サポートページ aero-right

挿入した画像がうまく表示されないのはなぜですか?

Benchmark Emailで作成したメール内に挿入した画像が表示されない場合には、大きく分けて2つの理由があります。 メールを作成する側に原因がある場合 メールの受信側に原因がある場合 下記にそれぞれのトラブルシューティングをまとめてありますので、ご参照下さい。   メールを作成する側に原因がある場合 HTMLメールで画像を挿入する場合、画像の指定方法として絶対パス(特有の画像URL)を利用しなければなりません。挿入画像はメール自体に添付・埋め込みされているのではなく、メールを開封すると画像がアップロード先のサーバーから読み込まれることにより表示される仕組みになっています。画像は常に特定のサーバーにアップロードされており、メールが開封される度にダウンロードされています。 Benchmark Emailでメールを作成する際には以下の点を確認して下さい。   HTMLメール内で画像が表示されない理由の一例: サーバーから画像が削除され、指定されているパス先に画像が存在しない。 画像の指定方法として絶対パスが利用されていない。 無料画像ホストサイトより画像を読み込む設定をしている場合は、サイト側より読み込みのブロックをされている可能性があります。 Benchmark Emailの画像ギャラリー機能を利用することで、有料アカウントでは10GBまでの画像をアップッロードすることができます。(無料トライアルアカウントでは10MBまで)10GB以上の容量が必要な方は月額1000円で画像ホスティングのオプションを別途ご購入頂きますと無制限でアップロードが可能となります。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:画像ギャラリーの容量の増やし方は?   複数の画像を設置した場合に表示がうまくされない場合: 複数の画像を設置する際に「画像の位置調整」オプションを使用してメールに挿入した場合、Internet Explorer上とFirefox上でのレイアウトが変わってしまいます。 片側に画像を設置し、もう片方にはテキストを配置するといった場合には「画像位置調整」オプションが有効です。 しかし、大きい画像を使いたい場合は利用しないことをお勧めします。もし使用した場合、Microsoft社の製品においては以下のような現象が発生する事があります。 画像が設定した位置と違うところに設置されてしまっている。 画像が文字を隠してしまっている。 位置調整オプションを無効にするためには、画像をクリックし、画面左側下部にある「画像の位置調整」の中央アイコンをクリックして調整して下さい。   メールの受信側に原因がある場合 メールプロバイダーで画像をあらかじめ非表示に設定している場合があり、表示する場合に設定し直す必要がある。 アクセス制限されている参照元から画像を参照している可能性がある。 ファイヤーウォールが画像表示をブロックしている可能性がある。 受信側が採用しているサーバーのシステムで、画像を表示させないように設定されている場合 (Outlookなど)   Gmailでうまく画像が表示されない場合:  Gmail を開きます。  右上の歯車 Settings をクリックします。  [設定] を選択します。   [全般] タブで [メッセージ内の画像] までスクロールします。  [外部画像を常に表示する] を選択します。  ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 10月 20, 2020

