソナライズ機能を使ってメルマガの中でリストに保存された顧客情報を反映させることが可能です。名前、電話番号、カスタマーIDナンバーなど、どの項目でも顧客リストにある情報は差込することができます。 ※複数のリストへ配信する場合は、各リストでフィールド名を統一して設定したか確認してください。  例:「国」「国1」「Country」「国籍」「くに」など別の名前に設定していると、機能しません。   ドラッグ&ドロップエディタでの設定方法 プレーンテキストエディタでの設定方法 件名をパーソナライズする方法 表示プレビューの方法 リンクURLにパーソナライズ情報を追加する方法 ドラッグ&ドロップエディタでの設定方法  ダッシュボードのメールをクリックし、編集したいメールをクリックします。 メール作成チェックリストの中から、「本文&デザイン」の項目の編集ボタンをクリックします。  パーソナライズ化したいテキストブロックを選択します  右上のメニューより、「挿入機能」をクリックし、ドロップダウンより「パーソナライズ」を選択します。  配信をすると選択した顧客リストにある情報が個々に反映されます。 顧客リスト項目に保存されていれば、どのような情報であってもメールが配信される際に置き換えられます。 下記の例をご参照ください: [contact_attribute:姓]様,: 例えば田中太郎さんがメールを受け取った場合、"田中様"と表示されます。 連絡先の詳細が存在しない場合、フィールドは空白になります。 プレビューにて、連絡先の詳細が置き換えられているかどうかを確認することができます。 Benchmark Emailにおいて使えるタグ一覧は以下のFAQをご確認ください。 FAQ: BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧   件名をパーソナライズする方法 注:Benchmark Emailはメールの件名に受信者の名前も追加する事を推奨しておりません。スパムメールは件名に個人情報を利用する事多いため、追加をする事で迷惑メール報告率の増加に繋がる可能性があります。 パーソナライズを利用する場合は、 ・件名に直接、登録情報表示をしたい部分に[contact_attribute:FieldName]と記入する。 ・FieldNameの部分に、フィールド項目名を記入する。   例:「[contact_attribute:firstname] 様、新商品のご紹介です」 田中太郎様がメールを受信した際には、件名には「太郎様、新商品のご紹介です」と表記されます。 パーソナライズした件名が反映されているかはパーソナライズプレビュー画面にて確認できます。フィールド項目に何もデータが入力されていない場合、パーソナライズ部分は空白となります。 ・[contact_attributes:項目名] 表示させたい項目名をタグに挿入する事で、リストに保存された顧客情報が表示されます。 プレーンテキストエディタでの設定方法 以下のタグを本文内に書き込んでください。 名:[contact_attribute:名] 姓:[contact_attribute:姓] メールアドレス:[contact_attribute:email] [contact_attribute:フィールド名]というのが基本的な形となります。フィールド名に任意の項目名を入れることで、その情報を表示させることができます。 同一ブロック内で同じ内容のパーソナライズタグを使用することはできませんのでご注意ください。この方法を使用して件名のパーソナライズも可能です。 テストメールでは、件名のパーソナライズは反映されません。反映を確認するには、ご自身のメールアドレスに実際にメールを配信してください。   リンクURLにパーソナライズ情報を追加する方法 登録したIDや会員番号を、URLの後ろに追加することが可能です。 エクセルファイル上で各読者に固有のIDを割り振る。 リストをエクセルファイルとしてアップロードする際、そのIDを任意のフィールド項目にアップロードする。(例:その他1) アップロード方法について詳しくは以下スライドのP11,12: https://www.slideshare.net/benchmark_jp/how-to-2018-105934113 リスト内のフィールド項目にIDが登録される。(例:abcde@benchmarkemail.comの登録情報の「その他1」に「12345」というIDが登録される。) リンクを設置する際、URLの後ろに[contact_attribute:フィールド名(例:その他1)]と記載する。 ※フィールド項目名は任意で構わないが、「その他1」の部分に該当する項目名を記入する。(例:ウェブサイトURLにhttps://www.benchmarkemail.com/jp=[contact_attribute:その他1]と記入) メールを配信すると、受信者によってクリックした際のURLが変わる。(例:abcde@benchmarkemail.comが受信したメールで、パーソナライズ設定したリンクをクリックするとhttps://www.benchmarkemail.com/jp=12345に遷移する) メール配信に複数のリストを使用する場合は、以下に注意する。 ・IDをアップロードするフィールドは統一 ・フィールド名を編集する際はどのリストも同じ名前にする   パーソナライズプレビューの方法 パーソナライズタグを挿入したメールを作成します。 編集画面で「テスト」ボタンをクリックし「コンタクトを指定して表示」を選択します。 配信リスト内から任意のメールアドレスをひとつ入力し「プレビュー」をクリックします。 (3)で入力したメールアドレスに登録された情報が表示されます。(ただし件名に挿入したパーソナライズタグは確認することができません。)   ■受信メールの宛先欄に「様」などの敬称を表示させる方法 残念ながら受信メールの宛先欄に敬称を表示させる機能はございません。 しかし、コンタクトリストに「姓」または「名」部分が登録されている場合、受信メールの宛先欄に反映され、受信者の名前として表示される為、「姓」または「名」部分を利用し、敬称を登録する事で表示が可能になります。 例1:「姓」部分に「田中花子」と入力し、「名」の部分に「様」と入力 例2:「姓」部分に「田中様」と入力し、「名」の部分は空白 また、「姓」「名」ともに空白の場合、宛先欄にはアドレスのみが表示されます。   コンタクトリストの項目設定や編集方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクトリストの情報を更新・編集する方法は? リストアップロードにおけるトラブルシューティングは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:リストアップロードにおけるトラブルシューティング   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 9月 27, 2019

