サポートページ aero-right

EMAキャンバスとは何ですか?どのように編集出来ますか?

「キャンバス」はEMAで作成するシナリオを視覚的に管理するためのエディターです。また、「アクション」や「条件」などの各かたまりを「ノード」と呼びます。 EMAでは、まずシナリオ開始の合図となる「トリガー」の設定から始まり、その後ろにアクションや条件のノードを追加して矢印で結ぶことでシナリオを作成していきます。 以下より具体的な操作方法と用意している機能についてご説明いたします。 (キャンバスを新規で開いた時の図) 「トリガーの作成」をクリックすると、このシナリオのトリガー(開始条件、引き金)となる選択肢が表示されます。 (トリガーの作成をクリックした時の図) 「コンタクトリスト」「セグメントリスト」は、特定のリストをトリガーとするシナリオです。 既存の購読者のみが対象(シナリオ稼動時に対象内の既存購読者を対象としてシナリオがスタート、シナリオ稼動後に追加された購読者は対象とならない) 新しく追加される購読者のみが対象(購読者の新規追加時にシナリオがスタート、シナリオ稼動前の既存購読者は対象にならない) 既存&新規追加購読者の両方が対象(シナリオ稼動時に対象内の既存購読者を対象としてシナリオがスタートし、購読者の新規追加時もシナリオがスタート)の3オプションから選択できます。 「トラッキングコード設置ページへのアクセス」は、対象が過去にEMA上で配信されたメールをクリックした購読者に限りますが、トラッキングコードを設置したページへのアクセスをトリガーとするシナリオです。 *対象となるWebページへのトラッキングコードの設置が必要となります。 FAQ:Benchmark Email ではどのようにウェブサイト上でのアクティビティーをトラッキングするのですか? 「特定日時」 現在の購読者のリストを、特定の日時に基づいて新しいシナリオがスタートします。 このオプションでは、新規の購読者をシナリオに追加することはできません。 最初の設定が完了したら、その後のアクションまたは条件を選択してください。 分、時間、日、週、および月単位でアクションを細かく設定出来ます。 注意:このときの待ち時間は24時間未満にしてください。24時間以上の待ち時間を追加した場合、メールの配信スケジュールに影響を及ぼしシナリオがうまく稼働しません。 新規メールを作成、または過去のメールやテンプレートから選択してください。 行動に基づいて特定のリストに自動的にコンタクトを追加します。 エンゲージメントまたは非エンゲージメントに基づいて連絡先を削除します。 「条件」を選択すると指定した条件に合致しているかどうかで分岐点を作成することができます。 複数の条件から一つのアクションへは、直接シナリオ上でつなげることはできません。 その為、別の条件に対するアクションは、その条件に別途追加で作成していただく必要があります。 条件を設定し、それに合致しているかどうかで分岐を作ることができます。 特定のメールを開封したかどうか。リストに保存されているかどうか。条件を満たしている場合あるいは満たしていない場合、それぞれどういったアクションの対象になるのかを設定できます。 既存リストを基準としたコンタクトとのエンゲージメント 既存セグメントを基準としたコンタクトとのエンゲージメント      特定のURLまたは特定のURLを含むページの訪問など、ウェブサイトの活動に基づく条件。 接続(矢印)アイコンを使用することで、ノードの再接続または切断が可能です。接続アイコンがない場合は、シナリオを稼働することはできません。各ノードは別のノードに接続する必要があります。 ごみ箱アイコンを使用すると、パスを削除して再構成することができます。 このシステムは、シナリオにエラーがあるかどうかを自動的に検出し、赤い点とヘッダーメッセージが表示されます。 すべてのシナリオは左から右に始まりますが、見たい順番にてパスを作成できるように柔軟に作られています。任意のノードをクリックしてドラッグすると、キャンバスの表示を調整する事ができます。 ミニマップはキャンバスの全景表示を可能にします。ズームツールを使用すると、シナリオに素早く移行することができます。 注意:EMAツールのシナリオは、一度稼働した後も編集が可能となっています。 また、条件分岐のシナリオを作成した際に複数の条件から1つのアクションに繋げることは出来ません。 もし複数の条件から1つのアクションに繋げたい際には新規シナリオを作成の上、条件において該当するメールを選択、もしくはウェブサイトのトラッキングを条件として下さい。   >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 9月 4, 2019