サポートページ aero-right 条件

EMAキャンバスとは何ですか?どのように編集出来ますか?

EMAキャンバスは作成するシナリオを可視化します。シナリオを開始するのに「トリガー」の設定を行います。次に「ノード」と呼ばれる「アクション」や「条件」を選択します。ノードとノードを矢印で繋ぐことでシナリオを作成していきます。 キャンバスのシナリオ作成をする前に、まずトリガー、アクション、条件について正しく理解することが重要です。以下の順にご説明します。 EMAキャンバスへアクセスする方法 トリガー アクション 条件 その他のアイコン EMAキャンバスへアクセスする方法 1. Benchmark Emailにログインします。 2. 左のダッシュボードメニューよりオートメーションをクリックし、EMA(β版)を選択します。 3. 「新規シナリオ作成」ボタンをクリックすると、ポップアップ画面が表示されます。シナリオ名を入力し「保存」ボタンをクリックします。 4. EMAキャンバス画面にページが移動します。EMAシナリオテンプレートが表示されますので、任意のテンプレートを選択します。ここでは「シナリオをゼロから作る」を例とします。 (キャンバスを新規で開いた時の図) 「トリガーを設定する」をクリックすると、シナリオのトリガー(開始条件、引き金)となる選択肢が表示されます。     トップに戻る トリガー トリガー:シナリオを開始する際に、どのコンタクトに配信をするかを設定します。コンタクトリストまたはセグメントリストの既存顧客、またはウェブサイトを訪問した顧客を対象にすることが可能です。詳しくは以下の通りです。 コンタクトリスト   「コンタクトリスト」および「セグメントリスト」は、特定のリストをトリガーとするシナリオです。次の3つのオプションから対象者を選択してください。 ・全ての購読者:既存&新規購読者の両方が対象。シナリオ稼動時に既存購読者を対象としてシナリオがスタートし、購読者の新規追加時もシナリオがスタートする ・既存購読者のみ:シナリオ稼動時に既存購読者を対象としてシナリオがスタートし、シナリオ稼動後に追加された新規購読者は対象とならない ・新規購読者のみ:新しく追加される購読者のみが対象で、購読者の新規追加時にシナリオがスタート、シナリオ稼動前の既存購読者は対象にならない   セグメントリスト 上記のコンタクトリストと同様に3つのオプションから対象者を選択します。セグメントリストの選択に制限はありませんので、チェックボックスにチェックを入れて任意のセグメントリストを選択してください。   Webサイトへの訪問 Webサイトへの訪問(サイトエンゲージメント)は、トラッキングコードを設置したページにアクセスした購読者を追跡できます。 EMAのシナリオを稼働させる前に、Webページにトラッキングコードを設置する必要がございます。全てのページまたは特定のページなど以下のオプションでトラッキングコードの設置が可能です。 URL:例) www.benchmarkemail.com <>を含むURL:pricingを含むページに訪問した全ての購読者を追跡 <>を除くURL:/shirts/を除いたページに訪問した全ての購読者を追跡  <>で始まるURL:http://blog.website.comと設定すると、ブログページに訪問した全ての購読者を追跡 <>で終わるURL: /shopで終わるURLのページに訪問した全ての購読者を追跡 ワイルドカード:複数のページを同時にトラッキングしたい際にご利用頂けます。詳しくは以下のFAQでご確認ください。 FAQ:EMAにおけサイトエンゲージメント・アクティビティの活用方法 トラッキングコードの設置方法については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ウェブサイトにトラッキングコードを設置する方法 日時 特定の日時に基づいた現在の購読者リストを対象にシナリオをスタートします。シナリオ稼働後は、新規購読者は追加されることはありません。 トリガーの設定が完了したら、次はアクションまたは条件のノードを選択します。   トップに戻る アクション アクション:トリガーによって抽出された配信先に対して、どのようなアクションを行うかを設定します。 待ち時間を追加 月、週、日、時間単位で待ち時間の間隔を細かく設定することができます。 注意:アクションの「メールを送信する」を使った後にこの「待ち時間を追加」ノードを利用する場合は、少なくとも12時間〜24時間の待ち時間を設けてください。メールを受け取った購読者がメール開封やクリックといった行動を起こすのに必要な時間を十分に取ることで、その後の設定条件が機能するようになります。 メール送信 新規作成、または過去のメールやテンプレートから「コピーして編集」を選択してください。 リストに追加 購読者のこれまでの行動に基づいて特定のリストに自動的にコンタクトを追加します。 重要:アクションの「リストに追加」を使用している場合、コンタクトは元のリストから削除されることはありません。コンタクトの削除を行いたい場合は、アクションの「リストから除外」を選択してください。 リストから除外(削除) エンゲージメントまたは非エンゲージメントに基づいてコンタクトを削除します。 Jump To 購読者をシナリオの最初のトリガーやアクションに移動させたり、別のアクションへジャンプさせる事が可能です。  