画像ギャラリーの利用と画像のアップロード方法について

画像ギャラリーの基本に関するまとめページです。 画像ギャラリーとはなんですか? 画像ギャラリーへアクセスする方法は? 画像ギャラリー内の画像URLの取得方法は? 画像ギャラリーに画像をアップロードする方法は? 画像ギャラリー内のストックフォトとは? 対応しているファイル形式と最大サイズは? 画像ギャラリーとはなんですか? 画像ギャラリーは、Benchmark Emailがアカウントをお持ちのすべての方に提供する画像ホスティングサービスです。 無料アカウントでは10MB、有料のアカウントでは最大10GBの画像保存容量を提供しています。 こちらの容量を超える場合には、月額1000円で無制限の画像ホスティングオプションを付けることが可能です。 関連FAQ: 画像ギャラリーの容量の増やし方は? 画像ギャラリーへアクセスする方法は? ご自身のアカウントの画像ギャラリーにアクセスするには2通りの方法があります。 アカウントメニューから 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、画面右上の「アカウント名」をクリックします。 2.  「画像ギャラリー」を選択します。 メールエディタから  チェックリスト最下部の「本文&デザイン」または「編集」ボタンをクリックします。 メール編集画面より画像ブロックをダブルクリックをすると「画像ギャラリー」が開きます。 また、テキストブロックからもアクセス可能です。テキストブロックをクリックすると、上部にメニューバーが表示されます。「画像」アイコンをクリックし、画像ギャラリーを開きます。 500kb未満の画像は変更されずそのままアップロードされますが、640x640ピクセル以上のサイズの500kbを超える画像は圧縮されます。これはスペースを節約し、メール到達率を高めるためです。アップロード可能な1枚あたりの画像サイズは最大5MBです。 メール内に画像を掲載する際、小さい容量であればあるほどスムーズに表示されるため、画像の容量制限を設けています。また、サイズの大きい画像の場合、メールサービスプロバイダーによっては迷惑メールと判断する場合もある為、Benchmark Emailでは自動的に圧縮される形をとっています。   画像ギャラリー内の画像URLの取得方法は? 画像ギャラリーに一度アップロードした画像のURLを得るには、以下のステップに従って下さい:  ダッシュボードの右上の「アカウント名」をクリックします。  「画像ギャラリー」をクリックします。  URLを取得したい画像の「・・・」アイコンをクリックし、「URLをコピー」を選択します。 または「プレビュー」を選択し、アドレスバーよりURLをコピーします。   画像ギャラリーに画像をアップロードする方法は? ダッシュボードの右上の「アカウント名」をクリックし、「画像ギャラリー」を選択します。  画像ギャラリーの右側にある「ファイルを追加」をクリックします。 ウィンドウ内に画像ファイルをドラッグ&ドロップ、またはパソコンから画像をアップロードしたい場合は、ボックス内の「ファイルの検索」をクリックしてください。 画像ギャラリーにアップロードされた画像は、画像ブロックを使ってメールに挿入することができます。以下の手順に従ってください: 1. 挿入したい画像のブロックをメール本文にドラッグ&ドロップします。 2. ブロックをダブルクリックすると、「画像ギャラリー」に移動します。 3. アップロードした画像を選択し、「挿入」ボタンをクリックします。 4. また、メールの編集画面でパソコンから画像をアップロードする場合は「画像ギャラリー」からグレーボックス内の「ファイルの検索」をクリックし、アップロードしたい画像を選択します。   注意:ファイル名に日本語、「&」や「×」などの記号を使用しないようにしてください。 例:M&FS55×127.png → M_FS55_127.png といったように記号は「 _ 」アンダーバーなどで代替ください。 注意:カラーモードがRGB形式の画像のみアップロードが可能です。 CMYK形式の画像はアップロードはできませんのでRGB形式に変換の上アップロードをお願いします。   画像ギャラリー内のストックフォトとは? Benchmark Emailではテンプレートに含まれたもの以外で無料画像は提供しておりませんが、「ストックフォト」オプションで無料画像サービスサイトのリンクを載せております。以下の手順に従ってご確認ください。  メール作成で「ドラッグ&エディタ形式」を選択します。チェックリストの「本文&デザイン」をクリックします。 メール編集画面内の画像をダブルクリックし、「画像ギャラリー」を開きます。 画面右上の「ストックフォト」オプションをクリックします。 無料画像サービスサイトの一覧が表示されますので、お好きなサイト(全て英語)をクリックします。 新しいタブが開きますので、それぞれのサービス利用規約に則り、自由にご活用ください。 入手した画像をメールに使用する際は、Benchmark Emailの画像ギャラリーに画像をアップロードしてください。   対応しているファイル形式と最大サイズは? 対応ファイル形式は jpg, jpeg, gif, pngの4種類となり、最大5MBの画像がアップロードが可能です。ファイルサイズが500KB以上かつ辺が640px以上の画像は、自動的に圧縮されたうえでアップロードされます。       JPEG PNG GIF 高画質のままで利用することが可能なファイル形式です。沢山の色を用いた画像や写真に対して適しています。 背景を透過する事が出来たりと、ロゴの挿入などに適しています。 最大256色まで用いGIF動画を挿入することが可能です。背景透過にも対応しています。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

画像ギャラリー 10月 14, 2020

メール作成時の注意点とは?

