サポートページ aero-right 新規メール

RSSメール配信機能について

RSSフィード対応のブログ記事またはサイトを更新した際に、購読者にその内容がメールで自動配信されます。RSS(Really Simple Syndication)メールのコンテンツは、サイトやブログなどの最新記事のタイトルや日付、要約の一覧がコンテンツとして埋め込まれます。さらに、RSSタグを使用して、RSSメールに表示するコンテンツを指定することが可能です。 始める前の注意点: RSSメール配信機能を使用するには、RSSフィードのURLが必要です。 RSSメールからRSSの内容を編集することはできませんので、編集はブログのサイトから行なってください。 目次: RSSメールのコンテンツについて RSSフィードのURLを取得する方法 RSSメールを作成する方法 テキスト版のメールについて 稼働中のRSSメールを編集または停止する方法/停止したメールを再稼働する方法 RSSメール配信レポートを確認する方法   RSSメールのコンテンツについて   初回のRSSメールには、過去24時間以内に公開された投稿が含まれます。その後は、設定した配信頻度でどの記事が配信されるかが決定されます。 RSSメールを毎日配信に設定した場合は、24時間以内に追加されたコンテンツが配信されます。毎週の場合は、過去7日間のコンテンツ、15日毎の場合は、過去15日間のコンテンツが配信されます。同様に、毎月配信の場合は、過去1ヶ月のコンテンツが配信されます。 ご注意:RSSフィードに新しいコンテンツがない場合はメールは配信されません。 トップに戻る   RSSフィードのURLを取得する方法   RSSメールの配信設定をするには、まずブログのRSSフィードのURLが必要です。URLを取得するにはサイトのコンテンツ・コンソール内を確認する、または、サイトやホスティングプロバイダーにご連絡ください。 RSSフィードのURLを取得するには、以下の手順に従ってください: RSSメール配信をしたいウェブサイトを開きます。 ページ内の余白部分にカーソルを合わせて、右クリックします。 オプションの「ページのソースを表示」 を選択します。 そのページを構成している HTML が表示されますので、ショートカットキーCtrl +Fで「RSS」を検索します。 下記のように表示されます。 “< link href = "http://www.benchmarkemail.com/blogs/rss.xml" rel = "alternate" type =" application/rss+xml" title ="" / >” 「href=」の後に表示されるURLがRSSフィードです。上記の例ですとURLはこちらになります: http://www.benchmarkemail.com/blogs/rss.xml RSSフィードURLは、RSSメールを作成する過程で入力する必要がございます。作成方法については、以下のセクションをご確認ください。 トップに戻る   RSSメールを作成する方法   Benchmark Emailアカウントにログインします。 左のダッシュボードメニューよりメール>メールをクリックします。右上の「メール作成」ボタンをクリックします。 作成するメールの種類で、RSSメール配信を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 任意のエディタを選択し、管理用のメール名と利用するブログのRSSフィードのURL、またはXMLフィードのURLを入力して「次へ」ボタンをクリックします。 *RSSフィードURLが分からない場合は、ブログのURLを入力して「次へ」ボタンをクリックしてお試しください。問題が継続する場合は、サポートまでご連絡ください。 RSSメールの本文&デザイン編集ページに移動します。以下、ドラッグ&ドロップを使ってRSSメールを作成する方法をご紹介します。   チェックリストの各セクションの詳細は、以下をご覧ください。 本文&デザイン 配信先 送信元 件名 リンクのトラッキング&共有 配信設定     本文&デザイン メール名を入力した後、編集画面に進みます。 編集後、「保存&次へ」ボタンをクリックするとチェックリストに戻ります。再度編集ページに移動するには、チェックリストの本文&デザインで「メール編集」ボタンをクリックしてください。 レイアウトページで、RSSメールのテンプレートを選択します。テンプレートにはRSSブロックが予め挿入されています。このブロックはすべてのメールテンプレートでご利用可能です。 メールレイアウトの種類は以下の通りです: 白紙レイアウト 一からメールを作成したい場合にお使い頂けます。お好きなメールのセクションを選択し、コンテンツブロックを追加または削除できます。 テンプレート テンプレートにはメール内にあらかじめセクションとブロックが挿入されていますので、あとは画像やテキスト、配色などを編集するだけでメールを作成することができます。季節に合ったテンプレートやソーシャルメディアと連携可能なテンプレートなど様々な種類をご用意しております。 レイアウトで白紙レイアウトタブをクリックし、RSSをお選びください。RSSメールのテンプレートには(RSSヘッダーとRSSフィードのRSSブロックが予めメールに挿入されています。 RSSメールテンプレートを選択しない場合は、メールにドラッグ&ドロップでRSSブロックを挿入することができます。   RSSヘッダーブロックはブログのサイトタイトルと、以下のような項目も合わせて自動的に追加することができます。 タイトルのみ タイトル&ディスクリプション タイトル&日付 タイトル、ディスクリプション、日付 カスタム カスタムオプションでは以下のタグをご利用にいただけます RSS Title RSS Description RSS Date RSS Link RSSフィードブロックでは、ブログのタイトルと以下のような項目も合わせて追加できます。 