サポートページ aero-right

ドラッグ&ドロップエディタでブロック間の空白や区切り線を追加する方法

メールコンテンツの各セクションに空白や区切り線を挿入したり、ブロックや画像周囲の余白を調整したりすることで読みやすくスッキリしたメルマガデザインに仕上がります。 目次: ブロック周囲の余白を調整する方法 テキストブロックを使って空白を作成する方法 区切り線/スペースブロックを挿入する方法 ブロック周囲の余白を調整する方法 ブロック周りの余白を調整するには以下の手順に従ってください: 1. 調整したいブロックをクリックします。(ここでは例として画像ブロックを使用) 2. 左メニューの設定タブを選択します。 3. サイドの空白枠、または上下の空白枠の緑色のつまみを動かして調整を行います。 4. 「保存&閉じる」をクリックして完了です。 テキストブロックを使って空白を作成する方法 余白を作りたい場合は、メール本文にテキストブロックを挿入し、デフォルトの文章を削除するだけです。以下の手順に従ってください。 1. スペースを作りたい場所に「テキストブロック」をドロップします。 2. デフォルトで挿入されているテキストを削除します。 3. 画面左の設定タブより、サイドの空白枠、または上下の空白枠の緑色のつまみを動かしスペースの調整を行なってください。 4. 「保存&閉じる」をクリックして完了です。 区切り線/スペースブロックを挿入する方法 区切り線/スペースブロックは、簡単に区切り線や余白を作りメールやランディングページを作成するのに大変便利な機能です。ブロックを挿入する方法は以下の通りです。 1. 左のブロックから「区切り線/スペースブロック」を選択し、挿入したいセクションにドラッグ&ドロップします。挿入後、左側に区切り線の設定画面が表示されます。 2. 区切り線はデフォルトでグレーの線が表示されますが、必要に応じて線のデザインや色、太さなどを変更することができます。また区切り線ブロックの背景色、上幅、下幅、及び左右の行間も変更可能です。 3. ブロックメニューの「保存&閉じる」をクリックして完了です。   <区切り線ブロックの詳細設定> 背景色 画面左の円をクリックし、色彩パレットから色を選択します。カラーコード(hex値)を使用する場合は、ボックス内にコードを入力してください。 幅 0〜99pxの範囲で、上幅と下幅を設定できます。 行間 緑のポインターをスライドし、0〜20pxの範囲で左右の行間を調整します。   線の種類 区切り線のデザインを選択し、幅の変更も可能です。色彩パレットから色を選択します。カラーコード(hex値)を使用する場合は、ボックス内にコードを入力してください。   区切り線の設定画面に戻るには、メール内に挿入された区切り線/スペースブロックをクリックすると左に設定画面が表示されます。 <おすすめのご利用方法> 区切り線は余白としても使用することができます。線の幅を0pxにし、無色にすることで綺麗ですっきりとしたデザインになります。 なお、カスタム区切り線の画像を使いたい場合は、区切り線/スペースブロックではなく、画像ブロックを使用します。 挿入した画像ブロックをクリックし、カスタム区切り線の画像をメールにドラッグ&ドロップします。 画像の挿入方法については以下のFAQをご参照ください。 関連FAQ:画像をメールに掲載する方法 また、メールのデザインにコラムを3つ使用している場合は、コラムに区切り線を挿入することができます。 ヘッダーとサブヘッダーの間に区切り線を使用すると、より読みやすくなります。また、各セクションの終わりやメールの最後に区切り線を使うこともできます。 ただし、メールコンテンツが一番重要ですので、区切り線を太くしすぎたり濃い色を使いすぎたりしないように注意しましょう。 Benchmark Emailでは無料テンプレートをたくさんご用意しております。簡単にクリエイティブなメールを作成することができます。テンプレートについては以下のFAQをご覧ください。 関連FAQ:Benchmark Emailのテンプレートを使ってメールを作成する方法 ドラッグ&ドロップエディタについてご不明な点がございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 4月 19, 2021