メール作成時には以下の点に注意するようにしましょう。 画像は640px以下 画像だけのメールは送らない 点線は使わない URLはそのまま使用しない 短縮URLは使わない メールの件名 メールの文字数制限について     画像は600px以下 メールそのものの横幅は640pxです。 そのためそれ以上のサイズの画像を挿入してしまうとレイアウトが崩れる原因となります。 画像は640px以内、容量は200KB以内に収めることをお勧めいたします。   画像だけのメールは送らない 画像を用いる場合、テキストと画像の割合は7:3ほどでメールを作成しましょう。 画像のみのメールは迷惑メールで多く使われているため、ブロックされる可能性がある。 配信時にエラーが起こらずとも、自動的に迷惑メールフォルダへ格納される可能性がある。 画像のみのメールは、迷惑メールと認識されたり、配信エラーとなる可能性が通常のメールと比較して高い。 受信側が画像を表示させない設定にしている場合、空白のメールが表示されてしまう。その場合、内容が記入されていない記入されていないメールと認識され、迷惑メールと判断される可能性がある。   点線は使わない Benchmark Emailで作ったメールはモバイル端末上でもきれいに閲覧できる仕様になっています。 ですが、記号が連続している場合(・・・・・・・・やーーーーーー)は、メールの横幅が無理やり引き延ばされてしまいレイアウトが崩れる直接的な原因となります。 メールに区切り線を入れる場合は「区切り線」ブロックを使いましょう! URLはそのまま使用しない URLをそのまま貼り付けることは下記のリスクを伴います。 レイアウトが横に引き伸ばされて崩れる 迷惑メールと認識される このようなリスクを避けるために、ハイパーリンク機能を活用しましょう。 画像やボタンにリンクを埋め込むとクリック率の向上が期待できます。   短縮URLは基本的に使わない 4への補足ですが、ハイパーリンクを使ってもURLから遷移先を特定できない短縮URLやドメイン評価の低い短縮URLはご利用頂けません。 例:bit.ly/ ~など メール内に含まれている場合、迷惑メールとして認識されてしまうことがあります。 **独自ドメインを使用している場合は、迷惑メールと判定される原因にはなりませんので、使用可能です。 以上の点に注意して、メールを作成してみましょう!   メールの件名 法律により、件名の内容にかかる制限があります。 CAN-SPAM法(2003)では、件名はメール内容を正確に表すものと定められています。購読者を騙してメールを開封させるような内容であってはなりません。例えば、ある条件下にある購入と共に無料プレゼントを提供する場合、件名にただ「○○○無料プレゼント」と表示するのではなく、共に発生する条件があることを明確に示す必要があります。適切な件名の例: 「1万円でニューヨーク7日間(タイムシェア契約必須)」 「無制限ダウンロード(料金自動引き落とし契約特典)」 「60日間無利子(特定条件を満たすお客様のみ)」 「ヨーロッパへのフライトが¥15,900(制限あり)」 Benchmark EmailはCAN-SPAM法に忠実に従い、アンチスパムポリシーを導入しています。 詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:CAN-SPAM Actとは何ですか?   メールの文字数制限について メール1通ごとの容量制限は設けていませんが、文字数については102KBが一つの目安となります。 メールの文字数の容量が102KBを超えると、Gmailでは本文の表示が途中でカットされ「続きを読むにはこちらをクリック」と表示されます。こちらはGmailの仕様上、変更できない部分となります。 **102KBはHTMLソースコードでいう102,000文字程度にあたります。画像やドキュメントファイルは添付ではなくリンク表示のため、102KBの重さには含まれません。 受信者が「続きを読むにはこちらをクリック」から全文を表示しなかった場合は「開封」として計測がされません。近年Gmailの比率は高まっているため、Benchmark Emailでは文字数を102KB以内で収めることを推奨いたします。 また、Gmail以外でもメールクライアントによって制限が設けられていることもあるため、基本的には容量は可能な限り小さめで作成した方が良いと考えられます。 関連FAQ:メールを開封してもレポートに反映されないコンタクトがいるのはなぜ?   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 10月 19, 2020

レスポンシブメールとはなんですか?Benchmark Emailで対応したテンプレートはありますか?