タイトルのみ タイトル + 引用 タイトル + 1行 フルコンテンツ カスタム カスタムオプションでは以下のタグをご利用にいただけます: RSS Post Title RSS Post Description RSS Post Date RSS Post Link RSS Post Content RSS Post Author RSS Post Image RSS Post Category RSSメールのテンプレートは他のテンプレートと同様に、セクションとブロックに分かれており、簡単に編集が可能となっております。セクションの挿入や追加またはブロックの移動なども、ドラッグ&ドロップでメール内の好きな場所に移動させることが可能です。メールの背景色については、全体のスタイルタブをクリックすると変更できます。 ブランドアイデンティティの向上には、RSSメールでお客様にとって馴染みのあるフォントのスタイルや背景色にすることをお勧めします。メールのセクションまたはブロックの編集方法については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールのセクション機能と各ブロックの説明   編集画面でプレビューオプションを利用すると、RSSコンテンツを含むメールが各デバイスでどのように見えるかをご確認いただけます。また、テストメールを送信して、受信トレイでメールがどのように表示されるかを確認することもできます。複数の受信トレイで自分のメールがどのように見えるかを確認したい場合は、受信テスター機能をご利用ください。詳しくは、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:受信テスターの目的と作成方法について     編集が完了しましたら、「保存」または「保存&次へ」ボタンをクリックします。 「保存」ボタンを選択した場合、後ほど編集に戻っていつでもメールを完成させることができます。 「保存&次へ」ボタンをクリックすると、メールのチェックリストのページに進みます。 ご注意:チェックリストを完成させるには、各項目を入力後は必ず「保存」ボタンをクリックしてから次の項目に移る必要があります。 トップに戻る   配信先   顧客リスト(コンタクトリスト)のドロップダウンメニューより、送信したいリストを選択します。また、除外のドロップダウンメニューで選択したリストに配信されないよう設定することも可能です。 トップに戻る   送信元   差出人名:送信者として表示される名前ですので、会社名のような分かりやすい名前にしましょう。 送信元メールアドレス:送信者として表示されるメールアドレスです。個人的なメールアドレスではなく、会社や会社のドメインを使用します。 異なるアドレスを返信用に設定する:使用したいメールアドレスがない場合は、このトグルバーを右にスライドして新しいアドレスを追加することができます。     トップに戻る   件名   初期設定の件名は以下のように表示されています: News from [RSS:TITLE] for [RSS:DATE] 購読者の受信トレイには、以下のように表示されます: News from Benchmark Email 日本語版 for 13 Dec 2021   件名をカスタマイズしたい場合は、RSSフィードタグを削除し、異なったタグを使用して新しい件名を作成してください。Benchmark Emailでご利用可能なタグについては以下のFAQでご確認ください。 FAQ:BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧 プレヘッダーテキスト: 受信箱において件名の後に表示されるテキストのことです。   トップに戻る   リンクのトラッキング&共有   トラッキングまたはコンテンツオプションを使用可能にするには、「リンクのトラッキング&共有の編集」をクリック、又はボックスを直接クリックします。各オプションの設定後は、「保存」ボタンをクリックしてください。     Google Analytics:リンク経由のサイト訪問者をトラッキングできます。この機能を利用するには、必ずGoogle Analyticsの設定を遷移先のホームページに設定してください。 Twitterでメールを自動的につぶやく:このオプションをオンにすると、Twitterアカウントでメールを自動的につぶやくことができます。Twitterと連携する方法についてはこちら   トップに戻る   配信設定   メールの編集が完了しましたら、右下の「保存&次へ」ボタンをクリックしてください。 チェックリストに戻りますので、「配信設定」ボタンをクリックします。 ポップアップ画面が表示されますので、ドロップダウンメニューより送信頻度(毎日、毎週、15日毎、毎月のいずれか)を選択します。 配信日を選択します。曜日をお選びください。 送信頻度で「毎日」を選択した場合、特定の曜日を除外するオプションもあります。 毎週の場合は、配信したい週の曜日を選択します。 15日毎の場合は、RSSメール稼働日から15日後の曜日を選択します。 毎月の場合は、月1で配信したい曜日を選択します。 配信時間を選択し、タイムゾーンを確認します。初期設定ではGMTとなっておりますが、こちらでお好きなタイムゾーンに変更することができます。 「稼働する」ボタンをクリックすると、RSSメールの作成完了です。 なお、RSSフィードURLを変更したい場合は、チェックリスト画面に戻り、枠内のURLを変更して「保存」ボタンをクリックしてください。   ト

メール配信機能 2月 3, 2022

効果的な件名を作成するヒントとは?