画像の位置調整・枠を編集する方法

ドラッグ&ドロップエディタでは、画像を自由に編集できるよう多数の画像ブロックを取り揃えております。そのブロック内で画像の位置を調整したり、枠の編集をすることが可能です。ここでは、以下の各ブロックで位置調整する方法をご紹介します。 目次: 画像の位置調整をする方法 画像ブロック 画像グループブロック/画像+キャプションブロック 画像カードブロック 画像カードブロックを使って枠を編集する方法 パソコンから画像をアップロードし、ブロックに挿入する方法 画像の位置調整をする方法   <画像ブロック>   1. メール本文に画像ブロックをドラッグ&ドロップ、または挿入済みの画像ブロックをクリックします。 2. 画面左に画像ブロックオプションが表示されます。 3. サイドの空白枠および上下の空白枠の設定は、それぞれ緑の点を左右にスクロールして調整します。 4. 「画像の位置調整」オプションで位置を調整します。画像で余白が全て埋まっている場合は、調整後も見え方は変わりません。 5. 「保存&閉じる」をクリックします。 <画像グループブロック・画像キャプションブロック> 複数の画像を挿入した場合や画像キャプションブロックを使用している場合は、以下のように画像の位置調整を行います: 1. ブロックをクリックします。 2. 画面左に「設定」と「コンテンツ」の2つのタブが表示されます。 「設定」タブでは、ブロック全体のサイドの空白枠および上下の空白枠の設定が可能です。 「コンテンツ」タブでは、画像と画像の間隔を調整することができます。 3. ブロック内の画像をダブルクリックすると、画像の位置調整や編集オプションが表示されます。「編集」オプションでは、画像サイズの変更、テキストや画像のフレームを追加することが可能です。 4. 「保存」をクリックします。 <画像カードブロック> 1. 画像カードブロックをクリックします。 2. 画面左にタブが2つ表示されます。 「設定」タブでは、サイド空白枠および上下の空白枠を編集できます。 「コンテンツ」タブでは、テキストの位置、画像エリア、画像の位置調整および画像表示の編集が可能です。 3. 代替テキストを追加するには、画像をダブルクリックしボックスに入力してください。 4. 完了しましたら、「保存&閉じる」をクリックします。 他のブロック(ボタンブロック、ソーシャルメディアブロックやナビゲーションバーブロック)は、上記のブロックと同様に画面左のコンテンツタブより、画像の位置を調整することができます。 例)ソーシャルメディアブロック(配列でアイコンの位置調整が可能) 画像カードブロックを使って枠を編集する方法 1.画像カードブロックをエディタへとドラッグ&ドロップします。 2.画面左に表示される設定タブよりボーダー(枠線)や線の太さ、スタイル、カラーの編集が可能です。 パソコンから画像をアップロードし、ブロックに挿入する方法 上記でご紹介した画像ブロックにアップロードした画像を挿入する方法は以下の通りです。 1. 挿入したい画像のブロックをメール本文にドラッグ&ドロップします。 2. ブロックをダブルクリックし、「画像ギャラリー」に移動します。 3. 上部のグレーボックス内の「ファイルの検索」をクリックし、アップロードしたい画像を選択します。 4. アップロードが完了しましたら、「挿入」ボタンをクリックします。 Benchmark Emailでは基本的な画像編集ができる「画像編集エディタ」をご用意しております。詳細は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:画像のサイズや色を編集する方法 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 5月 10, 2021

ブロックの周りに線を引くことはできますか?

注意:HTMLコードが参照できるテキストブロックのみでご利用いただけます。この作業にはHTMLの知識が必要となります。 テキストブロックの編集オプションから「メニュー」をクリックし、コード参照アイコン</>をクリック HTMLコード参照画面を開くと最初の段落に以下のようなコードが記述されています。: <table name="block_Featured_Article" style="" width="100%" border="0" cellpadding="5" cellspacing="0"><tbody> 注意: 例に挙げたコードはブロックによって異なります。 Stlyeタグの記述に「border:1px solid black」といった値を入力してください。 するとコードは以下のような記述になります。: <table name="block_Featured_Article" style="border:1px solid black" width="100%" border="0" cellpadding="5" cellspacing="0"><tbody> 線の太さや色を任意の値に変更してください。(例、色の指定:#CC0000`darkred) 「保存&閉じる」をクリック ブロックの縁周りに線が表示されます。 なお「テキストボックス」や「画像カード」ブロックを利用することで枠線の編集メニューがご利用いただけますので、HTML編集知識のない方はこちらのブロックをご活用いただくようお願いします。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 3月 15, 2019