挿入した画像がうまく表示されないのはなぜですか?

Benchmark Emailで作成したメール内に挿入した画像が表示されない場合には、大きく分けて2つの理由があります。 メールを作成する側に原因がある場合 メールの受信側に原因がある場合 下記にそれぞれのトラブルシューティングをまとめてありますので、ご参照下さい。   メールを作成する側に原因がある場合 HTMLメールで画像を挿入する場合、画像の指定方法として絶対パス(特有の画像URL)を利用しなければなりません。挿入画像はメール自体に添付・埋め込みされているのではなく、メールを開封すると画像がアップロード先のサーバーから読み込まれることにより表示される仕組みになっています。画像は常に特定のサーバーにアップロードされており、メールが開封される度にダウンロードされています。 Benchmark Emailでメールを作成する際には以下の点を確認して下さい。   HTMLメール内で画像が表示されない理由の一例: サーバーから画像が削除され、指定されているパス先に画像が存在しない。 画像の指定方法として絶対パスが利用されていない。 無料画像ホストサイトより画像を読み込む設定をしている場合は、サイト側より読み込みのブロックをされている可能性があります。 Benchmark Emailの画像ギャラリー機能を利用することで、有料アカウントでは10GBまでの画像をアップッロードすることができます。(無料トライアルアカウントでは10MBまで)10GB以上の容量が必要な方は月額1000円で画像ホスティングのオプションを別途ご購入頂きますと無制限でアップロードが可能となります。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:画像ギャラリーの容量の増やし方は?   複数の画像を設置した場合に表示がうまくされない場合: 複数の画像を設置する際に「画像の位置調整」オプションを使用してメールに挿入した場合、Internet Explorer上とFirefox上でのレイアウトが変わってしまいます。 片側に画像を設置し、もう片方にはテキストを配置するといった場合には「画像位置調整」オプションが有効です。 しかし、大きい画像を使いたい場合は利用しないことをお勧めします。もし使用した場合、Microsoft社の製品においては以下のような現象が発生する事があります。 画像が設定した位置と違うところに設置されてしまっている。 画像が文字を隠してしまっている。 位置調整オプションを無効にするためには、画像をクリックし、画面左側下部にある「画像の位置調整」の中央アイコンをクリックして調整して下さい。   メールの受信側に原因がある場合 メールプロバイダーで画像をあらかじめ非表示に設定している場合があり、表示する場合に設定し直す必要がある。 アクセス制限されている参照元から画像を参照している可能性がある。 ファイヤーウォールが画像表示をブロックしている可能性がある。 受信側が採用しているサーバーのシステムで、画像を表示させないように設定されている場合 (Outlookなど)   Gmailでうまく画像が表示されない場合:  Gmail を開きます。  右上の歯車 Settings をクリックします。  [設定] を選択します。   [全般] タブで [メッセージ内の画像] までスクロールします。  [外部画像を常に表示する] を選択します。  ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 9月 27, 2019

添付ファイルを送信するにはどうしたらいいですか?