メールマーケティングにおいて件名はメールが開封されるかどうかに大きな影響を与えるとても重要な要素です。下記のルールに従い開封率の向上を目指しましょう。 簡潔に:件名は55字以内に収めます。Yahooなど大抵のメールクライアントでは55字を超える件名は表示しきれず途中で切れてしまいます。伝えたいことを購読者にすべて伝えるためにも、件名は簡潔にまとめることを心がけましょう。 スパム用語を避ける:ISPメールフィルターは数種の言葉やフレーズをスパム用語として認識し、該当するキーワードが件名に1つでも含まれていれとメールをブロックするようになっています。「¥¥¥」、現金報酬、稼ぐ、バイアグラ、などが挙げられます。しかし、フィルターには引っかからないもののキャンペーンの効果に悪影響を及ぼすものもあります。自分がメールを開封したくなるような件名、大げさでなく購読者の興味を引く内容を作成するようにしてください。 質問を投げかける:質問を投げかけることで興味を引き、メールを開封してもらうことができます。質問の内容も季節やターゲット層に合ったもの、配信コンテンツに関連するもので作成しましょう。例:「あなたの体調管理は?冬の風邪予防にはこれが効果的!」等。エンゲージメントを高めメールの開封率が上がるだけでなく、購入へと繋がる可能性が高まります。 ランキング形式の活用:一般に人々はランキングに惹かれやすく、件名に取り入れることで購読者の注意を引くことが出来ます。アイスクリームショップなら「今年流行りのフレーバートップ5」、また「3つの人気冬コート」などがその例です。 A/Bテスト・効果比較:効果的な件名が何かを決定するには試行錯誤と調査が必要です。A/Bテストで異なる件名を試し、レポートを比べ最も効果があるものを見つけます。試行錯誤することによって購読者へのアプローチ方法を絞ることができ、開封率の増加が期待できます。A/Bテスト機能の詳細は以下をご覧ください。 FAQ:「A/Bテスト」のまとめページ また効果的な件名の作成について以下のブログ記事もご参照ください。 ・開封率が上がる件名とは?『ザ・コピーライティング』から学ぶ見出し作成ルール ・【事例4選】メルマガ開封率upに効く!読まれるタイトル施策まとめ   絵文字の利用 いまや絵文字はメッセージ送受信においてスタンダードになっています。すべての件名に絵文字を利用することが適しているとは限りませんが、メッセージに絵文字を結びつけることで、購読者がメールにより親近感を抱き、その結果開封率の向上につながる場合があります。 文字を絵文字で置き換えることは避けましょう。選択した絵文字が購読者の受信環境でうまく表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足的要素として使用することをお勧めします。件名に絵文字を追加する方法については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:件名に絵文字は使用できますか?   メール到達を確実なものに近づけるため、送信前に必ずスパムチェックを行うことをお勧めします。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 7月 8, 2021

ホットリード機能とはなんですか?

まず、初めに「ホットリード」とはなんでしょうか?これは、自社の商品やサービスに対する関心度が高く、購買までもう少しの段階にある見込み顧客のことを指します。 Benchmark Emailのホットリード機能は、メールへの反応の良い(メールの開封やリンクのクリックをした)購読者を自動的にリスト化してくれる便利なツールです。 選択したメールキャンペーンを分析し、開封やクリックなどの特定条件に該当したコンタクトを抽出し、リストを作成します。分析は開封、クリック、又は特定URLへのクリックを基準に行います。   新規リストの作成で「ホットリードリスト」を選択すると、次に「開封・クリックリスト」と「リンク別リスト」の2種類のオプションが表示されます。計測する項目を決定後、分析したいメールキャンペーンを選択します。そのあと、抽出条件を設定するとその結果該当するコンタクトが抽出されホットリードリストが作成されます。作成されたリストは自動的にコンタクトリストに保存されます。 ホットリード機能のご利用方法: 1. Benchmark Emailアカウントへログイン 2. ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリック 3. 「新規リストの作成」ボタンをクリック 4. ホットリードリストを選択し「次へ」をクリック 5. 「開封・クリックリスト」、または特定のURLクリックを元に抽出する「リンク別リスト」のいずれかを選択   <開封・クリックリスト(開封及びクリックで抽出)の作成方法> 1. 上記手順の1〜5まで完了したら、「次へ」をクリック 2. リスト作成の基となるメールキャンペーンにチェックを入れ、「次へ」をクリック 3. リスト抽出条件、メールの条件とアクションの種類を選択 4. 抽出したリスト名を入力し「保存」ボタンをクリック 詳細については、以下のFAQをご確認くださいませ。 FAQ:ホットリード機能の「開封・クリック」リストについて <リンク別リスト(特定のURLクリックで抽出)の作成方法> 1. 上記手順の1〜5まで完了したら、「次へ」をクリック 2. リスト抽出の基準となるURLを選択し、「次へ」をクリック 3. 抽出条件を選択 4. 抽出したリストに名前を入力し、「保存」をクリック 詳細については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ホットリード機能の「リンク別クリック」リストについて 注意点: ホットリードメールは有料機能となっております。アップグレードをご希望の方はこちらをクリックしてください。 リストサイズによって抽出完了までにかかる時間が異なります。 RSS配信、ステップメール、EMAで配信したメールはホットリード機能では選択不可となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 15, 2021

