サポートページ aero-right

何がオプトインの証明になりますか?またなぜそれらを証明しなければならないのですか?

  アドレスの保有者からメールの配信を許可されたもののみとなり、配信許可の証明はそれらが何らかの形で明記されているものとなります。 つまり、メールの受信者はあなたからメールを受信することを、あらかじめ知っている人々になります。例えば、ウェブページ上に小さなチェックボックスを置いて、メールアドレスの保有者が気づかないうちに登録されてしまうようなものは含みません。 メール配信許可の一例 ウェブログ ウェブログとはウェブサイトのデータとなります。(たいていはホームページのホストなどから提供されます。)これらのログにより、その該当者がいつウェブサイトに訪れ、どこでメールアドレスを入力したかを確認することができます。メール配信許可を証明する際にこれらのログは大変有効になります。 お申し込み用紙など(書面) お申し込み用紙などには、メールアドレスの他に、名前、電話番号、住所やその他の情報が記入されており、メール配信の旨を確認するチェックボックスなどがございます。 名刺 名刺もメール配信に対する許可と見なされます。しかしマナーとして口頭で相手に対しメール配信の意思を明確にすることをお勧めします。 メール配信許可とならないもの 口頭での約束 アドレスの保有者から口頭で許可を頂いた場合につきましても、誠に恐れいりますが、これらをメール配信許可とはみなしません。 隠れたチェックボックスで獲得したもの 上記にて述べました通り、膨大なウェブページの中に小さく埋め込まれているチェックボックスなどにより獲得したメールアドレスにつきましては、(たいていの場合はすでにチェックが付けられております。)メール配信許可を得たとはみなしません。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 5, 2019