レスポンシブメールとは、受信端末によって本文や画像を調整し、常に最適なレイアウトで表示されるメールのことです。 デスクトップとモバイル上でメールを閲覧する際の大きな違いは画面のサイズです。レスポンシブメールでない場合、画面を拡大してスクロールしなければならないため、読者にとって非常に不便です。 現在メールキャンペーン全体のおよそ60%はモバイル端末で閲覧がされています。レスポンシブメールを送ることで開封率やクリック率を上げることができます。 Benchmark Emailでは簡単にレスポンシブメールを作成できるツールをご用意しております。ドラック&ドロップエディタで作成する白紙レイアウトまたはテンプレートでメールを作成した場合、自動的にレスポンシブメールとなります。 操作も大変簡単ですので、メール作成時にはドラッグ&ドロップエディタをご利用頂くことを推奨します。     ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   *2016年7月までに登録いただいたお客様向け クラシックエディタでもモバイルに最適化されたメールテンプレートをご用意しております。 しかしカスタム使用の HTML及びテキストメールは自動適応されませんので、ご注意ください。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ メール配信 10月 12, 2020

画像のサイズや色を編集する方法

Benchmark Emailでは基本的な画像編集ができる「画像編集エディター」をご用意しています。 (2019年1月より新仕様となりました)   アクセス方法1:メール編集画面から メール作成中に画像編集ができます。 メール編集画面にて、挿入済みの画像をクリックします。 左メニューが現れるので「編集」ボタンをクリックします。     アクセス方法2:画像ギャラリーから メール作成を行っていないときも、エディターへアクセスできます。 「アカウント設定」より、「画像ギャラリー」を選択 編集したい画像名の横「・・・」をクリックし、「画像を編集する」を選択   よく使う機能解説 切り取り&リサイズ フィルタ 補正オプション ぼかし テキスト テキストデザイン スタンプ 絵ブラシ フレーム スタンプ オーバーレイ 切り取り&リサイズ   (1) トリミングする比率を選ぶことができます。自由比率は「リサイズ」を選択します。 (2) 入力したサイズでトリミングします。 サイズ変更の場合はサイズの入力前にチェックボックスをクリックします。 (3) 方向転換します。   注意点: 画像の編集は縮小のみ可能です。 画像の最大サイズは640pxとなります。 640pxを超えるサイズの画像は、自動的に640pxへ圧縮されます。 トップに戻る フィルタ 画像の色やトーン、雰囲気など自由に変えることができる様々なフィルタをご用意しています。お好きなフィルタをクリックして適用してください。 選択したフィルタを取り消すにはフィルタ選択メニューのトップにある「フィルタ無し」をクリックします。   フィルタ上に表示されるスライドバーではフィルタをかける度合いを調整することが可能です。 同じ画像でも異なるフィルタをかけることで全くイメージの異なる画像に仕上がります。 注意点: 複数の画像を挿入する場合、統一感を出すためなるべく同じフィルタを使用するように心がけましょう。Legacyメニュー内の「Lomo」フィルターは線をぼかす効果があり多用するのにお勧めです。 食べ物の画像にはブルーなどのクールトーンではなく赤系のウォームトーンがお勧めです。 フィルタを含め、編集をしすぎると加工感が出てしまう点をご留意ください。 トップに戻る   補正オプション 補正オプションはデフォルトで0値になっていますが、好みに合わせて調整が可能です。スライドバーを動かして画像補正を行なってください。設定をリセットするにはトップの「デフォルトリセット」をクリックします。 ベーシック 明るさ:画像のハイライトを調整します。 彩度:画像の影部分を調整します。 コントラスト:画像の色度合いを調整します。 ガンマ値:輝度の補正を行います。 