サポートページ aero-right

Benchmark Emailのテンプレートを使ってメールを作成する方法

初めてのメール作成にあたっては、Benchmark Emailがご用意している豊富な種類のテンプレートをご利用いただくことも可能です。また、ご自身のHTMLコードを使って作成いただくことも可能です。 こちらのFAQではテンプレートに関して以下の3つの項目についてご説明します。 テンプレートを使用してメールを作成する方法 ソーシャルメディアのテンプレートを使用する方法 祝日用のテンプレートを使用してメールを作成する方法 レスポンシブ対応のテンプレートについて   テンプレートを使用してメールを作成する方法  アカウントにログインします。  ダッシュボードより、メールをクリックします。  右上のメール作成ボタンをクリックします。  通常メール配信を選択し、次へをクリックします。  ドラッグ&ドロップ形式を選択肢、次へをクリックします。  メール詳細を入力しましょう。チェックリストの必須項目(配信先、送信元、件名、リンクのトラッキング&共有)を入力頂き、それぞれの項目で保存をクリックします。チェックリストの下の部分では、Google Analyticsとの連携設定や、SNSへの共有設定が可能です。 メール名:メールの管理のために使用されるものであり、配信するメールには表示されません。 件名:メールの件名です。 プレヘッダーテキスト:受信時のプレビューで件名の次に表示される文章です。 差出人名:送信者として表示される名前です。 送信元メールアドレス:送信者として表示されるメールアドレスです。 返信先メールアドレス:メールの受信者が返信した際に受け取るアドレスです。 トラッキング:GoogleAnalyticsと連携し、リンク経由のサイト訪問者をトラッキングできます。 シェア/SNS連携:ソーシャルメディアと連携し、メールを共有できます。 各項目を設定し、保存をクリックします。 本文&デザイン、又は右にあるメール編集をクリックします。  レイアウト画面にて、用途にあったテンプレートを選択します。  ここで編集が可能なエディタ画面へ遷移します。メールの内容はブロックごとに編集を行ってください。ドラック&ドロップにてブロッグを自由に任意の位置へ移動することも可能です。背景色は左上の全体のスタイルタブから変更できます。ブロック内をクリックすると、ブロック内の内容を変更したりテキストのサイズやフォントを調整できます。また画像ギャラリーに登録済みの画像を挿入したり、パーソナライズ機能で顧客情報を挿入することも出来ます。 テンプレートのデフォルト画像は変更が可能であり、購読者がブランドとメールを結びつけることができるため、配信メールをブランドイメージに近づけることで顧客ロイヤルティーを培うのに役立ちます。ブランドオリジナル画像の挿入をお勧めします。 注)ほとんどのテンプレートではデフォルト画像の位置やサイズの変更は不可となっています。  エディタでの作業は自動で保存されます。編集が完了したら保存&次へをクリックします。  メールの配信スケジュールを設定します。 すぐに送信する場合はすぐに送信を選択します。10分以内に配信が開始されます。 配信日を設定する場合は配信スケジュールを選択し、配信する日付と時間を設定します。 作成頂いたメールは自動的に下書き保存されますので後から配信設定も頂けます。 注意:メールの本配信前に、受信側でメールがどのように見えるかを自分宛にテストメール送信することにより確認することができます。テストメールの送信方法に関しては以下のFAQをご確認ください。 FAQ::テストメールの送信方法は?テストメールに配信制限はありますか?   ソーシャルメディアのテンプレートを使用する方法 Benchmark Emailでは様々なテンプレートを用意していますが、その中にはソーシャルメディア用のテンプレートも多数用意しています。これらのテンプレートを使うことで、FacebookやTwitter上にて行なっているあなたのマーケティングをより充実したものとする事が可能となり、購読者やフォロー数を増やすことへとつながります。以下の方法でお試しください。ソーシャルメディア用のテンプレート一覧は下記のURLより見る事が可能です。 ソーシャルメディアマーケティングテンプレートセレクション   ダッシュボードのメール作成メニューから通常メール配信をクリックします。  メール作成のエディターにおいて、ドラッグ&ドロップエディターを選択します。 チェックリストの必須項目(配信先、送信元、件名、リンクのトラッキング&共有)を入力し、それぞれの項目で保存をクリックします。 本文&デザイン又はメール編集をクリックします。 レイアウト画面の画面左側のカテゴリー一覧において、 「業界」から「ソーシャルメディア」、または「連携」から「eBay」「Survey Monkey」など希望するテンプレートを選択します。  テンプレートの形に沿って、あなただけのメールを作り上げましょう。   Benchmark Emailの提供しているソーシャルメディアのテンプレートを元にメールを作成される際、ソーシャルメディアアイコンを挿入することでよりあなたのメールの価値を高める事が可能となります。メルマガ購読者がメールを読んだ後、あなたのFacebookやLinkedIn、Twitterなどのフォロワーへとなることによって、あなたのメールマーケティングが成功したと言っても過言ではありません。ソーシャルメディアアイコンをメール内に挿入する方法は下記のFAQをご覧ください。 FAQ:ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法    祝日用のテンプレートを使用してメールを作成する方法 テンプレートを用いて作成する部分は上記と変わりませんが、祝日用のテンプレートをお使いになりたい際には以下の方法でお試し下さい。Benchmark Emailの祝日用テンプレート一覧は下記のURLより見ることが可能です。 Benchmark Emailホリデーテンプレートセレクション  ダッシュボードのメール作成メニューから通常メール配信をクリックします。 チェックリストの必須項目(配信先、送信元、件名、リンクのトラッキング&共有)を入力し、それぞれの項目で保存をクリックします。 本文&デザイン又はメール編集をクリックします。 レイアウト画面の画面左側のカテゴリー一覧において、画面左の祝日をクリックし、月を選択するとフィルタが設定され該当テンプレートが表示されます。   レスポンシブ対応のテンプレートについて Benchmarkは受信端末によって表示方法を変更するレスポンシブ対応を採用しています。こちらで紹介しているテンプレートについても、もレスポンシブ対応となっているので、是非ともご利用ください。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ ドラッグ&ドロップエディタ 10月 29, 2019

