サポートページ aero-right

サブアカウントの作成方法は?

Benchmark Emailでは、アカウント内に「サブアカウント」と呼ばれる別のアカウントを作成し、個別に管理・支払いをまとめることができます。 サブアカウントを作成できるのは、マスターアカウントでリストプラン1000以上の有料のお客様のみです。また、配信数プランではサブアカウントの作成はできない仕様となっておりますので、あらかじめご了承願います。   サブアカウントの作成方法は、以下の手順に従って下さい。 1. Benchmark Emailアカウントにログイン後、マイアカウントから「サブアカウント管理」をクリック 2.  オプションメニューをクリックし「新規サブアカウント作成」を選択 3. アカウント作成の必要項目を入力し「保存」をクリックで完了 「 保存」をクリックした後、「サブアカウント管理」ページに戻ります。サブアカウントにログインするには、表示されたアカウント名をクリックしてください。 注意点: *ログインID・登録メールアドレスについて: サブアカウントのID及びメールアドレス登録にはマスターアカウントを含むその他のアカウントでご登録の無いものをご利用ください。 *サブアカウントのプランについて: アドレス登録件数の上限を選択します。最大でマスターアカウントのリストプランよりも1段階小さいプランまで設定が可能です。そのため、マスターアカウントがリストプラン500(旧リストプラン600)の場合はサブアカウントは作成できません。 *サブアカウントのアクティブコンタクト数について: マスターアカウントと同一のメールアドレスがサブアカウントにも登録されている場合、それぞれのアカウントでカウントされるため、アクティブコンタクト数のカウントは2となります。   マスターアカウントと共有できる項目については以下のFAQをご確認ください: FAQ:マスターアカウントとサブアカウントでメールは共有できますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントでリストの共有はできますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントで画像・動画の共有はできますか?   ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 8月 5, 2020

セキュリティ体制について

セキュリティについて 基本的に、弊社のセキュリティ情報の詳細を公開することは、同時に自分たちのセキュリティ情報を公開していることになり危険性も伴う為、多くは公開しないようにしておりました。しかし、お客様にとってセキュリティの安全性は非常に重要なことでありますので、Benchmark Emailはお客様にとって重要なポイントをお伝えさせて頂きます。 ネットワークセキュリティ: Benchmark Emailのサーバーは複数のファイアウォールを導入しているプライベートネットワークに保守されてホスティングされています。また、ネットワーク侵入検知システムも導入しております。  機密事項を扱う全てのページは傍受、妨害または改ざんされることを防ぐ目的でSSLサーバ証明書を利用しております。 ホストセキュリティ: Benchmark Emailでは高度な知識をもった人材にてセキュリティパッチ、製品アップデート、脆弱性のある問題を管理しております。 Benchmark Emailでは発生した不明なネットワークログを調べ、全ての警告はただちにシステム内にて対処されています。 全てのインフラへのアクセスは限られた人材のみとなっております。全てのシステム、サーバーは厳しいルールで定められたパスワードを設定しており、定期的にパスワードは期限が切れ変更されております。 Benchmark Emailでは必要とされていないすべてのポートとサービスは無効にしております。また、サーバーへのアクセス、管理にはポリシーを設定して厳しく監視し、異常なアクティビティを感知した際には警告を通知するように設定しております。 ソフトウェアセキュリティ: Benchmark Emailではソフトウェア開発プロセスにて厳正な品質保証ルールに従っております。システムロジックやモジュールの変更は弊社シニアエンジニアの管理にて実施されます。すべての変更はソース制御され、システムを改善し定期的にプロセスを見直しております。 また、McAfee Security Auditingを導入しておりサードパーティーにてセキュリティの脆弱性確認も行っております。検出された全ては優先されて対処されます。 アプリケーションセキュリティ: ユーザーアカウントは、ユーザ名とパスワードによって制限されています。パスワードが、ウェブサイトに反映されることはありません。 すべてのログインページは、SSLを介してデータを暗号化しております。 Benchmark Email APIへのアクセスは、ブルートフォースより保護されています。 メール通信における暗号化通信プロトコルは最新のTSL1.3までを使用しています。   より詳しい情報は、こちらのセキュリティ概要資料をご覧ください。 資料:Benchmark Japanセキュリティ概要   お客様情報の保護については、こちらのページをご覧ください。 FAQ:お客様情報の保護について     >>「規約・サービス/動作環境/セキュリティ/パートナープログラム」のまとめページへ戻る

初めての方はこちら 9月 3, 2020

リストクリーニングとはどういった機能ですか?またリストのクリーニング方法は?

リストクリーニングは、スパムトラップへ配信を行ってしまった場合にご利用いただく機能です。 スパムトラップとは? スパムトラップとは、ISPがすでに誰にも使われていないメールアドレスを 迷惑メール配信者を特定するために利用しているダミーのメールアドレスのことです。スパムトラップへの配信を続けられた場合、配信元として使用されているドメインの評価が下がり、 配信するメール到達率が低下してしまう恐れがあります。 クリーニングで抽出可能なメール未開封コンタクト リストクリーニングでは、下記のメール未開封コンタクトの抽出が可能です。 直近5 メール 直近10 メール 直近20 メール 直近30 メール リストクリーニング方法は以下のステップをご参照ください: ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトをクリック クリーニングしたいリスト名をクリック 画面上部のリストクリーニングをクリック クリーニングページへと移動したら、抽出したいタイプのメールアドレスを選択 「新規リスト」を選択しをクリックし保存 新しいリストとして保存がされます。 このリストを配信設定時、「配信対象外」として頂ければ、 削除せずに配信の対象から除外されます。 これでリストクリーニングは完了です。更新が反映されるまで数分のお時間を頂戴しますのでご了承ください。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 11月 25, 2019