詳細の更新 メールやサイトのエンゲージメントを基に関連タグでコンタクトの詳細を自動更新します。 Facebookオーディエンスから追加または削除 Facebookオーディエンスから追加または削除 コンタクトのリストへの追加・削除で、Facebookカスタムオーディエンスを更新。シナリオを稼働させる前に必ず連携が必要。   トップに戻る   条件 条件:購読者の行動が指定した条件に合致しているかどうかで分岐点を作成することができます。購読者側の特定の条件をもとに次のステップの絞り込みを設定します。 複数の条件から1つのアクションへは、直接シナリオ上でつなげることはできません。 その為、別の条件に対するアクションは、その条件に別途追加で作成していただく必要があります。 条件を設定し、それに合致しているかどうかで分岐を作ることができます。 例えば、メールを開封したかどうか、リストに保存されているかどうか、条件を満たしているか満たしていないかを基に、それぞれどういったアクションの対象になるのかを設定できます。 条件を満たす場合は、次のアクションを選択します。条件を満たさない場合でも、待ち時間を追加、メール送信、リストの追加や削除などのアクションを設定することは可能です。 既存リストを基準としたコンタクトとのエンゲージメント 既存セグメントを基準としたコンタクトとのエンゲージメント 追跡しているページ(特定のURLを含むページなど)の訪問などのWebサイトでの行動に基づく条件 メールへのアクションに基づく条件(例:開封済み・未開封 、またはリンクのクリック済・クリック未完了など) トップに戻る その他のアイコン <トラッキングコードアイコン> EMAキャンバスの画面右上のアイコンからトラッキングコードを入手できます。アイコンをクリックすると新しい画面が開きます。右上の「トラッキングコードを入手」ボタンをクリックし、表示されるコードをコピーしてEMAを稼動させる前にトラッキングコードを対象となるWebサイトに設置してください。 トラッキングコードの設置方法の詳細については以下のFAQをご確認ください。 FAQ:ウェブサイトにトラッキングコードを設置する方法   <接続矢印アイコン> 初期設定では、接続矢印アイコンはノードとノードの間を繋いで表示されておりますが、ノードの再接続または切断をすることは可能です。また、別のノードに矢印を変更したりすることもできます。ただし、接続矢印アイコンがない場合は、シナリオを稼働することはできませんので必ず接続矢印を使ってノードとノードを接続してください。 <接続矢印アイコンの削除> ノードにカーソルを合わせて、X印をクリックすると矢印が消えます。 <ごみ箱アイコン> ごみ箱アイコンを使用すると、ノードやパスを削除することができます。 <警告メッセージ> シナリオにエラーがあるかどうかを自動的に検出し、受け付けられないリクエストがある場合は画面上部にメッセージが表示されます。 <拡大/縮小表示とズームのリセット> EMAキャンバスの左下に表示されるスライドバーでキャンバスを拡大または縮小して表示することができます。 EMAキャンバス全体を表示したい場合は、左(ーの方)にスライドしてキャンバスを縮小します。 特定のノードをご覧になりたい場合は、右に(+の方)スライドしてキャンバスを拡大させてください。 また、スライドバーの右側にある「ズームをリセット」アイコンをクリックすると元のサイズに戻ります。     <キーボードショートカット> ズーム(拡大・縮小):CTRL+ Scroll(スクロール) ズームをリセット:CTRL+ .(ピリオド/ドット) Move:パソコンのキーボードの矢印を使ってEMAキャンバスを上下左右に移動させることができます。   <テンプレート> シナリオを作成する際には、テンプレートを利用するか、シナリオをゼロからつくる事を選択できます。 作成途中でも、EMAキャンバスの左下にテンプレートオプションがございますのでテンプレートの変更や保存などが可能です。 テンプレートとして保存する テンプレートを見る 他のテンプレートを選択 過去に保存したテンプレートを選択 テンプレートについての詳細は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:EMAツールにテンプレートはありますか? <保存> EMAキャンバスを閉じる前に、シナリオは必ず保存してください。画面右下の「保存」ボタンを押すことでシナリオ全てが保存されます。EMAキャンバスは自動的に保存されませんのでご注意ください。 <稼働> シナリオを稼働するには、画面右下の「稼働」ボタンをクリックしてください。シナリオは、一度稼働した後も編集が可能となっております。ただし、シナリオがスタートすると、変更可能なノードが限られますので、全ての項目を確認後に稼働させてください。 <EMAキャンバスの進行方向> シナリオは全て左から右に進むようになっていますが、見たい順番にシナリオを作る事ができます。任意のノードをクリックし、ドラッグするだけでEMAキャンバスの表示を変更することができます。 トップに戻る ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡くださいませ。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 4月 16, 2021

EMAとはどのような機能ですか?