効果的な件名を作成するヒントとは?

メールマーケティングにおいて件名はメールが開封されるかどうかに大きな影響を与えるとても重要な要素です。下記のルールに従い開封率の向上を目指しましょう。 簡潔に:件名は55字以内に収めます。Yahooなど大抵のメールクライアントでは55字を超える件名は表示しきれず途中で切れてしまいます。伝えたいことを購読者にすべて伝えるためにも、件名は簡潔にまとめることを心がけましょう。 スパム用語を避ける:ISPメールフィルターは数種の言葉やフレーズをスパム用語として認識し、該当するキーワードが件名に1つでも含まれていれとメールをブロックするようになっています。「¥¥¥」、現金報酬、稼ぐ、バイアグラ、などが挙げられます。しかし、フィルターには引っかからないもののキャンペーンの効果に悪影響を及ぼすものもあります。自分がメールを開封したくなるような件名、大げさでなく購読者の興味を引く内容を作成するようにしてください。 質問を投げかける:質問を投げかけることで興味を引き、メールを開封してもらうことができます。質問の内容も季節やターゲット層に合ったもの、配信コンテンツに関連するもので作成しましょう。例:「あなたの体調管理は?冬の風邪予防にはこれが効果的!」等。エンゲージメントを高めメールの開封率が上がるだけでなく、購入へと繋がる可能性が高まります。 ランキング形式の活用:一般に人々はランキングに惹かれやすく、件名に取り入れることで購読者の注意を引くことが出来ます。アイスクリームショップなら「今年流行りのフレーバートップ5」、また「3つの人気冬コート」などがその例です。 A/Bテスト・効果比較:効果的な件名が何かを決定するには試行錯誤と調査が必要です。A/Bテストで異なる件名を試し、レポートを比べ最も効果があるものを見つけます。試行錯誤することによって購読者へのアプローチ方法を絞ることができ、開封率の増加が期待できます。A/Bテスト機能の詳細は以下をご覧ください。 FAQ:A/Bテストとはどのような機能ですか? また効果的な件名の作成について以下のブログ記事もご参照ください。 ブログ:【事例4選】メルマガ開封率upに効く!読まれるタイトル施策まとめ   絵文字の利用   いまや絵文字はメッセージ送受信においてスタンダードになっています。すべての件名に絵文字を利用することが適しているとは限りませんが、メッセージに絵文字を結びつけることで、購読者がメールにより親近感を抱き、その結果開封率の向上につながる場合があります。 文字を絵文字で置き換えることは避けましょう。選択した絵文字が購読者の受信環境でうまく表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足的要素として使用することをお勧めします。   メール到達を確実なものに近づけるため、送信前に必ずスパムチェックを行うことをお勧めします。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 初めての方はこちら 6月 26, 2019

