サポートページ aero-right

有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか?

ハードエラーになる理由は様々ですが、よく挙げられる原因3パターンを本ページに記載します。     受信側のセキュリティによって弾かれている メールソフトのセキュリティによってブロックされたり、迷惑メールと判断されてしまうことにより、「ハードエラー」となる場合があります。 セキュリティに「迷惑メール」と判断されないためには、いくつかの対応策があります。 詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ: メールが届かない、または迷惑メールフォルダに入ってしまいます。対策はありますか?   また、この現象はApple系メールアドレス(icloud.com、me.com、 mac.com)に配信する際によく起こります。以下も併せてご参照ください。 FAQ: Apple系メールアドレス宛ての配信がエラーになってしまいます。なぜですか?    キャリアブロックによって弾かれている docomoなどの携帯キャリアへの配信の際、メーリングリストの中に使用されていないメールアドレスが一定数以上含まれている場合は、そのキャリアアドレスすべてへの配信が無効になります。 そのため、有効なはずのメールアドレスもハードエラーとなります。 詳しくは以下のブログをご覧ください。 ブログ:キャリアメールアドレスにメルマガが届かない?原因と対処法について    ブラックリストに追加されている メジャーなネットプロバイダ(AOLや MSN/Hotmail、 Yahoo! 等)は、メールを一時的にブロックすることがあります。 この場合は、ブロックの判断基準となる公開ブラックリストへ、ご自身のドメインが追加されてしまっている可能性があります。 ブラックリストに追加されてしまった時の対処法は下記ブログでご紹介しています。 ブログ:メール配信に使っているアドレスがブラックリスト登録された時の対処法   以上が、存在しているはずのアドレスに「ハードエラー」と表示される事象について考えられる原因です。 なお、2度続けてハードエラーと認識されると「エラー確定」判定がされ、該当アドレスへのメール配信は今後行うことができませんのでご注意ください。 関連FAQ:エラーアドレスの運用方法は?   有効なはずのアドレスがエラーとなった場合、配信ログを調査いたしますのでこちらよりサポートまで詳細をご連絡くださいませ。 原因や対策につきましては、調査結果を踏まえてサポートよりご案内させていただきます。     >>「レポート」のまとめページに戻る >>「到達率」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 10月 14, 2020

ブラウザーのクッキーを有効にするには

Benchmark Emailを利用する際は、クッキーの有効化を行ってください。 下記は各ブラウザーでクッキーを有効化する方法となっておりますので、ご参照ください。 Chrome Internet Explorer Mozilla Firefox Safari Chrome 画面右上の「︙」アイコンをクリック オプションを選択(Mac OSの場合「環境設定」) 「設定」をクリック 「クッキー」をクリック 「サイトのCookieデータの保存と読み取りを許可する(推奨)」をクリック Internet Explorer 画面右上に表示される「ツール」アイコンをクリック 「インターネットオプション」をクリック 「プライバシータブ」をクリックし「詳細設定」をクリック 「ファーストパーティーのCookieを承認する」をクリック 「サードパーティのCookie」セクション下部の「承諾」にチェック 「常にセッションCookieを有効にする」をクリック Mozilla Firefox - Windows版 画面上部の「Firefox」をクリックし、メニューから「オプション」をクリック 「プライバシーパネル」を選択 「Cookieを有効にする」をクリック、「サイトから送られてきたCookieを有効にする」をチェックし、「OK」をクリック Mozilla Firefox - Mac OS版 Firefoxブラウザー画面右上より「環境設定」をクリック 「プライバシーパネル」をクリック 「クッキー」をクリックして「クッキーを有効化する」をチェックし、OKをクリック Safari 「環境設定」をクリック パネル上部より「セキュリティ」をクリック 「Cookieの受け入れ」セクションにて「常に受けいれる」もしくは「訪問したサイトからのみ受け入れる」をクリック   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

よくある質問 6月 11, 2020

KickBoxとBenchmarkを連携する方法は

KickboxはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)を使用してメールアドレスを確認します。これはBenchmarkメールを配信する際に使用されるプロトコルでもあります。 Benchmark アカウントとKickBoxを連携するには、以下の手順に従ってください。 1.    Kickboxアカウントを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、こちらをクリックしてKickboxに登録してください。 2.    登録手続きが完了したら、登録したメールアドレスにて受け取ったリンクをクリックし、アカウントを有効にします。 3.    確認ページへ進みます。   4.    右上隅の緑色のAdd Listボタンをクリックします。 5.    Connect to ESP (ESPに接続)をクリックし、Benchmarkを選択します。 6.    BenchmarkアカウントのAPIキーをコピーします。このAPIキーは、Benchmarkアカウントのアカウント設定ページで確認できます。   7.    KickBox連携モジュールにAPIキーを貼り付け、Add Integration(統合の追加)をクリックします。 8.    これにより、KickBoxで認証用のリストをインポートし、認証済みリストをBenchmarkにエクスポートできる双方向連携が作成されます。 9.    APIキーを使用してBenchmarkアカウントを承認したら、認証する既存のリストをインポートできます。 10.  連絡先がインポートされ、認証にかけられます。 11.  Start(開始)をクリックしてリストを確認します。 12.  リストが確認されたら、右側のパネルにレポートの下に2つのオプションが表示されます。 Export(エクスポート)ボタンを使用すると、認証済みリストをBenchmarkアカウントにエクスポートできます。 Download(ダウンロード)ボタンをクリックすると、確認済みのリストをコンピュータにダウンロードできます。     13.  必要なフィルタを使用してリストをエクスポート/ダウンロードします。基本設定では、配信可能として選択されています。(推奨)   注:BenchmarkはKickBoxとアカウントの認証情報を共有しておりません。 ご不明な点がありましたらこちらよりサポートチームにお気軽にお問い合わせください。  

連携機能 顧客リスト 8月 7, 2019

Benchmark Emailアカウントをキャンセル(解約)する方法・キャンセル後のアカウントについて

Benchmark Emailのご契約は前払い・自動更新となっております。ご解約の際は、以下の手順に沿ってお手続きくださいませ。解約手続きを頂くと、次回以降の自動更新が止まります。契約更新後の払い戻しは対応いたしかねますので、更新日より前にお手続きくださいますようお願い申し上げます。   アカウントを解約するには 1.  上部右、アカウントメニューにカーソルを合わせ「アカウント設定」をクリック 2.  「プラン情報」をクリック 3.  スクロールダウンし、画面下部のアカウントの解約、追加オプションの削除は「こちらから」をクリック 4.  次の画面でお名前とメールアドレスを入力し「送信」をクリック 5.  サポートから提供される解約用リンクをクリックし、画面に従って解約手続きを完了 *サポート担当者が不在の場合は、氏名、アドレス、メッセージの記入が必要となります。 キャンセル後のアカウントについて 解約後はアカウントに次回更新日までアクセスが可能となっております。 そのため次回更新日前に必要なデータの出力を行うようお願いいたします。 リストの出力方法に関する詳細はこちらのFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクトリストのダウンロード・出力方法は?   弊社返金ポリシーや解約における注意点は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:Benchmarkの返金ポリシーとは?     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

ご請求関連 よくある質問 9月 7, 2020