サポートページ aero-right

無効アドレスリストとはなんですか?

無効アドレスリストとは、Benchmark Emailでメールを送信した際に、「送れない可能性がある」「過去に配信したことがあるけれど届かなかった」等が原因で特定のエラーコードを記録したメールアドレスが登録されるリストとなります。 無効アドレスに向けてのメール配信や、一度無効アドレスと判断されたアドレスに向けて繰り返しメールを配信し続けることによってメール全体の到達率が下がります。 Benchmark Emailではアカウントをお持ちの全ての方が問題なくメール配信できるように、ドメイン評価を常に高い状態に維持することを重要視しています。 ご自身のドメイン評価の状況を知りたい方は、アカウントのダッシュボード上に表示されているメールマーケティングスコアをご参考下さい。こちらのスコアと無効アドレスリストをうまくご利用頂くことで、送信先ドメインの評価の低下を防ぐことが可能となります。   どのような機能ですか? 実際にメールを配信された後、突然アカウントに無効アドレスリストというリストが作成された場合、今送られた際に使われたリスト内に無効アドレスが存在していた、ということになります。 ISPによって「無効アドレスである」と判断されたアドレスに関してメールが配信されたとシステムが判断した際、アカウント上の無効アドレスリストへとメールアドレスがリスト内に追加されていきます。 一度無効アドレスリストへと登録されたアドレスに関しては、システムが自動的にメールの配信対象から除外するシステムとなっています。 このリストが作成されることによって、無効アドレスに今後配信することを防ぐことだけでなく、各リストに点在している無効アドレスをまとめて管理することが可能となります。   無効アドレスに入った購読者をリストから削除する方法 ドメイン設定のタイミング等によって有効なアドレスが無効アドレスリストに登録されてしまった場合は、無効アドレスリストから該当するアドレスを個々に削除の上、通常の配信リストへと追加することが可能です。 無効アドレスリストから削除されたアドレスはすぐにアクティブコンタクトリストに戻りますので、今まで通りメールが配信されるようになります。 無効アドレスであるとISPが判断し、その際に表示されるエラーコードの一例   550 Mailbox not found 550 5.5.0 Requested action not taken: mailbox unavailable 550_Invalid_recipient ユーザーのメールボックスを利用できませんでした・メールボックスが見つからなかったなど。受信相手のメールアドレスが存在していない可能性が高い場合)   550 5.1.1 550 5.1.1 User unknown 不適切な宛先メールボックスアドレス メールアドレス先が何らかの理由で使えなくなっている場合   554 5.7.1 : Recipient address rejected : Not found recipient account! 554 delivery error : This user doesn’t have 5.7.1 Unable to deliver to 配信が許可されていません。メッセージが拒否されました。 受信側においてブロックされている場合やドメイン内に該当するメールアドレスが存在しない場合   エラーコードをもっと詳しく知りたい方は、下記のブログをご参照下さい。 ブログ:メール配信が失敗した時のエラーコード一覧!エラー内容を把握して配信リストの質を高めよう   無効アドレスリストについて注意すべきこと   無効アドレスリスト自体を削除することは出来ません。リスト内に含まれたアドレスを個々に削除することのみ可能となっています。 配信停止リストに含まれているアドレスはカウントされませんが、無効アドレスリスト内のアドレスはアクティブコンタクトとしてカウントされますのでご注意下さい。 今後配信されたくないアドレスは、配信停止リストに追加されることをおすすめします。コンタクト数を減らすことができ、誤って配信されることもありません。 必要に応じて、無効アドレスリスト内のアドレスのエンゲージメントスコアを元に整理する事も可能です。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 6月 18, 2020

リスト照合サービスって何ですか?

エラー配信となる無効なアドレスをメール配信前に検出することができるサービスです。 ※こちらのサービスはBenchmark Emailとは異なる外部サービスとの連携でのご提供となります。 こちらのページではサービスの価格・お申し込み方法についてご案内をいたします。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー リスト照合が必要な理由 昨今、Google、Microsoft(hotmailなど含む)、Yahooや携帯アドレスなどドメインを管理する会社では、セキュリティを強化しており、一定以上の無効アドレスが送信対象に含まれていると、送信自体をブロックするなどの対策をしています。 そのため、高い到達率を実現させるためにエラーアドレスへの配信を減らすことが求められています。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー ご利用条件・費用 こちらはBenchmark Emailをご利用のお客様に提供する有料サービスとなります。 リスト照合にかかる費用は下記の通りとなります。 有料アカウントユーザーの場合: 1,000件の連絡先につき500円 (例:1〜1000件は500円、1001件〜2000件は1000円) 無料アカウントユーザーの場合: 1〜4000件まで一律2000円 そのあとは1000件ごとに500円追加 *照合が必要なリストが複数ある場合、 料金はリストごとの計算となりますのでご注意ください。(例:リストA(400件)+リストB(300件)=500円+500円=1000円) *クレジットカードへの請求とさせて頂きますので、アカウントにカード情報をご入力ください。クレジットカードの登録方法につきましては、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:クレジットカードの登録方法と注意点 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー お申し込みとご利用の流れ   1. お申し込み(メール) 照合依頼の旨を、こちらよりサポート宛にお送りください。お手数ではございますが、以下の情報と質問項目へのご回答をお書き添え願います。 ・アカウントID ・照合が必要なリスト名  *リストファイルの添付は不要です。 質問項目(必須) 1) どこから取得したリストですか(例:展示会の参加者より取得) 2) リストを収集したのは何年前ですか(例:2年ほど前) 3) そのリストをいつ使用しましたか(例:2019年頃、初めての利用) 4) リストは無作為に収集、または購入をしたものですか 5) リスト照合の目的を教えて下さい (エラーが多い、リストが否認された、リストの品質に疑問があるなど) 2.照合手続き(自動) 弊社サポートよりお手続きさせて頂きます。 システム上でアップロード情報を特定し、リスト照合を行います。 3.照合結果の反映(自動) 有効なメールアドレスのコンタクトのみを抽出し、新規リストとしてアカウントへアップロード致します。 4.完了 アップロード確認後、サポート担当よりご連絡致します。   *リストファイルの添付はございません。 *リスト照合完了までには最大で1営業日お時間を頂きます。 *アップロード時に有効メールアドレス分の空きがあるかを、あらかじめご確認願います。空きがない場合、アップロードのため不要なコンタクトの削除あるいはアップグレードをお願いすることがございます。 *リスト照合はメールアドレスの照合のみを行うサービスです。 照合後にアップロードする情報は、メールアドレスのみとなります。 フィールド項目データのご登録は以下の手順でご対応ください。 アップロード済みの照会後リストをエクセルで出力  オリジナルのファイルと突き合わせ  出力したリストへ必要な属性データを入力  新規リストとしてアップロード なお、上記が簡単に可能なファイル突き合わせ用シートもございますので、ぜひご活用ください。 シートでは、リスト照合後にアップロードされたコンタクトのメールアドレス以外のフィールド項目および、無効なメールアドレスの抽出が可能です。 ご不明な点がございましたら、こちらまでご連絡ください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 30, 2020