サポートページ aero-right 購読者

店舗で新たな購読者を獲得するには?

実際に顔を合わせてメーリングリストへの同意を得る方法を考えるのは容易いことではありませんが、顧客と直接触れ合うことは良い関係を築く土台となります。 コンタクト情報を得るヒントを以下にご紹介します: できるだけ多くの場所にウェブサイトのURLを印刷し、サイトへのアクセスを推奨します。周りにある印刷媒体を考えてみましょう: 看板 買い物袋 レシート 名刺 文房具 パンフレット 商品パッケージ *注)ウェブサイトに簡潔で見つけやすい登録フォームを設置しましょう。サイトへのアクセスを勧めるのはもちろん、メルマガ登録の場を提供するのは重要な事です。 メールアドレスのリクエスト:直接顧客にメルマガ登録を勧めるのはとても有効な方法です。次回オンラインでの商品購入の際に使える20%割引クーポンなど、登録時のボーナスを提供するのも効果的です。 メールアドレスをリクエストする際、直接提供をお願いするか(電話口または店舗での購入の際)、登録シートやカードを店舗に設置し顧客が好きな時に記入できるようにしましょう。 *注)ただ単にメールアドレスを聞くだけでは不十分です。マーケティング目的で使用することを明確にし、メール配信への同意を得ることが重要です。 録音情報でのメルマガ宣伝:顧客が電話をかける際、待ち受け音楽の代わりにメルマガやウェブサイトについての録音情報を流すことをお勧めします。これにより顧客は情報を素早く手に入れることが出来、オンラインの登録フォームへのアクセスにつながります。 ここではコンタクト数を増やす新たな方法をご紹介しましたが、リストの整理も忘れずにしましょう。一つ一つ獲得したメールアドレスは、スプレッドシートにデータ保存し Benchmark Emailアカウントへインポートします。またコピー&ペースト機能の活用や、メールアドレスを直接入力することも可能です。   以下のFAQをご覧ください。 FAQ:顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は? FAQ:Benchmarkアカウントへコピー&ペーストで顧客情報を追加する方法は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 27, 2019

自社サイトへの訪問者数を増やすには?

中小企業の経営者にとって反応を示してくれる一定の購読者数を獲得していることは理想的な状況です。このような購読者はサイトに頻繁に訪問してくれるからです。しかしながら、まだサービスや製品を使ったことのない新たな顧客となり得るサイト訪問者数を増やすことも非常に重要です。ここでは、新規訪問者を増やすヒントをご紹介します。 質の高いコンテンツ掲載 ご自身の分野のビジネスに関する独自の視点で質の高いコンテンツを作成し掲載することで、検索結果より新たな訪問者をサイトへ引きつけることができます。 ブログ掲載 ブログの投稿は、読みやすく魅力的なコンテンツをサイトに掲載する優れた方法です。ブログは人気が高く読者を獲得しやすいため、メルマガ購読の登録者数の増加が期待できます。 また、検索エンジンが記事の牽引を行うため、サイトトラフィックの増加につながります。ブログ記事とご自身のBenchmark Emailアカウントを連携させて、メールキャンペーンとブログの両方でより多くのアクセスを獲得することも可能です。 FAQ:RSSメールの作成方法 広告 予算を少し使って自社サイトへのトラフィックを増やすには広告に投資をするのは最善の方法です。Facebookなど人気の高いソーシャルメディアサイトでの宣伝を行うことで、高い露出度を得られ様々なグループへのブランド認知につながります。長期的に見て、少しの費用で大きな利益を生み出すことができる方法です。 広告の機会は、オンラインでもオフラインでもあります。オンラインの広告としては、Google AsWords、 Google AdSense、またはMSN adCenterが挙げられます。オフラインでは、使用する印刷物に必ずウェブサイトのURLと会社情報を明記することで広告の機会を増やします。 避けるべきこと ウェブサイトへのトラフィックを増やすために、避けるべき注意点をいくつかご紹介します。 リストの購入:Benchmark Emailでリストの購入が禁止されているのはもちろんのことですが、突然一方的にメールを送りつけるのは否定的なフィードバック、苦情報告、またBBB(商事改善協会)へ報告されるなどの結果になりかねません。 盗作行為:他のサイトのコンテンツをコピーし、自身のサイトで使用することは禁止されています。必ずオリジナルのコンテンツを作成しましょう。他人のコンテンツを参照するのであれば、学校で研究レポートを書く場合と同じようにクレジットを表記し、可能であればリンクを挿入します。 迷惑メール:必ず配信する情報が正しく、購読者に関連性があることを確認してください。コンテンツを一斉に作成し送信するのは、これまで積み上げて来た努力の結果を一気に無駄にしてしまう危険があります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

よくある質問 3月 10, 2021

展示会で新たなメルマガ購読者を獲得するには?