Benchmark Emailではファイルを弊社サーバーへアップロードし、メール内にダウンロードリンクを設ける手法を採用しております。理由は以下の通りです。 添付ファイルによりメールのサイズ(容量)が極端に大きくなり、メールが届かない場合があります。 添付ファイルのあるメールは迷惑メールと判断される可能性が非常に高くなります。 添付ファイルのあるメールはウィルスを含んでいる場合もあることから、開封されない可能性が非常に高くなります。 1ファイルにつき5MBまでのアップロードが可能です。 以下に操作方法をご説明します。 HTMLメールへの添付 ダウンロードリンクの確認方法 アップロードしたファイルを削除する方法 HTMLメールへの添付 下記のステップに従って操作してください。 メール作成時のチェックリストから「本文&デザイン」をクリックし、メール作成画面に遷移します。ダウンロードリンクを挿入したい文言をドラッグして選択して下さい。   __   __   __ 右上のメニュー一覧から「ドキュメントファイルを挿入(クリップ型のアイコン)」を選択します。   __   __   __ 「ドキュメントライブラリ」ウィンドウが開きます。すでにアップロード済みの場合は、一覧から選択し「挿入」をクリックすれば完了です。新たにアップロードする場合には、「ファイルを追加」(画像内:赤枠)をクリックし、ファイルのアップロードを行います。   __   __   __ ファイルはセキュリティーの厳重なクラウドネットワークにアップロードされておりますのでご安心ください。 クリックレポート機能を活用すれば、どの顧客が資料に興味を示して「ダウンロードリンク」をクリックしたか確認できます。レポート機能の使用方法は、以下のリンクをご覧ください。 スライドシェア:メール配信後の効果測定  (別タブで開きます)   ダウンロードリンクの確認方法 ダウンロードリンクを確認するには、下記手順をご確認ください。 ファイルのアップロードおよびURL取得を行います。ダミーのHTMLメールを作成し、ドキュメントファイルを添付します。本ページ内で説明しております「HTMLメールへの添付」手順をご参照ください。   __   __ 添付が完了したら、URLの確認をします。リンクをハイライトし(画像内①)上部メニューより「リンクの挿入(鎖アイコン:画像内②)」をクリックします。   __   __   __ 「リンクの挿入」ウィンドウが現れます。「ウェブサイトURL」の欄に記載されているのがファイルのURLです。選択してコピーしてください。   __   __   __ アップロードしたファイルを削除する方法 ドキュメントファイルは、ドキュメントライブラリーへアップロードされます。 ドキュメントライブラリーは、メール編集を行っているときにのみアクセスが可能です。 データを削除するには以下の手順に従って作業を行ってください。 1. 任意のブロックにカーソルを合わせクリックし、編集可能な状態にします。 2.画面右上にある「メニュー」横のプルダウンより、「ドキュメントファイルを挿入」アイコンを クリックします。 3. ドキュメントライブラリにアクセスできます。削除したいドキュメントのツールから削除をクリックします。   4. 削除を確認するメッセージウィンドウが表示されたら「削除」をクリックして完了です。 注意: 削除を一度行うとファイルを元に戻す事は出来ません。 削除を行う前に、ドキュメントの使用の予定がないことを再度確認してください。 すでに配信したメール内に削除したドキュメントへのリンクが貼り付けられている場合、このリンクは今後無効となります。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 9月 12, 2019