アドバンス 透明度:彩度の調整を行いながら、画像のキメを整え細部まで補正します。 露出補正:画像内の光の入り具合を補正・調整します。 影補正:画像内のダークトーンを調整します。 ハイライト:画像内のライトトーンを調整します。 ホワイト:画像内のホワイトバランスを調整します。 ブラック:画像内のブラックバランスを調整します。 色温度:ウォームトーン(赤)、クールトーン(青)を足すのに使用します。 シャープネス:画像内の輪郭を明瞭にする、あるいはぼかすのに使用します。 適度に補正を入れることでより魅力的な画像を作ることができます。 トップに戻る   ぼかし 画像内の特定の位置、物にフォーカスを当て、背景をぼかすオプションです。フォーカス、ミラー、リニア、全体、と4つのオプションをご用意しています。 フォーカスでは焦点を当てたい物、あるいは場所にフォーカスサークルを動かし、サークル内の部分は明瞭に、それ以外の背景をぼかすことができます。ぼかし具合はスライドバーで調整してください。   ミラーでは円状のフォーカスサークルと違い、明瞭に表示させたい部分を2本の線の間に入れ、その両側をぼかすオプションです。2本線の幅、向きは自由に変更可能です。   リニアでは段階的にぼかしを入れたい場合に使用します。2点を好きな位置に動かし、画像全体に右から左、斜め上から下、などぼかしを入れたい場合に利用します。ぼかし度合いはスライドバーで調整してください。 全体は画像全体に同じレベルでぼかしを入れたい場合にご利用ください。 トップに戻る   テキスト 画像にテキストを追加するオプションです。テキスト入力にはテキストボックスをダブルクリックしてください。 フォント、フォントサイズ、テキスト&背景カラー及び行間の調整には左側の編集オプション、テキストをトップに揃えるオプション、コピー、削除はテキストボックスの上部に表示されるメニューをご利用ください。 トップに戻る   テキストデザイン テキストのデザインテンプレートのオプションです。シンプルに文字を入力する代わりに既にスタイリングされたデザインでテキストを追加できます。好みのデザインをクリックし、表示されるテキスト入力ボックスにテキストを入力してください。テキストをトップに揃えるオプション、色の逆転、コピー及び削除はテキストボックスの上部に表示されるメニューをご利用ください。 トップに戻る   スタンプ 絵文字、図形を画像に追加するオプションです。スタンプの大きさは自由に変更可能、不透明度も左側のスライドバーで変更できます。スタンプの位置調整、反転、コピー、削除はスタンプ上部に表示されるメニューをご利用ください。 トップに戻る   絵ブラシ マイナーな画像補正に役立つペイントオプションです。ブラシの色、大きさ、硬さを選択したら画像上でクリック+ホールドをしながらペイントが可能です。 トップに戻る   フレーム お好きなフレームデザインをクリックして画像に追加します。フレームの幅、透明度は左側の編集オプションで変更可能です。「フレーム変更」をクリックするとデザイン選択画面へ戻ります。 トップに戻る   オーバーレイ オーバーレイは画像の上にのせる効果デザインのレイヤーです。イメージに合うデザインが見つかるよう様々なオプションをお試しください。 トップに戻る その他の機能 カラー選択:テキストや絵ブラシなど、デフォルトで表示されているカラー以外も選択が可能です。カラーボックスをダブルクリックするとオプションが表示されますので、カラーコードの入力、あるいはスペクトラム上からお好みのカラーを選択してください。 元に戻す・やり直しオプション:画像エディタトップに表示されるメニューバーから編集を元に戻したり、ズーム、取消、保存が可能です。 *ポイント* 編集した画像はオリジナル画像とは別に新規ファイルとして画像ギャラリーに保存されます。 アップロード可能な画像のサイズは最大5M、推奨サイズは200KB以下です。 Benchmark Emailの画像エディタはGIF動画の編集に対応しておりません。GIF画像を編集した場合、静止画として保存されます。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

