サポートページ aero-right

登録フォームの作り方は?

登録フォームは、ウェブサイトやブログ、ソーシャルメディアプラットフォームで購読者を集める優れた方法です。 登録フォームのタイプ ・埋込型フォーム(多項目):従来の埋込型フォームより自由なカスタマイズが可能 ・ポップアップフォーム:ページ閲覧中に表示させるポップアップ登録フォームの作成、カスタマイズ ・埋込型フォーム:フッターやサイドバーに埋め込めるシンプルな登録フォーム ・連携フォーム:プラグインを利用した登録フォーム   登録フォームの作成方法 1. 左のダッシュボードメニューより「コンタクトリスト」>「登録フォーム」を選択 2. ページ右側の「登録フォームの作成」をクリック 3. 登録フォームのタイプを選択し「次へ」をクリック 4. 登録フォームの作成・編集 「登録ステップの設定」をクリックすると、オプトイン設定や登録確認メールの編集が可能です。詳しくはFAQをご覧ください。FAQ:オプトイン完了 / オプトイン未完了とは何のことですか? 登録フォームの各セクションにカーソルを合わせると、左側に緑色の「︙」が表示されますのでクリックします。フォーム項目の追加やデザインの変更などカスタマイズが可能です。 デザイン例:フォントの色やサイズから登録ボタンの大きさまで簡単にカスタマイズできます。 5. 編集完了後、「保存&出力」をクリック>フォーム出力画面が表示されるので、「次へ」をクリック 6. 登録フォームコードがポップアップで表示されるので、ドロップダウンでコードタイプを選択 7. 「コピー」をクリックして、ウェブサイトに掲載 各種登録フォームの作成方法の詳細は、以下のスライドをご覧ください。 スライドシェア:登録フォームの作成 [embed]https://www.slideshare.net/benchmark_jp/ss-148838277[/embed] 注意点: ・無料アカウントご利用のお客様は1日に75件まで、有料アカウントのお客様は無制限に登録可能です。 ・ご契約プラン数を超えたフォームへの登録は、リスト内には保存されません。 ・旧インターフェースをお使いのお客様は、埋込型フォーム(多項目)はご利用になれません。 ・新インターフェースでは、「クラシックフォーム」は「埋込型フォーム(多項目)」に変更されました。クラシックフォームの全機能は「埋込型フォーム(多項目)」でご利用できます。 ・オプトインアラートを設定すると、登録のあったフォーム名がお知らせメールの件名に表示されます。 登録フォームページのURLを取得する方法 「埋込型フォーム(多項目)」形式で作成したフォームは、独自ページとしてBenchmark Emailサーバー上に作成されます。 URLは下記の方法で取得することができます。 埋込型フォーム(多項目)を作成  「STEP2 デザイン」段階へ進む   「公開用URL」をクリック  「公開用URL」ウインドウ内の登録フォームURLをコピー *2018年9月より、中国本土で多数のGoogle関連サービスに制限がかかっており、一部地域にてreCaptcha機能がご利用頂けませんのでご注意ください。 WordPressプラグインで登録フォームを設置 WordPressで制作されたサイトをお持ちの場合は、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」でサイトのデザインに合わせた登録フォームを簡単に作成・設置することができます。 詳細は以下のブログをご参照ください。 ブログ記事: WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートチームにお問い合わせください。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 9月 25, 2020

WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法

Benchmark Emailの登録フォームをWordPressブログやホームページに設置することで、簡単により多くのブログ購読者を獲得することができます。 こちらのページではWordPressにBenchmark Emailの登録フォームを挿入する方法を2つ紹介します。  Benchmark Email Lite プラグインを使用する方法  自身のアカウントにて作成した登録フォームのコードをウィジェットに貼り付ける方法(ウェジェットを使用する場合と記事内に挿入する場合) ■ Benchmark Email Liteプラグインを使用する方法 WordPressにて作成されたページに登録フォームを設置する際は、「Benchmark Email Lite WordPress プラグイン」をご利用ください。 プラグインのご利用方法は下記のブログ記事をご覧ください。 ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた なお、すでにプラグインをご利用で登録フォームがうまく作動しないと言う場合には、以下の3点をご確認ください。 ダウンロードしたプラグインを有効化(Active)にしているか プラグインの最新バージョンを利用しているか 入力しているAPIキーは最新のものか WordPress用プラグインの最新版ダウンロードはこちらから。 ■ 自身のアカウントにて作成した登録フォームのコードをウィジェットに貼り付ける方法(ウィジェットを使用する場合) 既にBenchmarkアカウントをお持ちの方で、自分のアカウントで作成された登録フォームを用いてご利用される際には、以下の連携手順を参考にして下さい。 連携手順:  Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードメニューから、「コンタクトリスト」をクリック  「登録フォーム」をクリック   追加したい登録フォームをクリック   エディタの「保存&出力」ボタンをクリックし、「次へ」をクリック ドロップダウンメニューより「 Raw HTMLコード」オプションを選択  登録フォームコードをコピー こちらのコードが登録フォームへのハイパーリンクを掲載することが出来る基本のコードとなります。 コードをコピーした後、WordPressのホームページにアクセス  WordPressのAdminダッシュボードにログイン後、外観にマウスを合わせ、「ウィジェット」をクリック  ウィジェット画面において下までスクロールし、テキストを選択 *登録フォームの表示可能場所は、「Sidebar/サイドバー」もしくは「bottom/記事下」のみ 「>ウィジェットを追加」ボタンをクリック  テキストウィジェットで、テキストタブをクリック  埋め込み用コードをペースト  「保存」をクリック 以上のステップを踏むことで登録フォームがホームページ上に掲載されます。 注意:ウィジェットを使用する場合は登録フォームのコードはRaw HTMLをご利用ください。 *登録フォームの設置が上手くいかない場合、登録フォームのURLを挿入しリンクさせる方法もあります。 (こちらの方法では、既に作成された埋込型フォーム(多項目)・埋込型フォームが対象となります。) *登録フォームは無料アカウントご利用のお客様は1日に75件まで、有料アカウントのお客様は無制限に登録可能です。 登録フォームのURLの取得方法は、以下のFAQの「STEP 1 : 登録フォームのリンクを取得」をご参照ください。 FAQ:Twitterプロフィールに登録フォームを掲載する方法 ■ 自身のアカウントにて作成した登録フォームのコードをウィジェットに貼り付ける方法(記事内に挿入する場合) 既にアカウントにおいて作成した登録フォームを直接記事内に挿入を希望する場合には、上記のステップにおいて使用した「Raw HTML」の代わりに「JavaScript」のコードをコピーし、WordPressの記事のTextエディターにおいて直接貼り付けるようにして下さい。 *JavaScriptを用いて直接挿入させる場合は、コードが<div id=”header”></div> に被らないように貼り付けて下さい。 注意:お使いのブラウザでポップアップがブロックされている場合は、ポップアップ登録フォームが表示されない可能性があります。   Wordpress.comアカウントに関するご質問はWordpressサポートまでお問い合わせください。 Benchmarkアカウントに関するご質問はこちらよりサポートへご連絡ください。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 連携機能 9月 28, 2020

WordPressとBenchmark Emailを連携する方法は?