メールにリンクを挿入する方法

画像リンクの方法 ボタンリンクの方法 文章リンクの方法 画像リンクの方法 1.写真を挿入したら、画面左のオプションから「リンクURL」をクリックします。 2.「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックして完了です。 ハイパーリンクはウェブアドレスだけでなくメールアドレス、電話番号として設置することも可能です。 メールアドレスとして設定されたハイパーリンクは、クリックすることで使用端末のデフォルトメールツールのメール作成画面が開くようになります。 また、電話番号はクリックすることで電話をかけることができるようになります。(受信端末によってこの機能の利用が可能かどうかは異なります) ※メールアドレスと電話番号はトラッキングする事が出来ない事から、レポートへは反映されません。 ボタンリンクの方法 左メニューからボタンブロックをドラッグ&ドロップします。 設置したボタンをダブルクリックします。 「リンクの挿入」ウインドウが現れますので、URLを入力します。   テキストリンクの方法 次の種類のリンクを追加することができます: Webページ メール アンカー アンケート 動画 ドラッグ&ドロップ形式のエディタを開き、リンクを挿入するブロックの編集アイコンをクリックします。URLを貼り付けたいテキストをハイライトします。 ハイライトした状態で、「リンクの挿入」アイコンをクリックします。 「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックします。 リンクを取り消したい場合は、設置したリンクをクリックしたのち下記の削除アイコンをクリックしてください。     Webページへのリンクの場合 上記(3)で「リンクタイプ:ウェブアドレス」を選択します。 メールリンクの場合 上記(3)で「リンクタイプ:メールアドレス」を選択します。 追加したメールリンクをクリックすると、既定のメールクライアントが開き、リンク先として選択したメールアドレスが送信先フィールドに入力されます。プレビューやテストメール で設定に成功したかをご確認ください。 アンカーリンクの場合 以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メール内任意の場所へアンカーリンクを指定することはできますか? アンケートリンクの場合 作成済みのアンケートは、ドラッグ&ドロップエディタ上で回答ページURLの呼び出しができます。 まず、アンケートを作成して有効になっている事を確認します。 アンケートを追加したいブロックに移動し、クリックします。 右上の「メニュー」をクリックします。 「挿入機能」から「アンケート」を選択します。 リンク名にリンク文面を入力します。 リンクしたいアンケートを選択します。 「更新」をクリックします。 ブロックメニューの「保存&閉じる」をクリックします。 動画の場合 詳しくは、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールに動画やオーディオファイルを埋め込むことはできますか?   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 9月 11, 2019

Googleマップの検索機能をメールに追加する方法

  キャンペーンにGoogleマップで取得したルートを追加すると、登録者が場所の検索する手間を省くことができます。 また、所在地どこにいるのかを視覚的に確認するためのマップとして利用出来ます。 キャンペーンにGoogleマップの検索機能を追加するには、次の手順を実行します:  新しいブラウザウィンドウで Googleマップ にアクセスします。  ページの左上にある[ルート]をクリックします。  提供されたスペースに出発地と目的地を入力します。  複数のルートが提案されている可能性があります。優先オプションを選択します。  左側メニュー内、[地図を共有または埋め込む]を選択します。  短縮URLのオプションを選択します。提供されたURLをコピーしします。  Benchmark Emailのキャンペーン画面へ行き、リンクを配置するブロックにカーソルを合わせクリックします。  テキストボックス内、リンク希望のテキストをハイライトし、画面上部から[リンクを挿入]アイコンをクリックします。  表示されるボックスで、GoogleマップからのURLを「リンクURL」セクションに貼り付けます(下記参照)。  「挿入」をクリックします。  リンクをクリックして実際にテストしてみましょう。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 8月 5, 2019

ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法

ソーシャルメディアサイトを利用する人はどんどん増えてきています。TwitterやFacebook、LinkedInページへのリンクを挿入することで消費者の注意を引くことができ、コンタクト数の増加にもつながってきます。 ボタンを挿入するには、以下のステップに従ってください: デフォルトのレイアウトで作成を始めた場合は、始めから最下部にSNSボタンブロックが入っています。 SNSボタンブロックを新たに配置する場合は、ブロック一覧から「ソーシャルメディア」を右側へドラッグしてください。 設置したいSNSサービスのボタンを追加します。SNSボタンブロックをクリックします(画像内:1)。 左側メニューは「コンテンツ」を選び(画像内:2)「その他のサービスを追加する」から選択してください(画像内:3)。 不要なボタンの消去・並べ替えを行う場合は、各アイコンにカーソルを乗せてください。 「ゴミ箱ボタン」で消去、「十字ボタン」で移動が可能です。 遷移先アドレスの設定を行います。アイコンをクリックし(画像内:1)左側メニューから編集を行ってください(画像内:2)。 アイコンの色なども編集できます。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア ドラッグ&ドロップエディタ 9月 11, 2019

メールに動画やオーディオファイルを埋め込むことはできますか?