件名に絵文字は使用できますか?

件名に絵文字を追加して、ユニークで魅力的なアプローチで購読者とエンゲージしましょう。Benchmarkではメールマーケティング戦略としてウェブセーフでモバイルフレンドリーな絵文字を導入することにより、開封率を増加するための適切なツールを提供しています。お客様ご自身でご用意された絵文字、またはBenchmarkが提供する絵文字を使用することができます。但し提供する絵文字はEmojipedia経由でホストされるため、すべての受信者に同じ絵文字の形やスタイルが表示されるとは限りません。受信者に表示される絵文字のスタイルは受信者の端末に応じます。 例)異なる端末での絵文字の表示例 今日では、絵文字を使用することで、楽しく画期的な方法でメッセージを表現することができます。 お得に外食ーレストランクーポン!🍽️ 🌃🤑 期間限定お買い得情報!💸 🛍️ 💨 秋の味覚、季節のフルーツパイを注文しよう🍑 🥧 連休の旅行予約はお早めに🛫☀️🏖️ 件名のテキストを絵文字と置き換えることは推奨しておりません。絵文字を使用する際は、テキストを強調する目的でのご利用をお勧めします。 以下にキャンペーンの件名に絵文字を追加する様々なオプションについてご紹介します。 メール: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードより「メール」を選択します。 「メール作成」ボタンをクリックします。 メール作成のステップ1 詳細で、件名を入力し、ニーズに最も適した絵文字を追加します。 絵文字は「通常メール配信」と「RSSメール配信」オプションで、「ドラッグ&ドロップ形式」または「HTMLビルダー」、「PLAIN TEXT EDITOR」のいずれかを選択していただくことでご利用いただけます。 A/Bテスト: Benchmarkアカウントにログイン後: ダッシュボードより「メール」を選択します。 「A/Bテスト」をクリックします。 次に「A/Bテスト作成」ボタンをクリックします。 A/Bテストメールのステップ2 テストメール選択で、下書きのメールを選択します。 件名を入力し、ご希望の絵文字を追加します。   注意:A/Bテストタイプでは、「差出人名/件名テスト」または「複数比較テスト」オプションを選択してください。絵文字はメール作成時に件名が既に選択されているため、「メールvs.メールテスト」および「配信時間テスト」オプションではご利用いただけません。 A/Bテストの作成方法はこちらをご参照ください。 オートメーション: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードメニューより「オートメーション」を選択します。 「オートメーション作成」ボタンをクリックします。 オートメーションの種類を選択します。 ステップ2 シナリオ数で、「メールの追加」ボタンをクリックします。 次にステップ1 メール名で、件名を入力し、使用したい絵文字を追加します。 注意点: 絵文字は購読者のブラウザ、オペレーティングシステムおよびメールクライアントに応じて表示されます。 文章を絵文字に置き換えることは推奨しておりません。購読者の受信環境によっては選択した絵文字が表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足要素としてご利用ください。 メールの件名をパーソナライズする方法に関して、詳しくはこちらをご参照ください。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。  

テンプレート&メールエディタ ドラッグ&ドロップエディタ 9月 20, 2019