よくある質問 9月 25, 2020

画像にリンクをつける方法

画像にURLをリンクする方法 画像をクリックすると、あるページに遷移するようなリンクを設置する場合は以下の手順にて設定します。 1. リンクを挿入したい画像をクリックし、左側の編集オプションから「リンクURL」をクリックします。 2. リンクURLの部分に遷移先のURLを記入し「挿入」ボタンをクリックします。ウェブサイトへのリンクの他、メールアドレス、電話番号へのリンクの挿入も可能です。 3. 画面上部のリンクアイコンが青くなっていれば無事リンク設定が完了したサインとなります。右隣のアイコンクリックでリンク設定の解除も可能です。 画像にPDFファイルをリンクする方法 1. メール作成画面にて画像をブロックに挿入します。画像ブロック、画像+キャプションブロックなどお好きなブロックを利用してください。その後画面左の編集オプションから「リンクURL」をクリックします。 2.  リンクの挿入ポップアップウィンドウが表示されたら、左下の「ファイルを添付」をクリックします。 3. ドキュメントライブラリウィンドウが開きます。すでにアップロードしてあるファイルを挿入する場合、目的のファイルの「挿入」ボタンをクリックします。新しくアップロードする場合にはウィンドウ上の「ファイルを追加」をクリックし、アップロードしてから「挿入」ボタンをクリックします。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 画像ギャラリー 10月 16, 2020

「メール作成:編集操作」のまとめページ

このページでは、メール作成の「編集操作」に関する資料を紹介します。 配信設定 レイアウト選択 メールブロックの編集 書式の編集 画像と動画 画像ギャラリー / ドキュメントライブラリ リンク フッターの設定 テキストメールの編集 パーソナライズ機能 RSS タグ CSS/HTML についての答えが見つかります。メール作成方法を解説したスライド/動画もページ下部にあります。 「メール作成:設定管理」のまとめページも併せてご覧ください。   「メール作成:編集操作」のFAQ   配信設定 ・メール配信先から、特定のコンタクトリストを除くには? ・タイムゾーンの変更方法 ・プレヘッダーテキストとは何ですか?   レイアウト選択 ・Benchmark Emailのテンプレートを使ってメールを作成する方法 ・メール作成途中でのレイアウト変更は可能ですか? ・最新のTwitterツイートをメールに挿入する方法は?   メールブロックの編集 ・メール内でブロックを移動・コピー・削除・サイズ変更する方法 ・メール全体またはブロックごとの背景を変更する方法 ・メールデザインに空白や区切り線を追加する方法 ・ブロックを移動すると色とフォントが変わってしまうのはなぜですか? ・メール内のブロックを他のメールにコピーすることはできますか? ・ブロックの周りに線を引くことはできますか?   書式の編集 ・フォント・文字サイズ・行間を調整する方法 ・Benchmark Emailへコピー&ペーストすると、テキストの書式が変わってしまうのはなぜですか? ・メール内に表を挿入する方法はありますか?   画像と動画 ・画像をメールに掲載する方法 ・複数の画像を並べて表示させる方法 ・画像にリンクをつける方法 ・画像のサイズや色を編集する方法 ・画像の枠を編集する方法 ・小さく表示させたい画像が、スマホでは大きく表示されてしまいます。対処法はありますか? ・メールに動画やオーディオファイルを埋め込むことはできますか? ・GIFアニメをメールに使用することはできますか? ・添付ファイルを送信するにはどうしたらいいですか? ・Benchmark Emailで作成するメールにJavascriptやFlashは使用できますか?   画像ギャラリー / ドキュメントライブラリ ・画像ギャラリーの利用と画像のアップロード方法について ・画像ギャラリーにアップロードした画像を削除するとどうなりますか? ・画像ギャラリーのアップロード容量を増やす方法 ・ドキュメントライブラリへアップロード可能なファイル形式は?   リンク ・メールにウェブサイト、メールアドレス、アンケートのリンクを挿入する方法 ・リンクの色の変更と下線を表示させない方法 ・ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法 ・メール内任意の場所へアンカーリンクを指定する方法 ・メール転送リンクを挿入する方法 ・Googleマップの検索機能をメールに追加する方法 ・メールへWebページ版のリンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法 ・メールを短くするため、記事に「続きを読む」リンクを挿入することはできますか? ・オプトイン・オプトアウトリンクを配信メールに挿入する方法   フッター ・メールフッター部分のロゴおよびリンクの表示設定 ・メールに記載する住所の編集方法 ・パーミッションリマインダーの編集方法 ・メールに注意書きを追加することはできますか? ・フッターの言語を変更する方法 ・「登録情報更新」とは何ですか? ・「配信停止」(オプトアウト)とは何ですか? ・メールフッターから遷移する配信停止・登録情報更新ページはカスタマイズできますか?   テキストメールの編集 ・テキスト版のメールの編集方法は?   パーソナライズ機能 ・購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法 ・グリーティング機能について   RSS ・RSSはどのようにメール配信に利用できますか? ・RSSメールの作成方法 ・RSSフィードのURL取得方法は? ・なぜRSSメールが届かないのですか?   タグ ・BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧 ・タグを利用して、QRコードやバーコードをメール内に挿入する方法   CSS/HTML ・ドラッグ&ドロップエディタで作成したメールのHTMLコードを参照できますか? ・ドラッグ&ドロップエディタのコードを編集する際のテクニック集 ・自分でデザインしたHTMLメールを送れますか? ・基本となるHTMLコード一覧 ・HTMLコーディングでよくある間違い ・HTMLエディタでメールフッターの場所を修正する方法 ・カスタムしたHTMLコードでメール配信した場合、Benchmark Email側で何か行いますか? ・CSSを利用してBenchmark Emailでメール作成は可能ですか? チュートリアル「ドラッグ&ドロップでHTMLメールを作成する」 スライド   動画   チュートリアル「効果測定が可能なテキストメール」 プレーンテキストのみでメールを配信する場合、以下の方法で作成するとレポート機能で効果測定が可能です。 スライド   >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 10月 22, 2020