EMAとはBenchmark Emailが開発した自動メール配信ツールのことです。 購読者のメールへの反応やWebサイトでの行動に基づいて、新しいコンタクトへの自動メール配信やコンタクトのリストへの追加・削除、またはシリーズでメルマガを自動配信することが出来ます。(リストへの追加・削除はステップメール/アクションメールでは不可となります。) 誰がEMAを使えますか? Benchmark Emailアカウントをご利用の方はどなたでも、EMAツールへのアクセス及び作成から保存まで行うことが可能です。しかしながら、実際にEMAを稼働するには有料アカウントが必要となります。 無料プランをご利用の際でも、EMAツールで作成されたメールの保存は出来ますが、有料アカウントでない限りそのメールを稼働させる事は出来ません。実際に稼働して利用されたい場合は、以下のクイックリンクをご利用ください。また、アップグレードする方法については以下の関連FAQをご参照ください。 クイックリンク:アップグレードメニュー 関連FAQ:無料からアップグレードする方法 トラッキング機能 EMAの主な利点の1つは、購読者のWebサイトでの行動(アクティビティ)を追跡することができ、メルマガやWebサイトにどのように反応し行動を取っているかを確認することができることです。トラッキング機能をご利用の際は、追跡したいページにトラッキングコードを設置する必要があります。トラッキングコードはBenchmark Emailアカウント毎に異なりますので、以下のFAQをご参考にご自身のトラッキングコードを取得し、ウェブサイトに設置を行なってください。 FAQ:ウェブサイトにトラッキングコードを設置する方法 関連FAQ:EMAにおけるサイトエンゲージメント・アクティビティの活用方法 トリガー・アクション・条件 EMAを使ってシナリオを作成する際に、まずは「どのコンタクトに配信するか」を設定するためにトリガー(開始条件)を選択します。トリガーの種類は、「リストまたはセグメントに追加されたコンタクト」「トラッキングコードを設置したWebサイトに訪問したコンタクト」および「特定の日時」がございます。 トリガーを選択後、「その対象者にどのような行動をとるか」を設定するため、ノードと呼ばれる「アクション」または「条件」を選択します。アクションでは待ち時間を設けたり、購読者の行動に基づいてコンタクトの詳細を更新したりすることができます。条件はフィルターの役割をし、今後確認したいコンタクトを選択します。例えば、メールをクリックしたコンタクトやURLに訪問したことが無いコンタクトなどを条件に設定することができます。 シナリオはこのトリガー、アクション、条件を組み合わせることにより完成します。この作成画面のことを「EMAキャンバス」と呼びます。シナリオ完成後に稼働することで、自動メール配信が始まります。 トリガー、アクションおよび条件の詳細やEMAキャンバスについては、以下のFAQをご確認くださいませ。 FAQ:EMAキャンバスとは何ですか?どのように編集出来ますか?   EMAテンプレート Benchmark Emailではあらかじめ作成されたEMAシナリオテンプレートをご用意しております。すでにトリガー、アクションおよび条件が含まれておりますので、必要な情報(コンタクトリストやメールなどのノード)を入力するだけで素早く簡単にシナリオを作成することができます。もちろん独自のシナリオを作成することも可能です。その場合は、「シナリオをゼロからつくる」テンプレートをお選びください。EMAシナリオテンプレートの詳細については以下のFAQでご確認ください。 FAQ:EMAツールにテンプレートはありますか?   EMAレポート概要(配信レポート) EMAを稼働後に、レポート概要(配信レポート)をご確認頂けます。通常メールのレポート機能とは別で、閲覧するにはEMA(β版)のダッシュボードより稼働中のシナリオに表示された「配信レポート」ボタンをクリックしてください。 配信レポートはキャンバス画面からもアクセス可能です。以下のように下部に表示された「配信レポート」ボタンをクリックして閲覧することができます。レポートでシナリオの稼働状況も確認することが可能です。 EMAの配信レポートへのアクセス方法については以下のFAQでご確認ください。 FAQ:EMAツールのレポートにアクセスするには? ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 4月 26, 2021