連携でできることは? ・ブログ記事をそのままメールで配信できます。 ・登録フォームの設置ができ、WordPress内でフォームの作成や編集も可能です。 ・WordPressページよりメールの送信(またはテストメール)ができます。 ・WordPressダッシュボード内でレポートの表示ができ、開封率などを確認することができます。 ここでは連携手順とメール送信手順をご紹介します。 まだBenchmark Emailのアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクより作成後、下記の手順に従って連携を行なって下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成 連携手順 まず、Benchmark EmailのAPI キーを取得します: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のアカウント名をクリックし、API/連携を選択します。 左のメニューからAPI キーをクリックします。 「あなたのAPI キーは」というボックス内に表示されたAPIキーをコピーします。 次に、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」をインストールします: WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPlugins(プラグイン)を選択しAdd New(新規追加)をクリックします。 画面右のKeyword欄に「Benchmark Email Lite」と入力し検索します。 Install Now(今すぐインストール) をクリックします。サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力する必要がある場合がございます。 Activate(有効化)をクリックします。 最後に、WordPressページに戻りAPIキーを入力します: ダッシュボードのサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、Settingsをクリックします。 「Connect  to Benchmark」ボタンをクリックし、Benchmark Emailのログイン名とパスワードを入力します。  API Key(s) from your Benchmark Email account(s)にコピーしたAPI キーを貼り付け、Save changes(変更して保存)をクリックします。 「You are connected!」のメッセージが表示されましたら、連携完了です!今後は、ダッシュボードの左のBenchmark Emailを選択しInterfaceをクリックします。WordPressのサイトを離れることなくBenchmark Emailの登録フォームの設置やメールの作成・送信ができるようになります。 また、登録フォームの設置はダッシュボードのサイドバーメニューからAppearance(外観)を選択し、Widgets(ウィジェット)をクリックします。必要数の登録フォームウィジェットをセットアップでき、WordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 詳しくはこちら:WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 メール送信手順: 「投稿」画面にて、配信する記事を作成します。 投稿メニューに該当の記事が表示されます。 記事から配信を選択頂くと、Benchmark Emailのページに移動し、ここで配信時間など詳細設定ができます。 注意点: メールのフォーマットはブログ記事で使用したものがそのまま反映されます。 「続きを読む」リンクは受信側の仕様によって表示される箇所が異なります。 関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 9月 16, 2020

登録フォームのシングルオプトイン機能とは?

リストの質を考えるのであればダブルオプトインを利用するのがお勧めですが、Benchmark Emailではシングルオプトインのオプションもご用意しています。ダブルオプトイン形式では登録フォームからの登録者へオプトインメールを配信し、メール内のリンクをクリックしてもらうことで初めて配信リストへの登録が完了しますが、シングルオプトイン形式では登録フォームに入力するだけでリストへの登録が完了となります。 登録の流れがとてもシンプルになるのがシングルオプトインの利点ですが、特にモバイルデバイスを利用して登録フォームへ入力する人には便利なオプションです。 ただ欠点もあるのが現状ですので、以下のポイントを考慮した上でご利用下さいますようお願い致します。 利点 シンプルな登録プロセス:2段階のステップを踏む必要がないので、シンプルでスピーディーな登録が可能です。 懸念点 無効アドレスの増加:オプトインメールでの認証プロセスを省くため、登録フォームに入力されたメールアドレスがそのまま登録されます。入力間違いやボットからのスパム登録がそのままリストに反映されてしまいます。 配信評価の低下:シングルオプトインで無効アドレスが増えると、当然メール配信の際のエラー率も高くなります。エラー率の高い配信はサーバー・ドメイン評価を下げる要因となります。 長期的にコストが高くなる:有効か無効かに関わらずリストへメールアドレスが登録されていくため、アドレス件数の増加に伴いBenchmark Emailアカウントのアップグレードが必要になってきます。また配信評価が下がることによりメールが届かなくなり、最終的に売り上げが伸び悩む可能性もあります。 シングルオプトイン形式にはリスクが伴う点をご理解の上、ご利用下さいますようお願い致します。またボットからのスパム登録を防ぐためreCAPTCHA機能を併用することをお勧めします。 またシングルオプトイン形式をご利用される前に、お住いの地域でダブルオプトインが義務化されていないかご確認ください。国や地域によってはメールアドレスなどの個人情報の収集におけるシングルオプトインの利用を制限している場合があります。 シングルオプトインの設定は以下をご確認ください。 ダッシュボートの「コンタクトリスト」を選択し、「登録フォーム」をクリックします。 新規作成の場合は「登録フォーム作成」をクリック、あるいは既存の登録フォーム名をクリックします。 ステップ2「デザイン」ページにて「登録ステップの設定」をクリックします。 「登録ステップの設定」にてドロップダウンメニューの「シングルオプトイン(1段階認証・「標準設定」でreCAPTCHA機能をONにしてください)」を選択します。 次にドロップダウンメニューで「ウェルカムメール送信」もしくは「ウェルカムメール無し」を選択します。 ウェルカムメール ウェルカムメールは登録フォームで「登録」ボタンをクリックすると自動で配信されるメールです。送信元やメール内容など以下の項目は自由にカスタマイズが可能となっています。 差出人名 送信元メールアドレス 件名 ウェルカムメッセージ(メール本文) クロージング/署名 ウェルカムメールのテストメール送信も可能です。 「ウェルカムメール無し」を選択した場合、アラート通知設定を行って次のステップに進んでください。 アラート通知 オプトインアラート(何件の登録があったか、通知を受け取る)の頻度を設定します。通知はBenchmark Emailアカウントの登録メールアドレスへ送られ、以下の頻度から選択可能です。 連絡無し すぐに 毎日 毎週 毎月 設定を確認したら、「保存」をクリックします。 注意点 登録フォームはそれぞれオプトイン設定が必要となります。そのため一つの登録フォームでシングルオプトイン設定をしても、その他の登録フォームにはその設定は反映されません。 ダブルオプトインポップアップフォーム reCAPTCHAオプションがONの場合、登録者はサンキューページへ遷移されます。 シングルオプトインポップアップフォーム reCAPTCHAオプションがONの場合、登録者はウェルカムページへ遷移されます。 ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 5月 1, 2020