件名に絵文字は使用できますか?

  件名に絵文字を入れることで、今までとは違ったアプローチで魅力的なメールで購読者とエンゲージすることができます。Benchmark Emailではメールマーケティング戦略としてウェブセーフカラーでモバイル対応の絵文字を導入することにより、開封率を向上するためのツールをご用意しております。 お手持ちの絵文字、またはBenchmark Emailが提供する絵文字もご利用になれます。ただし、提供する絵文字はEmojipedia経由でホストされているため、すべての受信者に同じ絵文字の形やスタイルが表示されるとは限らず、受信者の端末によって異なります。 例)異なる端末での絵文字の表示例 絵文字を使用することで、画期的で楽しいメッセージを送ることができます。 お得に外食!レストランクーポン🍽️  🌃 🤑 期間限定お買い得情報!💸  🛍️  💨 秋の味覚、季節のフルーツパイを注文しよう 🍑  🥧 旅行のご予約はお早めに 🛫 ☀️ 🏖️ ただし、件名の文字を絵文字と置き換えることは推奨しておりません。絵文字を使用する際は、テキストの補足的要素として使用することをお勧めします。 件名に絵文字を追加する方法は3通りございますので、以下の手順に従ってください。 メールのチェックリストから利用する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボード左のメニューよりメールを選択します。 3. 右上の「メール作成」ボタンをクリックします。 4. メールの種類の「通常メール配信」または「RSSメール配信」のいずれかを選択します。 5. エディタの種類の「ドラッグ&ドロップ」「HTMLメール」「テキスト版」のいずれかを選択します。 6. メール名を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。 7. 件名で、ボックスの右に表示されているスマイル絵文字をクリックすると、絵文字一覧が表示されます。 A/Bテストから利用する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボード左のメニューよりメールを選択します。 3. A/Bテストをクリックします。 4. 右上の「A/Bテスト作成」ボタンをクリックします。 5. ステップ1詳細を入力します。テストタイプは「差出人名/件名テスト」または「複数比較テスト」選択します。 6. 「保存&次へ」ボタンをクリックします。 7. ステップ2 テストメール選択で、下書きのメールを選択します。 8. 件名を入力し、ご希望の絵文字を追加します。   注意:A/Bテストタイプでは、「差出人名/件名テスト」または「複数比較テスト」オプションを選択してください。絵文字はメール作成時に件名が既に選択されているため、「メールvs.メールテスト」および「配信時間テスト」オプションではご利用いただけません。 A/Bテストの作成方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:A/Bテストの作成方法は? オートメーションから利用する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボード左のメニューより、オートメーション>オートメーションを選択します。 3. 右上の「オートメーション作成」ボタンをクリックします。 4. オートメーションの種類を選択します。ステップ1 詳細を入力し、「保存&次へ」ボタンをクリックします。 5. ステップ2 シナリオ数で、「メールの追加」ボタンをクリックします。 6. ステップ1 メール名で、件名を入力し、使用したい絵文字を追加します。   注意点: 絵文字は購読者のブラウザ、オペレーティングシステム(OS)およびメールクライアントに応じて表示されます。 文章を絵文字に置き換えることは推奨しておりません。購読者の受信環境によっては選択した絵文字が表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足要素としてご利用ください。 メールの件名をパーソナライズする方法についての詳細は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法(パーソナライズ機能) 件名を作成する際のご参考に、以下のFAQも併せてご覧ください。 FAQ:効果的な件名を作成するヒントとは? ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール作成チェックリスト 7月 8, 2021