  展示会やExpo、トレードショー、セミナー等のイベントは、限られた時間の中ネットワークを広げ、ビジネスをより多くの人に知ってもらうのに最適な場です。また新たなメルマガ購読者を獲得するのに良い機会でもあります。 メルマガ購読者を獲得するためのアプローチ方法: 会話にて—会話の中でメルマガを売り込みましょう。あくまでも自然な流れで、メルマガ購読により最新情報を受け取れること、また繋がりが出来ること等を伝えましょう。 プレゼンテーションにて—イベント開催中にプレゼンの機会があるならば、メルマガ購読を勧めるチャンスです。購読希望者がすぐに登録できるようカードタイプの登録フォームを活用するなど、その場でできるシンプルで簡単な登録方法を同時に提供します。 ブースにて—ブースに立ち寄ってくれた方にまず会社・ブランドの紹介をします。その際に詳細は話をする機会が持てなくても、パンフレットなどの活字媒体から情報を提供することができます。参加者の手に渡る全てのものに必ずウェブサイトURLを印刷し、またブースにはメルマガ登録紙と投函箱を設置しましょう。 *注)配信を開始する前に登録者からメール配信への同意を得ることはとても重要です。日本では名刺交換により受け取ったメールアドレスに対しメルマガ配信をすることは合法的に可能ですが、海外では異なる場合もあるため、名刺を受け取っただけでは十分なオプトインをしたと見なされないリスクがあります。名刺交換の際には少なくとも口頭でメルマガ購読への同意を得るようにしましょう。 詳細はこちらのFAQをご確認ください。 FAQ:購入したメールアドレス / 名刺から集めたメールアドレスなどを使用する事はできますか? 手書きの書面、名刺交換で集めたメールアドレスに対し、ウェルカムメールをまず配信しダブルオプトインを得ることをお勧めします。 ウェルカムメールにはオプトインリンクを設置し、これをクリックしてもらう事で以下の確認が可能となります。 ・メール受信希望の意思 ・正しい、有効な配信先メールアドレスである オプトインリンクの設置には以下のタグをご利用ください。 [opt-in:リンクテキスト] 使用例)今後引き続き弊社からのメール配信をご希望の方は[opt-in:こちらをクリック] (こちらをクリック、の部分がリンクになります)   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 27, 2019

コンタクトリストのスパムトラップとは何ですか?