登録フォームからコンタクトリストのセグメント機能を活用する方法は?

  セグメントリストは特定の目的に合わせてターゲット化したリストのため、メールマーケティングを行う上でも効果的です。例えば、「東京都」などのセグメントを作成し、地域限定のキャンペーンを開催するなどの使い方も可能ですし、誕生月でセグメントしバースデークーポンを配信する、といった利用方法もあります。 登録フォームの回答に合わせて、登録時に自動的に顧客をセグメント分けすることによってその後の運用がやりやすくなります。 都道府県や年齢など、セグメントの基準となる項目を登録フォームに追加することで、 登録時からセグメントされたリストに保存されるように設定できます。 詳細は以下の設定ステップをご確認ください。 1)登録フォームと連携させるリストを作成。この時点でリストにコンタクトを追加する必要はありません。またすでに作成済みのリストを利用することも可能です。 2)リストをセグメント。セグメントの基準となる項目を設定します。 セグメントの作成方法について詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:セグメント機能の使い方は? 3)登録フォームを作成。自由に項目を設定できる埋め込み型フォーム(多項目)がおすすめです。 登録フォーム作成方法について詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? 上記の設定で、登録フォームから獲得したコンタクトを自動的にセグメントすることが可能になります。 また応用としてステップメール機能を併用し、特定の新規購読者(セグメントしたコンタクト)に特化したコンテンツの配信を自動化することもできます。 事例)登録フォームで登録したコンタクトのうち、関東地方在住の購読者のみにメールを自動配信するよう設定したい。 まず、登録フォーム用のリストを作成します。リスト名を保存した時点でリストが作成されるため、アップロードまで進む必要はありません。 次にこのリストを「関東地方」でセグメントします。コンタクトが登録されていなくても必ず「保存&抽出」をクリックしてください。 次に「登録フォーム用」リストで登録フォームを作成します。項目設定ではセグメント項目と同じ項目を作成します。ここでは「都道府県」項目で「関東地区」を選択肢の一つとして作成しています。 これで関東地区を選択したコンタクト情報が「登録フォーム用 - 関東在住」セグメントリストへ登録されます。 最後に、ステップメールを作成します。ステップメールの作成方法については以下のFAQをご確認ください。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? この時配信先リストとして「 登録フォーム用 - 関東在住」を選択します。 これで登録フォームから得た新規購読者のうち、関東地方に住んでいると回答したユーザーのみにメールを自動配信することが出来るようになりました。 リスト全体にメールを配信するよりも、あらかじめターゲット化されたリストにメールを配信する方がより効果的です。 また、リスト全体に配信した場合、自分と全く関係の無い内容のメールが届いた場合は、配信停止依頼をされてしまう恐れもありますのでご注意ください。 コンタクトリストにある項目なら全てセグメントを作成することは可能です。ぜひ有効活用してください。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

セグメント機能 登録フォーム 10月 3, 2019

メールアドレスを集めるには?

