サポートページ aero-right 新規購読者

WebhookとBenchmark Emailを連携する方法は?

Webhookアプリケーションを利用することで、リアルタイムでBenchmark Emailにログインすることなく新規購読者や配信停止者などの情報を受け取ることができます。APIと似た機能ですが、Webhookではデータが自動的に送られてきます。初期設定を行ったら個別リクエストをすることなく、情報が更新されていきます。Webhookで銀行のオンラインアカウント情報やインスタからの新規フォロワーやいいね!、プライベートメッセージの通知などを受け取ることができます。 Webhookって何? WebhookとはWebアプリケーションでイベント(アクション)が実行された際に、外部サービスにHTTPで通知する(特定のURLへデータを送る)仕組みのことです。 Webhookの利点とは? Webhookは特定のURLで新しいデータを確認することができるため、Benchmark Emailアカウントに毎回ログインする必要がなくなります。例えば、「特定の配信済のメールで誰が購読停止したか?」といった情報を任意のURLで確認することが可能です。 Webhookで確認可能な情報の例 新規登録 配信停止 プロフィール更新 削除されたメールアドレス メールアドレスの変更 その他はこちらをご確認ください。 Benchmark EmailアカウントでWebhooksを設定する方法: 1. Benchmark Emailアカウントへログイン 2. 「コンタクト」をクリックし、再度「コンタクト」を選択 3. 設定したいリスト名をクリック 4. 画面右上のオプションメニューアイコン「・・・」から「Webhooks」を選択 5. 情報の宛先URLを入力 6. 情報を送るトリガーとなるアップデート情報を設定 7. 「Webhookを追加」ボタンをクリックして完了 追加でWebhookを設定したり、既存の設定を更新・削除することも可能です。 アップデート情報で設定した項目が更新されると、WebhookアプリによりHTTP POSTおいて設定URLへデータが送信されます。データは key/value として表示されます。 オリジナルの Webhook の作成やトラブルシューティングの詳細についてはこちらをクリックしてください。 ご不明点はサポートまでご連絡ください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 1月 13, 2022

EMAのシナリオにおいて新規購読者への配信を停止するには?

EMAでは新規登録された購読者への配信をブロックすることが可能です。このオプションは稼働中のEMAでのみ表示され、設定することができます。 トリガーのブロックを行うと、配信中のEMAキャンペーンの購読者は通常どおりオートメーションを継続するため、既存購読者が影響を受けることはありません。 トリガーのブロックを設定できるのは、以下のノードのみです: 「コンタクトリスト」 「セグメントリスト」 「リンククリック」 また次の設定を使用する場合のみ利用が可能です: 全ての購読者 新規購読者 このオプションは既存購読者の設定ではご利用になれません。 「トリガーをブロック」オプションを有効にするには、以下の手順に従ってください: 1. ブロックしたい稼働中のEMAを選択します。 2. トリガーノードをクリックします。ここでは「コンタクトリスト」を例とします。 3. ポップアップ画面が表示されますので、「トリガーをブロック」のトグルスイッチを右にスライドして灰色から青色にします。 4. 機能を有効にした後、「トリガーはブロックされています。」とメッセージが表示されます。最後に右下または右上の「閉じる」ボタンをクリックして設定完了です。 完了後は、トリガーノードの左側に新しいアイコンが表示され、新規購読者への配信が停止されるようになります。 ※トリガーのブロック機能を解除するには、トリガーノードを再度クリックし、「トリガーをブロック」のトグルスイッチを左にスライドしてオンからオフに切り替えます。(スイッチの色が青から灰色に変わります。) ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 4月 26, 2021