コンタクトリストの「スパムトラップ」は、スパムトラップへ配信を行ってしまった場合にご利用いただく機能です。また、スパムトラップの疑いのあるメールアドレス(長期間未開封が続くメールアドレス)を抽出し、メール配信時に除外することができます。 スパムトラップとは? スパムトラップとは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)やスパム防止サービスが迷惑メール配信者を特定するために用意しているダミーのメールアドレスのことです。 スパムトラップへの配信を続けてしまうと、配信元として使用されているドメインの評価が下がり、 配信するメール到達率が低下してしまう恐れがあります。また、長期間未開封が続くメールアドレスにメールを配信するのを未然に防ぐことでドメインの評価を上げる効果もあります。 なお、スパムトラップ機能はリスト照合サービスとは異なります。 スパムトラップ機能:配信後にスパム報告がされるメールアドレスや疑いのあるメールアドレスを抽出し、今後配信対象外にすることができる機能です。 リスト照合サービス:配信前に無効なアドレスを検出することができるサービスです。   目次: スパムトラップ機能で抽出可能なメールの種類 スパムトラップの疑いのあるアドレスを抽出し、リストから削除または新規リスト作成で保存する方法 抽出したアドレスを「配信対象外」にする方法   スパムトラップ機能で抽出可能なメールの種類 「スパムトラップ」機能で抽出可能なメールは以下の通りです。 ハードエラー:永続的な原因でメール受信ができない場合に生じるのがハードエラーです。詳しくはこちら ソフトエラー:一時的な原因でメールの受信ができない場合に出るエラーです。詳細はこちら メール未開封コンタクト  直近5通のメール 直近10通のメール 直近20通のメール 直近30通のメール スパムトラップとなるメールアドレスは、エラーとしては記録されず「未開封だったメールアドレス」として記録されます。そのため、スパムトラップの疑いのアドレスを抽出する際は、「メール未開封コンタクト」のみ抽出します。 ハードエラーやソフトエラーを抽出する必要はございません。   スパムトラップの疑いのあるアドレスを抽出し、リストから削除または新規リスト作成で保存する方法 1. ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトリストをクリック 2. スパムトラップを抽出したいコンタクトリスト名をクリック 3. 画面上部のスパムトラップをクリック 4. 「メール未開封コンタクト 直近」をクリックし、直近何通まで未開封のメールアドレスを抽出するかを選択 5.「リストから削除」または「新規リストの作成」を選択し保存 「リストから削除」を選んだ場合は、該当コンタクトが削除されます。 「新規リストの作成」を選んだ場合は、該当コンタクトで新しいリストが作成されます。新しいリストはコンタクトリストに保存され、新規リスト名は自動的に元のコンタクトリスト名に「- 未開封」が追加されます。なお、リスト名はいつでも編集・変更可能です。 例:全社内向けリスト - 未開封     抽出したアドレスを「配信対象外」にする方法 上記で「新規リストの作成」を選択することで、抽出したアドレスを配信設定時に「配信対象外」にすることが可能です。この方法ですと削除することなく配信の対象から除外されます。詳しくは以下のFAQをご覧くださいませ。 FAQ:配信先から特定のコンタクトリストを除くには?   重要: ・該当コンタクトを再度アップロード・配信を行う恐れがある場合は、削除ではなく新規リストの作成及び配信対象外設定をお願い致します。 ・「リストから削除」ボタンをクリックすると、選択したコンタクトがコンタクトリストから削除されます。一度削除したアドレスは元に戻すことができませんので、ご注意ください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 7月 13, 2021

購入したメールアドレス / 名刺から集めたメールアドレスなどを使用する事はできますか?