メールマーケティングを成功させるには、エンゲージメントの高い購読者のリストを育てることがカギとなります。オプトインリストを育てるヒントとして以下をご参考ください: ウェブサイト全体でニュースレター購読登録をアピール 登録フォームがマーケティングに活躍する場面は多くありますが、一番の目的は配信許可を得ているオプトインリストを育てることにあります。登録フォームから購読登録をすることにより、オプトインとなります。これは登録者自身が個人情報を任意で提供し、メールで商用コンテンツを受け取ることに同意していることになります。言い換えればコンテンツを受け取りたい、ということです。結果としてエンゲージメントの高い、マーケティング効果が出やすい顧客へのリーチができるようになります。。 また、Benchmarkの登録フォームではダブルオプトインを採用しており、購読者が自分で登録したことを覚えているため迷惑メール報告をされる確率も格段に下がります。また万が一メールアドレスの入力間違いがあってもリストには登録されないため、エラー率の減少にも繋がります。 関連FAQ:オプトイン完了 / オプトイン未完了とは何のことですか? 友人に転送するリンクの活用 ”知り合いに転送する”リンクをメールに設置し、受信者が簡単にコンテンツを共有できる環境を提供しましょう。メールからウェブサイトへの動線がある為、転送を受けた人が登録フォームから自分の情報を入力することで新規購読者の獲得になります。Benchmarkではこの転送リンクを挿入できるオプションがあり、誰がどのメールアドレスに転送したのか、転送先で開封されたかどうか、を確認できます。 Facebookなどのソーシャルメディアサイトを最大限に活用 ソーシャルメディアは今日の社会においてとても強力なマーケティングツールです。ビジネスのFacebookファンページを作成し、そこで登録フォームを設置しましょう。また「いいね!」やシェアできるようリンクを用意するのも忘れずに。 短期でメールアドレスを集めたい場合は、登録したいと思わせるインセンティブが効果的です。 以下をご参考にして下さい。 商品やサービスの値引き VIPセールや、イベントへの特別招待券 登録者への無料プレゼント バーゲンや特別セールについての早期案内 新規登録者へ抽選での無料プレゼン"   ご不明点などございましたらサポートまでご連絡ください。   >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 27, 2019

EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームにチェックボックスを追加することはできますか?