動画の挿入方法について メールに動画を挿入したい場合 YouTube、Wistia、Vimeoなど既にWeb上にアップロードされている動画を使用します。 また、サムネイル画像から動画リンクへ遷移するという形での挿入となります。動画にはスクリプトや埋込タグが含まれており迷惑メールと判断されることがある為、実際のメールには動画は埋め込まれません。 動画の追加方法 ブロックメニューから動画ブロックをエディタ上の好きな位置に配置 ブロック内の「動画へのリンク」をクリック 動画ギャラリーが開いたら、挿入したい動画のサムネイルをクリック エディタ画面に戻り、動画の挿入を確認 動画のURLをコピーし動画ギャラリーウィンドウ右上の動画URLボックスに貼り付けて挿入をクリックします。 ※You Tubeの場合、「共有」ボタンからの短縮URLはご利用いただけませんので、アドレスバーのURLを直接貼りつけてください。   注意:動画ブロックの編集も可能です オーディオファイルを追加する方法 オーディオファイルを添付は、不可能となっています。多くのメールソフト上で、ストリーミングビデオやオーディオファイルは削除されます。 各プロバイダーごとのセキュリティ設定よって違いますが、ストリーミングファイルを無条件で安全であるとして受信することはありません。 どうしてもオーディオファイルが不可欠であるという場合は、ファイルをネット上に保存しておくという選択肢が残されています。 以下のコードを埋め込み、メールが開封されたらファイルが自動で読み込まれるように出来ます。 <EMBED SRC=http://www.youraudiofile.com.com/folder/filename.wav AUTOSTART="TRUE" LOOP="TRUE" WIDTH="0" HEIGHT="0" ALIGN="CENTER"> </EMBED> オーディオファイルの追加はサポート対象外となりますのでご了承下さい。 HTMLコード編集画面を表示する方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ドラッグ&ドロップエディタで作成したメールのHTMLコードを参照できますか?   *タグについて AUTOSTART- このタグがTRUEだと、オーディオファイルは自動的に再生されます LOOP -ファイルを続けて再生し続けたいときは、このタグをTRUEにしてください。一度のみ再生されて止まるようにしたい場合はこちらのタグを除いてください WIDTH and HEIGHT - このタグを0に設定すると、オーディオファイルのアイコンが相手に表示されません。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 8月 22, 2019

画像をメールに掲載する方法

Benchmark Email の画像ギャラリーにアップロードした画像、あるいはウェブサーバーへ保存されている画像が利用可能です。   Benchmark Email の画像ギャラリーへアップロードした画像を利用する  コンテンツブロックから画像ブロックを選択し、エディタ上で好きな位置までドラッグします  ブロック上に画像を直接ドラッグ&ドロップするか、画像をアップロードをクリックして画像ギャラリーから選択します。  保存&閉じるをクリックします。   画像の差し替え、編集、リンク設定は、画像をクリックすると画面左に表示される編集オプションから行なってください。背景色やボーダー、空白枠などその他の設定も可能です。 画像を設置したら代替テキストの設定を行なってください。受信先で画像が表示できない、あるいは画像非表示設定をしている場合に画像の代わりに表示されるテキストです。 対応可能なファイル形式については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:画像ギャラリーの利用と画像のアップロード方法について   外部ウェブサイトからの画像を利用する  コンテンツブロックから画像ブロックを選択し、エディタ上で好きな位置までドラッグします  画像をアップロードをクリックして画像ギャラリーへ移動します。  画像URLボックスに画像URLを入力し挿入ボタンをクリックします。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

画像ギャラリー 3月 19, 2019

1 2