Benchmark Emailは法律に遵守し同意を得たメールアドレスへのマーケティングを行うサービスを提供する会社です。アカウントをお持ちのお客様はCAN-SPAM法(国内では特定電子メール法)のアンチスパム方針に従っていただき、承認とオプトインによる合法的なリストの作成が必須となっています。 同意を得たリストかどうか確かめるには?以下の項目を確認してみましょう。 購入したリストは使用できない 自社のサービスまたは商品を利用している顧客のリスト 名刺から集めたリスト 買収したばかりの会社に属するリスト 仕事仲間に属するリスト 過去の購読者、顧客リスト パートナー会社が所有するリスト(英語版リンク)   購入したリストは使用できない 購入したメールアドレスのリストは使用できません。 購入したメールアドレスを使用した場合、Benchmark Emailのアカウントは予告なく停止され、料金の払い戻しも行われません。 Benchmark Emailではリストの販売・レンタルなどは行っておらず、ウェブ上より無作為にメールアドレスの獲得もしないと同時に、お客様においてもそのようなメールアドレスの使用を禁止しております。 自社のサービスまたは商品を利用している顧客のリスト サービスまたは商品を利用されているお客様に事前の確認またはオプトインで情報を収集している場合は、例えば登録フォームなどで「弊社からの最新情報または新製品に関する連絡を受け取りますか?」というような事前許可を取る必要があります。配信許可(オプトイン)を得たアドレスにはメールの配信を行って頂けます。 名刺から集めたリスト 特定電子メール法では、メール配信へ同意した購読者以外に広告宣伝メールを送信することは原則禁止されています。 しかし名刺などの書面でアドレスを知らせた場合は、特別同意を得ずメールマガジンを配信しても、法律に違反しないこととなっています。無論、受信拒否の意思表示があった場合は、すみやかにメール配信を停止する必要があります。相手先との信頼関係のためにも、なるべく「メールマガジンを送らせて頂きたい」という旨を伝えて事前許可を得るようにしましょう。 配信内容が「通信販売」など「電子メール広告」へ該当する場合、名刺交換だとしても許可を得ずメールを配信することは違法です。必ず事前許可を得てください。 以上の点に留意することにより、名刺から取得したリストへの正しいメール配信運用が可能です。 特定電子メール法について詳細を知りたい方は、以下の消費者庁の資料をご覧ください。 外部リンク:特定電子メールの送信等に関するガイドライン 外部リンク:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント   また、弊社ブログでも紹介しています。 ブログ記事:メルマガで法律違反になる前に!「特定電子メール法」を押さえて宣伝・広告メールを配信しよう   買収したばかりの会社に属するリスト 買収する前に使用されていた顧客情報を使い、その会社の代理として同じ様に機能するのであれば、メーリングリストの使用は可能です。しかし、これらのコンタクトに経営者が変わった旨を伝え、さらに引き続きメール配信に同意するのかどうかを確認することを推奨します。弊社の「パーミッションリマインダー」テンプレートを活用する良い機会です。 リストを使用する前に、Benchmark Emailで使用可能かどうかを確認するチェックポイントをご紹介します。 リストの獲得方法は? メールアドレスが登録されたのはどのくらい前? 最後にリストへ配信を行ったのは? リストのクリーニング状況は?配信停止希望者はきちんと削除されていますか? 同意を得たリストですか?   仕事仲間に属するリスト 会社の同僚のメーリングリストから得たコンタクトにメール配信をしても大丈夫なのでしょうか。 この質問の答えは時と場合によって異なります。購読者が会社全体からのメール配信にオプトインしており、その一員としてメールアドレスを使用するのであれば何ら問題はありません。しかし購読者が会社全体ではなく同僚個人にのみメール配信の同意を示している場合、リストの使用はできません。 過去の購読者、顧客リスト 同意を得たリストであれば、Benchmark Emailでの使用は可能です。 しかし、一年以上連絡をしていないコンタクトへのメール配信はお勧めできません。毎年メールアドレスを変更する人も多く、結果として複数のハードエラーが発生することもあります。またコンタクトがメール配信に同意したことを忘れ、迷惑メールとして報告されるリスクもあります。スパム報告が多発しますと、Benchmark Emailアカウントを停止させて頂く場合も御座います。またブラックリストの対象となるリスクも高まります。 また無効なメールアドレスが一定数以上含まれるリストはアップロードが自動的に中止となります。 古い顧客リストは通常無効メールアドレスを多く含んでいる場合が多くアップロードが中止された場合にはメール配信にはご利用頂けません。 関連FAQ:メールアドレスをアップロードする際に利用規約の確認を求められました。これは何ですか?     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

よくある質問 11月 23, 2020

メール購読者がメールを受信していないにも関わらず、エラーとして報告されないのはなぜですか?

  購読者がメールを受信していないにも関わらず、エラー報告されていない場合は、購読者のメールサーバーやメールクライアントのフィルターでメールがブロックされている可能性があります。フィルターにより、メールが迷惑メールフォルダーに置かれることがあります。 もし、購読者のフィルターがBenchmark Emailからのメールをブロックしている場合、購読者側サーバーにてBenchmark Emailがホワイトリスト化されているかの確認を行って下さい。ブロックされてしまう問題を避ける為、顧客への配信をスタートする際に弊社サービスをホワイトリスト化して頂くよう伝えておくといいでしょう。 多くのメールサーバーはドメイン単位でホワイトリスト化が出来ます。到達率を高めるためにホワイトリスト化すべきドメインは以下です。 bmesrv.com benchmarkemail.com images.benchmarkemail.com visitor.benchmarkemail.com bmsend.com bme1.net benchurl.com benchurls.com bmetrack.com betest.com これらのドメインをホワイトリスト化することで配信したメールを購読者に届ける確率を高めます。 また、送信元の身元証明となるSPF(Sender Policy Framework)レコードを送信ドメインサーバーに追加することも、メールの到達率を高める対策の1つとなります。 SPFレコードの詳細については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:SPF認証とは何ですか?なぜBenchmark Emailで使用されているのですか?  

到達率 6月 1, 2020