Benchmark Emailの登録フォームを使用して、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームにチェックボックスを追加することができます。購読者は提供するデータが機密事項として扱われ、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠にしていることとして信頼することができます。これにより、購読者と良好な評判を保ち、結果的にコンタクトリストの拡大に繋がります。 GDPR準拠フォームに必要なもの: 自社ウェブサイトのプライバシーポリシーページのURL カスタムのフィールド項目を設定したリスト(プライバシーポリシーへの同意項目) 上記リストに繋がった登録フォーム(同意のためのチェックボックス設定が必要) EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームにチェックボックスを追加するには、まず初めにコンタクトリストを作成するか、既存のリストから選択し、カスタム項目を追加する必要があります。 カスタム項目を追加する方法は以下の通りです: Benchmark Emailダッシュボードメニューからコンタクトリストをクリックします。 リストを作成するか、既存のリストを選択します。 「編集」をクリックします。 フィールド項目の設定で、スライダーを右にスクロールし、「その他6」を選択して、フィールド項目名に「プライバシーポリシー」と入力します。 フィールドタイプを「True/False」に変更します。 「保存」をクリックします。 ポップアップフォームを使用してチェックボックス付きのEU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームを作成する方法は以下のステップに従ってください: ダッシュボードメニューから、コンタクトリストを選択します。 登録フォームを選択し、「登録フォーム作成」ボタンをクリックします。 ポップアップフォームタイプを選択し、「次へ」をクリックします。 ステップ1 詳細の入力を完了します。EU一般データ保護規則(GDPR)用に修正したリストを選択します。選択後、「保存&次へ」をクリックします。 ステップ2 デザイン: 詳細オプションアイコン(緑色の「︙」)をクリックします。 項目追加を選択します。 下までスクロールし、プライバシーポリシーオプションを選択します。注意:これはリストに追加したカスタム項目となります。 グレーエリアをクリックして、項目ポップアップを終了します。 次に、フォームに追加したプライバシーポリシー項目名をクリックします。 作成後、フォームに追加されたカスタム項目名はフィールド項目オプションで項目として表示されますので、それをクリックします。 種類にチェックを選択します。 必須項目にチェックを入れます。 テキストを追加し、リンクを追加したい場合は登録フォームにテキストを追加する項目にHTMLコードを入力してください。 グレーエリアをクリックして、このポップアップを終了します。緑のプラスサインをクリックすることで、画像やテキスト、Spacer(区切り線のこと)を追加できます。追加項目を削除したい場合は、緑のゴミ箱サインをクリックしてください。 ポップアップは新規変更後、自動的に保存されます。   クラシックフォームを使用してチェックボックス付きのEU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームを作成する方法は以下のステップに従ってください: Benchmark Emailダッシュボードメニューよりコンタクトリストを選択し、「登録フォーム」をクリックします。 「登録フォーム作成」ボタンをクリックします。 クラシックフォームタイプを選択し、「次へ」をクリックします。 ステップ1 詳細の入力を完了します。 ステップ2 デザインで、弊社のスタンダードフィールド項目のリストから選択、またはお好みのレイアウトを作成します。 「新しい項目の追加」ボタンをクリックします。 注意:ここで以前コンタクトリストに追加した追加項目を追加します。 矢印をクリックし、オプションをフィルターし、スクロールダウンしてプライバシーポリシーオプションを選択します。 種類をチェックに変更します。 次に、必須項目にチェックを入れます。 テキストを追加し、リンクを追加したい場合は登録フォームにテキストを追加する項目にHTMLコードを入力してください。(複数のテキストを追加したい場合はプラスサインを、削除したい場合はマイナスサインをクリックしてください。) フォームの編集を完了し、終了後、「保存&次へ」をクリックしてください。   注意:最初にコンタクトリストを作成するか、カスタム項目を追加した既存のリストを選択する必要があります。設定方法に関するステップはこのFAQの最初に記載してあります。 チェックボックスを追加して、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームを作成する方法に関する詳細動画は以下のURLをクリックしてください。 詳細動画(英語版):EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した登録フォームの作成方法 重要: このオプションは埋込型(多項目)とポップアップフォームタイプのみ対応しています。クラシックフォームも以前作成したものがあればご利用いただけます。 ご希望に応じて、フィールド項目名を変更することも可能です。 必須項目は、購読者がフォームを送信する際にこれらの項目を記入する必要があります。 フォームにリンクを追加したい場合は、手順に従ってHTMLコードをコピーしてください。 「プライバシーポリシー」フィールド フィールド名は変更できますが、リストと登録フォームで一致させるため、フィールド名をそのままにしておくことをお勧めします。 タイプを「チェック」に変更、「必須項目」にチェックし、「回答」には、次のコードを追加してください。 (私は以下の <a target="blank"href="https://www.benchmarkemail.jp"> プライバシーポリシー </a> を読み、同意します。) 必要に応じて、HTMLの部分は変えずにテキストおよびURLを修正してください。 ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでお問い合わせください。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 8月 21, 2020

登録フォームでreCAPTCHAを使用するには?