メールにリンクを挿入する方法

目次 画像リンクの方法 ボタンリンクの方法 テキストリンクの方法 メールアドレスリンク設定の際にデフォルトの件名も設定する方法 リンクの挿入は、メールを作成する際のチェックリスト項目「本文&デザイン」の編集画面より行います。   画像リンクの方法 1.画像を挿入したら、画面左のオプションから「リンクURL」をクリックします。 2.「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックして完了です。 ボタンリンクの方法 左メニューから「ボタンブロック」をドラッグ&ドロップします。 設置したボタンをワンクリックすると画面左に設定タブとコンテンツタブが表示されます。 リンクタイプを選択し必要な情報を入力した後、「保存&閉じる」ボタンをクリックして完了です。 また、設定したボタンをダブルクリックで「リンクの挿入」のポップアップが現れますので、ここでもURLを入力可能です。 テキストリンクの方法 テキストリンクとは文字列に設定されたハイパーリンクのことです。次の種類のリンクを挿入することが可能です。 ウェブアドレス(URL) メールアドレス 電話番号 アンカー アンケート 動画 基本の挿入方法は以下の通りです。 ウェブアドレス(URL)の場合 ドラッグ&ドロップ形式のエディタを開き、リンクを挿入するブロックの編集アイコンをクリックします。URLを貼り付けたいテキストをハイライトします。 ハイライトした状態で、「リンクの挿入」アイコンをクリックします。 「リンクの挿入」ウィンドウにて、リンクタイプ「ウェブアドレス」を選択し、ウェブサイトURLを入力し「挿入」ボタンをクリックします。 リンクを取り消したい場合は、設置したリンクをクリックし、削除アイコンをクリックしてください。   メールアドレスの場合 上記(3)で「リンクタイプ:メールアドレス」を選択し、メールアドレスを入力します。 購読者が追加したメールアドレスのリンクをクリックすると、既定のメールソフトが起動し、リンク先として選択した「メールアドレス」が送信先フィールドに入力されます。設定後、プレビューやテストメール で設定に成功したかをご確認ください。   電話番号の場合 上記(3)で「リンクタイプ:電話番号」を選択し、電話番号を入力します。 電話番号はクリックすることで電話をかけることができるようになります。(受信端末によってこの機能の利用が可能かどうかは異なります) ※メールアドレスと電話番号はトラッキングする事が出来ない事から、レポートへは反映されません。 アンカーリンクの場合 以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メール内任意の場所へアンカーリンクを指定することはできますか?   アンケートリンクの場合 作成済みのアンケートは、ドラッグ&ドロップエディタ上で回答ページURLの呼び出しができます。 まず、アンケートを作成して稼働している事を確認します。 編集画面でアンケートを追加したいブロックをクリックします。 右上の「メニュー」をクリックします。 「挿入機能」から「アンケート」を選択します。 リンク名にリンク文面を入力し、リンクしたいアンケート名をドロップダウンから選択します。 「挿入」をクリックします。 ブロックメニューの「保存&閉じる」をクリックします。   動画の場合 詳しくは、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールに動画やオーディオファイルを埋め込むことはできますか?   メールアドレスリンク設定の際にデフォルトの件名も設定する方法 リンクタイプで「メールアドレス」を選択した場合、購読者がリンクをクリックした際に既定のメールソフトが起動します。その際にメールアドレスに加えて、デフォルトの件名が表示されるように設定することが可能です。以下の手順に従って設定を行ってください。   メールの編集画面にてテキストリンクを使用します。 1. テキストにメールアドレスリンクを設定します。 2. 挿入したリンクをクリックし、上部に表示される「メニュー」をクリックします。 3.「HTMLコード確認」アイコン</>をクリックします。 4. コード参照ボックスが表示されますので、 <a href= の後に以下の値を入力します。 mailto:Emailaddress?subject=Subjectlineyouwant 5. 「メールアドレス」と「件名」の書き換えを行ってください。 ・Emailaddress:リンクしたいメールアドレス ・Subjectlineyouwant:設定したい件名 設定後、「プレビュー」や「テストメール」で設定が成功したかをご確認ください。 (プレビュー画面)   ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 10月 25, 2020