Googleが無料で提供するreCAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apartの略)はスパムや悪質なユーザーからサイトを守り、ロボットと人間の区別をする上で必要不可欠なツールです。Benchmark Emailの登録フォームでこの便利な機能をお使い頂けます。ボットや悪質ユーザーからの登録を防ぐのにご利用ください。 注)2018年9月より、多数のGoogleサービスが中国本土でブロックされています。そのため中国の一部ではreCAPTCHAが正常に機能しない場合があります。詳細は以下のサイトをご覧ください。 外部サイト:中国のネット閲覧   reCAPTCHA機能は埋込型、埋込型(多項目)、ポップアップフォームにてご利用可能です。以下のステップに従って設定を行ってください。 Benchmark Emailアカウントへログイン 「コンタクトリスト」から「登録フォーム」をクリック 「登録フォーム作成」ボタンをクリック 作成したいフォームタイプを選択し「次へ」をクリック ステップ1の「詳細」を入力し「保存&次へ」をクリック ステップ2の「デザイン」ページにて「標準設定」をクリック reCAPTCHA設定でグレーから青にバーをスライド   reCAPTCHAがONになっていると以下のように表示されます:     注意点: ポップアップフォームでreCAPTCHAをOFFにした場合、登録ステップの設定内の[ページ設定]オプションが表示されなくなります。 reCAPTCHAをONにした場合、登録フォームの「送信」ボタンを押すとreCAPTCHAページに移動します。完了後はシングルオプトインの場合はサンキューページが表示され、ダブルオプトインの場合はユーザーが登録確認メールを受信し認証リンクをクリックした時点で、認証完了メッセージが表示されます。 reCAPTCHAオプションは登録フォーム毎に設定を行なってください。 Facebookアプリでは、reCAPTCHA付きの登録フォームは正常に表示されない可能性があります。FacebookキャンペーンやFacebookページを介してWebページにユーザーを誘導する場合は、登録フォームでのreCAPTCHAのご使用は避けてください。 登録フォームの作成方法については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 9月 18, 2020

登録フォームが上手く作動しません。何が問題なのですか?

JavaScriptを利用している場合、貼り付け先ページのJavaScriptと相容れずエラーが出る場合があります。 このような場合、Raw HTMLコードを出力し貼り付けをお試しください。   また、同様の種類の登録フォームを一つのページ内に設置すると誤操作を起こすと考えられます。複数表示させたい際は、既存のものをコピーして、新規フォームを出力して設置してください。 関連ブログ:登録フォームの悩みを解決!基本機能からトラブルシューティング・応用的な活用例まで一挙解説 Wordpressへの登録フォーム設置については、以下の記事をご参照ください。 関連ブログ:WordPressプラグインでメール配信する方法を図解してみた   ※以下はHTMLコードのカスタマイズ経験のある方が対象となります。 Benchmark Emailでは、サイトに挿入できる登録フォームを簡単に作成するツールを提供しています。しかしサイト環境はサイトによって異なるため、Benchmarkで作成した登録フォームのコードとサイトコードがコンフリクトを起こし上手くいかないことがあります。通常は登録後、購読者はサンキューページへ移動し登録ボタンを押すと確認メールが配信されるようになっています。万が一登録途中でエラーが発生した場合にも、メールでエラー発生のお知らせが届くようになっています。 しかしまれにサンキューページに移動しなかったり、登録完了メールが届かないことがあります。この場合、登録フォームからBenchmarkのサーバーへ登録情報を送信出来ていないことになります。 同じページに複数の登録フォームを挿入したり、Javaスクリプトが妨げとなっていることが原因として考えられます。そのためBenchmarkでは同じページに複数の登録フォームが混在しないよう、登録フォームのための専用ページをご用意して頂くよう推奨しています。 ASP.NET.とは登録フォームコードは上手く作動しません サイトのサーバーがASP.NET.である場合、別の手段をお試し頂く必要があります。 ASP.NET.ページでは独自のフォームが存在するため、Benchmark登録フォームのコードを直接挿入することが出来ません。 テクニカル知識に合わせて、以下のオプションから対処法をご選択頂けます: Benchmark登録フォームへのリンクをつける - ボタンをクリックすると登録フォームがポップアップとして表示されるようにする - テキストリンクから登録フォームがポップアップとして表示されるようにする .netコードビハインドでフォームを挿入する (ある程度プログラミングの知識が必要) コードビハインドから直接Benchmarkサーバーに載せる場合には 以下のリンクを参考にしてください。 http://stackoverflow.com/questions/11394229/net-post-form-in-code-behind(外部リンク:英語) BenchmarkのAPIを.netコードビハインドに使用する (ある程度プログラミングの知識が必要) Benchmark Email のAPI (Application Programming Interface) はASP.NET.に使えるよう再プログラミングが可能です。こちらのリンクをご参照ください。 http://www.benchmarkemail.com/API/Doc/listAddContactsOptin(Benchmarkサイト内:英語版記事)https://apidocs.benchmarkemail.com/#/download-wrappers(Benchmarkサイト内:英語版API関連ダウンロードファイル一覧) >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 5月 21, 2020

1 2 3 4