メールを印刷したり、PDFとして保存する方法

Benchmark Emailでは、メールの編集画面またはプレビュー画面から印刷したり、PDFとして保存したりすることができます。 以下の順にご説明します。 1. メールを作成中に印刷・保存する方法 2. 作成したメールをプレビュー画面で印刷・保存する方法 3. 背景色や画像が上手く印刷・保存できない場合の対処方法   1. メールの作成中に印刷・保存する方法 ドラッグ&ドロップエディタで作成される配信メールの場合、以下のステップに従ってください: 1. ダッシュボードの「メール」をクリック後、画面右上にある「メール作成」をクリックし、「ドラッグ&ドロップ形式」エディターを選択します。 2. 背景色や画像が印刷されるようお手持ちのプリンターの設定をご確認ください。(詳しくは最下部の対処法を参照) 3. チェックリストを入力し、編集画面よりページ右下にある「テスト」をクリックし、「印刷プレビュー」をクリックします。 4. 新しいタブが開きます。画面右上にある「Print(印刷)」をクリックします。   5. ここでメールをPDFとして保存したい場合は、表示されるプリントメニューで「PDFとして保存(Save as PDF)」をクリックし、「保存(Save)」ボタンをクリックします。   作成したメールをプレビュー画面で印刷・保存する方法 Benchmark Emailにログインします。 ダッシュボードメニューから「メール」をクリックします。 「メール」を選択すると、メール一覧が表示されます。  PDFとして保存したいメールの右上の「・・・」をクリックします。 「プレビュー」を選択します。 スクロールダウンし「View this email in your browser」(ブラウザでメールを閲覧)のリンクをクリックします。ご注意:このリンクは全てのレイアウトに含まれていますが、メール作成時に削除した場合はこちらの方法で印刷・保存はできません。 ブラウザでメールを開いた後、印刷のショートカットキーである「Ctrl + P 」または「Cmd⌘ + P」を押します。プリントメニューが表示されますので、PDFとして保存または印刷できます。 プリント画面が表示されます。「PDFとして保存」をクリックします。   3. 背景色や画像が印刷されない場合の対処方法 プリンター設定のオプション「背景色と画像を印刷する」は、初期設定では通常OFFになっております。各ブラウザでこのオプションをONにする方法は以下の通りです。なお、バージョンによって設定が異なる場合がございますのでご了承ください。   Internet Explore:画面右上の「歯車のマーク」→「印刷」→「印刷プレビュー」→「ページ設定」より、「背景の色とイメージを印刷する」のチェックボックスをオンにし、「OK」ボタンを押します。 Google Chrome:右上の「︙」をクリック→「印刷」→「詳細設定」より、「背景のグラフィック」のチェックボックスをオンにします。 Firefox:「ファイル」をクリックし「ページ設定」より、「背景色と背景画像を印刷」のチェックボックスをオンにします。   ご不明な点がございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 8月 11, 2020

1 2 3